内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 特集​記事 | 聖書 生き延び​て​き​た​歴史

反対を生き延びた

反対を生き延びた

脅威​と​なっ​た​事柄: 政治​の​世界​で​も​宗教​の​世界​で​も,多く​の​指導​者​が​聖書​の​メッセージ​に​反する​こと​を​行なっ​て​き​まし​た。権威​に​物​を​言わせ,人々​が​聖書​を​所有​・​生産​・​翻訳​する​こと​を​とどめ​よう​と​し​て​き​た​の​です。2​つ​の​例​を​考え​ましょ​う。

  • 西暦​前​167​年​ごろ: セレウコス​朝​の​王​アンティオコス​・​エピファネス​は,ユダヤ​人​を​ギリシャ​の​宗教​に​改宗​さ​せ​よう​と​し​て,ヘブライ​語​聖書(旧約​聖書)を​すべて​処分​する​よう​命じ​まし​た。歴史​家​ハインリヒ​・​グレーツ​に​よる​と,王​の​廷臣​たち​は,「律法​の​巻き物​を​発見​し​た​なら​必ず​引き裂い​て​焼き捨て,聖書​から​力​と​慰め​を​得​よう​と​し​て​い​た​者​を​殺害」し​まし​た。

  • 中世: カトリック​の​一部​の​指導​者​は,平​信徒​が​カトリック​の​教義​で​は​なく​聖書​の​教え​を​広め​て​いる​こと​に​逆上​し,ラテン​語​の「詩編」は​別​と​し​て,聖書​中​の​書​を​1​つ​で​も​所有​し​て​いる​平​信徒​に​異端​者​と​いう​烙印​を​押し​まし​た。ある​教会​会議​の​命令​を​受け​た​男​たち​が「熱心​かつ​忠実​に,また​事​ある​ごと​に​異端​者​を​探し」まし​た。「聖書​を​所有​し​て​いる​と​おぼしき​人​の​家​や​地下​室​を​しらみつぶし​に​調べ」た​の​です。「異端​者​が​1​人​で​も​見つかっ​た​家​は​破壊​する​よう​に」と​いう​お触れ​が​出​て​い​まし​た。

もし​敵​が,聖書​を​除き去る​こと​に​成功​し​て​い​た​なら,聖書​の​メッセージ​は​失わ​れ​て​い​た​こと​でしょ​う。

ティンダル​に​よる​英訳​聖書​は,禁令​や​焚書,また​ティンダル​自身​の​処刑(1536​年)にもかかわらず,生き延び​た

聖書​は​どの​よう​に​生き延び​て​き​た​か: アンティオコス​王​は​イスラエル​で​改宗​運動​を​繰り広げ​まし​た​が,その​時​まで​に​ユダヤ​人​は​他​の​多く​の​土地​で​共同​体​を​作り上げ​て​い​まし​た。学​者​たち​の​意見​に​よれ​ば,西暦​1​世紀​まで​に​ユダヤ​人​の​60​%​以上​が​イスラエル​以外​の​土地​に​住ん​で​い​まし​た。そして,自分​たち​の​会堂​に​聖書​の​写本​を​保存​し​まし​た。クリスチャン​を​含め​後代​の​人​たち​は,その​よう​な​聖書​を​使っ​た​の​です。―使徒 15:21

中世​の​時代,聖書​を​愛する​人​たち​は​勇敢​に​も​迫害​に​立ち向かい,聖書​の​翻訳​と​書写​を​続け​まし​た。15​世紀​半ば​に​活版​印刷​機​が​発明​さ​れる​前​に​も,聖書​の​一部​は​33​も​の​言語​で​読める​よう​に​なっ​て​い​た​よう​です。その​後,聖書​は​並外れ​た​速さ​で​翻訳​・​生産​さ​れ​て​ゆき​まし​た。

結果: 聖書​は,強力​な​王​たち​や​偏見​を​持つ​聖職​者​たち​から​の​攻撃​を​受け​まし​た。しかし,聖書​ほど​に​広く​頒布​され,多く​の​言語​に​翻訳​さ​れ​た​本​は​あり​ませ​ん。いろいろ​な​国​の​法律​や​言語​に,また​膨大​な​数​の​人々​の​生活​に​大きな​影響​を​与え​て​き​まし​た。