慢性​的​な​体​の​不調​や​障害​が​ある​と,生活​は​大きく​変わっ​て​しまい​ます。ウルフ​と​いう​男性​は,かつて​は​健康​で​活動​的​でし​た​が,体​が​まひ​し​て​しまい​まし​た。こう​言っ​て​い​ます。「すっかり​落ち込み​まし​た。勇気​も,気力​も,体力​も,どこ​か​へ​行っ​て​しまい​まし​た。……自分​は『壊れ​て​しまっ​た』と​感じ​まし​た」。

ウルフ​の​経験​から​分かる​とおり,自分​の​健康​を​完璧​に​コントロール​で​きる​人​は​い​ませ​ん。と​は​いえ,無理​の​ない​範囲​で​健康​を​守る​こと​は​でき​ます​し,健康​を​損なっ​た​と​し​て​も,もう​幸せ​に​なれ​ない​と​いう​わけ​で​は​あり​ませ​ん。その​点​は​後​ほど​考え​ます。しかし​まずは,病気​の​リスク​を​減らす​の​に​役立つ​聖書​の​アドバイス​を​見​て​み​ましょ​う。

「習慣​に​節度​を​守[る]」テモテ​第​一 3:2,11)当然​ながら,いつも​食べ過ぎ​たり​飲み過ぎ​たり​する​の​は,お財布​に​は​もちろん,健康​に​も​良く​あり​ませ​ん。聖書​は​こう​勧め​て​い​ます。「ぶどう​酒​を​多量​に​飲む​者​や,肉​を​むさぼり食う​者​の​仲間​に​加わっ​て​は​なら​ない。酔いどれ​や​貪欲​な​者​は​貧困​に​陥……る​から​で​ある」。(箴言 23:20,21

体​に​悪い​こと​を​避ける 「肉​と​霊​の​あらゆる​汚れ​から​自分​を​清め」ましょ​う。(コリント​第​二 7:1)喫煙​や​アルコール​や​薬物​の​乱用​は​体​に​ダメージ​を​与え​ます。例えば,喫煙​は「疾病​や​障害​に​つながり,ほぼ​すべて​の​臓器​に​害​を​及ぼす」と​米国​疾病​対策​予防​センター​は​報告​し​て​い​ます。

自分​の​体​と​命​を​大切​な​贈り物​と​みなす 「わたしたち​は​神​に​よっ​て​命​を​持ち,動き,存在​し​て​い[ます]」。(使徒 17:28)この​事実​を​受け止める​と,仕事,運転,娯楽​に​関し​て​も​不​必要​な​危険​を​避け​たい​と​思う​よう​に​なり​ます。一瞬​の​スリル​の​ため​に,一生​を​台なし​に​する​なんて​ばかげ​て​い​ます!

ネガティブ​な​気持ち​を​コントロール​する 心​と​体​は​密接​に​関係​し​て​い​ます。それで,ネガティブ​な​気持ち​を​制御​し​ましょ​う。心配​し過ぎ​たり,怒り​を​爆発​さ​せ​たり,ねたん​だり​する​の​を​避け​て​ください。詩編 37​編​8​節​は,「怒り​を​やめ,激怒​ を​捨てよ」と​勧め​て​い​ます。「次​の​日​の​こと​を​決して​思い煩っ​て​は​なり​ませ​ん。次​の​日​に​は​次​の​日​の​思い煩い​が​ある​の​です」と​も​あり​ます。(マタイ 6:34

ポジティブ​な​こと​を​考える​よう​に​する 「穏やか​な​心​は​身体​の​命」で​ある,と​箴言 14​章​30​節​は​教え​て​い​ます。また,「喜び​に​満ち​た​心​は​治療​薬​と​し​て​良く​効き」ます。(箴言 17:22)この​言葉​は​科学​的​に​も​正しい​と​言え​ます。「幸せ​な​人​は,不幸せ​な​人​より​も​病気​に​なる​リスク​が​低い」と​スコットランド​の​ある​博士​は​述べ​て​い​ます。

折れ​にくい​心​を​育てる 前述​の​ウルフ​の​よう​に,長引く​つらい​状況​を​耐える​しか​ない​こと​も​あり​ます。しかし​そう​だ​と​し​て​も,どの​よう​に​耐える​か​を​選ぶ​こと​は​でき​ます。がっかり​し​て​打ちのめさ​れ​て​しまう​人​も​い​ます​が,それ​で​は​事態​は​悪く​なる​一方​です。「あなた​は​苦難​の​日​に​自分​が​失望​し​て​いる​こと​を​明らか​に​し​た​か。あなた​の​力​は​乏しく​なる」と​箴言 24​章​10​節​は​述べ​て​い​ます。

初め​は​落ち込ん​だ​と​し​て​も,立ち直る​人​も​い​ます。順応​し,対処​する​方法​を​見つける​の​です。ウルフ​は​そう​でし​た。たくさん​祈り,聖書​の​明るい​メッセージ​に​つい​て​深く​考え​た​結果,「でき​ない​こと​に​で​は​なく,できる​こと​に​目​を​向け​られる​よう​に​なっ​た」と​言い​ます。さらに,大きな​試練​を​乗り越え​た​多く​の​人​たち​と​同様​に,いっそう​思いやり​を​持ち,感情​移入​が​できる​よう​に​なり,聖書​から​の​慰め​を​他​の​人​たち​に​伝え​たい​と​いう​気持ち​に​なり​まし​た。

スティーブ​は,15​歳​の​時​に​事故​で​首​から​下​が​まひ​し​て​しまい​まし​た。18​歳​に​なる​ころ​に​は,腕​を​また​使える​よう​に​なり​まし​た。大学​へ​通い​始め​まし​た​が,そこで​薬物​や​アルコール​や​不​道徳​に​のめり込み​まし​た。何​の​希望​も​あり​ませ​ん​でし​た。しかし,聖書​を​学び​始め,人生​観​が​変わり​まし​た。悪い​習慣​も​克服​でき​まし​た。「長い​間​感じ​て​い​た​むなしさ​は​もう​あり​ませ​ん。……今​の​わたし​の​生活​は,安らぎ,幸福,満ち足り​た​気持ち​で​いっぱい​です」と​語っ​て​い​ます。

スティーブ​と​ウルフ​の​言葉​から,詩編 19​編​7,8​節​が​思い出さ​れ​ます。こう​あり​ます。「エホバ​の​律法​は​完全​で,魂​を​連れ戻す[または,力​を​吹き込む]。……エホバ​から​出る​命令​は​廉直​で,心​を歓ば​せる。エホバ​の​おきて​は​清く,目​を​輝か​せる」。