内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 聖書​は​人​の​生き方​を​変える

多くの失敗を乗り越えて

多くの失敗を乗り越えて
  • 生ま​れ​た​年: 1953​年

  • 生ま​れ​た​国: オーストラリア

  • かつて​は: ポルノ​中毒​だっ​た

過去​の​歩み:

1949​年,わたし​の​父​は​鉱山​と​電力​関係​の​仕事​を​求め​て​ドイツ​から​オーストラリア​に​移住​し​まし​た。そして​ビクトリア​州​の​郊外​に​居​を​定め,結婚​し​まし​た。わたし​が​生ま​れ​た​の​は​1953​年​の​こと​です。

その​数​年​後​に​母​が​エホバ​の​証人​と​聖書​の​研究​を​始め​た​の​で,子ども​時代​に​聖書​の​教え​を​聞い​た​こと​は​よく​覚え​て​い​ます。父​は​どんな​宗教​も​毛嫌い​し​て​い​まし​た。暴力​を​振るい,怒鳴り散らす​よう​に​なっ​た​の​で,母​は​父​を​怖がっ​て​い​まし​た。それでも​聖書​を​こっそり​学び続け,聖書​の​教え​を​愛する​よう​に​なり​まし​た。父​が​い​ない​時​に​は,学ん​だ​こと​を​妹​や​わたし​に​教え​て​くれ​まし​た。地上​が​やがて​楽園​に​なる​こと​や,聖書​の​行動​規準​に​従う​なら​幸福​に​なれる​と​いう​こと​を​話し​て​くれ​た​の​です。―詩編 37:10,29。イザヤ 48:17

18​歳​の​時,父​の​暴力​に​耐えかね​て​家​を​出​まし​た。母​から​聞い​た​聖書​の​教え​は​信じ​て​い​た​もの​の,その​価値​が​よく​分かっ​て​い​なかっ​た​の​で,聖書​に​従っ​た​生活​は​し​ませ​ん​でし​た。炭鉱​で​電気​技師​と​し​て​働き,20​歳​で​結婚​し,3​年​後​に​は​長女​が​生ま​れ​まし​た。それで,人生​で​何​が​大切​か​を​また​考える​よう​に​なり​まし​た。聖書​が​家族​の​役​に​立つ​こと​を​知っ​て​い​た​の​で,エホバ​の​証人​と​の​研究​を​始め​まし​た​が,妻​は​証人​たち​が​大嫌い​で,わたし​が​証人​たち​の​集会​に​出席​する​と,最後​通告​を​突きつけ​て​き​まし​た。聖書​の​勉強​を​やめる​か​家​を​出る​か​どちら​か​に​し​て​ほしい,と​言う​の​です。わたし​は​どう​し​よう​も​なくなり,妻​の​要求​を​呑み,証人​たち​と​の​関係​を​絶ち​まし​た。でも,正しい​と​分かっ​て​いる​こと​に​従え​なかっ​た​自分​を​情けなく​思う​よう​に​なり​まし​た。

ある​日​の​こと,職場​の​同僚​から​ポルノ​を​勧め​られ​まし​た。ポルノ​に​は​引き付け​られ​まし​た​が,嫌悪​感​も​覚え​まし​た。強い​罪​の​意識​に​さいなま​れる​よう​に​なり,聖書​の​教え​を​思い出し​て​は,自分​は​必ず​神​から​の​罰​を​受ける​と​思い​まし​た。しかし,不​道徳​な​画像​を​見る​時間​が​次第​に​増え,感覚​が​麻痺​し​て​ゆき,やがて​ポルノ​中毒​に​なっ​て​しまい​まし​た。

その​後​の​20​年​間​は,母​が​教え​よう​と​し​た​規準​から​どんどん​離れ​て​ゆき​まし​た。振る舞い​に​は,わたし​の​心​の​内​が​表われ​まし​た。下品​な​話し方​を​し,卑猥​な​冗談​を​よく​言い​まし​た。性​に​対する​見方​も​ゆがん​で​ゆき,妻​と​一緒​に​生活​し​て​い​ながら,他​の​女性​たち​と​も​関係​を​持ち​まし​た。ある​日​わたし​は,鏡​に​映る​自分​を​見​て,「お前​は​嫌​な​人間​だ」と​思い​ まし​た。自尊​心​は​一​かけら​も​なくなり,自己​嫌悪​だけ​が​残っ​て​い​まし​た。

結婚​は​破綻​し,生活​は​どん底​状態​でし​た。わたし​は​心​を​こめ​て​エホバ​に​祈り,20​年​ぶり​に​聖書​研究​を​始め​まし​た。すでに​父​は​亡くなり,母​は​バプテスマ​を​受け​た​エホバ​の​証人​に​なっ​て​い​まし​た。

聖書​に​よっ​て​どの​よう​に​生き方​が​変わっ​た​か:

