アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2016年 NO.5

 その 信仰  倣う | ダビデ

「戦いはエホバのもの」

「戦いはエホバのもの」

ダビデ は,慌てふためい  走っ  来る 兵士 たち  もみくちゃ  され ながら    踏みとどまり ます。恐怖  おびえ  兵士 たち  戦列 から 逃げ去っ  行く  です。何  それ ほど 恐れ  いる  でしょ  か。ダビデ は,兵士 たち  びくびく   様子 で,ある 言葉  繰り返す      聞い   違いあり ませ ん。それ は,ある   名前 です。そして その   あそこ に,谷底  立ちはだかっ   ます。ダビデ  これ まで    こと  ない よう  大男 です。

それ  ゴリアテ でし た! 兵士 たち  おびえる   無理  あり ませ ん。とてつもない 大男 で,まるで   よう です。ただ  さえ,大柄  男性 2      超える 体重  あり そう   に,恐ろしい 武具  完全 武装  た,途方  なく 強い,歴戦  勇士   です。ゴリアテ   音声  呼ばわり ます。丘  斜面  揺るがす よう   で,イスラエル   サウル   あざけっ  いる ところ  想像     ください。ゴリアテ は,だれ  自分  倒せる もの なら 倒し  みろ,と 挑戦  ます。一騎打ち  決着  つけ よう  いう  です。―サムエル  一 17:4‐10

イスラエル   サウル   おじけづい   ます。ダビデ  この 状態  1 か月 以上  続い  いる こと  知り ます。ゴリアテ が,来る   来る   嘲り  繰り返し  おり,フィリスティア   イスラエル   戦況  こう  状態 です。ダビデ  悲しく なり ます。イスラエル   も,ダビデ   3   含む 兵士 たち も,恐れ  なし  縮み上がっ  いる  です。何  情けない こと でしょ う。ダビデ から 見れ ば,この 異教  ゴリアテ は,イスラエル     かか せる より  はるか  ひどい こと     ます。イスラエル   エホバ  侮辱   いる  です。でも,年若い ダビデ  一体   できる でしょ  か。今日  わたしたち は,ダビデ  信仰 から   学べ ます か。―サムエル  一 17:11‐14

「これ    そそげ。これ  その   から だ!」

  少し   戻し ましょ う。ダビデ  夕暮れ 時,ベツレヘム 近く    父親    世話    ます。ダビデ  恐らく まだ   の,容姿  美しい 若者 で,血色  よく,魅力   知的       ます。たて琴  弾い て,静か  ひと時  過ごす こと  あり ます。神  美しい 創造     動かさ   ダビデ は,幸福   満たさ  ながら 練習  重ね,着実  音楽  才能  伸ばし  ゆき ます。しかし,ある  突然,ダビデ  呼び出さ  ます。父親  すぐ  会い たい  言う  です。―サムエル  一 16:12

ダビデ  帰宅 する と,父 エッサイ  1   老人       ます。忠実  預言  サムエル です。エホバ は,エッサイ  息子 たち  1     そそい  イスラエル      する ため,サムエル  遣わし   です。サムエル  ダビデ  7    たち  会い まし  が,その      ふさわしい    ない こと  エホバ から 知らさ  ます。ところ  ダビデ  帰っ  来る と,エホバ  サムエル  こう 言わ  ます。「これ    そそげ。これ  その   から だ!」サムエル は,ダビデ   たち 全員   で,角  くりぬい  容器  入っ  特別    ダビデ    そそぎ ます。その  から,ダビデ  人生  大きく 変わり まし た。「そして エホバ    その  以降,ダビデ    働き はじめ た」と あり ます。―サムエル  一 16:1,5‐13

