内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2017年 No.4 | 生と死 聖書の答え

どう​思わ​れ​ます​か

死​と​向き合わ​なく​て​も​よい​時代​は​来る​でしょ​う​か。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「神​は​彼ら​の​目​から​すべて​の​涙​を​ぬぐ​い​去っ​て​くださり,もはや​死​は……ない」。啓示 21:4

この​号​は,生​と​死​に​つい​て,聖書​が​何​と​述べ​て​いる​か​を​説明​し​て​い​ます。

 

特集記事

永遠の謎?

死ぬとどうなるかについての意見は実に様々です。確かな情報はどこから得られるのでしょうか。

特集記事

生と死について聖書は何と言っているか

人が死んでも,その一部は生き続けるのでしょうか。人は不滅の魂を持っていますか。死者はどこにいるのでしょうか。

家族が病気の末期を迎えたら

愛する家族が病気の末期を迎えた場合は,どのように慰め,世話すればよいでしょうか。介護をする人は,その過程で経験する様々な感情にどう対処すればよいでしょうか。

エリアス・フッター その優れたヘブライ語版聖書

16世紀の学者エリアス・フッターが出版した2つのヘブライ語版聖書には特別な価値がありました。

ヘブライ語の最も小さな文字から得られる力強い保証

イエスはどういう意味で,ヘブライ語の最も小さな文字を引き合いに出したのでしょうか。

地上のパラダイス 夢物語それとも現実?

失われた地上の楽園という概念は,人類史を通じて大いに好まれてきました。その楽園は単なる夢物語に過ぎないのでしょうか。

聖書は何と述べているか

心配事は人生に付きもののようです。いつかなくなるのでしょうか。

ウェブサイトの他の記事

人はなぜ死ぬのですか

聖書の答えを知るなら慰めと希望が得られます。