内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

舵​が​ボート​の​方向​を​決める​よう​に,しつけ​は​子ども​を​正しい​方向​へ​進ま​せ​ます。

 PARENTS

6: しつけ

6: しつけ

どう​いう​こと​です​か

ここ​で​言う​しつけ​と​は,子ども​を​教え,導く​こと​です。時​に​は,子ども​の​行動​を​正す​こと​も​含ま​れ​ます。と​は​いえ,初め​から​良い​決定​が​できる​よう,子ども​に​正しい​価値​規準​を​理解​さ​せる​ほう​が​大切​です。

なぜ​大切​です​か

叱る​と,子ども​の​自尊​心​を​傷つける​の​で​は​ない​か​と​心配​する​あまり,しつけ​を​し​ない​親​が​増え​て​いる​よう​です。しかし,バランス​の​取れ​た​ルール​を​決め,子ども​に​それ​を​守る​よう​教え​て​いる​親​も​い​ます。

「立派​な​大人​に​成長​する​に​は,しっかり​と​し​た​ルール​を​教え​られる​必要​が​あり​ます。しつけ​られ​て​い​ない​子ども​は,舵​の​ない​ボート​の​よう​です。航路​を​外れ​たり,転覆​し​たり​する​危険​さえ​あり​ます」。パメラ

何​が​でき​ます​か

一貫​性​を​保ち​ます。子ども​が​ルール​を​破っ​た​時​は,うやむや​に​し​て​は​いけ​ませ​ん。その代わり,ルール​を​守れ​た​とき​は​心​から​褒め​ます。

「従順​な​子ども​が​少なく​なっ​て​いる​中​で,よく​従っ​て​くれる​こと​を​頻繁​に​褒める​よう​に​し​て​い​ます。普段​から​褒め​て​いる​の​で,注意​さ​れ​て​も​受け入れ​やすい​みたい​です」。クリスティーン

聖書​の​アドバイス: 「何​で​あれ,人​は​自分​の​まい​て​いる​もの,それ​を​また​刈り取る​こと​に​なる」。(ガラテア 6:7

バランス​の​取れ​た​見方​を​し​ます。しつける​際​は,子ども​の​年齢,能力,し​て​しまっ​た​こと​の​程度​を​考慮​に​入れ​ましょ​う。与える​罰​も,違反​に​関連​し​て​いる​もの​だ​と​効果​的​です。例えば,携帯​電話​を​使い過ぎ​たら,一定​期間​使え​ない​よう​に​する,など​です。と​は​いえ,ささい​な​こと​で​過剰​に​反応​する​の​も​避け​て​ください。

「子ども​が​わざと​言う​こと​を​聞か​なかっ​た​の​か,たまたま​間違っ​た​だけ​な​の​か​を​見分ける​よう​に​し​ます。その​間違い​が​根深けれ​ば,しっかり​対処​し​ない​と​いけ​ませ​ん​が,単なる​ミス​で​あれ​ば,指摘​する​だけ​で​足りる​から​です」。ウェンデル

聖書​の​アドバイス: 「あなた方​の​子供​を​いらいら​させ​て​気落ち​さ​せる​こと​の​ない​よう​に​し​なさい」。(コロサイ 3:21

愛情​を​たっぷり​かけ​ます。親​の​動機​が​愛​だ​と​分かる​と,子ども​は​矯正​を​受け止め​やすく​なり​ます。

「息子​が​間違い​を​し​て​しまっ​た​場合​で​も,今​まで​し​て​き​た​良い​こと​は​忘れ​て​い​ない,誇り​に​思っ​て​いる​ん​だ​と​話す​よう​に​し​て​き​まし​た。軌道​修正​さえ​すれ​ば,ミス​を​引きずる​必要​が​ない​こと,そして,わたしたち​が​全力​で​サポート​する​こと​を​伝え​まし​た」。ダニエル

聖書​の​アドバイス: 「愛​は​辛抱強く,また​親切​です」。(コリント​第​一 13:4