内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2017年 No.3

 特集記事 | 聖書 神様から本?

聖書 神様からの本?

聖書 神様からの本?

聖書神様書い思いますか。それとも,人間考え収めすぎない思いますか。

この関しは,クリスチャン自称するたち相変わらず意見分かれます。例えば,2014年,米国行なわギャラップ調査よると,クリスチャン多数が「聖書何らかかかわっいる」こと認めました。その一方で,調査応じ51は,聖書を「古代寓話,伝説,歴史,人間書い格言から成る」本みなしました。しかし聖書は,「神霊感受けた」書物ある言わます。これどういう意味でしょか。(テモテ二 3:16

「霊感受けた」とは?

聖書は,66小さなから成っおり,約1600期間かけ40ほどよっ書かました。では,人間書いあれば,どうして「神霊感受けた」と言えるでしょか。簡単言えば,情報神様だっいう意味です。聖書そのことを,「人聖霊導かつつ,神よっ語った」と述べます。(ペテロ二 1:21)つまり,神様見えないエネルギーある聖霊使って,聖書各書筆者たちご自分メッセージ伝えた,ということです。これは,ビジネスマン秘書手紙書き取らせるます。その手紙は,書い秘書なく,書かビジネスマンです。

聖書筆者は,神様からメッセージを,天使通し聞いいれば,幻ます。また,夢伝えられます。神様は,そうメッセージ筆記なり言い方記録ことあれば,一字一句書き取らことあります。いずれ場合も,それ書いたち伝えは,自分考えなく,神様考えでした。

聖書筆者たち導い神様あるなぜ確信できますか。そのこと信じられる証拠3考えましょう。

もっと調べる

「ものみの塔」

聖書は本当に神の霊感による言葉です

聖書の著者が神であることに異議を唱える人は少なくありません。証拠を検討し,ご自分で判断してください。