内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2017年 No.3

腸管神経系(ENS,青色部分)は消化組み込まいる。

腸管神経系 “第二の脳”?

腸管神経系 “第二の脳”?

あなた幾つありますか。もちろん,1です。しかし,脳神経ほかあります。その1が,非常広範囲及ぶもので,科学から“第脳”と呼ばいる腸管神経系(ENS)です。その大半は,頭なく,おなかあります。

食べ燃料変えるは,様々器官よる膨大共同作業必要です。ですから,脳消化器官コントロール大半ENS任せるよう設計ます。

ENSは,脳よりずっシンプルですが,それでも非常複雑です。人間場合,この複雑ネットワークは,2億から6億ニューロンできおり,消化組み込まます。科学たちよると,もしENS働きさせるたら,必要神経あまりに太くなっしまいます。「第脳」(英語)というは,「ゆえに,[消化系]のこと消化任せるより安全で,より便利ある」と述べます。

“化学工場”

食物消化するは,様々化学物質絶妙分量組み合わせものが,ちょうど良いタイミング作り出され,ちょうど良い場所運ばれる必要あります。ゲーリーモウ教授消化を,適切も“化学工場”と呼んます。その化学作用は,気遠くなるほど精巧です。例えば,腸壁化学物質検出する味覚受容いう特殊細胞並んおり,食べ含まれる化学物質特定ます。ENSは,その情報もと消化酵素調達し,食物吸収やすい分解ます。また,分解食物pHなど化学特性監視し,それ応じ消化酵素調節するいう大切働きます。

消化工場生産ライン例えましょう。それコントロールいるは,“第脳”であるENSです。ENSは,消化ある筋肉収縮せ,食物消化器官進ん行くようます。また,必要応じ収縮強さ頻度変化せるで,消化器官一連ベルトコンベヤーよう動きます。

ENS安全光らせます。のみ込ん食べ物は,有害バクテリア含まいる可能あります。体免疫防御システム不可欠リンパ70から80おなかある,というもっともことです。有害微生物大量摂取場合,ENS保護するために,強力収縮引き起こし,おう吐下痢よっ毒物大半体外出します。

見事連携

こう考えると,ENSから独立いるよう 見えますが,絶えコミュニケーション取り合っます。例えば,ENS対して,いつどのくらい食べるべき知らせるホルモン出し,満腹なる信号送ります。食べ過ぎ吐き気誘発することあります。

以前から,消化関係あるようしれません。例えば,おいしいもの食べる気分良くなるものです。研究よると,そうなるは,ENSに“幸せ信号”を送り,人心地よく思わせる連鎖反応始まるからです。それで,人ストレス感じると,自分好き食べる傾向あるしれません。科学たちは,うつ病治療ENS人為刺激する可能研究ます。

消化コミュニケーションもう1は,英語で“胃チョウチョいる”と表現れる,緊張ドキドキするよう気持ちです。この気持ちは,脳緊張ストレス感じに,ENS血液から迂回結果生じるしれません。ストレス感じENS刺激することよっ正常収縮なくなると,吐き気催すことあります。

ENSは,“第脳”と呼ばいるものの,考えること決定することくれません。脳代わりならないいうことです。作曲銀行預金管理宿題くれません。それでも,この素晴らしい腸管神経複雑は,科学たち依然驚嘆ます。まだ分かっないことたくさんあるでしょう。次食事するは,箸取るちょっと考えください。あなたおなかは,状況監視し,データ処理し,共同作業し,コミュニケーション図るいった,一大プロセス始まろいるです。