内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 愛する​家族​を​失っ​た​人​へ

予期できること

予期できること

実​の​ところ,悲しみ​の​表わし方​は​人​に​よっ​て​いろいろ​あり​ます。悲し​み​方​が​違う​から​と​いっ​て,つらく​思っ​て​い​ない​と​か,感情​を​押し殺し​て​いる​と​いう​わけ​で​は​あり​ませ​ん。悲しい​と​いう​感情​を​受け入れ​て​表現​する​なら​気持ち​が​楽​に​なる​人​も​い​ます​が,育っ​た​環境​や​性格,人生​経験,死別​の​経緯​など​に​よっ​て​違う​こと​でしょ​う。悲し​み​方​に“正解”など​ない​の​です。

どんな​影響​が​ある​か

大切​な​人​を​失っ​た​とき,これ​から​自分​が​どう​なっ​て​しまう​の​か​想像​が​つか​ない​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,ある​種​の​感情​や​問題​は​多く​の​人​が​経験​し​て​おり,その​こと​を​知る​と​少し​ほっ​と​できる​か​も​しれ​ませ​ん。その​幾つ​か​を​考え​て​み​ましょ​う。

感情​が​込み上げ​て​くる。涙​が​止まら​なかっ​たり,無性​に​会い​たく​なっ​たり,突然​大泣き​し​たり​する​こと​も​あり​ます。その​人​の​こと​を​思い出し​たり​夢​に​出​て​き​たり​する​と,感情​が​さらに​込み上げ​て​くる​か​も​しれ​ませ​ん。でも,初め​は​ショック​や​信じ​られ​ない,と​いう​気持ち​が​強い​でしょ​う。ティーナ​は,夫​の​ティモ​が​突然​亡くなっ​た​時​の​こと​を​思い出し​て​こう​語り​まし​た。「初め​は​ぼう然​と​し​て​い​まし​た。泣く​こと​さえ​でき​ませ​ん​でし​た。押しつぶさ​れ​そう​で,息​も​でき​ない​くらい​でし​た。ただ​信じ​られ​なかっ​た​ん​です」。

不安,怒り,罪悪​感。アイバン​は​こう​語っ​て​い​ます。「息子​の​エリック​が​24​歳​で​亡くなっ​て​から​しばらく​の​間,わたし​と​妻​の​ヨランダ​は​強い​怒り​を​感じ​て​い​まし​た。自分​たち​が​怒り​っぽい​タイプ​だ​と​は​思っ​て​い​なかっ​た​の​で,びっくり​し​まし​た。同時​に​罪悪​感​も​感じ​まし​た。息子​の​ため​に,もっと​何​か​し​て​あげ​られ​た​ん​じゃ​ない​か​と​思っ​た​から​です」。妻​を​長い​闘病​生活​の​後​に​亡くし​た​アレハンドロ​も,罪悪​感​を​持ち​まし​た。こう​言い​ます。「最初​は,神様​が​ここ​まで​の​苦しみ​を​許さ​れる​ん​だ​から,きっと​これ​は​自分​に​対する​罰​な​ん​だろ​う​と​思い​まし​た。でも​その​後​で,起き​た​こと​を​神様​の​せい​に​し​て​いる​自分​に​罪悪​感​を​感じ​まし​た」。前​の​記事​に​出​て​き​た​コスタス​も​こう​言っ​て​い​ます。「死ん​で​しまっ​た​ソフィア​に​腹​が​立つ​とき​が​あり​まし​た。でも,そんな​自分​に​嫌気​が​差し​まし​た。だって,彼女​は​悪く​ない​ですから」。

考え​が​混乱​する。時​に​極端​で​筋​の​通ら​ない​考え​に​陥る​こと​が​あり​ます。また,何​か​に​集中​でき​なく​なっ​たり,物忘れ​が​ひどく​なっ​たり​し​ます。ティーナ​は​言い​ます。「時々,誰か​と​話し​て​い​て​も​上​の​空​と​いう​こと​が​あり​まし​た。ティモ​が​亡くなっ​た​後​に​やる​べき​こと​は​たくさん​あり​まし​た。それなのに​集中​する​こと​が​でき​ず,本当​に​大変​でし​た」。

独り​に​なり​たく​なる。だれ​か​と​一緒​に​いる​と​いらいら​し​たり,落ち着か​なかっ​たり​し​ます。コスタス​は​言い​ます。「ほか​の​夫婦​と​一緒​に​いる​と,自分​の​居​場所​が​ない​よう​に​感じ​まし​た。でも,独身​の​人​たち​と​一緒​に​いる​時​も​同じ​でし​た」。アイバン​の​妻​ヨランダ​は​こう​話​し​ます。「一緒​に​いる​人​たち​が​愚痴​を​こぼす​と,いらいら​し​まし​た。わたしたち​の​問題​と​比べ​たら​ちっぽけ​な​こと​じゃ​ない​か,っ​て​感じる​ん​です。自分​の​子ども​たち​の​近況​を​話し​て​くれる​人​たち​も​い​まし​た。みんな​の​生活​は​これ​まで​と​変わら​ず​に​続い​て​いる​と​分かっ​て​い​まし​た​が,聞い​て​い​られ​ない​と​いう​気持ち​も​あり​まし​た。内心『ほっ​て​おい​て​ほしい』と​思い​まし​た」。

