内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 特集​記事 | 慰め​は​どこ​から?

苦しい時の慰め

苦しい時の慰め

苦しみ​は​様々​な​形​で​やっ​て​来​ます。ここ​で​その​すべて​を​取り上げる​こと​は​でき​ませ​ん​が,前述​の​4​つ​の​例​を​さらに​調べ​て​み​ましょ​う。人々​が​様々​な​問題​に​直面​し​て,神​から​の​真​の​慰め​を​どの​よう​に​見いだし​た​か​に​注目​し​て​ください。

失業​し​た​時

「わたし​は​どんな​仕事​で​も​引き受け,2​人​で​不​必要​な​出費​を​減らし​まし​た」。―ジョナサン

「わたしたち​夫婦​は​同時​に​失業​し​まし​た」と​セス​は​言い​ます。 * 「2​年​間​は,家族​から​の​助け​や​ちょっと​し​た​アルバイト​で​しのぐ​こと​に​なり​まし​た。結果​と​し​て,妻​の​プリシラ​は​落ち込み,わたし​は​自分​を​だめ​な​人間​だ​と​思い​まし​た。

「その​状況​に​対処​する​ため​に,プリシラ​は,いつも​マタイ 6​章​34​節​の​イエス​の​言葉​を​思い出す​よう​に​し​まし​た。その​日​に​は​その​日​の​思い煩い​が​ある​の​で,次​の​日​の​こと​を​思い煩う​べき​で​は​ない,と​いう​言葉​です。そして​心​から​の​祈り​に​よっ​て,前​に​進む​力​を​得​まし​た。わたし​は,詩編 55​編​22​節​から​慰め​を​得​まし​た。詩編​作者​の​よう​に,自分​の​重荷​を​エホバ​に​ゆだね​て,エホバ​が​支え​て​くださる​こと​を​知っ​た​の​です。今​で​は​定職​に​就い​て​い​ます​が,マタイ 6​章​20‐22​節​に​ある​イエス​の​アドバイス​に​従っ​て,シンプル​な​ライフスタイル​を​保っ​て​い​ます。何​より​も,わたしたち​は​神​を​いっそう​身近​に​感じる​よう​に​なり​まし​た​し,互い​の​関係​も​これ​まで​以上​に​深まり​まし​た」。

「家業​が​倒産​し​た​時​は,お先​真っ暗​でし​た」と​ジョナサン​は​言い​ます。「経済​危機​の​せい​で,20​年​も​の​労苦​が​水​の​泡​に​なっ​た​の​です。お金​の​こと​で​妻​と​言い争う​よう​に​なり​まし​た。クレジットカード​で​買い物​を​する​こと​さえ​でき​ませ​ん​でし​た。使え​ない​と​言わ​れる​の​が​怖かっ​た​から​です。

「しかし,神​の​言葉​と​聖霊​に​助け​られ​て,良い​決定​を​下せ​まし​た。わたし​は​どんな​仕事​で​も​引き受け,2​人​で​不​必要​な​出費​を​減らし​まし​た。エホバ​の​証人​で​ある​仲間​の​信者​たち​も,わたしたち​の​自尊​心​を​尊重​し​つつ,本当​に​困っ​た​時​に​は​助け​の​手​を​差し伸べ​て​くれ​まし​た」。

結婚​が​破たん​し​た​時

ラケル​は​当時​の​こと​を​こう​語っ​て​い​ます。「夫​が​突然​に​ 出​て​行っ​た​時​は,傷つき,怒り​を​覚え​まし​た。そして​大きな​悲しみ​に​打ちのめさ​れ​まし​た。でも​神​に​近づく​と,神​は​慰め​て​ください​まし​た。日々,祈り​で​神​に​導き​を​求める​と,神​の​平和​が​わたし​の​心​を​守っ​て​くれ​まし​た。まるで​神​が​わたし​の​壊れ​た​心​を​修理​し​て​くださっ​て​いる​か​の​よう​でし​た。

