内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

神様の優しさに包まれる

神様の優しさに包まれる

神様​は,人体​に​素晴らしい​修復​能力​を​与え​まし​た。健康​な​体​に​切り傷,かすり傷,刺し傷​が​つく​と,「大小​さまざま​な​傷​を​修復​する​ため,体​で​は​複雑​な​連鎖​反応​が​生じ」ます。(ジョンズ​・​ホプキンズ​・​メディスン​の​ウェブサイト[英語])体​は​すぐ​に​反応​し,出血​を​止め,傷口​を​治し,その​組織​を​強化​する​の​です。

そう​で​あれ​ば: 神様​は​人体​に​傷​を​治す​能力​を​与え​て​くださっ​た​の​ですから,心​の​傷​を​癒やす​と​いう​約束​も​果たして​くださる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。「神​は​心​の​打ち砕か​れ​た​者​を​いやし,その​痛む​所​を​包ん​で​くださる」と​聖書​は​述べ​て​い​ます。(詩編 147:3)では​今,あなた​が​感情​的​な​トラウマ​や​苦しみ​を​経験​し​て​いる​場合​は​どう​でしょ​う​か。エホバ​神​が​あなた​の​心​の​傷​も​包ん​で​くださる​と​どう​すれ​ば​確信​できる​でしょ​う​か。

神様​の​愛​に​つい​て​聖書​が​教え​て​いる​こと

神様​は​次​の​よう​に​約束​し​て​おら​れ​ます。「恐れ​て​は​なら​ない。わたし​は​あなた​と​共​に​いる​から​で​ある。周り​を​見回す​な。わたし​は​あなた​の​神​だ​から​で​ある。わたし​は​あなた​を​強く​する。わたし​は​あなた​を​本当​に​助ける」。(イザヤ 41:10)エホバ​神​の​支え​を​確信​し​て​いる​なら,心​の​平和​と​試練​に​立ち向かう​強さ​を​持て​ます。使徒​パウロ​は​この​内面​の​穏やか​さ​を「一切​の​考え​に​勝る​神​の​平和」と​呼び​まし​た。そして​こう​書い​て​い​ます。「自分​に​力​を​与え​て​くださる​方​の​おかげ​で,わたし​は​一切​の​事​に​対し​て​強く​なっ​て​いる​の​です」。(フィリピ 4:4‐7,9,13

聖書​を​読む​と,信仰​が​深まり,エホバ​が​人類​の​将来​に​つい​て​約束​し​て​おら​れる​こと​を​信じ​られる​よう​に​なり​ます。例えば,啓示 21​章​4,5​節​は,神様​が​何​を​行なわ​れる​か,そう​し​て​くださる​と​なぜ​確信​できる​か​を​示し​て​い​ます。

  • 神様​は,人々​の​目​から「すべて​の​涙​を​ぬぐい去っ​て​くださ」い​ます。わたしたち​の​苦しみ​や​不安​すべて​を,他​の​人​から​すれ​ば​ちっぽけ​に​思える​よう​な​もの​で​さえ,取り除い​て​くださる​の​です。

  • 天​の​栄光​ある「み座​に​座っ​て​おら​れる」,全能​の​神様​は,その​偉大​な​力​と​権威​を​用い​て​苦しみ​を​なくし,わたしたち​を​助け​て​ください​ます。

  • エホバ​神​は,ご自身​の​約束​が「信頼​できる​真実​な​もの」で​ある​と​保証​し​て​おら​れ​ます。まこと​の​神​と​し​て​の​ご自分​の​名​に​かけ​て​約束​を​果たす,と​いう​こと​です。

「『神​は​彼ら​の​目​から​すべて​の​涙​を​ぬぐ​い​去っ​て​くださり,もはや​死​は​なく,嘆き​も​叫び​も​苦痛​も​もはや​ない。以前​の​もの​は​過ぎ去っ​た​の​で​ある』。そして,み座​に​座っ​て​おら​れる​方​が​こう​言わ​れ​た。『見よ! わたし​は​すべて​の​もの​を​新しく​する』。また,こう​言わ​れる。『書き​なさい。これら​の​言葉​は​信頼​できる​真実​な​もの​だ​から​で​ある』」。啓示 21:4,5

自然​界​と​聖書​は,神様​が​どんな​性格​を​持っ​て​おら​れる​か​を​明らか​に​し​て​い​ます。自然​界​が​神様​を​もっと​よく​知る​ようじん​わり​語りかけ​て​いる​の​に​対し,聖書​は​はっきり​と​こう​勧め​て​い​ます。「神​に​近づき​なさい。そうすれば,神​は​あなた方​に​近づい​て​ください​ます」。(ヤコブ 4:8使徒 17​章​27​節​に​も,「神​は,わたしたち​ひとりひとり​から​遠く​離れ​て​おら​れる​わけ​で​は​あり​ませ​ん」と​あり​ます。

時間​を​かけ​て​神様​に​つい​て​知れ​ば​知る​ほど,「神​は​あなた方​を​顧み​て​くださる」と​いう​こと​が​分かる​よう​に​なり​ます。(ペテロ​第​一 5:7)エホバ​神​を​信頼​できる​と,人生​に​どんな​変化​が​生じる​でしょ​う​か。

日本​の​通​の​ケース​を​考え​ましょ​う。通​は​クリスチャン​の​母親​に​育て​られ​まし​た​が,やくざ​の​世界​に​入り​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「自分​は​神様​に​嫌わ​れ​て​いる​と​思っ​て​い​た​の​で,周り​の​人​の,特に​大切​な​人​の​死​は,自分​へ​の​罰​の​よう​に​感じ​て​い​まし​た」。そう​し​た​環境​や​考え方​の​せい​で,「冷酷​で​無​感情​な​人間」に​なっ​た​こと​を​認め​て​い​ます。そして,当時​を​振り返っ​て,「自分​より​も​名​の​ある​人​を​殺し​て,名​を​残し​て​若い​うち​に​死ぬ​こと​が​目標​に​なり​まし​た」と​述べ​て​い​ます。

 しかし,通​と​妻​の​ハンナ​が聖書​を​勉強​するよう​に​なっ​て​から,通​の​生活​や​考え方​は​がらり​と​変わり​まし​た。「夫​は​どんどん​変わっ​て​ゆき​まし​た」と,ハンナ​は​述べ​て​い​ます。今,通​は​確信​を​もっ​て​こう​言え​ます。「エホバ​は​わたしたち​1​人​1​人​を​気遣っ​て​くれる​神​で,1​人​も​死ん​で​ほしい​と​は​思っ​て​おら​ず,本当​に​悔い改める​なら,だれ​で​も​進ん​で​許し​て​ください​ます。だれ​に​も​言え​ない,だれ​も​理解​し​て​くれ​ない​と​思う​こと​で​も,聞い​て​ください​ます。どんな​悩み​も​苦しみ​も​すべて​を​いつか​解決​さ​れ​ます。今​の​この​時代​で​も,考え​も​つか​ない​方法​で​助け​を​与え​て​ください​ます。わたしたち​が​卑しい​状態​に​ある​とき,思い出し​て​助け​て​くださる​の​です」。(詩編 136:23

神様​は​もう​すぐ,すべて​の​苦しみ​を​取り除き,すべて​の​涙​を​拭い去っ​て​ください​ます。その​こと​を​知る​なら,通​の​よう​に,将来​に​希望​が​持てる​だけ​で​なく,今​の​生活​も​向上​し​ます。そう​です,世​の​中​が​苦しみ​に​あふれ​て​い​て​も,神様​の​優しさ​に​包ま​れる​こと​が​できる​の​です。