ダビデ  野獣  打ち負かし  誉れ を,謙遜   エホバ  帰し 

それでも,ダビデ  王権  対し  野心   なる    なく,エホバ    導き  よっ て,より 大きな 責任  担う  べき   知らさ れる   じっ  待ち ます。その 間,地味  羊飼い  仕事  続け ます。ダビデ  勇気  もっ  その 仕事  打ち込ん   まし た。父親    群れ  1   ライオン に,もう 1     襲わ    も,単に 安全  距離 から それら  動物  追い払お   する    なく,自ら   立ち向かい,父親  無力   たち  守り まし た。どちら  場合 も,自力  どう猛  野獣  打ち殺し   です。―サムエル  一 17:34‐36。イザヤ 31:4

やがて,ダビデ  また 呼び出さ  ます。ダビデ  評判  サウル     入っ   まし た。サウル  依然    力強い 戦士   あり ます が,エホバ  指示  逆らっ  ため,その 恵み  失っ  しまい まし た。エホバ  ご自分    取り去ら    で,サウル  たびたび 悪い   支配   ます。怒り  爆発   たり,懐疑   なっ たり,暴力  振るっ たり する  です。この 悪い   サウル  臨む 時,王    落ち着か せる こと  でき    音楽 でし た。サウル  家臣 たち は,ダビデ  優れ  演奏   あり,戦士   ある こと  知り ます。それで,ダビデ  召し出され,ほどなく   サウル  宮廷 奏者,また 武具 持ち  なり ます。―サムエル  一 15:26‐29; 16:14‐23

若い  たち  特に,こう     ダビデ  示し  信仰 から 多く  こと  学べ ます。ダビデ  空い  時間  エホバ  近づく ため  用い  こと  注目   ください。さらに ダビデ は,実用   技能  辛抱強く 磨き,そう する こと  自ら     やすい 立場  置き まし た。何 より も,エホバ    導き  こたえ応じ まし た。わたしたち すべて  とっ    素晴らしい 教訓   でしょ う。―伝道  書 12:1

「だれ    その   うち  くじけ たり  ませ  よう に」

ダビデ  サウル  仕え  いる  も,羊  世話  する ため     なく   戻り,滞在  長引く こと  あり まし た。家  戻っ    時,エッサイ から,サウル  軍隊  いる   3    たち  もと  様子    行く よう   言わ  ます。そこで,父親  言う とおり,兄 たち  食糧  持っ  エラ     向かい ます。谷  到着   ダビデ は,2   軍隊  こう  状態  ある    て,がく然   ます。この 記事  冒頭  登場   状況 です。両軍 は,その 広く  湾曲     挟ん  向かい合っ   ます。―サムエル  一 17:1‐3,15‐19

ダビデ  は,この 状況  許し がたい もの  思え ます。生ける  エホバ  軍隊 が,1   男,それ  異教   おびえ  逃げ出す  は! ダビデ   ゴリアテ  嘲り  言葉 が,エホバ   直接  侮辱  聞こえ ます。それ  兵士 たち に,ゴリアテ  倒し ましょ う,と 熱く 話し 始め ます。ほどなく  て,ダビデ  一番    エリアブ  ダビデ     いる   聞き,弟  厳しく 叱りつけ,お前  ただ,血なまぐさい 戦い      だけ だ,と とがめ ます。ダビデ は,「わたし  今,何     いう  です か。ただ 一言 いっ  だけ   あり ませ  でし  か」と 答え,その  も,自分  ゴリアテ  打ち倒す,と 自信  持っ  語り ます。その こと  伝え聞い  サウル  は,ダビデ  自分  もと  連れ  来る よう 命じ ます。―サムエル  一 17:23‐31

ダビデ は,ゴリアテ  こと で「だれ    その   うち  くじけ たり  ませ  よう に」と 述べ,王  元気づけ ます。サウル  兵士 たち  ゴリアテ  せい  すっかり 士気  くじか    まし た。恐らく,自分  ゴリアテ  比べ,あの 大男  腹部 あるいは  まで しか ない 自分 たち  一体 どう やっ  立ち向かえる  か,と 考え   でしょ う。そう   間違っ  考え  抱い    無理 から  こと です。兵士 たち は,武装    巨人 に,いとも 簡単  打ち負かさ   しまう  考え まし た。しかし,ダビデ  そう  考え ませ ん。これ から 学び ます が,ダビデ  この 問題  全く 違う 観点 から      です。それで,自分  ゴリアテ  戦い ましょ う,と 申し出 ます。―サムエル  一 17:32

