内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 その​信仰​に​倣う | ダビデ

「戦いはエホバのもの」

「戦いはエホバのもの」

ダビデ​は,慌てふためい​て​走っ​て​来る​兵士​たち​に​もみくちゃ​に​され​ながら​何​と​か​踏みとどまり​ます。恐怖​に​おびえ​た​兵士​たち​が​戦列​から​逃げ去っ​て​行く​の​です。何​を​それ​ほど​恐れ​て​いる​の​でしょ​う​か。ダビデ​は,兵士​たち​が​びくびく​し​た​様子​で,ある​言葉​を​繰り返す​の​を​何​度​も​聞い​た​に​違いあり​ませ​ん。それ​は,ある​男​の​名前​です。そして​その​男​は​あそこ​に,谷底​に​立ちはだかっ​て​い​ます。ダビデ​が​これ​まで​に​見​た​こと​の​ない​よう​な​大男​です。

それ​は​ゴリアテ​でし​た! 兵士​たち​が​おびえる​の​も​無理​は​あり​ませ​ん。とてつもない​大男​で,まるで​山​の​よう​です。ただ​で​さえ,大柄​な​男性​2​人​分​を​優​に​超える​体重​が​あり​そう​な​の​に,恐ろしい​武具​で​完全​武装​し​た,途方​も​なく​強い,歴戦​の​勇士​な​の​です。ゴリアテ​が​大​音声​で​呼ばわり​ます。丘​の​斜面​を​揺るがす​よう​な​声​で,イスラエル​軍​と​サウル​王​を​あざけっ​て​いる​ところ​を​想像​し​て​み​て​ください。ゴリアテ​は,だれ​か​自分​を​倒せる​もの​なら​倒し​て​みろ,と​挑戦​し​ます。一騎打ち​で​決着​を​つけ​よう​と​いう​の​です。―サムエル​第​一 17:4‐10

イスラエル​人​も​サウル​王​も​おじけづい​て​い​ます。ダビデ​は​この​状態​が​1​か月​以上​も​続い​て​いる​こと​を​知り​ます。ゴリアテ​が,来る​日​も​来る​日​も​嘲り​を​繰り返し​て​おり,フィリスティア​軍​と​イスラエル​軍​の​戦況​は​こう着​状態​です。ダビデ​は​悲しく​なり​ます。イスラエル​の​王​も,ダビデ​の​兄​3​人​を​含む​兵士​たち​も,恐れ​を​なし​て​縮み上がっ​て​いる​の​です。何​と​情けない​こと​でしょ​う。ダビデ​から​見れ​ば,この​異教​徒​ゴリアテ​は,イスラエル​軍​に​恥​を​かか​せる​より​も​はるか​に​ひどい​こと​を​し​て​い​ます。イスラエル​の​神​エホバ​を​侮辱​し​て​いる​の​です。でも,年若い​ダビデ​に​一体​何​が​できる​でしょ​う​か。今日​の​わたしたち​は,ダビデ​の​信仰​から​何​を​学べ​ます​か。―サムエル​第​一 17:11‐14

「これ​に​油​を​そそげ。これ​が​その​人​だ​から​だ!」

話​を​少し​前​に​戻し​ましょ​う。ダビデ​は​夕暮れ​時,ベツレヘム​近く​の​丘​で​父親​の​羊​を​世話​し​て​い​ます。ダビデ​は​恐らく​まだ​十​代​の,容姿​の​美しい​若者​で,血色​が​よく,魅力​的​で​知的​な​目​を​し​て​い​ます。たて琴​を​弾い​て,静か​な​ひと時​を​過ごす​こと​も​あり​ます。神​の​美しい​創造​物​に​心​を​動かさ​れ​た​ダビデ​は,幸福​感​に​満たさ​れ​ながら​練習​を​重ね,着実​に​音楽​の​才能​を​伸ばし​て​ゆき​ます。しかし,ある​晩​突然,ダビデ​は​呼び出さ​れ​ます。父親​が​すぐ​に​会い​たい​と​言う​の​です。―サムエル​第​一 16:12