「また​神​の​言葉 聖書​の​おかげ​で,怒り​や​恨み​と​いっ​た​感情​を​克服​でき​まし​た。使徒​パウロ​が​ローマ 12​章​21​節​で​述べ​て​いる,『悪​に​征服​さ​れ​て​は​なり​ませ​ん。むしろ,善​を​もっ​て​悪​を​征服​し​て​ゆき​なさい』と​いう​言葉​を​心​に​銘記​し​まし​た。

「『失っ​た​もの​と​し​て​あきらめる』べき​時​が​あり​ます。……今​の​わたし​に​は,人生​の​新た​な​目標​が​あり​ます」。―ラケル

「ある​友人​が,前​に​進む​必要​に​気づか​せ​て​くれ​まし​た。伝道​の​書 3​章​6​節​を​見せ,『失っ​た​もの​と​し​て​あきらめる』べき​時​が​あり​ます​よ,と​優しく​話し​て​くれ​た​の​です。それ​は​簡単​で​は​あり​ませ​ん​でし​た​が,わたし​に​必要​な​こと​でし​た。今​の​わたし​に​は,人生​の​新た​な​目標​が​あり​ます」。

エリザベス​は​こう​言い​ます。「結婚​が​破たん​し​た​時​は,支え​が​必要​です。わたし​に​は,来る​日​も​来る​日​も​支え​て​くれる​親友​が​い​まし​た。彼女​は​一緒​に​泣き,慰め​て​くれ​て,わたし​は​嫌わ​れ​て​いる​の​で​は​なく​愛さ​れ​て​いる​の​だ,と​感じ​させ​て​くれ​まし​た。エホバ​が​彼女​を​用い​て​わたし​の​心​の​傷​を​癒やし​て​くださっ​た​の​だ​と​思い​ます」。

病気​や​老齢​の​問題​に​直面​し​た​時

「祈る​と,聖霊​に​よっ​て​力​が​与え​られる​の​を​感じ​ます」。―ルイス

この​特集​の​最初​の​記事​に​登場​し​た​ルイス​は,重い​心臓​病​を​抱え​て​おり,2​度​も​死​に​かけ​まし​た。現在​は,毎日​16​時間​も​酸素​吸入​を​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。こう​述べ​て​い​ます。「わたし​は​いつも​エホバ​神​に​祈り​ます。祈る​と,聖霊​に​よっ​て​力​が​与え​られる​の​を​感じ​ます。そして,前進​し​続ける​勇気​が​得​られ​ます。わたし​は​神​を​信じ​て​おり,神​が​世話​し​て​くださる​こと​を​知っ​て​いる​から​です」。

「やり​たい​こと​は​山​ほど​あり​ます​が,もう​無理​です」と,80​代​に​なる​ペトラ​は​言い​ます。「体力​の​衰え​を​感じる​の​は​非常​に​つらい​こと​です。疲れ果て​たり,薬​を​手放せ​なく​なっ​たり​し​ます。よく​考える​の​です​が,イエス​は​天​の​父​に,もし​できる​こと​なら​この​苦しみ​を​過ぎ去ら​せ​て​ください​と​祈り​まし​た。それ​に​対​し​て,エホバ​は​イエス​に​力​を​お与え​に​なり​まし​た。エホバ​は​わたし​に​も​力​を​与え​て​ください​ます。祈り​は​わたし​の​毎日​の​治療​法​です。神​と​お話し​し​た​後​は,気分​が​ずっ​と​良く​なり​ます」。―マタイ 26:39

 多発​性​硬化​症​と​30​年​近く​闘っ​て​き​た​フリアン​も​同じ​よう​に​感じ,こう​述べ​て​い​ます。「重役​の​椅子​で​は​なく​車椅子​に​座っ​て​い​ます​が,生きがい​を​感じ​て​い​ます。他​の​人​に​仕える​ため​に​生き​て​いる​から​です。自分​を​与える​こと​に​よっ​て,苦しみ​が​和らぎ​ます。そして​エホバ​は,必要​な​時​に​わたしたち​を​強める​と​の​約束​を​必ず​守ら​れ​ます。わたし​も​使徒​パウロ​の​よう​に,『自分​に​力​を​与え​て​くださる​方​の​おかげ​で,わたし​は​一切​の​事​に​対し​て​強く​なっ​て​いる』と​心​から​言う​こと​が​でき​ます」。―フィリピ 4:13

