内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2017年 No.3

 だれ設計?

ラッコの毛皮

ラッコの毛皮

冷たい水中生息する海洋哺乳多くは,皮膚ある厚い脂肪よっ体温保っます。でも,ラッコ断熱頼っます。それは,厚い毛皮コートです。

考えください: ラッコ毛皮1平方㌢当たり15万5000体毛生えおり,この密度哺乳トップです。ラッコ泳ぐと,体毛周り空気閉じ込めます。その空気断熱働きし,冷たいラッコ皮膚直接触れ体温奪っしまう防ぐです。

科学たちは,その利点付け,多数人工毛皮使い,毛長さ密度変え実験重ねました。その結果,「密度高いほど,また長さ長いほど,毛表面乾燥し,水はじく」こと分かりました。つまり,ラッコまとっいるは,超機能毛皮コートです。

この研究より,水はじく新種繊維開発生産分野一層技術革新期待ます。将来,冷たい入るダイバーたちは,ラッコよう覆わウェットスーツ着ることなるしれません。

どう思わますか: 断熱効果優れラッコ毛皮進化よるものでしょか。それだれ設計でしょか。