内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 ライフ​・​ストーリー

両腕はなくても聖書の真理を抱きしめています

両腕はなくても聖書の真理を抱きしめています

人​は​不安​を​感じる​と,何​か​に​しがみつき​たい​と​思う​もの​です。でも,わたし​に​は​そう​する​こと​が​でき​ませ​ん。手​も​腕​も​ない​から​です。7​歳​の​時,命​を​取り留める​ため​に​両腕​を​切断​する​こと​に​なっ​た​の​です。

わたし​が​1960​年​に​生ま​れ​た​時,母​は​17​歳​でし​た。父​は​わたし​が​生ま​れる​前​に​家​を​出​て​行っ​た​の​で,母​と​わたし​は​祖父母​の​もと​に​身​を​寄せ,かつて​の​ドイツ​民主​共和​国​つまり​東​ドイツ​の​小さな​町​ブルク​で​暮らす​こと​に​なり​まし​た。多く​の​人​は​無神​論​者​でし​た​し,うち​の​家族​も​そう​でし​た。神​など​どう​で​も​よかっ​た​の​です。

子ども​時代​は,祖父​に​かわいがら​れ,木​に​登っ​て​のこぎり​で​枝​を​払う​など,いろんな​こと​を​させ​て​もらい​まし​た。そう​し​た​冒険​が​大好き​でし​た。のびのび​と​し​た​楽しい​毎日​でし​た。

事故​で​人生​が​変わる

ある​日,恐ろしい​こと​が​起き​まし​た。7​歳​の​時​の​こと​です。小学​校​2​年​生​に​なっ​た​ばかり​の​わたし​は,帰宅​途中​に​電信​柱​に​上り​まし​た。8​㍍​ほど​上っ​た​ところ​で,アークフラッシュ​が​起き​て,意識​を​失い​まし​た。病院​で​目覚め​た​時,両腕​が​ない​こと​に​気づき​まし​た。両腕​が​ひどく​焼け焦げ,ぞっ​と​する​よう​な​傷​を​負っ​て​い​た​の​で,敗血​症​に​なら​ない​よう​切断​し​なけれ​ば​なら​なかっ​た​の​です。ご想像​どおり,母​と​祖父母​は​途方​に​暮れ​まし​た。しかし,まだ​子ども​だっ​た​わたし​は,両腕​を​失う​と​その​後​の​生活​に​どんな​影響​が​及ぶ​か​を​あまり​よく​理解​し​て​い​ませ​ん​でし​た。

退院​し​て,学校​に​戻る​と,子ども​たち​は​わたし​を​からかい,小突き回し,物​を​投げつけ​まし​た。わたし​が​身​を​守れ​なかっ​た​から​です。わたし​は,その​子​たち​の​残酷​で​見下し​た​よう​な​言葉​に​深く​傷つき​まし​た。そして​最終​的​に​は,ビルケンヴェルダー​養護​学校​に​送ら​れる​こと​に​なり​まし​た。そこ​は,いわば​体​の​不​自由​な​子ども​たち​の​ため​の​寄宿​学校​です。家​から​とても​遠かっ​た​の​で,母​と​祖父母​は​会い​に​来る​だけ​の​経済​的​な​余裕​が​あり​ませ​ん​でし​た。会える​の​は​休暇​で​帰っ​た​時​だけ​で,その​後​の​10​年​間​は,母​や​祖父母​の​い​ない​環境​で​育ち​まし​た。

両腕​に​頼ら​ず​成長​する

わたし​は,足​を​使っ​て​いろ​いろ​な​こと​が​できる​よう​に​なり​まし​た。例えば,足​の​指​で​フォーク​や​スプーン​を​持っ​て​食べる​こと​など​想像​でき​ない​か​も​しれ​ませ​ん​が,わたし​は​何とか​その​テクニック​を​身​に​着け​まし​た。また​足​を​使っ​て​歯​を​磨い​たり​髪​を​とかし​たり,人​と​話し​て​いる​時​に​足​で​ジェスチャー​し​たり​も​できる​よう​に​なり​まし​た。そう​です,わたし​の​足​が​手​に​なっ​た​の​です。

 十​代​に​なる​と,SF​小説​に​夢中​に​なり​まし​た。ハイテク​の​義手​を​着け​て​何​で​も​できる​よう​に​なる​ところ​を​想像​し​た​もの​です。14​歳​の​時​に,たばこ​を​吸い​始め​まし​た。そう​する​こと​で,自信​が​持て​て,自分​も​他​の​人​と​同じ​だ​と​いう​気持ち​に​なれ​まし​た。こう​言っ​て​いる​よう​な​もの​でし​た。「ぼく​に​だっ​て​できる。たばこ​を​吸う​の​は,大人​の​証拠​だ。腕​が​あろ​う​と​なかろ​う​と​関係​ない」。