ダビデ​が​帰宅​する​と,父​エッサイ​が​1​人​の​老人​と​話​を​し​て​い​ます。忠実​な​預言​者​サムエル​です。エホバ​は,エッサイ​の​息子​たち​の​1​人​に​油​を​そそい​で​イスラエル​の​次​の​王​と​する​ため,サムエル​を​遣わし​た​の​です。サムエル​は​ダビデ​の​7​人​の​兄​たち​に​会い​まし​た​が,その​中​に​は​王​に​ふさわしい​人​が​い​ない​こと​を​エホバ​から​知らさ​れ​ます。ところ​が​ダビデ​が​帰っ​て​来る​と,エホバ​は​サムエル​に​こう​言わ​れ​ます。「これ​に​油​を​そそげ。これ​が​その​人​だ​から​だ!」サムエル​は,ダビデ​の​兄​たち​全員​の​前​で,角​を​くりぬい​た​容器​に​入っ​た​特別​な​油​を​ダビデ​の​頭​に​そそぎ​ます。その​時​から,ダビデ​の​人生​は​大きく​変わり​まし​た。「そして​エホバ​の​霊​は​その​日​以降,ダビデ​の​上​に​働き​はじめ​た」と​あり​ます。―サムエル​第​一 16:1,5‐13

ダビデ​は​野獣​を​打ち負かし​た​誉れ​を,謙遜​に​も​エホバ​に​帰し​た

それでも,ダビデ​は​王権​に​対し​て​野心​的​に​なる​の​で​は​なく,エホバ​の​霊​の​導き​に​よっ​て,より​大きな​責任​を​担う​ べき​時​が​知らさ​れる​の​を​じっ​と​待ち​ます。その​間,地味​な​羊飼い​の​仕事​を​続け​ます。ダビデ​は​勇気​を​もっ​て​その​仕事​に​打ち込ん​で​き​まし​た。父親​の​羊​の​群れ​が​1​度​は​ライオン​に,もう​1​度​は​熊​に​襲わ​れ​た​時​も,単に​安全​な​距離​から​それら​の​動物​を​追い払お​う​と​する​の​で​は​なく,自ら​敵​に​立ち向かい,父親​の​無力​な​羊​たち​を​守り​まし​た。どちら​の​場合​も,自力​で​どう猛​な​野獣​を​打ち殺し​た​の​です。―サムエル​第​一 17:34‐36。イザヤ 31:4

やがて,ダビデ​は​また​呼び出さ​れ​ます。ダビデ​の​評判​は​サウル​王​の​耳​に​入っ​て​い​まし​た。サウル​は​依然​と​し​て​力強い​戦士​で​は​あり​ます​が,エホバ​の​指示​に​逆らっ​た​ため,その​恵み​を​失っ​て​しまい​まし​た。エホバ​が​ご自分​の​霊​を​取り去ら​れ​た​の​で,サウル​は​たびたび​悪い​霊​に​支配​さ​れ​ます。怒り​を​爆発​さ​せ​たり,懐疑​的​に​なっ​たり,暴力​を​振るっ​たり​する​の​です。この​悪い​霊​が​サウル​に​臨む​時,王​の​心​を​落ち着か​せる​こと​が​でき​た​の​が​音楽​でし​た。サウル​の​家臣​たち​は,ダビデ​が​優れ​た​演奏​者​で​あり,戦士​で​も​ある​こと​を​知り​ます。それで,ダビデ​は​召し出され,ほどなく​し​て​サウル​の​宮廷​奏者,また​武具​持ち​に​なり​ます。―サムエル​第​一 15:26‐29; 16:14‐23

若い​人​たち​は​特に,こう​し​た​点​で​ダビデ​が​示し​た​信仰​から​多く​の​こと​を​学べ​ます。ダビデ​が​空い​た​時間​を​エホバ​に​近づく​ため​に​用い​た​こと​に​注目​し​て​ください。さらに​ダビデ​は,実用​的​な​技能​を​辛抱強く​磨き,そう​する​こと​で​自ら​を​職​の​得​やすい​立場​に​置き​まし​た。何​より​も,エホバ​の​霊​の​導き​に​こたえ応じ​まし​た。わたしたち​すべて​に​とっ​て​何​と​素晴らしい​教訓​な​の​でしょ​う。―伝道​の​書 12:1

「だれ​の​心​も​その​人​の​うち​で​くじけ​たり​し​ませ​ん​よう​に」

ダビデ​は​サウル​に​仕え​て​いる​間​も,羊​の​世話​を​する​ため​に​幾​度​と​なく​家​に​戻り,滞在​が​長引く​こと​も​あり​まし​た。家​に​戻っ​て​い​た​時,エッサイ​から,サウル​の​軍隊​に​いる​上​の​3​人​の​兄​たち​の​もと​へ​様子​を​見​に​行く​よう​に​と​言わ​れ​ます。そこで,父親​の​言う​とおり,兄​たち​の​食糧​を​持っ​て​エラ​の​谷​へ​と​向かい​ます。谷​に​到着​し​た​ダビデ​は,2​つ​の​軍隊​が​こう着​状態​に​ある​の​を​見​て,がく然​と​し​ます。この​記事​の​冒頭​に​登場​し​た​状況​です。両軍​は,その​広く​て​湾曲​し​た​谷​を​挟ん​で​向かい合っ​て​い​ます。―サムエル​第​一 17:1‐3,15‐19

