内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2016年 No.3

 特集 記事

愛する人を亡くしたとき

愛する人を亡くしたとき

「神様    最善   ご存じ   よ。……だから……泣か ない で」。

ベベ  いう 女性 は,耳元  そう ささやく   聞き まし た。交通 事故  亡くなっ  父親  葬儀    こと です。

ベベ は,父親  こと  大好き でし た。ですから,家族 同然  友人  善意 から 述べ  その 言葉 に,慰め られる  いう より  傷つけ られ まし た。「父    良い こと だっ  なんて,あり得 ない」と つぶやく ばかり でし た。何   たっ て,ある     その 出来事  つい  述べ    さえ,深い 悲しみ  消え   ませ  でし た。

ベベ  同様,悲しみ  乗り越える   長い 時間  かかり ます。故人  とても 親しかっ  場合 は,特に そう です。聖書   を,適切  も「最後  敵」と 呼ん   ます。(コリント  一 15:26)死  多く  場合,突然 襲っ   て,大切   たち  いや応なし  奪っ  ゆき ます。それ  回避 できる    ませ ん。ですから,死  その 結果  直面 する と,途方  暮れる   当然 です。

  よう  思う   いる こと でしょ う。「悲しみ  どの くらい たて  癒える  だろ  か。どう すれ  乗り越え られる だろ  か。遺族  どう 慰め たら よい  だろ  か。亡くなっ  愛する  たち   もう 会え ない  だろ  か」。