内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

コウノトリ

天の鳥から学ぶ

天の鳥から学ぶ

「どうか,……尋ね​て​みよ。天​の​翼​の​ある​生き物​に​も。そうすれば,それ​は​あなた​に​告げる​だろ​う。これら​すべて​の​もの​の​うち,だれ​か​よく​知ら​ない​もの​が​あろ​う​か。エホバ​の​み手​が​これ​を​なさっ​た​こと​を」。―ヨブ 12:7,9

3000​年​あまり​前,族長​ヨブ​が​悟っ​た​よう​に,天​の​鳥​から​は​神​の​手​の​業​に​つい​て​多く​の​こと​を​学べ​ます。さらに,鳥類​の​習性​は,例え​や​比喩​に​も​大変​適し​て​い​ます。聖書​中​の​鳥​に​関する​数々​の​記述​から​は,人生​や​エホバ​と​の​関係​に​つい​て​大切​な​教訓​を​得​られ​ます。その​幾つ​か​を​考え​て​み​ましょ​う。

ツバメ​が​巣​を​作る​場所

ツバメ

エルサレム​の​住民​に​とっ​て,ツバメ​は​なじみ深い​鳥​でし​た。ツバメ​に​は​建物​の​軒下​に​巣​を​作る​習性​が​あり​ます。ソロモン​の​神殿​に​巣​を​作る​ツバメ​も​い​まし​た。毎年​神殿​で​巣作り​を​する​ツバメ​は,そこ​が​安全​な​場所​で,ひな​を​育てる​の​に​最適​で​ある​こと​を​知っ​て​い​た​の​でしょ​う。

詩編 84​編​の​筆者​で​あり,6​か月​ごと​に​1​週​間​神殿​で​奉仕​し​て​い​た,コラ​の​子​の​1​人​は,神殿​の​敷地​内​に​ある​ツバメ​の​巣​に​目​を​留め​まし​た。そして,エホバ​の​家​に​ずっ​と​住ん​で​いる​ツバメ​を​羨ん​で,次​の​よう​な​感嘆​の​声​を​上げ​て​い​ます。「あなた​の​大いなる​幕屋​は​何​と​慕わしい​の​でしょ​う,ああ,万軍​の​エホバ​よ。わたし​の​魂​は​エホバ​の​中庭​を​慕い求め,思い焦がれ​まし​た。……鳥​で​さえ​家​を​見つけ,つばめ​も​自分​の​ため​に​巣​を​見つけ,そこ​に​ひな​を​置き​まし​た ― あなた​の​大いなる​祭壇,ああ,万軍​の​エホバ,わたし​の​王,わたし​の​神​よ」。(詩編 84:1‐3)同様​に,わたしたち​も​子ども​たち​も,定期​的​に​神​の​民​の​会衆​と​共​に​いる​こと​を​慕い求め​て​いる​でしょ​う​か。また,その​こと​に​感謝​し​て​いる​でしょ​う​か。―詩編 26:8,12

コウノトリ​は​時​を​知っ​て​いる

預言​者​エレミヤ​は,「天​の​こうのとり[は]その​定め​られ​た​時​を​よく​知っ​て​いる」と​記し​まし​た。コウノトリ​が​約束​の​地​を​通っ​て​渡り​を​する​こと​に​通じ​て​い​た​の​でしょ​う。春​に​なる​と,30万​羽​を​超える​シュバシコウ(コウノトリ​の​1​種)が,ヨルダン​渓谷​経由​で​アフリカ​から​北​ヨーロッパ​まで​渡り​を​し​ます。体内​時計​が,夏​の​繁殖​地​へ​行く​よう​促す​の​です。渡り​を​する​ほか​の​鳥​と​同様,コウノトリ​も「自分​の​やっ​て​来る​時​を​よく​守」り​ます。―エレミヤ 8:7

「渡り​に​関する​真​の​驚異​は,それ​が​本能​だ​と​いう​こと​で​ある」と,「コリンズ​・​アトラス 鳥​の​渡り」(英語)は​述べ​て​い​ます。エホバ​神​は,渡り​を​する​鳥​に​は​季節​を​感知​する​本能​的​な​知恵​を​与え​まし​た​が,人間​に​は​時​と​時節​を​識別​する​能力​を​お与え​に​なり​まし​た。(ルカ 12:54‐56)本能​的​な​知恵​を​備え​て​い​た​コウノトリ​と​は​異​なり,人間​が​現在​起き​て​いる​出来事​の​意味​を​識別​する​に​は,神​に​つい​て​の​知識​が​どうして​も​必要​です。エレミヤ​の​時代​の​イスラエル​人​は,時代​の​しるし​に​気づき​ませ​ん​でし​た。神​は,その​根本​的​な​原因​に​つい​て,こう​述べ​まし​た。「彼ら​は​エホバ​の​言葉​を​退け​た​の​だ。それ​で​どんな​知恵​が​彼ら​に​ある​と​いう​の​か」。―エレミヤ 8:9

 現在,今​が​聖書​の​言う「終わり​の​日」で​ある​こと​を​示す​証拠​は​十分​に​あり​ます。(テモテ​第​二 3:1‐5)あなた​は​コウノトリ​の​よう​に,「定め​られ​た​時」に​注意​を​払い​ます​か。

