内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

治療とは患者の症状に対処するだけでなく,その原因にメスを入れること。

 解決できるのか

原因を究明する

原因を究明する

人類は,わたしたちの安全や将来を脅かす問題を解決できるのでしょうか。そうするには,表面を見るだけでなく原因を突き止める必要があります。

こんなことがありました。トムは病気になり,ほどなくして亡くなりました。死因は何でしたか。最後に搬送された病院の医師はこう報告しました。「症状が表われた時,だれも原因を調べようとしませんでした」。初めに担当した医師たちは,その場しのぎの薬を投与しただけだったようです。

人類も世界で見られる症状に対し,その場しのぎの対応をしていないでしょうか。例えば,政府は犯罪を防止するため,法律を制定したり,監視カメラを設置したり,警察を強化したりしています。確かにこの方法には一定の効果がありますが,問題の原因を取り除くことはできていません。犯罪などの行為には,その人の考え方や動機が表われています。

貧困が深刻化している南米のある国に住むダニエルは,こう言っています。「少し前は普通に暮らしていました。でも,今では強盗におびえない日はありません。国が貧しくなっていくと,みんな自分のことしか見えなくなり,人の命や持ち物を容赦なく奪うようになりました」。

ある男性は中東の紛争から逃れ,その後聖書を勉強するようになりました。こう言います。「郷里にいるたくさんの若者が紛争に加わるよう,家族や宗教家,政治家から勧められます。そうする若者たちは英雄視されます。敵もまったく同じことを若者に勧めています! 人間の指導者に希望を置いたところで,どうにもなりません」。

古くからある知恵の書 聖書にはこう書かれています。

  • 「人の心の傾向はその年若い時から悪い」。(創世記 8:21

  • 「心はほかの何物にも勝って不実であり,必死になる。だれがこれを知りえようか」。(エレミヤ 17:9

  • 「心から,邪悪な推論,殺人,……淫行,盗み,偽証,冒とくが出て来ます」。(マタイ 15:19

人は人を傷つけてしまう悪い傾向を持っています。でも,それをなくすことができていません。前の記事で取り上げた4つの問題を考えるだけでも,この傾向は良くなるどころか悪化しているようにも見えます。(テモテ第二 3:1‐5)コミュニケーションツールが豊富になり,情報があふれた現代でも,解決策は見つかっていません。では,平和で安全な世界を実現できないのはどうしてですか。人間の限界なのでしょうか。できないことをやろうとしているのでしょうか。

解決不可能か

もし奇跡的に人間の悪い傾向がなくなったとしても,安全な世界は作り出せないでしょう。なぜですか。人間には限界があるからです。

「自分の歩みを導くことさえ,……その人に属している のではありません」。これが現実です。(エレミヤ 10:23)人は自分の生き方を正しく導くことができません。人は水の中や宇宙で生きるようにはできていません。同じように,人は人を支配するようにはできていないのです。

人は水の中で生きるようにはできていない。同じように,人は人を支配するようにはできていない。

考えてみてください。人は生活習慣やモラルについてだれかに指図してほしいと思うでしょうか。また,堕胎や性道徳のあり方,子どものしつけ方を押しつけられて良く思う人がいるでしょうか。こうした問題で人々の意見は対立しています。確かに聖書の言うことにも一理あるのではないでしょうか。ですから,人には人を支配する正当な権利も能力もありません。では,どこに助けを求めたらよいでしょうか。

相談相手として一番頼りになるのは,人間を造った神様です。なぜなら,人間を造った神様は,わたしたちのことをだれよりも知っているからです。神様は人類のことを気にかけています。そのことは,聖書の知恵の言葉から分かります。聖書を調べると,自分自身の限界や,人類が悲惨な歴史を経験してきた理由について理解できます。かつてドイツの哲学者が「人民や政府が,歴史から何かを学んだ,つまり学び取れる原則に基づいて行動したという例は一つもない」と言ったその理由がよく分かることでしょう。

聖書の知恵が解決の糸口

イエスはこう語りました。「知恵はその子供ら[または,その結果]すべてによって義にかなっていることが示される」。(ルカ 7:35)その知恵の一例として詩編 146編3節があります。「高貴な者にも,地の人の子にも信頼を置いてはならない。彼らに救いはない」。このアドバイスは,現実離れした期待をしないように教えています。治安が悪い,ある北米の町に住んでいるケネスはこう話します。「政治家は次から次へと立派なことを言いますが,口先ばかりです。彼らが失敗するたびに,聖書の知恵の言葉を思い出します」。

先ほどのダニエルもこう書いています。「ちゃんと支配できる人はいないことをひしひしと感じています。……たくさんの預金があって年金をもらえるとしても,それで安心できるわけではありません。人間やお金に頼っている人たちの期待は裏切られてきました」。

聖書は現実離れした期待をしないよう勧めるとともに,間もなく訪れる明るい未来についても教えています。