内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

「あなた​の​目​は​胎児​の​とき​の​わたし​を​も​ご覧​に​なり​まし​た」。詩編 139:16

神様は分かってくださいますか

神様は分かってくださいますか

人​の​造り​から​分かる​こと

一卵​性​双生​児​に​つい​て​考え​て​み​ましょ​う。双子​は​特に​強い​絆​で​結ば​れ​て​い​ます。「何​も​説明​し​なく​て​も​何​が​言い​たい​か​すぐ​に​分かる」双子​さえ​いる​と,双生​児​研究​センター​の​所長​で​あり,自ら​も​双子​で​ある​ナンシー​・​シーガル​は​述べ​て​い​ます。ある​一卵​性​双生​児​の​女性​は,「お互い​の​こと​が​全部​分かっ​て​いる​ん​です」と​言い​ます。

どうして​そこ​まで​分かる​の​でしょ​う​か。研究​に​よる​と,環境​や​しつけ​は​もちろん​です​が,一卵​性​双生​児​の​遺伝子​構造​が​特に​似​て​いる​こと​が​大きな​要素​に​なっ​て​いる​よう​です。

そう​で​あれ​ば: この​見事​な​遺伝子​を​創造​し​た​神様​は,わたしたち​1​人​1​人​の​こと​を​だれ​より​も​よく​理解​し​て​おら​れる​に​違いあり​ませ​ん。詩編​作者​ダビデ​も​こう​述べ​て​い​ます。「あなた​は​わたし​を​わたし​の​母​の​腹​の​中​に,仕切ら​れ​た​状態​に​し​て​保た​れ​まし​た。わたし​が​ひそか​に​造ら​れ​た​とき,……わたし​の​骨​は​あなた​から​隠さ​れ​て​は​い​ませ​ん​でし​た。あなた​の​目​は​胎児​の​とき​の​わたし​を​も​ご覧​に​なり​まし​た。あなた​の​書​に​その​すべて​の​部分​が​書き記さ​れ​て​い​まし​た」。(詩編 139:13,15,16)神様​だけ​が,人​の​遺伝子​構造​だけ​で​なく,人格​形成​に​影響​を​及ぼし​て​き​た​出来事​を​すべて​知り,完全​に​理解​でき​ます。わたしたち​の​こと​を​遺伝子​レベル​で​ご存じ​な​の​で,細かい​点​まで​も​すべて​分かっ​て​くださる​の​です。

神様​の​洞察​力​に​つい​て​聖書​が​教え​て​いる​こと

ダビデ​は​こう​祈り​まし​た。「エホバ​よ,あなた​は​わたし​を​くまなく​探ら​れ​まし​た。あなた​は​わたし​を​知っ​て​おら​れ​ます。あなた​ご自身​が​わたし​の​座る​こと​も​立ち上がる​こと​も​知る​よう​に​なり,遠く​から​わたし​の​考え​を​考慮​さ​れ​まし​た。わたし​の​舌​に​言葉​が​上る​前​から,ご覧​ください,エホバ​よ,あなた​は​既に​それ​を​すべて​ご存じ​な​の​です」。(詩編 139:1,2,4)また,エホバ​は​わたしたち​の​心​の​底​の​感情​を​ご存じ​で,「すべて​の​考え​の​傾向​を​わきまえ​て​おら​れる」ほど​です。(歴代​第​一 28:9。サムエル​第​一 16:6,7)これら​の​言葉​から​神様​に​つい​て​どんな​こと​が​分かり​ます​か。

祈る​とき​に​自分​の​考え​や​感情​すべて​を​言葉​に​できる​わけ​で​は​ない​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,神様​は​わたしたち​の​行動​に​注目​し​て​いる​だけ​で​なく,そう​する​動機​も​ご存じ​です。さらに,わたしたち​が​良い​こと​を​し​たい​と​心​から​願っ​て​い​ながら,限界​ゆえに​そう​でき​ない​場合​が​ある​こと​も​理解​し​て​ください​ます。人間​に​愛する​気持ち​を​与え​た​神様​だ​から​こそ,わたしたち​の​持つ​優しさ​や​親切​心​に​気づい​て​くださる​の​です。(ヨハネ​第​一 4:7‐10