しかし,サウル  反対   こう 言い ます。「あなた  この フィリスティア   向かっ  行っ て,これ  戦う こと  でき ない。あなた  ほんの 少年  すぎ ない が,彼  少年 時代 から  戦人   だ」。ダビデ  本当  少年  すぎ ない  でしょ  か。そう   あり ませ ん。しかし,軍  入る   若すぎ ます し,恐らく 年齢 より 若く 見え   でしょ う。でも ダビデ  すでに 勇ましい 戦士    知ら    まし た。この    恐らく    後半 だっ   思わ  ます。―サムエル  一 16:18; 17:33

ダビデ は,ライオン    戦っ    こと  話し  サウル  安心   ます。自分  手柄  自慢        あり ませ ん。なぜ    戦い  勝て     知っ     です。こう 言い ます。「ライオン       から   救い出し  くださっ  エホバ が,この フィリスティア    から    救い出し  ください ます」。サウル  ついに 折れ て,「行け。エホバ  あなた    おら れる よう に」と 答え ます。―サムエル  一 17:37

あなた  ダビデ  よう  信仰  持ち たい  思い ます か。そう  あれ ば,その 信仰 は,単なる 理想 主義  希望  観測  基づい       ない,と いう こと  注目   ください。知識  経験  根ざし     です。ダビデ は,エホバ   ある 保護   あり,約束  守る   ある こと  知っ   まし た。その よう  信仰  持ち たい なら,聖書    つい  学び 続ける 必要  あり ます。学ん  こと  したがって 生活 し,良い 結果  刈り取る なら,ダビデ  場合  同様,わたしたち  信仰  強まる こと でしょ う。―ヘブライ 11:1

「エホバ  あなた  わたし    引き渡さ れ」る

サウル  最初,自分  武具  ダビデ  着せ よう   ます。それ  ゴリアテ  武具    もの で,銅製  小札 かたびら,つまり 金属  小片  うろこ  よう  付い  いる  だっ  よう です。ダビデ  その 大きく  重たい 装備    着け  少し 動い   まし  が,自分   合わ ない  感じ まし た。兵士     訓練  受け  こと  ない  で,武具  慣れ   なかっ   です。とりわけ,イスラエル  一番   高かっ  サウル  武具    合い ませ ん。(サムエル  一 9:2)それで,武具  全部 取り外し,着慣れ  羊飼い      着ける こと   ます。―サムエル  一 17:38‐40

ダビデ      掛け,羊飼い    石投げ  持ち ます。石投げ など   立た ない,と 思う   しれ ませ  が,実  恐る べき 武器  なり ます。石投げ は,石  置く ため  くぼみ  両端  長い 皮ひも  付け  もの で,羊飼い  とっ  理想   武器 です。羊飼い  その くぼみ    置き,頭上  勢い よく ぐるぐる 回し,ひも  一端  放し    飛ばし,命中   ます。これ  きわめて 威力  ある 武器 だっ   で,石投げ 部隊  持つ   あっ  ほど です。

ダビデ  その いでたち で,敵  もと   急ぎ ます。乾い  川床  かがみこん  5   滑らか  小石  集め ながら,さぞかし 熱烈  祈り  ささげ  こと でしょ う。それ から 戦場    行き ます。歩い    なく,走っ  です。

