内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 聖書​は​人​の​生き方​を​変える

わたしはひねくれた乱暴者でした

わたしはひねくれた乱暴者でした
  • 生ま​れ​た​年: 1974​年

  • 生ま​れ​た​国: メキシコ

  • かつて​は: 暴力​的​で,喧嘩​早い​少年​だっ​た

過去​の​歩み:

わたし​は,メキシコ​の​タマウリパス​州​に​ある​美しい​都市​シウダード​・​マンテ​で​生ま​れ​まし​た。地元​の​人々​は​全般​的​に​寛大​で​親切​です。しかし,残念​な​こと​に​犯罪​組織​の​せい​で​とても​危険​な​地域​でし​た。

わたし​は​4​人​兄弟​の​次男​坊​でし​た。両親​の​意向​に​より​カトリック​教会​で​洗礼​を​受け,後​に​教区​の​聖歌​隊​に​入り​まし​た。わたし​は​神様​を​喜ばせ​たい​と​思っ​て​い​まし​た。裁き​を​受け​て​火​の​燃える​地獄​で​永遠​に​苦しむ​の​が​すごく​怖かっ​た​から​です。

5​歳​の​時,父​が​家​を​出​て​行き​まし​た。わたし​は​深く​悲しみ,心​に​ぽっかり​と​穴​が​開い​た​よう​な​気​が​し​まし​た。これ​ほど​父​を​愛し​て​いる​家族​を,父​が​どうして​見捨て​た​の​か,わたし​に​は​理解​でき​ませ​ん​でし​た。母​は​4​人​の​男​の​子​を​養う​ため​に​長​時間​働き​に​出る​こと​に​なり​まし​た。

わたし​は​それ​を​いい​こと​に,学校​を​さぼり,年上​の​友達​と​遊ぶ​よう​に​なり,悪態​を​つく​こと,たばこ​を​吸う​こと,盗む​こと,殴り合う​こと​を​教え​られ​まし​た。他​の​人​の​上​に​立ち​たかっ​た​の​で,ボクシング​や​レスリング,武術,武器​の​使い方​など​も​学び​まし​た。わたし​は​乱暴​な​若者​に​なり​まし​た。撃ち合い​は​いつも​の​こと​で,血まみれ​の​死​に​そう​な​状態​で​路上​に​放置​さ​れ​た​こと​も​あり​まし​た。そんな​わたし​を​見つけ​て,あわて​て​病院​に​運ん​だ​母​は,どんな​に​つらい​思い​を​し​た​こと​でしょ​う。

16​歳​の​時,幼なじみ​の​ホルヘ​が​家​を​訪ね​て​来​まし​た。自分​は​エホバ​の​証人​で,大切​な​メッセージ​を​伝え​たい,と​言う​の​です。そして​聖書​を​使い,信じ​て​いる​こと​を​説明​し​始め​まし​た。わたし​は​聖書​を​読ん​だ​こと​が​なかっ​た​の​で,神​の​名前​や​目的​を​知っ​て​わくわく​し​まし​た。ホルヘ​が​聖書​研究​を​勧め​て​くれ​た​の​で,研究​を​始める​こと​に​し​まし​た。

聖書​に​よっ​て​どの​よう​に​生き方​が​変わっ​た​か:

地獄​の​火​に​つい​て​の​真理​を​学ん​で​すごく​安心​し​まし​た。そもそも​地獄​の​火​と​いう​の​は​聖書​の​教え​で​は​なかっ​た​の​です。(詩編 146:4。伝道​の​書 9:5)それ​が​分かっ​た​の​で,神​へ​の​病的​な​恐れ​は​なくなり,神​を​子ども​の​最善​を​願う​愛​ある​父​と​見る​よう​に​なり​まし​た。

 聖書​研究​が​進む​に​つれ​て,人格​を​変える​必要​が​ある​こと​を​悟り​まし​た。謙遜​さ​を​培い,暴力​に​訴え​ない​よう​に​する​必要​が​あっ​た​の​です。役立っ​た​の​は​コリント​第​一 15​章​33​節​の​助言​です。そこ​に​は,「悪い​交わり​は​有益​な​習慣​を​損なう」と​あり​ます。脚注​に​よる​と,「腐敗​さ​せ​て​いる」と​いう​こと​です。それで,人格​を​変革​し​たい​なら,悪い​仲間​から​離れ​なけれ​ば​なら​ない,と​いう​こと​に​気づき​まし​た。それで,以前​の​友達​と​は​別れ​て,クリスチャン​会衆​の​仲間​たち​と​付き合う​よう​に​し​まし​た。会衆​の​人​たち​は,意見​の​相違​が​あっ​た​と​し​て​も,殴っ​たり​暴力​に​訴え​たり​する​の​で​は​なく,聖書​の​原則​を​適用​する​こと​に​より​問題​を​解決​する​から​です。