ダビデ​に​は,この​状況​は​許し​がたい​もの​に​思え​ます。生ける​神​エホバ​の​軍隊​が,1​人​の​男,それ​も​異教​徒​に​おびえ​て​逃げ出す​と​は! ダビデ​に​は​ゴリアテ​の​嘲り​の​言葉​が,エホバ​へ​の​直接​の​侮辱​に​聞こえ​ます。それ​で​兵士​たち​に,ゴリアテ​を​倒し​ましょ​う,と​熱く​話し​始め​ます。ほどなく​し​て,ダビデ​の​一番​上​の​兄​エリアブ​は​ダビデ​が​話​し​て​いる​の​を​聞き,弟​を​厳しく​叱りつけ,お前​は​ただ,血なまぐさい​戦い​を​見​に​来​た​だけ​だ,と​とがめ​ます。ダビデ​は,「わたし​が​今,何​を​し​た​と​いう​の​です​か。ただ​一言​いっ​た​だけ​で​は​あり​ませ​ん​でし​た​か」と​答え,その​後​も,自分​が​ゴリアテ​を​打ち倒す,と​自信​を​持っ​て​語り​ます。その​こと​を​伝え聞い​た​サウル​王​は,ダビデ​を​自分​の​もと​へ​連れ​て​来る​よう​命じ​ます。―サムエル​第​一 17:23‐31

ダビデ​は,ゴリアテ​の​こと​で「だれ​の​心​も​その​人​の​うち​で​くじけ​たり​し​ませ​ん​よう​に」と​述べ,王​を​元気づけ​ます。サウル​も​兵士​たち​も​ゴリアテ​の​せい​で​すっかり​士気​を​くじか​れ​て​い​まし​た。恐らく,自分​と​ゴリアテ​を​比べ,あの​大男​の​腹部​あるいは​胸​まで​しか​ない​自分​たち​が​一体​どう​やっ​て​立ち向かえる​の​か,と​考え​た​の​でしょ​う。そう​し​た​間違っ​た​考え​を​抱い​た​の​も​無理​から​ぬ​こと​です。兵士​たち​は,武装​ し​た​巨人​に,いとも​簡単​に​打ち負かさ​れ​て​しまう​と​考え​まし​た。しかし,ダビデ​は​そう​は​考え​ませ​ん。これ​から​学び​ます​が,ダビデ​は​この​問題​を​全く​違う​観点​から​見​て​い​た​の​です。それで,自分​が​ゴリアテ​と​戦い​ましょ​う,と​申し出​ます。―サムエル​第​一 17:32

しかし,サウル​は​反対​し​て​こう​言い​ます。「あなた​は​この​フィリスティア​人​に​向かっ​て​行っ​て,これ​と​戦う​こと​は​でき​ない。あなた​は​ほんの​少年​に​すぎ​ない​が,彼​は​少年​時代​から​の​戦人​な​の​だ」。ダビデ​は​本当​に​少年​に​すぎ​ない​の​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。しかし,軍​に​入る​に​は​若すぎ​ます​し,恐らく​年齢​より​若く​見え​た​の​でしょ​う。でも​ダビデ​は​すでに​勇ましい​戦士​と​し​て​知ら​れ​て​い​まし​た。この​時​に​は​恐らく​十​代​の​後半​だっ​た​と​思わ​れ​ます。―サムエル​第​一 16:18; 17:33

ダビデ​は,ライオン​や​熊​と​戦っ​た​時​の​こと​を​話し​て​サウル​を​安心​さ​せ​ます。自分​の​手柄​を​自慢​し​て​い​た​の​で​は​あり​ませ​ん。なぜ​獣​と​の​戦い​に​勝て​た​の​か​を​知っ​て​い​た​の​です。こう​言い​ます。「ライオン​の​手​や​熊​の​手​から​私​を​救い出し​て​くださっ​た​エホバ​が,この​フィリスティア​人​の​手​から​も​私​を​救い出し​て​ください​ます」。サウル​は​ついに​折れ​て,「行け。エホバ​が​あなた​と​共​に​おら​れる​よう​に」と​答え​ます。―サムエル​第​一 17:37