わたし​は​様々​な​活動​に​参加​し,いつも​忙しく​し​て​い​まし​た。自由​ドイツ​青年​団​と​いう,国​が​主催​する​社会​主義​青年​組織​に​加入​し,書記​を​務め​まし​た。地元​メンバー​の​間​で​も​責任​ある​立場​です。また​合唱​クラブ​に​入っ​たり,詩​の​朗読​会​を​開い​たり,身体​障害​者​の​ため​の​スポーツ​に​参加​し​たり​も​し​まし​た。やがて​職業​訓練​を​終え​て,町​の​会社​で​働き​始め​まし​た。この​ころ​に​は,ますます​頻繁​に​義手​を​使う​よう​に​なり​まし​た。五体​満足​な​人間​で​い​たかっ​た​から​です。

聖書​の​真理​を​抱きしめる

ある​日,出勤​時​に​電車​を​待っ​て​いる​と,1​人​の​男性​が​近づい​て​来​て,「神様​が​あなた​に​もう​一度​両腕​を​くださっ​たら​素晴らしい​と​思い​ませ​ん​か」と​言い​まし​た。わたし​は​戸惑い​まし​た。もちろん,両腕​を​取り戻し​たい​と​は​思っ​て​い​まし​た​が,あまりに​も​現実​離れ​し​て​い​て,あり得​ない​話​に​聞こえ​た​の​です。わたし​は​無神​論​者​だっ​た​の​で,神​は​い​ない​と​固く​信じ​て​い​まし​た。それ​以来,その​男性​を​避ける​よう​に​なり​まし​た。

少し​たっ​て,同僚​の​女性​の​家​に​招か​れ​まし​た。コーヒー​を​飲ん​で​い​た​時,彼女​の​両親​が​エホバ​と​いう​名​の​神​に​つい​て​話し​始め​まし​た。神​に​名前​が​ある​と​聞い​た​の​は,その​時​が​初めて​でし​た。(詩編 83:18)でも,心​の​中​で​は​こう​考え​て​い​まし​た。「どんな​名前​で​あろ​う​と,神​なんて​いる​わけ​が​ない。この​人​たち​の​間違い​を​証明​し​て​や​ろう」。自分​が​正しい​と​確信​し​て​い​た​わたし​は,聖書​の​話し合い​に​応じ​まし​た。ところが,驚い​た​こと​に,わたし​は​神​が​存在​し​ない​こと​を​証明​でき​ませ​ん​でし​た。

聖書​の​預言​を​調べる​うち​に,わたし​の​無神​論​的​な​考え​は​徐々​に​崩れ​て​いき​まし​た。聖書​預言​の​多く​は,何百​年​あるいは​何千​年​も​前​に​書か​れ​た​に​も​かかわら​ず,実現​し​て​い​まし​た。ある​日​の​聖書​研究​の​際​に,現在​の​世界​情勢​を​マタイ 24​章,ルカ 21​章,テモテ​第​二 3​章​の​預言​と​比較​し​まし​た。医師​は,患者​に​幾つ​も​の​症状​が​同​時期​に​現われ​て​いる​なら,病名​を​正しく​特定​できる​もの​です。同様​に,預言​さ​れ​て​いる​様々​な​出来事​が​同​時期​に​起き​て​いる​の​で,今​が​聖書​で​言う「終わり​の​日」だ​と​分かり​まし​た。 * わたし​は​畏敬​の​念​に​打た​れ​まし​た。それら​の​預言​が,わたし​の​目​の​前​で​成就​し​て​い​た​から​です。

わたし​は,学ん​で​いる​こと​が​真理​で​ある​と​確信​し​まし​た。エホバ​神​に​祈る​よう​に​なり,10​年​あまり​ヘビースモーカー​だっ​た​に​も​かかわら​ず,たばこ​を​やめ​まし​た。聖書​の​研究​を​1​年​ほど​続け,1986​年​4​月​27​日​に​バスタブ​の​中​で​秘密​裏​に​バプテスマ​を​受け​まし​た。当時​の​東​ドイツ​で​は,エホバ​の​証人​の​活動​は​禁令​下​に​あっ​た​から​です。

 他​の​人​に​与える

禁令​下​に​あり,個人​の​家​で​少​人数​で​集まっ​て​い​た​ため,知っ​て​いる​仲間​の​信者​は​わずか​でし​た。その​後,思いがけず,政府​当局​から​西​ドイツ​に​旅行​する​許可​が​下り​まし​た。西​ドイツ​で​は​エホバ​の​証人​の​活動​は​禁令​下​に​なかっ​た​の​で,生ま​れ​て​初めて​聖書​の​大会​に​出席​し,何千​人​も​の​仲間​の​兄弟​姉妹​に​会う​こと​が​でき​まし​た。それ​は​極めて​貴重​な​経験​でし​た。