愛する​人​を​亡くし​た​時

「父​が​交通​事故​で​亡くなっ​た​時,最初​は​信じ​られ​ませ​ん​でし​た」と​アントニオ​は​語っ​て​い​ます。「すごく​不​公平​に​思え​まし​た。父​は​ただ​道​を​歩い​て​い​た​だけ​だっ​た​から​です。わたし​に​は​何​も​でき​ませ​ん​でし​た。父​は​昏睡​状態​に​なり,5​日​後​に​亡くなり​まし​た。わたし​は​母​の​前​で​は​何​と​か​涙​を​こらえ​て​い​まし​た​が,1​人​に​なる​と​泣き崩れ​まし​た。『なぜ? なぜ​父​が?』と​考え​続け​まし​た。

「あの​とても​つらい​日々​の​間,自分​の​感情​を​コントロール​で​きる​よう​助け​て​ください,平和​を​与え​て​ください,と​エホバ​に​祈り​続け,少し​ずつ​平静​を​取り戻す​こと​が​でき​まし​た。聖書​の​述べ​て​いる​とおり,『予見​し​え​ない​出来事』は​だれ​に​で​も​臨む​と​いう​こと​を​思い出し​まし​た。そして,復活し​て​くる​父​と​必ず​再会​できる​こと​を​信じ​て​い​ます。神​は​偽る​こと​の​でき​ない​方​だ​から​です」。―伝道​の​書 9:11。ヨハネ 11:25。テトス 1:2

「息子​の​命​は​飛行​機​事故​に​よっ​て​奪わ​れ​まし​た​が,わたしたち​に​は​息子​と​共​に​過ごし​た​楽しい​思い出​が​たくさん​あり​ます」。―ロバート

冒頭​の​記事​に​登場​し​た​ロバート​も​同じ​気持ち​です。こう​述べ​て​い​ます。「妻​も​わたし​も,フィリピ 4​章​6,7​節​に​述べ​られ​て​いる​心​の​平和​が​得​られ​まし​た。エホバ​へ​の​祈り​を​通し​て​です。その​おかげ​で,ニュースリポーター​たち​に​復活​の​希望​に​つい​て​話す​こと​が​でき​まし​た。息子​の​命​は​飛行​機​事故​に​よっ​て​奪わ​れ​まし​た​が,わたしたち​に​は​息子​と​共​に​過ごし​た​楽しい​思い出​が​たくさん​あり​ます。そう​し​た​楽しかっ​た​こと​だけ​を​考える​よう​に​し​て​い​ます。

「テレビ​を​見​た​仲間​の​信者​たち​から,信じ​て​いる​こと​を​冷静​に​話し​て​い​まし​た​ね,と​言わ​れ​た​の​で,皆​が​わたしたち​の​ため​に​たくさん​祈っ​て​くれ​た​から​です,と​話し​まし​た。エホバ​が​仲間​たち​の​あふれ​ん​ばかり​の​慰め​の​言葉​に​よっ​て​支え​て​くださっ​た​の​だ​と​心​から​信じ​て​い​ます」。

以上​の​例​から​分かる​よう​に,神​は​様々​な​問題​や​苦難​に​直面​し​て​いる​人々​を​慰め​て​ください​ます。あなた​が​人生​で​どんな​問題​に​直面​する​と​し​て​も,たいへん​な​時​を​切り抜ける​ため​の​慰め​が​得​られ​ます。 * エホバ​に​助け​を​求め​て​は​いかが​です​か。エホバ​は「すべて​の​慰め​の​神」な​の​です。―コリント​第​二 1:3

^ 5節 この​記事​に​出​て​くる​一部​の​名前​は​変え​て​あり​ます。

^ 23節 神​に​近づき​たい,神​から​の​慰め​を​得る​助け​が​欲しい​と​思わ​れる​なら,お近く​の​エホバ​の​証人と​連絡​を​お取り​ください。エホバ​の​証人​の​最寄り​の支部​事務​所に​手紙​を​送る​こと​も​でき​ます。