内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 解決した人たち

リカルドとアンドレスの場合

リカルドとアンドレスの場合

聖書には人の生き方を大きく変える力があります。リカルドとアンドレスの話を聞いてみましょう。

リカルド: 多感な15歳の時にギャングに入りました。仲間から大きな影響を受けたわたしは,10年は刑務所に入りたいと思うようになりました。ばかばかしいかもしれませんが,周りでは刑務所に入ったことのある人がリスペクトされていました。わたしもそういう人になりたかったのです。

ドラッグやセックス,暴力など,ギャングがやりそうなことはすべてやってみました。ある晩,酒を飲んでいた時に撃ち合いになりました。殺されると思いましたが,何とか逃げ切りました。これがきっかけで人生について真剣に考えるようになり,このままではだめだと思いました。でも,どうしたらいいのでしょうか。

親戚のほとんどは問題を抱えていて,幸せではありませんでした。でも叔父の家族は違いました。みんないい人で,聖書の教えに従って生活していました。彼らから,神様の名前はエホバだと聞いていました。それで,あの晩,撃ち合いの後,わたしはエホバの名前を呼び,助けてくださいと祈りました。驚いたことに次の日,エホバの証人が家にやって来ました! その人に聖書を教えてもらいました。

でも,すぐに大きな壁にぶつかりました。仲間たちがしょっちゅう誘いの電話をかけてきたのです。本当に大変でしたが,はっきりと断わりました。聖書の勉強を続けたかったからです。そうして本当に良かったです。生活はとても良くなり,幸せを実感しました。

昔,一目置かれるために刑務所で10年過ごしたいと祈っていました。でも今度は少なくとも10年間,聖書教育の全時間ボランティアとして働きたいと祈りました。人の助けになりたかったからです。神様は祈りを聞いてくださいました。これまで17年間,全時間ボランティアを続けています。ちなみに,刑務所には一度も行っていません!

昔の仲間のほとんどは今も刑期に服しています。死んだ人もいます。エホバの証人の親族に感謝しています。彼らは周りの人と違う生き方をすることを恐れず,聖書の教えに従っていました。わたしはギャング仲間よりも彼らをリスペクトするようになりました。何よりも,一番良い生き方を教えてくださったエホバ神に感謝しています。

 アンドレス: わたしが生まれ育った地域は貧しく,ドラッグや恐喝,殺人や売春であふれていました。父はアルコールとコカインの依存症でした。両親はいつも怒鳴り合い,殴り合っていました。

わたしは幼いころから酒を飲み始め,ドラッグにも手を出すようになりました。1日の大半は路上で過ごし,物を盗んではそれを売っていました。大きくなると,父が,ドラッグや他の製品を国に持ち込むための手口を教えてきました。わたしはあっという間に大儲けしました。ある日,警察が家に来てわたしは逮捕され,殺人未遂の容疑で5年の刑を言い渡されました。

ある朝,刑務所のスピーカーから,エホバの証人が開く聖書のディスカッションのお知らせが流れました。わたしは行ってみることにしました。聞いたことに納得がいき,聖書を勉強し始めました。エホバの証人は聖書の高い道徳規準をストレートに教えてくれました。

自分一人の力では変化できないことにすぐに気づきました。囚人の中にはわたしが聖書を勉強しているのが気に入らず,脅してきた人もいたからです。力や知恵を祈り求めると,エホバは助けてくださいました。わたしはいわば攻めに出て,囚人たちに聖書について話すことさえできました。

刑務所を出る時,不安でもっとここにいたいと思うほどでした。大勢の囚人が手を振ってくれました。親しみを込めて「元気でね,牧師さん」と言う人までいました。

もし神様が導いてくれなかったら,自分は今どうなっていたでしょう。そう考えると怖くなります。わたしを愛し,見捨てないでいてくれた神様に感謝してもしきれません。 *

^ 15節 聖書が人の生き方を変えたほかの例についてはjw.orgをご覧ください。ホーム > 聖書の教え > ストレスと不安