神様​は​すべて​を​ご存じ​です。周り​の​人​に​気づか​れ​ない,または​理解​さ​れ​ない​悩み​や​苦し​みさえ​ご存じ​です。

 聖書​の​言葉

  • 「エホバ​の​目​は​義​に​かなっ​た​者​たち​の​上​に​あり,その​耳​は​彼ら​の​祈願​に​向け​られる」。ペテロ​第​一 3:12

  • 神様​は​こう​約束​し​て​おら​れ​ます。「わたし​は​あなた​に​洞察​力​を​持たせ,その​行く​べき​道​を​教え諭す。わたし​は​あなた​に​目​を​留め​て​忠告​を​与え​よう」。詩編 32:8

神様​は​分かっ​て​おら​れる

神様​が​わたしたち​の​状況​や​気持ち​を​理解​し​て​おら​れる​と​し​たら,逆境​に​耐え​やすく​なる​でしょ​う​か。ナイジェリア​の​アンナ​の​例​を​考え​て​み​て​ください。アンナ​は​こう​述べ​て​い​ます。「絶望​的​な​状態​に​なり,生き​て​ゆく​こと​に​価値​は​ある​の​だろ​う​か​と​疑問​に​思い​まし​た。わたし​は​やもめ​でし​た​し,水頭​症(頭蓋​内​に​髄液​が​過剰​に​たまる​病気)で​入院​し​て​いる​娘​の​世話​を​し​て​い​まし​た。そんな​とき,自分​も​乳がん​に​かかっ​て​いる​こと​が​分かり,入院​し​て​手術,化学​療法,放射線​治療​を​受け​なけれ​ば​なら​なく​なっ​た​の​です。そんな​状態​で,病気​の​娘​の​世話​を​する​の​は​まず​無理​だ​と​思い​まし​た」。

その​状態​を​乗り越える​の​に​何​が​助け​に​なっ​た​でしょ​う​か。アンナ​は​こう​言い​ます。「聖書​の​言葉​を​じっくり​考え​まし​た。例えば,フィリピ 4​章​6,7​節​に​は,『一切​の​考え​に​勝る​神​の​平和​が,あなた方​の​心​と​知力​を……守っ​て​くださる』と​あり​ます。この​聖句​を​思い出す​たび​に,エホバ​と​の​強い​絆​を​感じ​まし​た。エホバ​が​わたし​より​も​わたし​の​こと​を​よく​理解​し​て​くださっ​て​いる​こと​が​分かっ​た​から​です。また,クリスチャン​会衆​の​愛する​仲間​たち​から​も​たくさん​励まし​て​いただき​まし​た」。

「今​で​も​病気​と​闘っ​て​い​ます​が,わたしたち​の​状況​は​良く​なっ​て​い​ます。エホバ​が​そば​に​い​て​くださる​の​で,問題​に​直面​し​て​も​プラス​思考​で​いら​れる​よう​に​なり​まし​た。ヤコブ 5​章​11​節​に​は​こんな​保証​の​言葉​が​あり​ます。『忍耐​し​た​人​たち​は​幸福​で​ある,と​わたしたち​は​言い​ます。あなた方​は​ヨブ​の​忍耐​に​つい​て​聞き,エホバ​が​お与え​に​なっ​た​結末​を​見​まし​た。エホバ​は​優しい​愛情​に​富ま​れ,憐れみ深い[または,「同情​心​の​豊か​な」,脚注]方​な​の​です』」。エホバ​は​ヨブ​の​状況​を​完璧​に​理解​し​て​おら​れ​た​よう​に,わたしたち​が​直面​し​て​いる​どんな​問題​を​も​必ず​理解​し​て​ください​ます。