「わたし​は,罵声​や​金切り​声​が​飛び交う​中​で​育ち​まし​た。ですから,人​を​許す​と​いう​こと​が​分かり​ませ​ん​でし​た。大人​に​なっ​て​から​も,何​か​の​こと​で​腹​が​立っ​て​何​日​も​眠れ​ない​こと​が​あり​まし​た」。こう​述べ​て​いる​の​は,パトリシア​と​いう​女性​です。確か​に,いつも​怒り​の​気持ち​を​募ら​せ​て​いる​と,幸せ​で​は​あり​ませ​ん​し,健康​に​も​良く​あり​ませ​ん。様々​な​研究​に​よる​と,人​を​許さ​ない​なら,

  • 怒り​や​悪​感情​で​人​と​の​関係​が​悪く​なり,孤立​し​て​寂しい​思い​を​し​ます。

  • すぐ​に​気分​を​害さ​れ​たり,不安​に​なっ​たり,ひどく​気落ち​し​たり​し​ます。

  • 人​の​間違い​が​気​に​なっ​て,生活​を​楽しめ​なく​なり​ます。

  • 人​を​許せ​ない​自分​に​罪悪​感​を​抱き​ます。

  • ストレス​が​増え,高血圧,心臓​病,関節​炎​や​頭痛​など​の​リスク​も​高まり​ます。 *

許す​と​は? 許す​と​は,だれ​か​に​感情​を​害さ​れ​て​も,その​人​を​責め​ず,怒り​や​恨み​や復讐​心​を​捨てる​こと​です。悪い​行ない​を​大目​に​見る​こと​で​も,軽視​する​こと​で​も,それ​が​なかっ​た​か​の​よう​に​振る舞う​こと​で​も​あり​ませ​ん。むしろ,許す​こと​は​考え抜い​た​結果​の​選択​です。他​の​人​を​愛し​て​いる​ゆえ​に,平和​に​貢献​し​たい,良い​関係​を​築い​て​維持​し​たい​と​誠実​に​願っ​て​いる​こと​の​表われ​な​の​です。

許す​こと​は,理解​の​表われ​で​も​あり​ます。人​は​だれ​で​も​言葉​や​行ない​で​間違い​を​犯す,と​いう​こと​を​理解​し​て​いる​なら,許し​やすく​なり​ます。(ローマ 3:23)その​点​を,聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「だれ​か​に​対し​て​不満​の​理由​が​ある​場合​で​も,引き続き​互い​に​忍び,互い​に​惜しみなく​許し合い​なさい」。(コロサイ 3:13

それで,許す​こと​は「結合​の​完全​な​きずな」で​ある​愛​の​重要​な​一面​で​ある,と​言え​ます。(コロサイ 3:14)メイヨー​・​クリニック​の​ウェブサイト​に​よる​と,人​を​許す​なら,

  •   人間​関係​が​改善​さ​れ,相手​の​こと​を​理解​し,感情​移入​できる​よう​に​なり​ます。

  • 神様​から​見​て​正しい​こと​を​し​て​いる​と​いう​自覚​が​得​られ,心​の​状態​も​良く​なり​ます。

  • 不安,ストレス,相手​に​対する​反感​が​和らぎ​ます。

  • うつ​状態​が​改善​し​ます。

自分​を​許す 「身体​障害​と​リハビリテーション」誌(英語)に​よる​と,自分​を​許す​こと​は,「最も​難しい」と​は​いえ,心身​の「健康​に​とっ​て​最も​大切」です。では,どう​すれ​ば​自分​を​許せる​でしょ​う​か。

  • 自分​に​完全​さ​を​求め​て​は​なり​ませ​ん。むしろ​現実​的​な​見方​を​し​て,自分​も​ほか​の​人​と​同じ​よう​に​間違い​を​する,と​いう​こと​を​認め​ましょ​う。(伝道​の​書 7:20

  • 失敗​から​学ん​で,失敗​を​繰り返さ​ない​よう​に​し​ましょ​う。

  • 自分​に​辛抱強く​あり​ましょ​う。欠点​や​悪い​習慣​は​一朝一夕​で​は​なくなり​ませ​ん。(エフェソス 4:23,24

  • ポジティブ​で​励まし​て​くれる​人,親切​で​率直​に​話し​て​くれる​人​と​友達​に​なり​ましょ​う。(箴言 13:20

  • だれ​か​を​傷つけ​た​時​は,間違い​を​認め,すぐ​に​謝り​ましょ​う。心​が​穏やか​に​なり​ます。(マタイ 5:23,24

聖書​の​教え​は​とても​役立つ

前述​の​パトリシア​は,人​を​許せる​よう​に​なり​まし​た。こう​書い​て​い​ます。「人生​を​狂わせ​て​き​た​怒り​の​感情​から​ようやく​自由​に​なり​まし​た。もう​自分​が​苦しむ​こと​も,他​の​人​を​苦しめる​こと​も​あり​ませ​ん。聖書​を​学ん​で,神様​が​わたしたち​を​愛し,最善​を​願っ​て​くださっ​て​いる​と​確信​でき​まし​た」。

ロン​と​いう​男性​も​聖書​の​教え​を​当てはめる​こと​に​よっ​て,穏やか​な​心​を​得​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「ほか​の​人​の​考え方​や​行動​は​コントロール​で​き​ませ​ん​が,自分​の​なら​コントロール​で​き​ます。平和​を​望む​なら,恨み​を​捨て​なけれ​ば​なり​ませ​ん。平和​と​恨み​は​北極​と​南極​の​よう​です。両方​の​場所​に​同時​に​いる​こと​は​でき​ませ​ん」。

^ 8節 出典: メイヨー​・​クリニック​と​ジョンズ​・​ホプキンズ​・​メディスン​の​各​ウェブサイト(英語),および「社会​精神​医学​と​精神​医学​的​疫学」誌(英語)。