内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2017年 No.6

聖書 いろいろあるのはなぜ?

聖書 いろいろあるのはなぜ?

現在,聖書​に​は​非常​に​多く​の​訳​が​あり​ます。新しい​訳​の​出版​は,聖書​の​理解​を​助ける​でしょ​う​か。それ​と​も​妨げる​でしょ​う​か。新しい​訳​が​出版​さ​れ​た​理由​を​知る​と,その​価値​を​正しく​評価​する​こと​が​でき​ます。

と​は​いえ,聖書​を​最初​に​書い​た​の​は​だれ​でしょ​う​か,また​それ​は​いつ​の​こと​です​か。

聖書​の​原本

聖書​は​通常,2​つ​の​部分​に​分け​られ​ます。最初​の​部分​は​39​冊​の​書​から​成り,「神​の​神聖​な​宣言」が​収め​られ​て​い​ます。(ローマ 3:2)神様​の​聖霊​に​導か​れ​た​忠実​な​人​たち​が,西暦​前​1513​年​から​西暦​前​443​年​ごろ​まで,約​1100​年​と​いう​長い​期間​を​かけ​て​完成​さ​せ​まし​た。ほとんど​が​ヘブライ​語​で​書き記さ​れ​た​の​で,ヘブライ​語​聖書​と​呼ば​れ​て​おり,旧約​聖書​と​し​て​も​知ら​れ​て​い​ます。

続く​部分​は​27​冊​の​書​から​成り,やはり「神​の​言葉」の​一部​です。(テサロニケ​第​一 2:13)神様​は,イエス​・​キリスト​の​忠実​な​弟子​たち​を​導き,西暦​41​年​から​西暦​98​年​ごろ​まで​の​約​60​年​と​いう​短い​期間​で​書き上げる​よう​に​させ​まし​た。この​部分​は,ほとんど​が​ギリシャ​語​で​書き記さ​れ​た​の​で,クリスチャン​・​ギリシャ​語​聖書​と​呼ば​れ​て​おり,新約​聖書​と​し​て​も​知ら​れ​て​い​ます。

これら​の,神様​の​導き​で​書き記さ​れ​た​66​冊​の​書​を​まとめ​た​もの​が​聖書​で​あり,神様​から​人類​へ​の​メッセージ​です。では​なぜ,いろいろ​な​訳​が​作ら​れる​よう​に​なっ​た​の​でしょ​う​か。主​な​理由​は​3​つ​あり​ます。

  • 母語​で​読める​よう​に​する。

  • 写字​生​に​よる​ミス​を​取り除き,聖書​の​原文​を​復元​する。

  • 古い​言葉​を,現在​使わ​れ​て​いる​言葉​に​する。

 これら​の​点​が​どう​関係​し​て​いる​か,初期​の​2​つ​の​訳​に​注目​し​て​み​ましょ​う。

ギリシャ​語​セプトゥアギンタ​訳

イエス​が​生ま​れる​300​年​ほど​前,ユダヤ​人​の​学​者​たち​は,ヘブライ​語​聖書​を​ギリシャ​語​に​翻訳​し​始め​まし​た。これ​は​後​に​ギリシャ​語​セプトゥアギンタ​訳​と​し​て​知ら​れる​よう​に​なり​ます。なぜ​この​訳​が​必要​だっ​た​の​でしょ​う​か。ヘブライ​語​より​も​ギリシャ​語​を​話す​多く​の​ユダヤ​人​が「聖​なる​書物」に​親しむ​の​を​助ける​ため​です。(テモテ​第​二 3:15

また,セプトゥアギンタ​訳​は,ギリシャ​語​を​話す,ユダヤ​人​以外​の​大勢​の​人々​が​聖書​の​教え​を​知る​の​を​助け​まし​た。どの​よう​に​です​か。W​・​F​・​ハワード​教授​に​よる​と,「それ​は,1​世紀​半ば​から​キリスト​教​教会​の​聖書​と​なり,伝道​者​たち​は​会堂​から​会堂​へ​と『その​聖書​を​使っ​て,イエス​が​メシア​で​ある​こと​を​証明​し​て』」いき​まし​た。(使徒 17:3,4; 20:20)それ​が​もと​で,やがて​多く​の​ユダヤ​人​は,「セプトゥアギンタ​訳​へ​の​関心​を​失っ​て​しまっ​た」と​聖書​学​者​の​F​・​F​・​ブルース​は​述べ​て​い​ます。

