内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 しあわせ​な​生き方

生きる目的を知る

生きる目的を知る

人間​は​特別​な​存在​です。文字​を​書き,絵​を​描き,色々​な​もの​を​創り出し​ます。そして,人間​だけ​が,宇宙​は​どの​よう​に​し​て​存在​する​よう​に​なっ​た​の​か,人類​は​どこ​から​来​た​の​か,人生​に​は​どんな​意味​が​ある​の​か,この​先,何​が​待ち受け​て​いる​の​か,と​いっ​た​疑問​を​抱き​ます。

答え​なんて​どうせ​分かり​っこない​と,こう​し​た​疑問​から​目​を​背ける​人​が​い​ます。生命​は​単なる​進化​の​結果​な​の​で,答え​を​探し​て​も​無駄​だ​と​言う​人​も​い​ます。「神​など​い​ない​し,人生​の​目的​など​ない。……倫理​規範​の​土台​も,生きる​こと​の​意味​も,……存在​し​ない」と,歴史​学​と​生物​学​の​教授​ウィリアム​・​プロバイン​は​主張​し​ます。

他方,その​よう​な​見方​は​間違っ​て​いる​と​考える​人​も​い​ます。そう​し​た​人​たち​は,宇宙​が​洗練​さ​れ​た​数学​的​法則​に​導か​れ​て​いる​こと​に​気づい​て​い​ます。また,様々​な​製品​に​応用​さ​れる​こと​も​ある,自然​界​の​素晴らしい​デザイン​に​魅了​さ​れ​て​い​ます。身近​に​見​られる,そう​し​た​複雑​で​機能​的​な​デザイン​の​背後​に​は,知恵​の​ある​設計​者​が​いる​と​考える​の​です。

この​よう​な​アプローチ​は,進化​論​を​信じ​て​い​た​人​たち​の​考え方​を​変え​て​き​まし​た。2​人​の​例​を​考え​ましょ​う。

神経​外科​医 アレクセイ​・​マルノフ​博士 「学校​で​は,無神​論​と​進化​論​が​教え​られ,神様​を​信じる​の​は​無知​な​人​だ​と​思わ​れ​て​い​まし​た」と​マルノフ​氏​は​言い​ます。しかし,彼​の​考え方​は​変わり​始め​ます。1990​年​の​こと​です。

「いつも​物事​を​論理​的​に​考える​よう​に​し​て​い​ます。人間​の​脳​に​つい​て​も​同じ​です。この​驚く​べき​器官​は,『既知​の​宇宙​で​最も​複雑​な​機構』と​いう​呼び名​に​ふさわしい​もの​です。でも,その​脳​は,知識​と​スキル​を​蓄積​し,死ん​で​いく​ため​だけ​に​デザイン​され​た​の​でしょ​う​か。そんな​こと​は​理屈​に​合わ​ない,と​思い​まし​た。『人間​は​どうして​存在​し​て​いる​の​だろ​う。何​の​ため​に​生き​て​いる​の​だろ​う』と​真剣​に​考え​た​結果,創造​者​が​いる​に​違いない​と​結論​し​まし​た」。

人生​の​目的​を​探し​て​い​た​マルノフ​氏​は,聖書​を​調べる​よう​に​なり​まし​た。その​うち​に,医師​で​やはり​無神​論​者​だっ​た​妻​も​聖書​を​学び​始め​まし​た。夫​が​間違っ​て​いる​こと​を​証明​し​よう​と​し​て​始め​た​の​です​が,今​で​は​2​人​と​も​神様​の​存在​を​確信​し​て​い​ます。また,聖書​に​書か​れ​て​いる,人類​に​対する​神様​の​目的​も​理解​する​よう​に​なり​まし​た。

プラズマ​研究​者 博士 尹​氏​は,物理​学​を​専攻​し,長年​プラズマ​の​研究​を​し​て​い​まし​た。プラズマ​は,太陽​など​に​存在​する​もの​で,主​に​電子​と​陽​イオン​で​構成​さ​れ​て​おり,物質​の​第​4​の​状態​と​考え​られ​て​い​ます。

彼女​は​こう​言い​ます。「科学​者​は,自然​現象​を​研究​する​時​は​いつも,自然​法則​の​結果​で​ある​普遍​的​な​秩序​を​見いだそ​う​と​し​ます。『これら​の​法則​は​どこ​から​来​た​の​だろ​う』と​思い​まし​た。『コンロ​の​火​で​すら​注意深く​調節​し​なけれ​ば​なら​ない​の​なら,太陽​の​炎​を​制御​する​法則​を​定め​た​の​は​一体​だれ​だろ​う』と​も​考え​まし​た。最終​的​に,答え​と​し​て​最も​筋​が​通っ​て​いる​の​は,聖書​の​最初​の​1​文​だ​と​結論​し​まし​た。そこ​に​は​こう​あり​ます。『初め​に​神​は​天​と​地​を​創造​さ​れ​た』」。(創世記 1:1

科学​は,脳​細胞​は​どの​よう​に​働く​か,太陽​は​どの​よう​に​熱​と​光​を​発する​か​と​いっ​た,「どの​よう​に?」と​いう​疑問​に​答え​て​い​ます。しかし,前述​の​2​人​は,聖書​が「なぜ?」と​いう,より​重要​な​疑問​に​答え​て​いる​こと​を​知り​まし​た。宇宙​は​なぜ​存在​し​て​いる​の​か,宇宙​に​は​なぜ​数々​の​法則​が​ある​の​か,人​は​なぜ​存在​し​て​いる​の​か​と​いっ​た​疑問​です。

地球​に​つい​て,聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「[神​は]それ​を​いたずら​に​創造​せ​ず,人​が​住む​ため​に​形造ら​れ​た」。(イザヤ 45:18)神様​は,目的​が​あっ​て​この​地球​を​造ら​れ​まし​た。次​の​記事​で​は,その​目的​が​わたしたち​の​将来​と​深く​関係​し​て​いる​こと​を​取り上げ​ます。