あなた​も​ダビデ​の​よう​な​信仰​を​持ち​たい​と​思い​ます​か。そう​で​あれ​ば,その​信仰​は,単なる​理想​主義​や​希望​的​観測​に​基づい​て​い​た​の​で​は​ない,と​いう​こと​に​注目​し​て​ください。知識​と​経験​に​根ざし​て​い​た​の​です。ダビデ​は,エホバ​が​愛​ある​保護​者​で​あり,約束​を​守る​方​で​ある​こと​を​知っ​て​い​まし​た。その​よう​な​信仰​を​持ち​たい​なら,聖書​の​神​に​つい​て​学び​続ける​必要​が​あり​ます。学ん​だ​こと​に​したがって​生活​し,良い​結果​を​刈り取る​なら,ダビデ​の​場合​と​同様,わたしたち​の​信仰​も​強まる​こと​でしょ​う。―ヘブライ 11:1

「エホバ​は​あなた​を​わたし​の​手​に​引き渡さ​れ」る

サウル​は​最初,自分​の​武具​を​ダビデ​に​着せ​よう​と​し​ます。それ​は​ゴリアテ​の​武具​に​似​た​もの​で,銅製​の​小札​かたびら,つまり​金属​の​小片​が​うろこ​の​よう​に​付い​て​いる​鎧​だっ​た​よう​です。ダビデ​は​その​大きく​て​重たい​装備​を​身​に​着け​て​少し​動い​て​み​まし​た​が,自分​に​は​合わ​ない​と​感じ​まし​た。兵士​と​し​て​の​訓練​を​受け​た​こと​が​ない​の​で,武具​に​慣れ​て​い​なかっ​た​の​です。とりわけ,イスラエル​で​一番​背​が​高かっ​た​サウル​の​武具​は​体​に​合い​ませ​ん。(サムエル​第​一 9:2)それで,武具​を​全部​取り外し,着慣れ​た​羊飼い​の​衣​を​身​に​着ける​こと​に​し​ます。―サムエル​第​一 17:38‐40

ダビデ​は​袋​を​肩​に​掛け,羊飼い​の​杖​と​石投げ​を​持ち​ます。石投げ​など​役​に​立た​ない,と​思う​か​も​しれ​ませ​ん​が,実​は​恐る​べき​武器​に​なり​ます。石投げ​は,石​を​置く​ため​の​くぼみ​の​両端​に​長い​皮ひも​を​付け​た​もの​で,羊飼い​に​とっ​て​理想​的​な​武器​です。羊飼い​は​その​くぼみ​に​石​を​置き,頭上​で​勢い​よく​ぐるぐる​回し,ひも​の​一端​を​放し​て​石​を​飛ばし,命中​さ​せ​ます。これ​は​きわめて​威力​の​ある​武器​だっ​た​の​で,石投げ​部隊​を​持つ​軍​が​あっ​た​ほど​です。

ダビデ​は​その​いでたち​で,敵​の​もと​へ​と​急ぎ​ます。乾い​た​川床​に​かがみこん​で​5​つ​の​滑らか​な​小石​を​集め​ながら,さぞかし​熱烈​な​祈り​を​ささげ​た​こと​でしょ​う。それ​から​戦場​に​出​て​行き​ます。歩い​て​で​は​なく,走っ​て​です。

対戦​相手​の​ダビデ​を​目​に​し​た​ゴリアテ​は,どう​思っ​た​でしょ​う​か。こう​述べ​られ​て​い​ます。「フィリスティア​人​は……これ​を​侮る​よう​に​なっ​た。それ​は​彼​が​容姿​の​美しい,赤みがかっ​た​少年​だっ​た​から​で​ある」。ゴリアテ​は​吼える​よう​な​声​で​こう​怒鳴り​ます。「わたし​は​犬​な​の​か。お前​は​杖​を​持っ​て​わたし​に​向かっ​て​来る​が」。どうやら​ゴリアテ​は,ダビデ​の​杖​は​見​た​もの​の,石投げ​に​は​気づか​なかっ​た​よう​です。それ​で​フィリスティア​人​の​神々​の​名​に​おい​て​ダビデ​を​のろい,お前​の​よう​な​やつ​は​天​の​鳥​や​野​の​獣​の​えさ​に​し​て​やる,と​断言​し​ます。―サムエル​第​一 17:41‐44

