内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2017年 No.3

 家族ために | 子育て

お手伝いは大切

お手伝いは大切

現実問題

子どもお手伝いする当たり前いう家庭あれば,親言わないで,それいいことに,あまり手伝わないいう家庭あります。

研究たちよると,多く子どもたち手伝いなくなっます。家族ためするいうよりは,もらうばかりです。スティーブン立場からこう言います。「今どき子どもほったらかしされ,ゲームたり,インターネットたり,テレビたります。手伝い言いつけられることなど,ほとんどありません」。

あなたどう思いますか。家手伝いさせることは,本当大切ですか。家きれいおくためだけなく,子ども成長役立つでしょか。

知っおきたいこと

は,子ども手伝いさせようないます。子ども毎日,宿題部活習い事など追わいる場合は,特にそうです。しかし,お手伝いさせることメリットあります。

お手伝いすることで,子ども成長する。手伝いする子どもは,学校成績良いようですが,それもっともことです。手伝いするなら,子ども自信自制決断など,勉強役立つ特質着けることできます。

お手伝いすることで,人立てるようなる。観察よると,家手伝いする子どもは,人立てる大人なるようです。それそのはずです。自分より必要優先せる訓練できるからです。その一方で,先ほどスティーブンこう述べます。「親手伝いさせない子どもは,何もらえる思い込み,これから人生求められる責任勤勉関し正しい見方できない大人なります」。

お手伝いすることで,家族強まる。子どもは,家手伝い通じて,自分家族大切一員ある同時に,家族対する責任あること知るようなります。親手伝いより放課後活動優先せると,子どもそのこと学べないしれません。こう自問ましょう。「子どもサッカーチーム関係強まるも,家族いうチーム関係弱まるたら,それ良いことだろか」。

 どうすれよい

できるだけ早く始める。子ども3なったら手伝いさせるべき言ういれば,2以下手伝わせるよう勧めるます。ポイントは,幼い子どもそばすることや,親真似すること大好きいうことです。聖書原則: 箴言 22:6

年齢応じことさせる。例えば,3子どもあれば,おもちゃ片付けたり,こぼれもの拭いたり,洗濯分けたりできるでしょう。もう少し大きくなると,掃除かけたり,車洗ったり,食事作ったりすることできます。子どもできることさせましょう。子どもとても楽しそう手伝う様子驚かされるしれません。

お手伝い優先せる。毎日,山よう宿題ある場合,そうする難しいしれません。しかし,手伝いより学校成績優先せるは,「優先順位誤っいるいうことだ」と,「成功代償」(英語)という述べます。前述ように,お手伝いすることは,優秀生徒なる役立ちますし,子ども自分家庭持つ備えなります。聖書原則: フィリピ 1:10

結果より目的向ける。子ども1仕事終えるに,親考えいるより時間かかるしれません。それほど上手できないいうことあるでしょう。それでも,自分やりたくなる気持ち抑えましょう。目的は,子ども大人ようレベル求めることなく,責任学ば,その仕事する喜び経験せることあります。聖書原則: 伝道書 3:22

正しい報い向けさせる。お手伝い対しお小遣い与えるなら,責任教えることなる,と言ういれば,そんなことたら,子ども家族ためすることなく,自分もらえるもの向くようなる,と言うます。子ども十分お金たまると,家手伝いなくなる,それお手伝いさせる意味ない,と言うです。ですから,お手伝いお小遣いするほう良いしれません。