内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 しあわせ​な​生き方

満足し,喜んで与える

満足し,喜んで与える

幸せ​と​は​お金​や​物​を​たくさん​持つ​こと​だ​と​考え​て,もっと​お金​を​稼ご​う​と​長​時間​働く​人​は​少なく​あり​ませ​ん。では,お金​や​物​が​あれ​ば,ずっ​と​幸せ​で​いら​れる​の​でしょ​う​か。証拠​から​何​が​分かり​ます​か。

「幸福​研究​ジャーナル」(英語)に​よる​と,基本​的​な​必要​が​満たさ​れ​て​いれ​ば,さらに​収入​が​増え​て​も,幸福​感​が​高まる​こと​は​ほとんど​ない,と​いう​こと​です。お金​自体​が​問題​な​の​で​は​あり​ませ​ん。「[金銭]を​追及​する​なら​幸福​感​は​薄れる」と「心理​学​モニター」(英語)は​述べ​て​い​ます。2000​年​近く​前​に​書か​れ​た​聖書​の​アドバイス​の​とおり​です。「金銭​に​対する​愛​は​あらゆる​有害​な​事柄​の​根……です。ある​人​たち​は​この​愛​を​追い求め​て……多く​の​苦痛​で​自分​の​全身​を​刺し​た​の​です」。(テモテ​第​一 6:9,10)この「苦痛」に​は​何​が​含ま​れる​でしょ​う​か。

心配​や​不眠 財産​を​失わ​ない​か​と,心配​に​なっ​たり​眠れ​なく​なっ​たり​する​か​も​しれ​ませ​ん。聖書​に​は​こう​あり​ます。「仕える​者​の​眠り​は,自分​の​食べる​分​が​少ない​か​多い​か​に​かかわり​なく​甘い。しかし,富ん​だ​者​の​豊富​さ​は​これ​に​眠り​を​許さ​ない」。(伝道​の​書 5:12

期待外れ 金銭​欲​は​決して​満たさ​れる​こと​が​ない​の​で,財産​が​増え​て​も​幸せ​に​なれ​ず,がっかり​する​か​も​しれ​ませ​ん。「ただ​銀​を​愛する​者​は​銀​に​満ち足りる​こと​なく,富​を​愛する​者​は​収入​に​満ち足りる​こと​が​ない」の​です。(伝道​の​書 5:10)また,富​を​得​よう​と​必死​に​なる​なら,家族​や​友人​と​過ごし​たり​神様​を​崇拝​し​たり​する​貴重​な​時間​など,幸せ​に​欠か​せ​ない​こと​が​犠牲​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。

強い​ストレス 通貨​が​下落​し​たり​投資​に​失敗​し​たり​する​と,強い​ストレス​を​感じる​か​も​しれ​ませ​ん。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「富​を​得​よう​と​労し​て​は​なら​ない。自分​の​理解​に​頼る​こと​を​やめ​よ。あなた​は​自分​の​目​に​それ​を​一目​見​させ​た​の​か。それ​が​何物​で​も​ない​の​に。それ​は​自分​の​ため​に​必ず鷲​の​よう​な​翼​を​つけ,……飛び去る」。(箴言 23:4,5

 もっと​幸せ​に​なる​ため​に

満足​する 「わたしたち​は​世​に​何​か​を​携え​て​来​た​わけ​で​は​なく,また​何​か​を​運び出す​こと​も​でき[ませ​ん]。ですから,命​を​支える​物​と​身​を​覆う​物​と​が​あれ​ば,わたしたち​は​それ​で​満足​する​の​です」。(テモテ​第​一 6:7,8)満足​する​人​は,不平​を​言っ​たり​人​を​羨ん​だり​し​ませ​ん。自分​の​収入​以上​の​生活​を​望ま​ない​の​で,不​必要​な​心配​や​ストレス​を​抱え​ず​に​済み​ます。

喜ん​で​与える 「受ける​より​与える​ほう​が​幸福」です。(使徒 20:35)気前よく​与える​人​は,ほか​の​人​に​喜ん​で​もらえる​こと​に​喜び​を​見いだし​ます。わずか​な​時間​や​エネルギー​しか​与える​こと​が​でき​ない​と​し​て​も​喜べ​ます。その​よう​な​人​は,お金​で​は​買え​ない​素晴らしい​もの​を​たくさん​手​に​入れる​こと​が​でき​ます。愛​や​敬意,惜しみなく​与え​て​くれる​本当​の​友達​など​です。(ルカ 6:38

物​より​人​を​優先​する 「野菜​の​料理​と​そこ​に​愛​が​あれ​ば,肥やし飼い​に​し​た​牛​と​それ​に​憎しみ​が​伴う​の​に​勝[り​ます]」。(箴言 15:17)つまり,愛情​あふれる​人間​関係​は,物​より​も​大切​だ​と​いう​こと​です。そして,愛​は​幸せ​に​不可欠​です。その​点​は​後​ほど​考え​ます。

南米​の​サビナ​は,聖書​の​教え​が​役立つ​こと​を​実感​し​まし​た。夫​に​捨て​られ​て​から,自分​と​2​人​の​娘​の​生活​を​支える​の​に​必死​で,毎朝​4​時​に​起き​て,2​つ​の​仕事​を​掛け持ち​し​て​い​まし​た。そう​し​た​過酷​な​スケジュール​に​も​かかわら​ず,サビナ​は​聖書​を​学ぶ​こと​に​し​まし​た。どう​なっ​た​でしょ​う​か。

サビナ​の​経済​状態​は​ほとんど​変わり​ませ​ん​でし​た​が,人生​に​対する​見方​は​まったく​変わり​まし​た! 例えば,神様​の​導き​を​得​て,幸せ​を​感じ​まし​た。(マタイ 5:3)同じ​信仰​を​持つ,本当​の​友達​も​でき​まし​た。学ん​だ​こと​を​他​の​人​に​伝える​こと​で,与える​喜び​を​感じる​こと​も​でき​た​の​です。

「知恵​は​その​働き​に​よっ​て​義​に​かなっ​て​いる​こと​が​示さ​れる」,つまり​知恵​の​正しさ​は​結果​に​よっ​て​証明​さ​れる,と​聖書​は​述べ​て​い​ます。(マタイ 11:19)満足​する​こと​と​喜ん​で​与える​こと,そして​物​より​人​を​優先​する​こと​の​正しさ​も,十分​に​証明​さ​れ​て​い​ます!