わたし​に​影響​を​与え​た​別​の​聖句​は,ローマ 12​章​17‐19​節​です。こう​書か​れ​て​い​ます。「だれ​に​対し​て​も,悪​に​悪​を​返し​て​は​なり​ませ​ん。……できる​なら,あなた方​に​関する​かぎり,すべて​の​人​に​対し​て​平和​を​求め​なさい。……自分​で​復しゅう​を​し​て​は​なり​ませ​ん。……こう​書い​て​ある​から​です。『復しゅう​は​わたし​の​もの,わたし​が​返報​する,と​エホバ​は​言わ​れる』」。エホバ​が​ご予定​の​時​に,ご自分​の​方法​で​不正​を​正さ​れる,と​いう​こと​を​信じ​られる​よう​に​なり​まし​た。徐々​に​では​あり​ます​が,暴力​的​な​生き方​を​改める​こと​が​でき​まし​た。

ある​晩,帰宅​途中​で​起き​た​こと​は​決して​忘れ​られ​ませ​ん。かつて​ライバル​だっ​た​グループ​の​若者​たち​数​人​が​言いがかり​を​つけ​て​き​て,その​リーダー​が​わたし​の​背中​を​殴り,「どう​し​た,かかっ​て​こい​よ!」と​叫ん​だ​の​です。わたし​は​瞬時​に​エホバ​に​短い​祈り​を​ささげ,この​挑発​に​耐え​られる​よう​助け​て​ください​と​願い​まし​た。やり返し​たい​気持ち​は​山々​でし​た​が,その​場​を​立ち去る​こと​が​でき​まし​た。翌日,その​リーダー​と​ばったり​出くわし​まし​た。思わず​やり返し​たく​なり​まし​た​が,この​たび​も​エホバ​に​自制​心​を​願い求め​まし​た。驚い​た​こと​に,その​若者​は​近づい​て​き​て​こう​言い​まし​た。「昨夜​は​悪かっ​た​な。本当​の​こと​を​言う​と,おれ​も​お前​みたい​に​なり​たい​ん​だ。聖書​を​学び​たい​ん​だ」。怒り​を​抑え​て​本当​に​良かっ​た​と​思い​まし​た。その​おかげ​で,彼​も​聖書​を​勉強​し​始める​こと​が​でき​た​から​です。

残念​な​こと​に,わたし​の​家族​は​その​時​に​は​聖書​研究​を​やめ​て​い​まし​た。しかし​わたし​は,研究​を​続け​よう,何​が​あっ​て​も​元​の​生活​に​逆戻り​は​する​まい,と​固く​決意​し​まし​た。神​の​民​と​いつも​一緒​に​いる​なら,心​の​傷​は​癒え,わたし​が​必要​と​し​て​い​た​家族​の​愛情​も​得​られる​と​いう​こと​が​分かり​まし​た。わたし​は​進歩​を​続け,1991​年​に​バプテスマ​を​受け​て​エホバ​の​証人​と​なり​まし​た。

どんな​益​を​受け​た​か:

わたし​は​横柄​で,ひねくれ​た​乱暴​者​でし​た。しかし,神​の​言葉​に​よっ​て,わたし​の​生き方​は​180​度​変わり​まし​た。今や​わたし​は,聞く​耳​を​持つ​人々​に​聖書​の​平和​の​メッセージ​を​伝え​て​い​ます。これ​まで​全​時間​奉仕​者​と​し​て​23​年​間​奉仕​する​特権​に​あずかっ​て​い​ます。

エホバ​の​証人​の​メキシコ​支部​で​一時​的​な​奉仕​も​楽しみ​まし​た。その​時,クラウディア​と​いう​名​の​熱心​な​クリスチャン​女性​に​出会い,1999​年​に​結婚​し​まし​た。忠節​な​伴侶​を​与え​て​くださっ​た​エホバ​に​心​から​感謝​し​て​い​ます。

わたしたち​夫婦​は​メキシコ​手話​の​会衆​で​奉仕​し,ろう者​が​エホバ​に​つい​て​学ぶ​の​を​援助​し​まし​た。その​後,ベリーズ​に​移動​する​よう​要請​され,その​国​で​人々​に​聖書​を​教える​こと​に​なり​まし​た。ベリーズ​で​の​生活​は​以前​に​比べ​て​ずっ​と​質素​です​が,生活​を​楽しむ​の​に​必要​な​もの​は​みな​そろっ​て​い​ます。何物​に​も​代え​がたい​生活​です。

やがて,母​は​聖書​研究​を​再開​し,バプテスマ​を​受け​まし​た。兄​夫婦​と​子ども​たち​も​今​で​は​エホバ​の​証人​と​なっ​て​い​ます。そして,わたし​の​かつて​の​仲間​たち​の​幾​人​か​も,今​で​は​エホバ​に​仕える​よう​に​なっ​て​い​ます。

残念​な​こと​に,家族​の​数​人​は​暴力​的​な​傾向​を​変え​なかっ​た​ため​死ん​で​しまい​まし​た。わたし​も,もし​あのまま​の​生き方​を​続け​て​い​た​なら,同じ​よう​な​最期​を​迎え​て​い​た​こと​でしょ​う。エホバ​が​わたし​を,ご自分​と​ご自分​の​崇拝​者​たち​に​引き寄せ​て​くださっ​た​こと,また,兄弟​たち​が​聖書​の​原則​を​生活​に​当てはめる​方法​を​辛抱強く​親切​に​教え​て​くださっ​た​こと​に​心​から​感謝​し​て​い​ます。