病気​に​かかっ​て​も,すぐ​に​治る​なら​忘れ​て​しまう​もの​です。でも,悲しみ​の​場合,そう​は​いき​ませ​ん。アラン​・​ウォルフェルト​博士​は,自著「配偶​者​を​亡くし​た​悲しみ​を​癒やす」(英語)の​中​で,「悲しみ​が“消え去る”こと​など​あり得​ない」と​書い​て​い​ます。と​は​いえ,「悲しみ​は,時​の​経過​や​周囲​の​サポート​に​よっ​て​和らぐ」と​も​述べ​て​い​ます。

一例​と​し​て,族長​アブラハム​が​妻​サラ​を​亡くし​た​時​の​反応​に​つい​て,考え​て​み​ましょ​う。聖書​の​原文​に​は,「アブラハム​は​サラ​の​死​を​嘆き,泣い​て​悲し​み​始め​た」と​あり​ます。「始め​た」と​いう​表現​は,悲しみ​が​その​後​も​続い​た​こと​を​示唆​し​て​い​ます。 * 別​の​例​は​ヤコブ​です。ヤコブ​は​だまさ​れ​て,息子​ヨセフ​が​野獣​に​殺さ​れ​た​もの​と​思い込み,「幾日​も」悼み悲しみ​まし​た。家族​から​の​慰め​も​受け入れ​よう​と​は​し​ませ​ん​でし​た。何​年​たっ​て​も,ヨセフ​の​死​は​ヤコブ​の​心​に​重く​のしかかっ​て​い​まし​た。―創世記 23:2; 37:34,35; 42:36; 45:28

アブラハム​は​愛する​サラ​を​亡くし​て​悼み悲しん​だ

今日,愛する​人​の​死​を​悲しん​で​いる​人​に​つい​て​も,同じ​こと​が​言え​ます。その​例​を​2​つ​考え​て​み​て​ください。

  • 「夫​の​ロバート​は,2008​年​7​月​9​日​に​亡くなり​まし​た。事故​に​遭っ​た​日​は,普段​と​何​も​変わりなく​始まり​まし​た。朝食​後,いつも​の​よう​に​キス​し​て​抱き合い,『愛し​て​る』と​言っ​て,主人​を​仕事​に​送り出し​まし​た。6​年​たっ​た​今​も​心​が​痛み​ます。主人​を​失っ​た​悲しみ​が​消え去る​こと​は​決して​ない​と​思い​ます」。―ゲイル,60​歳。

  • 「妻​を​亡くし​て​18​年​以上​たち​ます​が,いまだ​に​寂しく,悲しい​気持ち​に​なり​ます。自然​界​の​魅力​的​な​一面​を​目​に​する​と,つい『妻​が​見​たら,さぞかし​喜ぶ​だろ​う​なあ』と​思っ​て​しまい​ます」。―エイティエン,84​歳。

ですから,そう​し​た​感情​が​長く​続く​の​は,ごく​自然​な​こと​です。つらい​出来事​に​対する​悲しみ​の​表わし方​は​人​それぞれ​な​の​で,他​の​人​の​反応​の​仕方​を​批判​する​べき​で​は​あり​ませ​ん。また​逆​に​自分​自身​に​関し​て,愛する​人​の​死​を​悲しむ​気持ち​が​強すぎる​よう​に​思え​て​も,自分​を​責める​べき​で​は​あり​ませ​ん。では,どう​すれ​ば​悲しみ​に​対処​できる​でしょ​う​か。

^ 4節 アブラハム​の​息子​イサク​の​悲しみ​も​長く​続き​まし​た。この​号​の「その​信仰​に​倣う」と​いう​記事​の​中​で​も​説明​さ​れ​て​いる​よう​に,イサク​は​母親​の​サラ​を​亡くし​て​3​年​たっ​て​も,その​死​を​悲しん​で​い​まし​た。―創世記 24:67