わたし​は,聖書​の​高い​規準​から​大きく​かけ離れ​た​生活​を​し​て​い​まし​た。しかし,今度​こそ​聖書​が​約束​し​て​いる​思い​の​平安​を​得​よう​と​思い​まし​た。下品​な​話し方​を​避け,怒り​っぽい​傾向​を​抑える​よう​努め​まし​た。不​道徳​な​ライフスタイル,ギャンブル,過度​の​飲酒,職場​で​の​盗み​を​やめ​よう​と​決意​し​まし​た。

職場​の​同僚​は,なぜ​わたし​が​自分​を​徹底​的​に​変え​たい​と​思っ​て​いる​か​理解​でき​ず,3​年間​ずっ​と,以前​の​生活​に​戻る​よう​たきつけ​まし​た。わたし​が​以前​の​よう​に​急​に​怒り出し​たり​悪態​を​つい​たり​する​と,同僚​たち​は​勝ち誇っ​た​よう​に,「そう​こ​なく​っ​ち​ゃ」と​言い​まし​た。その​言葉​に​心​が​ひどく​痛み​まし​た。自分​は​もう​だめ​だ,と​思っ​た​こと​が​何​度​も​あり​ます。

職場​に​は​ポルノ​が​満ちあふれ​て​い​まし​た。皆​が,インターネット​や​雑誌​など​で​見​て​い​た​の​です。そして,以前​の​わたし​の​よう​に,コンピューター​を​使っ​て​不​道徳​な​画像​を​いつも​ばらまい​て​い​まし​た。わたし​は​ポルノ​中毒​から​抜け出そ​う​と​努力​し​て​い​まし​た​が,同僚​たち​は,そう​は​させ​まい​と​思っ​て​い​た​よう​です。わたし​は,聖書​を​教え​て​くれ​て​い​た​エホバ​の​証人​に​助け​と​励まし​を​求め​まし​た。本当​の​気持ち​を​打ち明ける​と,その​人​は​辛抱強く​耳​を​傾け​て​くれ​まし​た。そして​聖句​を​使っ​て,ポルノ​中毒​の​問題​に​どの​よう​に​立ち向かえる​か​を​示し,絶え​ず​祈る​こと​に​よっ​て​エホバ​に​助け​を​求めるよう​励まし​て​くれ​まし​た。―詩編 119:37

ある​日,わたし​は​同僚​たち​を​集め​まし​た。そして,アルコール​中毒​だ​と​言っ​て​いる​2​人​の​ため​に​ビール​を​出す​よう​に,と​言い​まし​た。みんな​は​猛​反発​し,「そんな​こと​は​でき​ない! あいつ​ら​は​中毒​と​闘っ​て​いる​ん​だ」と​言い​まし​た。そこで​わたし​は​こう​切り返し​まし​た。「わたし​も​闘っ​て​いる​ん​だ」。その​日​から,同僚​たち​は​わたし​の​闘い​を​認める​よう​に​なり,以前​の​生き方​に​戻る​よう​たきつける​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。

エホバ​の​強力​な​助け​も​あり,やがて​ポルノ​中毒​を​克服​する​こと​が​でき,1999​年​に​バプテスマ​を​受け​て​エホバ​の​証人​に​なり​まし​た。幸福​で​まとも​な​生活​を​送る​機会​を​再び​与え​られ​た​こと​を,ありがたく​思い​まし​た。

エホバ​は​わたし​が​長い​間​好き​だっ​た​事柄​を​憎ん​で​おら​れ​ます。今​で​は​その​理由​が​よく​分かり​ます。エホバ​は​愛​の​ある​父親​と​し​て,ポルノ​が​もたらす​害​から​わたし​を​守る​こと​を​願っ​て​おら​れ​まし​た。次​の​箴言 3​章​5,6​節​の​言葉​は​本当​に​真実​です。「心​を​つく​し​て​エホバ​に​依り頼め。自分​の​理解​に​頼っ​て​は​なら​ない。あなた​の​すべて​の​道​に​おい​て​神​を​認めよ。そうすれば,神​ご自身​が​あなた​の​道筋​を​まっすぐ​に​し​て​くださる」。聖書​の​規準​を​守る​こと​は​保護​と​なる​だけ​で​なく,最終​的​に​必ず​良い​結果​を​もたらす​の​です。―詩編 1:1‐3

どんな​益​を​受け​た​か:

以前​は​自己​嫌悪​に​苦しめ​られ​て​い​まし​た​が,今​は​自尊​心​と​心​の​平安​を​得​て​い​ます。清い​生活​を​送る​こと​が​でき,エホバ​神​の​許し​と​支え​を​感じ​て​い​ます。2000​年​に​は​キャロリン​と​結婚​し​まし​た。わたし​と​同じ​よう​に​エホバ​を​愛する​美しい​クリスチャン​です。家庭​に​は​安らぎ​が​あり​ます。そして,清く​愛​に​富む​世界​中​の​信仰​の​仲間​と​結ば​れ​て​いる​の​は,大きな​特権​だ​と​思い​ます。