イエス​の​弟子​たち​は,クリスチャン​・​ギリシャ​語​聖書​の​各書​を​入手​する​に​つれ,それ​を​セプトゥアギンタ​訳​の​ヘブライ​語​聖書​と​一緒​に​する​よう​に​なり,こう​し​て,聖書​は​全巻​が​そろい,現代​の​よう​な​聖書​に​なり​まし​た。

ラテン​語​ウルガタ​訳

聖書​が​完成​し​て​から​300​年​ほど​後​に,宗教​学​者​ヒエロニムス​は,ラテン​語​訳​聖書(後​の​ウルガタ​訳)を​制作​し​まし​た。様々​な​ラテン​語​訳​が​すでに​あっ​た​の​に,なぜ​新しい​もの​が​必要​に​なっ​た​の​でしょ​う​か。ヒエロニムス​は「誤訳,明らか​な​間違い,根拠​の​ない​追加​や​省略」の​修正​を​望ん​で​い​た​と,「国際​標準​聖書​百科​事典」(英語)は​述べ​て​い​ます。

ヒエロニムス​は,多く​の​箇所​を​修正​し​まし​た。しかし,やがて​教会​の​権力​者​たち​は,最大​の​間違い​を​犯し​ます。何​世紀​も​の​間,ラテン​語​ウルガタ​訳​だけ​を​公認​の​聖書​と​し​た​の​です。ウルガタ​訳​は,一般​庶民​が​聖書​を​理解​する​ の​を​助ける​どころ​か,妨げ​まし​た。なぜ​です​か。ラテン​語​が​死語​に​なっ​て​いっ​た​から​です。

数多く​の​新しい​訳

一方​で,ほか​の​訳​の​聖書​も​作ら​れ​て​ゆき​まし​た。西暦​5​世紀​ごろ​の​有名​なシリア​語​ペシタ​訳など​です。14​世紀​に​なる​と,一般​庶民​に​母語​の​聖書​を​持たせ​よう​と​する​新た​な​努力​が​また​始まり​まし​た。

14​世紀​後半​の​英国​で,ジョン​・​ウィクリフ​は,聖書​を​死語​と​なっ​た​言語​で​は​なく,広く​理解​さ​れる​よう​に​なっ​て​い​た​英語​で​作る​努力​を​始め​まし​た。その​後,ヨハネス​・​グーテンベルク​の​印刷​技術​の​発明​に​より,聖書​学​者​たち​は,多く​の​生き​た​言語​の​新しい​訳​の​聖書​を​作り,ヨーロッパ​中​に​流布​さ​せる​こと​が​でき​まし​た。

いろいろ​な​英訳​聖書​が​出版​さ​れる​に​つれ,批評​家​たち​は,同じ​言語​で​複数​の​訳​が​存在​する​こと​に​疑問​を​差し挟み​まし​た。しかし,18​世紀​の​イギリス​の​聖職​者​ジョン​・​ルイス​は​こう​書き​まし​た。「言語​は​古く​なり,理解​し​にくく​なる​もの​だ。ゆえに,古い​訳​を​見直し,今​の​言葉​に​替え​て​いく​必要​が​ある。新しい​世代​の​人々​が​理解​できる​よう​に」。

今日,聖書​学​者​たち​は​古い​訳​を​見直す​絶好​の​立場​に​い​ます。聖書​の​原語​に​関する​知識​が​より​豊富​に​なり,近年​で​は​貴重​な​古代​の​写本​が​数多く​発見​さ​れ​て​いる​から​です。これら​は,より​正確​な​聖書​の​原文​を​再現​する​助け​に​なり​ます。

ですから,新しい​訳​の​聖書​は​たいへん​役​に​立ち​ます。もちろん,その​すべて​が​良い​と​いう​わけ​で​は​あり​ませ​ん​が, * 神様​へ​の​純粋​な​愛​と​いう​動機​で​作ら​れる​の​で​あれ​ば,その​聖書​は​計り知れない​祝福​と​なる​の​です。

 

^ 24節 「ものみの塔」2008​年​5​月​1​日​号​の「聖書​の​良い​翻訳 ― どの​よう​に​見分け​られ​ます​か」と​いう​記事​を​ご覧​ください。