内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2017年 No.5

ご存じでしたか

ご存じでしたか

イエス​は​軽蔑​的​な​意味​で「小犬」を​例え​に​使っ​た​の​です​か。

小犬​を​抱い​て​いる​子ども。ギリシャ​または​ローマ​の​小像(西暦​前​1​世紀​から​西暦​2​世紀​の​もの)

イエス​が​イスラエル​の​境界​の​外,ローマ​の​属州​シリア​に​い​た​時,1​人​の​ギリシャ​人​女性​が​助け​を​求め​て​近づい​て​き​まし​た。イエス​は​その​求め​に​対する​答え​の​中​で,ユダヤ​人​で​ない​人​を「小犬」に​なぞらえ​まし​た。モーセ​の​律法​下​で​は,犬​は​汚れ​た​動物​と​され​て​い​まし​た。(レビ​記 11:27)では​イエス​は,この​ギリシャ​人​女性​を​はじめ,ユダヤ​人​で​ない​人​を​軽蔑​する​意味​で​そう​言わ​れ​た​の​でしょ​う​か。

その​よう​な​こと​は​あり​ませ​ん。イエス​は,弟子​たち​に​も​説明​し​た​とおり,その​時点​で​は​ユダヤ​人​を​助ける​こと​を​優先​し​たい​と​思っ​て​い​まし​た。その​こと​を​説明​する​ため​に,「子供​たち​の​パン​を​取っ​て​小犬​に​投げ与える​の​は​正しく​あり​ませ​ん」と​言っ​た​の​です。(マタイ 15:21‐26。マルコ 7:26)ギリシャ​人​や​ローマ​人​の​間​で​は,犬​は​しばしば,大切​な​ペット​と​し​て​飼い主​の​家​で​飼わ​れ,子ども​たち​の​遊び​相手​に​なっ​て​い​まし​た。それで,「小犬」と​いう​表現​は,温かく​愛情​の​こもっ​た​印象​を​与え​た​こと​でしょ​う。相手​の​女性​は​イエス​の​言葉​を​すぐ​に​理解​し​て,こう​答え​ます。「そう​です,主​よ。けれど,小犬​も​自分​の​主人​たち​の​食卓​から​落ちる​パン​くず​を​食べる​の​で​ござい​ます」。イエス​は​彼女​の​信仰​を​褒め,その​娘​を​癒やさ​れ​まし​た。(マタイ 15:27,28

航海​を​延期​する​よう​に​と​いう,使徒​パウロ​の​勧め​は​賢明​な​もの​でし​た​か。

大きな​貨物​船​の​レリーフ(西暦​1​世紀​の​もの)

パウロ​が​乗っ​て​い​た​イタリア​行き​の​帆船​は,向かい風​と​闘っ​て​い​まし​た。パウロ​は​停泊​地​に​い​た​時​に,航海​を​続ける​の​を​延期​する​よう​勧め​まし​た。(使徒 27:9‐12)どんな​根拠​で​そう​述べ​た​の​でしょ​う​か。

当時​の​船乗り​たち​は,冬​の​間​に​地中海​を​渡る​の​が​とても​危険​な​こと​を​よく​知っ​て​い​まし​た。11​月​半ば​から​3​月​半ば​まで​は​航海​に​は​向か​ない​と​考え​られ​て​い​まし​た。パウロ​の​航海​は​9​月​か​10​月​に​行なわ​れる​予定​でし​た。西暦​4​世紀​の​ローマ​の​著述​家​ウェゲティウス​は,自著「軍事​大要」の​中​で,地中海​を​帆船​で​航海​する​に​は「適し​た​月,危険​な​月,不可能​な​月​が​あり」,5​月​27​日​から​9​月​14​日​まで​は​安全​に​航海​できる​が,9​月​15​日​から​11​月​11​日​まで​と​3​月​11​日​から​5​月​26​日​まで​は​危険​が​増す,と​説明​し​て​い​ます。旅慣れ​て​い​た​パウロ​は,そう​し​た​事情​に​通じ​て​い​た​に​違いあり​ませ​ん。船長​や​船主​も​その​こと​を​知っ​て​い​た​はず​です​が,パウロ​の​勧め​を​無視​し​た​ため,船​は​難破​し​て​しまい​まし​た。(使徒 27:13‐44

もっと調べる

イエス 道,真理,命

女の子と耳が聞こえない人を癒やす

イエスがフェニキア人のことを小犬と表現した時に,女性が腹を立てなかったのはなぜですか。