ワシ​は,はるか​遠く​を​見通す

ワシ

ワシ​は​聖書​中​に​何​度​も​登場​し,約束​の​地​で​は​その​印象​的​な​姿​が​よく​見かけ​られ​まし​た。聖書​は,ワシ​が​高い​断崖​の​上​に​ある​巣​から「食物​を​うかがい,はるか​遠く​まで​その​目​は​眺め​て​いる」と​述べ​て​い​ます。(ヨブ 39:27‐29)ワシ​の​視力​は​非常​に​優れ​て​おり,1​㌔​先​に​いる​ウサギ​さえ​見つける​と​言わ​れ​て​い​ます。

ワシ​が「はるか​遠く​まで……眺め[る]」こと​が​できる​よう​に,エホバ​も​遠い​将来​を​見通す​能力​を​お持ち​です。それで,「[わたし​は]終わり​の​こと​を​初め​から,また,まだ​行なわ​れ​て​い​なかっ​た​こと​を​昔​から​告げる」と​宣言​し​て​おら​れ​ます。(イザヤ 46:10)エホバ​の​助言​に​従う​なら,この​方​の​比類​の​ない​知恵​や​将来​を​見通す​力​の​恩恵​に​あずかれる​の​です。―イザヤ 48:17,18

聖書​は​さらに,神​に​依り頼む​人​たち​を​ワシ​に​例え,こう​描写​し​て​い​ます。「エホバ​を​待ち望ん​で​いる​者​は​再び​力​を​得る。彼ら​は​鷲​の​よう​に​翼​を​張っ​て​上っ​て​行く」。(イザヤ 40:31)ワシ​は,上昇​気流​を​利用​し​て​上空​へ​と​高く​上り​ます。上昇​気流​を​とらえる​と,翼​を​広げ​て​その​気流​の​中​を​旋回​し​ながら​上​へ​上​へ​と​上っ​て​行き​ます。自分​の​力​を​使わ​ず​に​舞い上がり,長​距離​を​滑空​する​の​です。同様​に,エホバ​を​信頼​する​人​は,神​が​約束​し​て​くださっ​て​いる「普通​を​超え​た……力」に​頼る​こと​が​でき​ます。―コリント​第​二 4:7,8

「めんどり​が​その​ひな​を……集める​か​の​よう​に」

めんどり​と​ひよこ

イエス​は​亡くなる​少し​前,しばし​足​を​止め​て​ユダヤ​人​の​首都​を​見つめ,ため息​を​つい​て​こう​言い​まし​た。「エルサレム,エルサレム,預言​者​たち​を​殺し,自分​に​遣わさ​れ​た​人々​を​石打ち​に​する​者​よ ― わたし​は​幾たび​あなた​の​子供​たち​を​集め​たい​と​思っ​た​こと​でしょ​う。めんどり​が​その​ひな​を​翼​の​下​に​集める​か​の​よう​に。しかし,あなた方​は​それ​を​望み​ませ​ん​でし​た」。―マタイ 23:37

鳥​に​は,ひな​を​守ろ​う​と​する​強い​本能​が​あり​ます。地面​に​巣​を​作る​鳥,例えば​めんどり​など​は,危険​に​目ざとく​なけれ​ば​なり​ませ​ん。めんどり​は,タカ​が​頭上​で​旋回​し​て​いる​の​に​気づく​と​大きな​鳴き声​を​上げ​て​警告​を​発し​ます。すると,ひよこ​たち​は​素早く​母親​の​翼​の​下​に​逃げ込み​ます。そこ​は,小さな​ひよこ​に​とっ​て,照りつける​太陽​や​激しい​雨​から​の​避難​所​に​も​なり​ます。同様​に​イエス​も,エルサレム​の​人々​に​霊的​な​避難​所​や​保護​を​差し伸べ​たい​と​思っ​て​い​まし​た。今日​で​は,日々​の​生活​で​重荷​や​思い煩い​を​経験​する​わたしたち​に,さわやか​さ​や​保護​を​求め​て​ご自分​の​もと​へ​来る​よう​呼びかけ​て​おら​れ​ます。―マタイ 11:28,29

確か​に,これら​翼​ある​生き物​から​学べる​こと​は​たくさん​あり​ます。彼ら​の​生態​を​観察​する​とき,聖書​が​描写​し​て​いる​例え​を​思い出す​よう​に​し​ましょ​う。ツバメ​の​よう​に,エホバ​の​崇拝​の​家​に​対する​認識​や​感謝​を​表わせ​ます​よう​に。希望​を​与え​て​くださる​神​に​頼り,ワシ​の​よう​に​上昇​でき​ます​よう​に。めんどり​が​ひな​を​守る​よう​に,イエス​が​ご自分​の​もと​に​来​た​あなた​を​聖書​の​真理​に​よっ​て​保護​し​て​ください​ます​よう​に。そして,コウノトリ​が,現代​を​特徴​づける​世界​の​出来事​の​意味​に​目ざとく​ある​こと​の​大切​さ​を​思い出さ​せ​て​くれ​ます​よう​に。