内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2017年 No.5

妻​タビタ​と​伝道​し​て​いる​ところ

 聖書​は​人​の​生き方​を​変える

神などいないと思っていました

神などいないと思っていました
  • 生ま​れ​た​年: 1974​年

  • 生ま​れ​た​国: ドイツ​民主​共和​国

  • かつて​は: 無神​論​者​だっ​た

過去​の​歩み

わたし​は,当時​の​ドイツ​民主​共和​国(東​ドイツ)に​あっ​た​ザクセン​地方​の​村​で​生ま​れ​まし​た。温かく​愛​に​満ち​た​家庭​で,両親​から​健全​な​道徳​観​を​教え​られ​て​育ち​まし​た。東​ドイツ​は​共産​主義​国家​だっ​た​の​で,ザクセン​の​大半​の​人​に​とっ​て,宗教​は​重要​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。わたし​も,神​など​い​ない​と​思っ​て​い​まし​た。わたし​の​人生​の​最初​の​18​年​間​に​大きな​影響​を​与え​た​の​は,無神​論​と​共産​主義​でし​た。

共産​主義​に​魅力​を​感じ​た​の​は,すべて​の​人​は​平等​だ,と​いう​考え方​が​好き​だっ​た​から​です。また,すべて​の​所有​物​は​公平​に​分配​さ​れる​べき​だ,そう​すれ​ば​極端​な​貧富​の​差​は​なくなる,と​思っ​た​の​です。それで,共産​主義​少年​団​の​活動​に​熱中​し​て​い​まし​た。14​歳​の​時,紙くず​を​リサイクル​する​と​いう​環境​整備​プロジェクト​に​かなり​の​時間​を​費やし​た​こと​で,地元​の​アウエ​と​いう​町​から​感謝​さ​れ,名誉​市民​と​し​て​表彰​さ​れ​まし​た。まだ​若かっ​た​の​です​が,東​ドイツ​の​大物​政治​家​たち​と​も​知り合え​て,自分​の​やっ​て​いる​こと​は​正しい,将来​は​明るい,と​考え​て​い​まし​た。

しかし,わたし​の​世界​は​突然​に​崩れ去り​まし​た。1989​年​に​ベルリン​の​壁​が​崩壊​し,東欧​の​共産​圏​も​崩壊​し​た​の​です。衝撃​の​連続​でし​た。やがて,東​ドイツ​で​不正​が​まかり通っ​て​い​た​こと​を​知り​まし​た。例えば,共産​主義​を​支持​し​ない​人々​は,二流​市民​と​し​て​扱わ​れ​て​い​まし​た。どうして​だろ​う,共産​主義​者​は​すべて​の​人​が​平等​だ​と​信じ​て​い​た​の​で​は​ない​か。共産​主義​は​見かけ倒し​に​過ぎ​なかっ​た​の​だろ​う​か。わたし​は​不安​で​押しつぶさ​れ​そう​に​なり​まし​た。

それで,気持ち​を​切り替え,音楽​と​美術​に​打ち込み​まし​た。音楽​学校​に​在籍​し​て​い​て,大学​に​進学​できる​見込み​も​あっ​た​の​で,音楽​家​や​画家​を​目指し​まし​た。また,幼い​ころ​に​教わっ​た​道徳​観​も​捨て​まし​た。今​が​楽しけれ​ば​それ​で​よい​と​思い,一度​に​何​人​も​の​女性​と​付き合っ​たり​し​まし​た。しかし,音楽​も​美術​も​気まま​な​生き方​も,不安​を​和らげ​て​は​くれ​ませ​ん​でし​た。わたし​の​描い​た​絵​に​も​異常​な​まで​の​恐れ​の​気持ち​が​表われ​て​い​まし​た。将来​に​何​が​待ち受け​て​ いる​の​だろ​う,自分​は​何​の​ため​に​生き​て​いる​の​だろ​う,と​考え​て​い​まし​た。

その​答え​を​ついに​見つけ​た​時​は,本当​に​驚き​まし​た。ある​日​の​夕方,学校​で​友達​と​将来​の​こと​を​話し合っ​て​い​た​時,エホバ​の​証人​で​も​ある​マンディー​ *と​いう​女​の​子​が​良い​アドバイス​を​し​て​くれ​まし​た。「アンドレアス,人生​や​将来​に​つい​て​の​疑問​の​答え​を​知り​たい​なら,聖書​を​じっくり​調べ​て​み​たら」と​言っ​た​の​です。