それ​に​対する​ダビデ​の​答え​は,信仰​の​偉大​な​表明​と​し​て​今日​まで​伝え​られ​て​い​ます。ゴリアテ​に​向かっ​て​大声​で​こう​言い放っ​た​の​です。「あなた​は​剣​と​槍​と​投げ槍​と​を​持っ​て​わたし​に​向かっ​て​来る​が,わたし​は​あなた​が​嘲弄​し​た​イスラエル​の​戦列​の​神,万軍​の​エホバ​の​み名​を​もっ​て​あなた​に​向かっ​て​行く」。ダビデ​は,人間​の​力​や​武器​は​問題​で​は​ない​こと​を​知っ​て​い​まし​た。ゴリアテ​が​エホバ​を​冒とく​し​た​の​で,エホバ​も​黙っ​て​は​おら​れ​ませ​ん。ダビデ​の​言う​とおり,「戦い​は​エホバ​の​もの」な​の​です。―サムエル​第​一 17:45‐47

 ダビデ​は,ゴリアテ​の​大きさ​や​武器​の​こと​を​知っ​て​は​い​まし​た​が,それ​に​ひるむ​こと​は​あり​ませ​ん。サウル​や​兵士​たち​と​同じ​間違い​は​し​ませ​ん​でし​た。自分​を​ゴリアテ​と​比べ​たり​は​せ​ず,ゴリアテ​を​エホバ​と​比べ​た​の​です。身長​約​2.9​㍍​も​あり,天​に​も​届き​そう​な​大男​ゴリアテ​も,宇宙​の​主権​者​と​比べれ​ば,どれ​ほど​大きい​と​言える​でしょ​う。実際,他​の​人間​と​同様,虫​の​よう​な​存在​に​すぎ​ませ​ん。しかも,今​まさに​エホバ​に​滅ぼさ​れ​よう​と​し​て​いる​の​です。

ダビデ​は,袋​から​石​を​取り出し​ながら,敵​に​向かっ​て​走っ​て​行き​ます。その​石​を​石投げ​に​装填​し,頭​の​上​で​ヒューヒュー​と​大きな​音​が​出る​まで​ぐるぐる​と​回し​ます。ゴリアテ​も​ダビデ​の​ほう​へ​進み出​ます。盾持ち​は​その​すぐ​前​に​い​た​こと​でしょ​う。ゴリアテ​に​とっ​て​は,その​並外れ​た​身長​が​かえって​不利​に​なり​ます。普通​の​身長​の​盾持ち​で​は,盾​を​持ち上げ​て​この​巨人​の​頭​を​保護​する​こと​は​とても​でき​ない​から​です。ダビデ​は​まさに​そこ​を​狙い​ます。―サムエル​第​一 17:41

ダビデ​は,巨人​も​エホバ​に​比べれ​ば​ちっぽけ​な​存在​と​見​て​い​た

ダビデ​が​石​を​放つ​と,石​が​標的​に​向かっ​て​飛ん​で​ゆき​ます。その​時​の​一瞬​の​静寂​を​想像​し​て​み​て​ください。疑いなく​エホバ​が,この​1​発​で​仕留め​られる​よう​に​され​ます。石​は​命中​し​て​ゴリアテ​の​額​に​めり込み,巨人​は​うつ伏せ​に​倒れ​ます。盾持ち​は​恐れ​て​逃げ去っ​た​よう​です。ダビデ​は​近づい​て​行き,ゴリアテ​の​剣​を​抜い​て​その​首​を​切り落とし​ます。―サムエル​第​一 17:48‐51

ようやく,サウル​と​その​兵士​たち​は​勇気​を​取り戻し,とき​の​声​を​上げ​ながら​フィリスティア​人​に​襲いかかり​ます。戦い​は,ダビデ​が​ゴリアテ​に​言っ​た​とおり​の​結末​に​なり​まし​た。「エホバ……は​必ず​あなた方​を​わたしたち​の​手​に​渡さ​れる」。―サムエル​第​一 17:47,52,53

今日,神​の​僕​たち​が​文字通り​の​戦い​を​する​こと​は​あり​ませ​ん。そう​し​た​時代​は​終わり​まし​た。(マタイ 26:52)それでも​わたしたち​は,依然​と​し​て​ダビデ​の​信仰​に​倣う​必要​が​あり​ます。ダビデ​の​よう​に,エホバ​が​実在​者,仕える​べき​唯一​の​神,畏怖​の​念​を​抱く​べき​方​で​ある​こと​を​認める​必要​が​ある​の​です。時​と​し​て,抱え​て​いる​問題​の​ほう​が​自分​より​大きい,と​感じる​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,そう​し​た​問題​も​エホバ​の​無限​の​力​と​比べれ​ば​小さな​もの​です。ダビデ​と​同様,エホバ​を​自分​の​神​と​し,その​方​に​信仰​を​持つ​なら,どんな​困難​や​問題​に​も​ひるむ​こと​は​あり​ませ​ん。エホバ​の​力​に​勝る​もの​など​何​も​ない​の​です。