現在,世界​に​は​7000​も​の​言語​が​あり,その​多様​性​ゆえに​旅行​や​貿易,教育,そして​政治​も​複雑​に​なる​こと​が​あり​ます。そう​し​た​状況​は​今​も​昔​も​変わり​ませ​ん。例えば,約​2500​年​前,ペルシャ​の​アハシュエロス(恐らく,クセルクセス​1​世)の​治世​下​で​は,全土​に,つまり「インド​から​エチオピア​に​及ぶ​管轄​地域,すなわち​百二十七​の​管轄​地域[に]その​独自​の​文体​と​その​独自​の​国語​で​書き記さ​れ​た」布告​が​伝え​られ​まし​た。 *

今日,そんな​難しい​仕事​に​あえて​挑戦​し​よう​と​する​組織​は,まず​あり​ませ​ん。それ​は​政府​も​同じ​です。しかし,そう​し​た​仕事​を​成し遂げ​て​き​た​人​たち​が​い​ます。エホバ​の​証人​です。エホバ​の​証人​は,雑誌​や​オーディオ/ビデオコンテンツ,そして​聖書​を​はじめ​と​する​多く​の​書籍​を,合計​750​余り​の​言語​で​出版​し​て​い​ます。そこ​に​は,80​ほど​の​手話​言語​も​含ま​れ​ます。また,目​の​不​自由​な​方​の​ため​に,点字​版​の​出版​物​も​生産​し​て​い​ます。

さらに​言え​ば,その​仕事​は​営利​目的​で​は​あり​ませ​ん。翻訳​者​も​他​の​スタッフ​も,全員​が​無​報酬​で​働い​て​い​ます。では,どうして​エホバ​の​証人​は,これ​ほど​多く​の​言語​に​翻訳​し​て​いる​の​でしょ​う​か。その​作業​は​どの​よう​に​行なわ​れ​て​い​ます​か。

^ 3節 聖書​の​エステル 8​章​9​節​を​ご覧​ください。