半信半疑​でし​た​が,好奇​心​から​調べ​て​み​まし​た。マンディー​の​勧め​で​ダニエル 2​章​を​読み,ショック​を​受け​まし​た。そこ​に​は,一連​の​世界​強国​つまり​政府​が​現代​に​至る​まで​大きな​影響​を​及ぼす​こと​が​預言​さ​れ​て​い​まし​た。マンディー​は​将来​に​関係​する​預言​を​ほか​に​も​見せ​て​くれ​まし​た。ついに​疑問​の​答え​を​見つけ​まし​た! しかし,この​預言​を​書き,将来​を​これ​ほど​正確​に​予告​し​た​の​は​だれ​でしょ​う​か。神様​が​存在​し​て​いる​と​いう​こと​でしょ​う​か。

聖書​に​よっ​て​どの​よう​に​生き方​が​変わっ​た​か

マンディー​は,ホルスト​と​アンゲリカ​を​紹介​し​て​くれ​まし​た。この​夫婦​も​エホバ​の​証人​で,聖書​を​もっと​理解​できる​よう​助け​て​くれ​まし​た。エホバ​の​証人​が​一貫​し​て​エホバ​と​いう​神様​の​名前​を​使い,その​名前​に​注意​を​引こ​う​と​する​唯一​の​団体​で​ある​こと​は,すぐ​に​分かり​まし​た。(詩編 83:18。マタイ 6:9)わたし​は,エホバ​神​が​地上​の​楽園​で​永遠​に​生きる​見込み​を​差し伸べ​て​くださっ​て​いる​こと​を​学び​まし​た。詩編 37​編​9​節​に​は,「エホバ​を​待ち望む​者​たち​は,地​を​所有​する​者​と​なる」と​あり​ます。この​見込み​が​聖書​に​ある​神様​の​行動​規準​に​従っ​て​生き​よう​と​する​人​すべて​に​開か​れ​て​いる​こと​に,魅力​を​感じ​まし​た。

と​は​いえ,聖書​と​調和​し​た​生活​を​する​よう​自分​を​変化​さ​せる​ため​に​闘わ​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。音楽​家​また​画家​と​し​て​の​成功​に​より​高慢​に​なっ​て​い​た​の​で,まず​謙遜​さ​を​学ぶ​必要​が​あり​まし​た。さらに,道徳​的​に​だらしない​生活​を​やめる​の​は​簡単​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。聖書​の​教え​を​実行​し​よう​と​懸命​に​努力​する​人​に​対し​て,エホバ​が​辛抱強さ​や​憐れみ​や​理解​を​示し​て​くださる​こと​に,心​から​感謝​し​て​い​ます。

18​歳​まで​は​専ら​共産​主義​と​無神​論​の​影響​を​受け​て​い​まし​た​が,聖書​を​学ん​で​から​は,生き方​が​一変​し​まし​た。将来​に​対する​不安​は​和らぎ,生きる​目的​を​理解​する​こと​も​でき​まし​た。1993​年​に​エホバ​の​証人​と​し​て​バプテスマ​を​受け,2000​年​に​は,やはり​熱心​な​エホバ​の​証人​で​ある​タビタ​と​結婚​し​まし​た。2​人​と​も,聖書​を​知る​よう​他​の​人​を​助ける​活動​に​尽力​し​て​い​ます。会う​人​の​多く​は,以前​の​わたし​の​よう​に,共産​主義​や​無神​論​の​強い​影響​を​受け​て​い​ます。そう​し​た​人​たち​に​エホバ​神​に​つい​て​知らせる​こと​に,深い​満足​を​覚え​て​い​ます。

どんな​益​を​受け​た​か

わたし​が​エホバ​の​証人​と​聖書​を​学び​始め​た​時,両親​は​ショック​を​受け​まし​た​が,その​後,エホバ​の​証人​と​の​交友が​わたし​の​生き方​に​プラス​の​影響​を​与え​て​いる​こと​を​分かっ​て​もらえ​まし​た。うれしい​こと​に,今​で​は​聖書​を​読み,エホバ​の​証人​の集会​に​出席し​て​い​ます。

タビタ​と​の​結婚​生活​は​順調​です。聖書​中​の​夫婦​に​対する​アドバイス​に​しっかり​と​従う​よう,2​人​で​努力​し​て​いる​から​です。例えば,不倫​を​禁じる​助言​に​従う​こと​で,夫婦​の​絆​は​ますます​強く​なっ​て​い​ます。(ヘブライ 13:4

生きる​こと​を​恐れ​たり​将来​を​不安​に​思っ​たり​する​こと​は​もう​あり​ませ​ん。わたし​は​今,信仰​で​結ば​れ​た​世界​的​な​家族​の​一員​と​し​て,真​の​平和​と​一致​を​楽しん​で​い​ます。その​家族​の​中​で​は,だれ​も​が​平等​に​扱わ​れ​ます。まさに​わたし​の​夢見​て​い​た​こと​が,ここ​に​ある​の​です。

^ 12節 名前​は​変え​て​あり​ます。