対戦 相手  ダビデ      ゴリアテ は,どう 思っ  でしょ  か。こう 述べ られ   ます。「フィリスティア  は……これ  侮る よう  なっ た。それ    容姿  美しい,赤みがかっ  少年 だっ  から  ある」。ゴリアテ  吼える よう    こう 怒鳴り ます。「わたし     か。お前    持っ  わたし  向かっ  来る が」。どうやら ゴリアテ は,ダビデ      もの の,石投げ   気づか なかっ  よう です。それ  フィリスティア   神々    おい  ダビデ  のろい,お前  よう  やつ          えさ    やる,と 断言  ます。―サムエル  一 17:41‐44

それ  対する ダビデ  答え は,信仰  偉大  表明    今日 まで 伝え られ   ます。ゴリアテ  向かっ  大声  こう 言い放っ   です。「あなた      投げ槍   持っ  わたし  向かっ  来る が,わたし  あなた  嘲弄   イスラエル  戦列  神,万軍  エホバ  み名  もっ  あなた  向かっ  行く」。ダビデ は,人間    武器  問題   ない こと  知っ   まし た。ゴリアテ  エホバ  冒とく    で,エホバ  黙っ   おら  ませ ん。ダビデ  言う とおり,「戦い  エホバ  もの」な  です。―サムエル  一 17:45‐47

 ダビデ は,ゴリアテ  大きさ  武器  こと  知っ    まし  が,それ  ひるむ こと  あり ませ ん。サウル  兵士 たち  同じ 間違い   ませ  でし た。自分  ゴリアテ  比べ たり   ず,ゴリアテ  エホバ  比べ   です。身長  2.9   あり,天   届き そう  大男 ゴリアテ も,宇宙  主権   比べれ ば,どれ ほど 大きい  言える でしょ う。実際,他  人間  同様,虫  よう  存在  すぎ ませ ん。しかも,今 まさに エホバ  滅ぼさ  よう    いる  です。

ダビデ は,袋 から   取り出し ながら,敵  向かっ  走っ  行き ます。その   石投げ  装填 し,頭    ヒューヒュー  大きな   出る まで ぐるぐる  回し ます。ゴリアテ  ダビデ  ほう  進み出 ます。盾持ち  その すぐ     こと でしょ う。ゴリアテ  とっ  は,その 並外れ  身長  かえって 不利  なり ます。普通  身長  盾持ち  は,盾  持ち上げ  この 巨人    保護 する こと  とても でき ない から です。ダビデ  まさに そこ  狙い ます。―サムエル  一 17:41

ダビデ は,巨人  エホバ  比べれ  ちっぽけ  存在     

ダビデ    放つ と,石  標的  向かっ  飛ん  ゆき ます。その   一瞬  静寂  想像     ください。疑いなく エホバ が,この 1   仕留め られる よう  され ます。石  命中   ゴリアテ    めり込み,巨人  うつ伏せ  倒れ ます。盾持ち  恐れ  逃げ去っ  よう です。ダビデ  近づい  行き,ゴリアテ    抜い  その   切り落とし ます。―サムエル  一 17:48‐51

ようやく,サウル  その 兵士 たち  勇気  取り戻し,とき    上げ ながら フィリスティア   襲いかかり ます。戦い は,ダビデ  ゴリアテ  言っ  とおり  結末  なり まし た。「エホバ……は 必ず あなた方  わたしたち    渡さ れる」。―サムエル  一 17:47,52,53

今日,神   たち  文字通り  戦い  する こと  あり ませ ん。そう   時代  終わり まし た。(マタイ 26:52)それでも わたしたち は,依然    ダビデ  信仰  倣う 必要  あり ます。ダビデ  よう に,エホバ  実在 者,仕える べき 唯一  神,畏怖    抱く べき   ある こと  認める 必要  ある  です。時   て,抱え  いる 問題  ほう  自分 より 大きい,と 感じる   しれ ませ ん。しかし,そう   問題  エホバ  無限    比べれ  小さな もの です。ダビデ  同様,エホバ  自分    し,その   信仰  持つ なら,どんな 困難  問題   ひるむ こと  あり ませ ん。エホバ    勝る もの など   ない  です。