内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 聖書​の​見方

感謝の気持ち

感謝の気持ち

感謝​の​気持ち​を​表わす​こと​に​は,身体​的​に​も,精神​的​に​も,感情​的​に​も,本当​に​たくさん​の​メリット​の​ある​こと​が​実証​さ​れ​て​い​ます。ですから,毎日​の​生活​で​感謝​を​表わす​の​は​だれ​に​とっ​て​も​よい​こと​です。

感謝​する​こと​は​心​と​体​の​健康​に​どう​役立ち​ます​か

医学​の​見地​から

「ハーバード​大学​精神​衛生​レター」(英語)の​記事​は​こう​述べ​て​い​ます。「感謝​の​気持ち​は,より​深い​幸福​感​と​常​に​強く​結びつい​て​いる。感謝​の​気持ち​が​あれ​ば,明るい​気持ち​に​なり,良い​経験​を​し,より​健康​に​なり,逆境​に​対処​し,強い​人間​関係​を​築く​こと​が​できる」。

聖書​は​何​と​述べ​て​いる​か

聖書​は​感謝​の​精神​を​育む​よう​勧め​て​い​ます。使徒​パウロ​は,「感謝​を​抱い​て​いる​こと​を​示し​なさい」と​記し,自ら​も​立派​な​模範​を​残し​まし​た。例えば,自分​が​伝え​た​メッセージ​に​快く​応じ​た​人々​の​こと​を,「絶え​ず​神​に​感謝」し​まし​た。(コロサイ 3:15。テサロニケ​第​一 2:13)単に​時々​ありがとう​と​言う​だけ​で​なく,感謝​に​あふれ​た​気質​を​持っ​て​いる​なら,幸福​感​は​長続き​し​ます。さらに,何​か​を​し​て​もらっ​て​当然​と​いう​態度,ねたみ,憤り​を​抱か​ず​に​済み​ます。その​結果,孤立​し​たり​生活​の​喜び​を​奪わ​れ​たり​する​こと​は​なくなり​ます。

人間​を​創造​し​た​方​ご自身​も,感謝​を​表わす​点​で​優れ​た​模範​を​示し​て​こら​れ​まし​た。取る​に​足り​ない​人間​に​対し​て​さえ,感謝​を​表わさ​れ​ます。ヘブライ 6​章​10​節​に​は,「神​は​不義​な​方​で​は​ない​の​で,あなた方……の​働き​と,こう​し​て​み名​に​示し​た​愛​と​を​忘れ​たり​は​され​ない」と​あり​ます。創造​者​に​とっ​て,感謝​を​示さ​ない​の​は​不義​つまり​不正​な​こと​な​の​です。

「常​に​喜び​なさい。すべて​の​事​に​感謝​し​なさい」。テサロニケ​第​一 5:16,18

 感謝​の​気持ち​が​あれ​ば,人間​関係​は​どう​改善​さ​れ​ます​か

経験​から​学べる​こと

贈り物​を​もらっ​たり,親切​な​言葉​を​かけ​られ​たり,実際​的​な​助け​を​差し伸べ​られ​たり​し​た​とき,誠実​な​感謝​を​表わす​なら,相手​は​自分​が​大切​に​され​喜ば​れ​て​いる​と​感じ​ます。見知ら​ぬ​人​が​親切​に​ドア​を​開け​たり​し​て​くれ​た​場合​で​も,心​から​感謝​する​なら,温かい​反応​が​返っ​て​くる​もの​です。

聖書​は​何​と​述べ​て​いる​か

イエス​・​キリスト​は​こう​語り​まし​た。「いつも​与え​なさい。そうすれば,人々​は​あなた方​に​与え​て​くれる​でしょ​う。彼ら​は​押し入れ,揺すり入れ,あふれる​ほど​に​量り​を​よく​し​て,あなた方​の​ひざ​に​注ぎ込ん​で​くれる​でしょ​う」。(ルカ 6:38)次​に​挙げる​の​は,南​太平洋​の​島国​バヌアツ​に​住む,聴覚​障害​を​持つ​少女​ローズ​の​経験​です。

ローズ​は​エホバ​の​証人​の​集会​に​出席​し​て​い​まし​た​が,ほとんど​益​が​得​られ​ませ​ん​でし​た。ローズ​も​会衆​内​の​ほか​の​人​も​手話​が​でき​なかっ​た​から​です。ある​時,熟練​し​た​手話​通訳​者​の​夫婦​が​その​会衆​を​訪問​し​て​問題​に​気づき,手話​の​言語​クラス​を​開設​し​まし​た。ローズ​は​深く​感謝​し,「わたし​の​こと​を​愛し​て​くれる​友達​が​こんな​に​たくさん​いる​なんて,本当​に​嬉しい​です」と​言い​まし​た。ローズ​を​援助​し​た​この​夫婦​は,彼女​が​感謝​の​気持ち​に​あふれ,今​で​は​集会​で​注解​する​まで​に​なっ​て​いる​の​を​見​て,十二分​に​報わ​れ​た​と​感じ​て​い​ます。ローズ​は,自分​と​コミュニケーション​を​取る​ため​に,ほか​の​友人​たち​が​努力​し​て​手話​を​学ん​で​くれ​た​こと​に​も​深く​感謝​し​て​い​ます。―使徒 20:35

「感謝​の​ことば​を​自分​の​犠牲​と​し​て​ささげる​者,それ​が[神]の​栄光​を​たたえる​者​で​ある」。詩編 50:23

どう​すれ​ば​感謝​の​精神​を​育め​ます​か

聖書​は​何​と​述べ​て​いる​か

感情​は​思考​と​密接​に​結びつい​て​い​ます。聖書​筆者​ダビデ​は​祈り​の​中​で​こう​述べ​まし​た。「わたし​は……あなた​の​すべて​の​働き​を​思い巡らし​まし​た。わたし​は​自ら​進ん​で​あなた​の​み手​の​業​に​思い​を​留め​まし​た」。(詩編 143:5)ダビデ​は​非常​に​注意深く,洞察​力​の​ある​人​でし​た。ダビデ​の​感謝​に​満ち​た​精神​は,神​の​物事​の​行ない​方​を​いつも​熟考​する​と​いう,生涯​に​わたっ​て​培っ​た​習慣​に​根ざし​て​い​まし​た。―詩編 71:5,17

聖書​に​は​次​の​よう​な​優れ​た​アドバイス​が​あり​ます。「何​で​あれ​真実​な​こと,……愛す​べき​こと,……よく​言わ​れる​こと,……徳​と​される​こと​や​称賛​す​べき​こと​が​あれ​ば,そう​し​た​こと​を​考え​続け​なさい」。(フィリピ 4:8)「考え​続け​なさい」と​いう​言葉​も,物事​を​いつも​熟考​する​必要​が​ある​こと​を​示し​て​い​ます。これ​こそ,感謝​の​精神​を​抱く​の​に​不可欠​な​こと​な​の​です。

「わたし​の​心​の​黙想​は​理解​の​こと​に​つい​て​で​ある」。詩編 49:3