内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2017年 No.5

 聖書​の​見方

戦争

戦争

古代​イスラエル​人​は,エホバ​と​いう​神様​の​名​に​おい​て​戦い​まし​た。では,神様​は​現代​の​戦争​も​認め​て​おら​れる​の​でしょ​う​か。

古代​イスラエル​は​なぜ​戦争​を​行なっ​た​の​です​か

こう​考える​人​も​いる

 

イスラエル​人​が​崇拝​し​て​い​た​の​は,血​に​飢え​た“戦い​の​神”だっ​た。

聖書​は​何​と​述べ​て​いる​か

 

イスラエル​が​倒し​た​国々​は,暴力​や,獣姦,近親姦,子ども​の​犠牲​など​の​恥ず​べき​行ない​に​よっ​て,と​ことん​腐敗​し​て​い​まし​た。神様​は,その​歩み​を​改める​ため​の​時間​を​何​世紀​も​与え​て​から,こう​言わ​れ​まし​た。「わたし​が​あなた方​の​前​から​去ら​せる​諸​国民​は​これら​の​すべて​の​事​に​よっ​て​その​身​を​汚し​た​の​で​ある」。(レビ​記 18:21‐25。エレミヤ 7:31

「これら​諸​国民​の​邪悪​さ​の​ゆえに,あなた​の​神​エホバ​は​彼ら​を​あなた​の​前​から​打ち払わ​れる」。申命記 9:5

現代​の​戦争​に​おい​て,神様​は​どちら​か​の​味方​を​され​ます​か

世界​が​見​て​き​た​こと

 

多く​の​紛争​に​おい​て,どちら​の​側​の​宗教​指導​者​も,神様​は​自分​たち​の​味方​だ​と​主張​する。「これ​まで​の​あらゆる​戦争​に​は,常​に​宗教​が​絡ん​で​き​た」と,「戦争​の​原因」(英語)と​いう​本​は​述べ​て​いる。

聖書​は​何​と​述べ​て​いる​か

 

クリスチャン​は,戦う​こと​を​許さ​れ​て​い​ませ​ん。使徒​パウロ​は​仲間​の​クリスチャン​に​こう​書き送り​まし​た。「できる​なら,あなた方​に​関する​かぎり,すべて​の​人​に​対し​て​平和​を​求め​なさい。……自分​で​復しゅう​を​し​て​は​なり​ませ​ん」。(ローマ 12:18,19

イエス​は,弟子​たち​を​戦争​に​送る​の​で​は​なく,こう​語り​まし​た。「あなた方​の​敵​を​愛し​つづけ,あなた方​を​迫害​し​て​いる​者​たち​の​ため​に​祈り​つづけ​なさい。それ​は,あなた方​が​天​に​おら​れる​あなた方​の​父​の​子​で​ある​こと​を​示す​ため​です」。(マタイ 5:44,45)たとえ​自国​が​戦争​を​始め​て​も,クリスチャン​は​中立​を​保ち,「世​の​もの​では​な[い]」こと​を​示す​べき​です。(ヨハネ 15:19)神様​は,ご自分​の​崇拝​者​が​どの​国​に​い​て​も,敵​を​愛し,周り​の​影響​を​受け​ない​こと​を​望ん​で​おら​れ​ます。ですから,現代​の​戦い​で​どちら​か​の​味方​を​する​こと​など​あり得る​でしょ​う​か。

「わたし​の​王国​は​この​世​の​もの​で​は​あり​ませ​ん。わたし​の​王国​が​この​世​の​もの​で​あっ​た​なら,わたし​に​付き添う​者​たち​は,わたし​を​ユダヤ​人​たち​に​渡さ​ない​よう​に​と​戦っ​た​こと​でしょ​う。しかし​実際​の​ところ,わたし​の​王国​は​その​よう​な​ところ​から​の​もの​で​は​あり​ませ​ん」。ヨハネ 18:36

 戦争​が​なくなる​日​は​来​ます​か

こう​考える​人​も​いる

 

戦争​は​避け​られ​ない。「21​世紀​に​おける​戦争​と​権力」(英語)と​いう​本​は​こう​述べ​て​いる。「戦争​の​未来​は​明るい。今​世紀​中​に​恒久​的​な​世界​平和​が​降っ​て​湧く​危険​は​ない」。

聖書​は​何​と​述べ​て​いる​か

 

戦争​を​始める​人​が​い​なく​なれ​ば,戦争​は​なくなり​ます。天​から​支配​する​現実​の​政府​で​ある​神​の​王国​は​ま​も​なく​行動​を​起こし,この​地球​から​武器​を​一掃​し,人類​に​平和​を​追い求める​こと​を​教え​ます。聖書​は​こう​約束​し​て​い​ます。「神​は……遠く​離れ​た​強大​な​国々​に​関し​て​事​を​正さ​れる。それ​で​彼ら​は​その​剣​を​すき​の​刃​に,その​槍​を​刈り込み​ばさみ​に​打ち変え​なけれ​ば​なら​なく​なる。国民​は​国民​に​向かっ​て​剣​を​上げ​ず,彼ら​は​もはや​戦い​を​学ば​ない」。(ミカ 4:3

聖書​に​よる​と,神​の​王国​の​支配​下​で​は,自国​の​利益​の​ため​に​争う​国家,市民​の​暴動​を​引き起こす​不当​な​政策,民族​間​の​対立​を​あおる​偏見​など​は​もはや​なくなり​ます。その​結果,戦争​は​過去​の​もの​と​なり​ます。神様​は​こう​約束​し​て​おら​れ​ます。「それら​は……害する​こと​も​損なう​こと​も​し​ない。水​が​海​を​覆っ​て​いる​よう​に,地​は​必ず​エホバ​に​つい​て​の​知識​で​満ちる​から​で​ある」。(イザヤ 11:9

「神​は​地​の​果て​に​至る​まで​戦い​を​やめ​させ​て​おら​れる。神​は​弓​を​折り,槍​を​断ち切り,もろもろ​の​車​を​火​で​焼か​れる」。詩編 46:9