アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2016年 NO.3

 特集 記事 | 愛する   亡くし  とき

悲しみに対処する

悲しみに対処する

今日,悲しみ  対処 する ため  アドバイス  事欠く こと  あり ませ ん。と  いえ,その すべて  有益  いう わけ   あり ませ ん。例えば,「泣い たり 感情    出し たり    いけ ない」と 言う   いれ ば,逆 に,「感情  さらけ出し なさい」と 言う    ます。しかし,聖書  アドバイス  バランス  取れ  おり,現代  研究   その 正しさ  認め られ   ます。

一部  文化   は,男性  泣く   男らしく ない,と され   ます。しかし,涙  流す  は,それ  人前  そう する  は,本当  恥ずかしい こと   でしょ  か。精神 衛生  専門   認め  いる よう に,悲しい   泣く   正常  こと です。また,死別 から くる 喪失   いかに 大きい    も,悲しむ こと  気持ち  切り替え られる もの です。一方,悲しみ  押し殺す   有害 無益 です。聖書 は,悲しみ    流す   間違っ  いる   男らしく ない  いっ  考え  支持    ませ ん。イエス  こと  考え    ください。死者  よみがえらせる   持っ   まし  が,愛する  ラザロ  死ん  時,人目  はばから     流し   です。―ヨハネ 11:33‐35

悲しみ  怒り  伴う こと  少なく あり ませ ん。愛する   急死   場合  特に そう です。残さ     様々  こと  怒り  感じる もの です。例えば,影響   ある    親切  根拠  ない 言葉  気分  害さ れる   しれ ませ ん。南 アフリカ  住む マイク  こう 述べ   ます。「父  亡くなっ  時,わたし  まだ 14  でし た。葬儀  際,聖公会  牧師 が,神  善人  必要    おら れ,その よう    早く 取り去ら れる  だ, * 言っ   まし た。それ  聞い て,怒り  込み上げ まし た。父  どうして  必要    いる   わたしたち 家族   に,と 思っ  から です。63   なっ       気持ち  なり ます」。

では,罪悪   つい   どう でしょ  か。特に 不慮    場合,残さ    は,「もし あの 時,わたし     さえ いれ ば」と 考え  しまう   しれ ませ ん。また,故人   最後  やり取り  口論 だっ  場合 も,自責    さいなま れる   しれ ませ ん。

大切   は,そう   罪悪   怒り  押し殺さ ない よう  する こと です。親身  なっ  聞い  くれる 友達  話せ ば,そういう 気持ち  なる   無理  ない,と 言っ て,慰め  くれる でしょ う。聖書   こう 述べ られ   ます。「真    どんな    愛し つづける もの  あり,苦難  とき  ため  生ま   兄弟  ある」。―箴言 17:17

残さ     とっ  最良    言える  は,創造   ある エホバ  です。神  祈り,心  注ぎ出し ましょ う。「神 は……顧み  くださる」から です。(ペテロ  一 5:7)神 は,その    を「一切  考え  勝る   平和」に よっ  慰める,と  約束   くださっ   ます。(フィリピ 4:6,7)神      癒やし  いただく ため に,聖書  読む こと  でき ます。慰め  なる 聖句  書き出し ましょ  う。( 囲み 記事 ご覧 ください。)その 幾つ   暗記 する   よい でしょ う。それら  じっくり  考える なら,孤独  眠れ ない    特に 助け  なる   しれ ませ ん。―イザヤ 57:15

40   ある 男性  最近,最愛    がん  亡くし まし た。その  は,時々,寂しく  どう  よう  なくなり ます が,祈る こと  慰め られ   ます。こう 言い ます。「エホバ  祈る と,孤独   消え ます。よく 夜中    覚め,眠れ なく なる こと  あり ます。聖書   慰め  なる 箇所  読ん  黙想 し,祈っ    注ぎ出す と,何   言え ない 平安  包ま れ,安らか  気持ち  眠り  就く こと  でき ます」。

バネッサ  いう 若い 女性 は,母親  病気  亡くし まし  が,やはり 祈り    実感  まし た。こう 述べ   ます。「一番 大変 だっ  時期 は,ただ   お名前  呼ん で,泣き崩れる だけ でし た。でも,エホバ  わたし  祈り  聞い て,いつも 必要    与え  ください まし た」。

一部  遺族 カウンセラー は,深い 悲しみ  闘っ  いる  たち に,人  助け  なる こと  ボランティア 活動  する よう 勧め   ます。そう   こと  行なえ ば,喜び  味わう こと  でき,悲しみ  和らぐ でしょ う。(使徒 20:35)愛する   亡くし  クリスチャン たち も,他    助ける 活動  自分  とっ  大きな 慰め  なる こと  実感    ます。―コリント  二 1:3,4

^ 5節 これ  聖書  教え   あり ませ ん。聖書 は,人  なぜ 死ぬ   明らか     ます。―伝道  書 9:11。ヨハネ 8:44。ローマ 5:12