内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2017年 No.1

 だれ   設計?

サハラギンアリの熱シールド

サハラギンアリの熱シールド

サハラギンアリ(Cataglyphis bombycina)は,最も 暑さ  強い 陸生 生物  数え られ ます。日中 この アリ は,敵 たち  サハラ  炎熱 から 逃れ  物陰    潜め  いる とき  巣穴 から    て,素早く   探し ます。獲物  なる  は,強烈  暑さ  死ん   たち です。

[50]μ m

考え    ください: サハラギンアリ  強み は,その  シールド  あり ます。それ    背面  側面  覆う 特別  体毛 と,体  腹面  体毛  ない 部分 から 成っ   ます。銀色  光っ  見える 体毛 は,極小  三角 柱状 で,中  空洞  なっ   ます。外  向い  2     表面    方向  微小  凹凸  走っ  おり,内  向い  もう 1   表面  平坦  なっ   ます。この 構造   2   利点  あり ます。太陽 光線  うち  可視 光線 および  赤外   反射 する こと と,周囲 から 吸収     体外  逃がす こと です。一方,体毛  ない 腹面 は,砂漠  地表 から 発せ られる,中 赤外 領域  熱線  反射 する  です。 *

[10]μ m

サハラギンアリ は,この  シールド  おかげ  体温 を,耐え られる 上限  53.6  以下  保つ こと  でき ます。研究  たち  この 小さな 昆虫  ヒント   て,特殊  コーティング  開発  取り組ん   ます。それ  より,受動 冷却,つまり 送風  など  装置  使わ ない 冷却 システム  向上  目指し  いる  です。

どう 思わ  ます か: サハラギンアリ   シールド  進化  よる もの でしょ  か。それとも,だれ   設計    でしょ  か。

^ 4節 この アリ  ほか  も,体内  ある,高熱   容易  分解   ない 特殊  タンパク質,体  持ち上げ  熱い  から 離し,速く 歩く こと  可能  する 長い 足,そして,最短 距離  巣穴  戻る   役立つ 見事  ナビゲーション 能力 など  強み  持っ   ます。

もっと調べる

本や冊子

生命 ― どこから?

生命の起源について何を信じるかは非常に重要なことです。