ベルリン​の​壁​の​崩壊​後,エホバ​の​証人​に​対する​禁令​は​解除​さ​れ,ついに​エホバ​神​を​自由​に​崇拝​できる​よう​に​なり​まし​た。わたし​は​もっと​多く​の​時間​を​伝道​活動​に​費やし​たい​と​思い​まし​た。しかし,知ら​ない​人​と​接する​こと​に​恐怖​心​が​あり​まし​た。体​が​不​自由​で,子ども​時代​の​大半​を​養護​施設​で​過ごし​た​ため​に,劣等​感​を​感じ​て​い​た​の​です。しかし,1992​年​に,1​か月​間​に​60​時間​伝道​を​行なう​と​いう​目標​に​挑戦​し,それ​を​達成​し​て​多く​の​喜び​を​味わい​まし​た。それで,毎月​行なう​こと​に​し,3​年​ほど​続ける​こと​が​でき​まし​た。

わたし​は,「だれ​か​が​弱く​て,わたし​が​弱く​ない​こと​が​ある​でしょ​う​か」と​いう​聖書​の​言葉​を​いつも​心​に​留め​て​い​ます。(コリント​第​二 11:29)体​は​不​自由​です​が,わたし​に​は​まだ​頭脳​と​声​が​あり​ます。ですから,他​の​人​たち​を​助ける​ため​に​ベスト​を​尽くし​て​い​ます。両腕​が​ない​の​で,ハンディキャップ​の​ある​人​たち​の​気持ち​が​よく​分かり​ます。し​たい​こと​が​ある​の​に,どうして​も​でき​ない​もどかしさ​も​知っ​て​い​ます。それで,そんな​気持ち​に​苦しむ​人々​を​励まそ​う​と​努力​し,他​の​人​に​与える​喜び​を​味わっ​て​い​ます。

他​の​人​に​良い​知らせ​を​伝え​て​幸せ​を​味わっ​て​いる

エホバ​は​日​ごと​に​助け​て​くださる

と​は​いえ,時​に​は​がっかり​する​こと​も​あり​ます。五体​満足​で​は​ない​から​です。生活​に​必要​な​こと​の​多く​は​自分​で​行なえ​ます​が,普通​以上​に​時間,努力,エネルギー​が​必要​です。それで,「自分​に​力​を​与え​て​くださる​方​の​おかげ​で,わたし​は​一切​の​事​に​対し​て​強く​なっ​て​いる」と​いう​言葉​を​座右​の​銘​に​し​て​い​ます。(フィリピ 4:13)エホバ​は,“普通”の​事柄​を​行なう​の​に​必要​な​力​を​日​ごと​に​与え​て​ください​ます。エホバ​が​わたし​を​決して​見捨て​られ​ない,と​いう​こと​が​分かっ​た​の​で,わたし​も​決して​エホバ​から​離れる​まい​と​思っ​て​い​ます。

エホバ​は,わたし​が​成長​期​に​持て​なかっ​た​もの,つまり​家族​を​与え​て​ください​まし​た。わたし​に​は,愛情​深く​同情​心​に​富ん​だ​素晴らしい​妻​エルケ​が​い​ます。さらに,今​で​は​幾百万​人​も​の​エホバ​の​証人​が​わたし​の​霊的​な​兄弟​姉妹​で​あり,世界​的​な​家族​な​の​です。

愛する​妻​エルケ​と

わたし​は,パラダイス​に​関する​神​の​約束​に​も​慰め​られ​て​い​ます。神​は「すべて​の​もの​を​新しく」し​て​ください​ます。わたし​の​両腕​も​です。(啓示 21:5)わたし​は,イエス​が​地上​で​行なっ​た​こと​を​熟考​し​て,この​約束​を​もっと​よく​理解​できる​よう​に​なり​まし​た。イエス​は​瞬時​に,手足​の​不​自由​な​人​を​癒やし,切り取ら​れ​た​耳​を​元​に​戻す​こと​さえ​し​まし​た。(マタイ 12:13。ルカ 22:50,51)エホバ​の​約束​と​イエス​の​奇跡​に​よっ​て,わたし​は​ま​も​なく​再び​五体​満足​に​なれる​こと​を​確信​し​まし​た。

と​は​いえ,最も​素晴らしい​祝福​は,エホバ​神​を​知る​よう​に​なっ​た​こと​です。エホバ​は​わたし​の​父,わたし​の​友,わたし​の​慰め手,わたし​の​力​と​なっ​て​ください​まし​た。わたし​は​ダビデ​王​と​同じ​よう​に​感じ​て​い​ます。ダビデ​は​こう​書き​まし​た。「エホバ​は​わたし​の​力,……わたし​は​助け​られ​まし​た。ですから,わたし​の​心​は​歓喜​し[ます]」。(詩編 28:7)この​素晴らしい​真理​を​一生​手放さ​ない​よう​に​し​たい​と​思い​ます。両腕​は​なく​て​も​聖書​の​真理​を​抱きしめ​て​いる​の​です。

^ 17節 終わり​の​日​の​しるし​に​つい​て​詳しく​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​9​章「今​は『終わり​の​日』です​か」を​ご覧​ください。www.jw.org​で​も​読む​こと​が​でき​ます。