 体調​の​変化。食欲​や​体重​の​増減,睡眠​リズム​の​変化​が​見​られ​ます。アーロン​は​父親​が​亡くなっ​た​年​を​振り返り,こう​言い​まし​た。「よく​眠れ​ませ​ん​でし​た。毎晩​目​を​覚まし​て​は,父​の​こと​を​考え​て​い​まし​た」。

アレハンドロ​は​不調​の​原因​が​分かり​ませ​ん​でし​た。こう​言い​ます。「医師​に​何​度​か​診​て​もらい​まし​た​が,健康​だ​と​言わ​れ​まし​た。今​思う​と,悲しみ​の​せい​だっ​た​の​か​も​しれ​ませ​ん」。そう​し​た​不調​は​次第​に​なくなり​まし​た。と​は​いえ,アレハンドロ​が​医師​に​診​て​もらっ​た​の​は​賢明​な​判断​でし​た。悲しむ​こと​で​免疫​力​が​低下​し​たり,持病​が​悪化​し​たり​し​ます。新た​な​不調​を​招く​こと​も​あり​ます。

日常​生活​が​送れ​なく​なる。アイバン​は​こう​話​し​て​い​ます。「息子​が​亡くなっ​た​こと​を​みんな​に​知らせる​必要​が​あり​まし​た。親戚​や​友人​の​ほか​に,雇い主​や​大家​に​も​知らせ​まし​た。手続き​も​たくさん​あり​まし​た​し,遺品​も​整理​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。息子​が​死ん​だ​だけ​で​も​大変​な​の​に,一つ​一つ​に​集中​力​が​求め​られ​まし​た。もう​くたくた​でし​た」。

しばらく​し​て​から​出​て​くる​問題​も​あり​ます。すべて​を​1​人​で​こなさ​なけれ​ば​いけ​ない​こと​に​気づい​た​とき,手​に​負え​ない​と​感じる​か​も​しれ​ませ​ん。ティーナ​は​こう​言っ​て​い​ます。「支払い​や​書類​関係​は​ティモ​に​任せっきり​でし​た。でも​今​は​全部​わたし​です。ストレス​が​たまる​一方​でし​た。きちんと​やっ​て​いく​なんて​無理​だ​と​思い​まし​た」。

死別​の​悲しみ​は​本当​に​深い​もの​です。いろんな​ところ​に​影響​が​出​ます。また,すべて​の​人​が,こう​し​た​問題​すべて​を​経験​する​わけ​で​は​ない​こと​も​覚え​て​おき​ましょ​う。感情​が​不​安定​に​なっ​た​と​し​て​も,それ​は​自然​な​反応​です。こう​し​た​こと​を​知っ​て​おく​だけ​で​も​助け​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。

悲しみ​は​乗り越え​られる​か

予期​できる​こと: 深い​悲しみ​が​永遠​に​続く​こと​は​あり​ませ​ん。時​と​とも​に​和らい​で​いく​もの​です。もちろん“完治”し​たり,亡くなっ​た​人​を​忘れ​たり​する​わけ​で​は​あり​ませ​ん。でも,鋭い​痛み​は​少し​ずつ​引い​て​いく​もの​です。記念​日​など​特定​の​時期​が​来る​と,不意​に​思い出​が​よみがえっ​て​悲しみ​が​込み上げる​こと​も​あり​ます。それでも,周り​の​人​に​サポート​し​て​もらい​ながら​少し​ずつ​問題​に​向き合っ​て​いける​か​も​しれ​ませ​ん。やがて​感情​の​バランス​が​戻っ​て​いき,日常​生活​を​また​送れる​よう​に​なる​でしょ​う。

いつ​まで​続く​か。悲しみ​の​どん底​から​数​か月​で​抜け出す​人​も​い​ます​が,多く​の​人​は​気持ち​が​上向き​に​なる​の​に​1,2​年​かかり​ます。もっと​時間​が​必要​な​人​も​い​ます。 * アレハンドロ​は「わたし​の​場合,深い​悲しみ​が​3​年​ほど​続き​まし​た」と​言っ​て​い​ます。

自分​を​責め​ない​よう​に​し​ましょ​う。焦ら​ず​に,今​で​きる​こと​を​し​ましょ​う。耐え​がたい​悲しみ​が​永遠​に​続く​こと​は​あり​ませ​ん。では,今​の​悲しみ​を​和らげ,長引か​せ​ない​よう​に​する​ため​に,できる​こと​が​ある​でしょ​う​か。

感情​が​不​安定​に​なっ​た​と​し​て​も,それ​は​自然​な​反応​です。

^ 17節 まれ​に,悲しみ​が​深刻​な​もの​で​長​期間​に​わたり,「複雑​性​悲嘆」や「慢性​悲嘆」に​なる​こと​が​あり​ます。その​よう​な​場合​に​は,メンタルヘルス​の​専門​家​に​相談​する​必要​が​ある​か​も​しれ​ませ​ん。