内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2017年 No.5

アスタナ​市街

 世界​の​国​と​人々

カザフスタンを訪ねる

カザフスタンを訪ねる

カザフ​人​は,元々​遊牧​民​でし​た。今​で​も​一部​の​人​は​遊牧​生活​を​送り,家畜​の​群れ​を​季節​ごと​に​違っ​た​牧草​地​に​移動​さ​せ​て​い​ます。夏​は,涼しい​高地​に​ある​放牧​地​で​過ごし,雪​の​降る​冬​が​近づく​と,暖か​な​低地​に​群れ​を​移動​さ​せる​の​です。

現代​的​な​都会​に​住ん​で​いる​カザフ​人​も​い​ます​が,その​伝統​や​食物​や​工芸​品​の​多く​は,先祖​の​遊牧​民​的​な​生活​様式​を​反映​し​て​い​ます。カザフ​人​は,詩​や​歌,民族​楽器​で​奏でる​音楽​と​いっ​た,豊か​な​遺産​を​受け継ぎ,それら​を​愛し​て​い​ます。

ユルト​は,遊牧​民​の​使う​伝統​的​な​移動​式​住居​で,自然​と​調和​し​て​生活​する​人​たち​の​シンボル​と​なっ​て​い​ます。放牧​を​する​人​に​今​で​も​愛用​さ​れ,特別​な​イベント​の​とき​は​都会​に​ 住む​人​たち​に​も​使わ​れ​ます。また,旅行​者​たち​に​とっ​て​居​心地​の​良い​宿​に​も​なり​ます。ユルト​の​内部​は,カザフ​の​女性​たち​の​作りだす​色とりどり​の​刺繍,織物,絨毯​の​展示​場​の​よう​です。

ユルト​の​内部

田舎​に​住む​カザフ​人​家族​は,馬​を​とても​大切​に​し​て​い​ます。カザフ​語​に​は,馬​を​指す​言葉​が​少なく​と​も​21​あり,それぞれ​に​異なる​意味合い​が​あり​ます。また,馬​の​毛色​を​表現​する​言葉​は​30​以上​あり​ます。上等​な​馬​は​今​で​も​高価​で​貴重​な​贈り物​と​され​ます。地方​で​は,男​の​子​は​小さい​ころ​から​馬​の​乗り方​を​教え​られ​ます。

伝統​的​な​カザフ​料理​に​は,必ず​肉​が​使わ​れ​ます​が,大抵​は​スパイシー​で​は​あり​ませ​ん。カザフ​の​人​は,馬乳​で​造ら​れ,健康​に​も​良い​と​言わ​れる​クミス​や,ラクダ​の​乳​で​造ら​れ,濃厚​で​酸味​の​ある​シュバット​を​よく​飲み​ます。

アルマトイ​に​ある​エホバ​の​証人​の​支部​事務​所​は,皆さん​の​お越し​を​お待ち​し​て​い​ます。

幻​の​ユキヒョウ​は,カザフスタン​の​高山​で​夏​を​過ごす。