アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2016年 NO.4

 特集 記事 | 聖書 生き延び    歴史

反対を生き延びた

反対を生き延びた

脅威  なっ  事柄: 政治  世界   宗教  世界  も,多く  指導   聖書  メッセージ  反する こと  行なっ   まし た。権威    言わせ,人々  聖書  所有  生産  翻訳 する こと  とどめ よう       です。2     考え ましょ う。

  • 西暦  167  ごろ: セレウコス    アンティオコス  エピファネス は,ユダヤ   ギリシャ  宗教  改宗   よう   て,ヘブライ  聖書(旧約 聖書)を すべて 処分 する よう 命じ まし た。歴史  ハインリヒ  グレーツ  よる と,王  廷臣 たち は,「律法  巻き物  発見   なら 必ず 引き裂い  焼き捨て,聖書 から   慰め   よう        殺害」し まし た。

  • 中世: カトリック  一部  指導  は,平 信徒  カトリック  教義   なく 聖書  教え  広め  いる こと  逆上 し,ラテン  の「詩編」は    て,聖書     1    所有   いる  信徒  異端   いう 烙印  押し まし た。ある 教会 会議  命令  受け   たち が「熱心 かつ 忠実 に,また  ある ごと  異端   探し」まし た。「聖書  所有   いる  おぼしき     地下   しらみつぶし  調べ」た  です。「異端   1    見つかっ    破壊 する よう に」と いう お触れ     まし た。

もし  が,聖書  除き去る こと  成功     なら,聖書  メッセージ  失わ     こと でしょ う。

ティンダル  よる 英訳 聖書 は,禁令  焚書,また ティンダル 自身  処刑(1536 年)にもかかわらず,生き延び 

聖書  どの よう  生き延び    か: アンティオコス   イスラエル  改宗 運動  繰り広げ まし  が,その  まで  ユダヤ     多く  土地  共同   作り上げ   まし た。学  たち  意見  よれ ば,西暦 1 世紀 まで  ユダヤ   60  以上  イスラエル 以外  土地  住ん   まし た。そして,自分 たち  会堂  聖書  写本  保存  まし た。クリスチャン  含め 後代   たち は,その よう  聖書  使っ   です。―使徒 15:21

中世  時代,聖書  愛する  たち  勇敢   迫害  立ち向かい,聖書  翻訳  書写  続け まし た。15 世紀 半ば  活版 印刷   発明  れる   も,聖書  一部  33   言語  読める よう  なっ    よう です。その 後,聖書  並外れ  速さ  翻訳  生産    ゆき まし た。

結果: 聖書 は,強力   たち  偏見  持つ 聖職  たち から  攻撃  受け まし た。しかし,聖書 ほど  広く 頒布 され,多く  言語  翻訳      あり ませ ん。いろいろ    法律  言語 に,また 膨大    人々  生活  大きな 影響  与え   まし た。