内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 特集​記事 | 愛する​人​を​亡くし​た​とき

悲しみに対処する

悲しみに対処する

今日,悲しみ​に​対処​する​ため​の​アドバイス​に​事欠く​こと​は​あり​ませ​ん。と​は​いえ,その​すべて​が​有益​と​いう​わけ​で​は​あり​ませ​ん。例えば,「泣い​たり​感情​を​表​に​出し​たり​し​て​は​いけ​ない」と​言う​人​も​いれ​ば,逆​に,「感情​を​さらけ出し​なさい」と​言う​人​も​い​ます。しかし,聖書​の​アドバイス​は​バランス​が​取れ​て​おり,現代​の​研究​で​も​その​正しさ​が​認め​られ​て​い​ます。

一部​の​文化​圏​で​は,男性​が​泣く​の​は​男らしく​ない,と​され​て​い​ます。しかし,涙​を​流す​の​は,それ​も​人前​で​そう​する​の​は,本当​に​恥ずかしい​こと​な​の​でしょ​う​か。精神​衛生​の​専門​家​も​認め​て​いる​よう​に,悲しい​時​に​泣く​の​は​正常​な​こと​です。また,死別​から​くる​喪失​感​が​いかに​大きい​と​し​て​も,悲しむ​こと​で​気持ち​を​切り替え​られる​もの​です。一方,悲しみ​を​押し殺す​の​は​有害​無益​です。聖書​は,悲しみ​の​涙​を​流す​の​は​間違っ​て​いる​と​か​男らしく​ない​と​いっ​た​考え​を​支持​し​て​い​ませ​ん。イエス​の​こと​を​考え​て​み​て​ください。死者​を​よみがえらせる​力​を​持っ​て​い​まし​た​が,愛する​友​ラザロ​が​死ん​だ​時,人目​を​はばから​ず​に​涙​を​流し​た​の​です。―ヨハネ 11:33‐35

悲しみ​に​怒り​が​伴う​こと​も​少なく​あり​ませ​ん。愛する​人​が​急死​し​た​場合​は​特に​そう​です。残さ​れ​た​人​は​様々​な​こと​で​怒り​を​感じる​もの​です。例えば,影響​力​の​ある​人​の​不​親切​で​根拠​の​ない​言葉​に​気分​を​害さ​れる​か​も​しれ​ませ​ん。南​アフリカ​に​住む​マイク​は​こう​述べ​て​い​ます。「父​が​亡くなっ​た​時,わたし​は​まだ​14​歳​でし​た。葬儀​の​際,聖公会​の​牧師​が,神​は​善人​を​必要​と​し​て​おら​れ,その​よう​な​人​を​早く​取り去ら​れる​の​だ, * と​言っ​て​い​まし​た。それ​を​聞い​て,怒り​が​込み上げ​まし​た。父​を​どうして​も​必要​と​し​て​いる​の​は​わたしたち​家族​な​の​に,と​思っ​た​から​です。63​歳​に​なっ​た​今​で​も​嫌​な​気持ち​に​なり​ます」。

では,罪悪​感​に​つい​て​は​どう​でしょ​う​か。特に​不慮​の​死​の​場合,残さ​れ​た​人​は,「もし​あの​時,わたし​が​~​し​て​さえ​いれ​ば」と​考え​て​しまう​か​も​しれ​ませ​ん。また,故人​と​の​最後​の​やり取り​が​口論​だっ​た​場合​も,自責​の​念​に​さいなま​れる​か​も​しれ​ませ​ん。

大切​な​の​は,そう​し​た​罪悪​感​や​怒り​を​押し殺さ​ない​よう​に​する​こと​です。親身​に​なっ​て​聞い​て​くれる​友達​に​話せ​ば,そういう​気持ち​に​なる​の​も​無理​は​ない,と​言っ​て,慰め​て​くれる​でしょ​う。聖書​に​は​こう​述べ​られ​て​い​ます。「真​の​友​は​どんな​時​に​も​愛し​つづける​もの​で​あり,苦難​の​とき​の​ため​に​生ま​れ​た​兄弟​で​ある」。―箴言 17:17

残さ​れ​た​人​に​とっ​て​最良​の​友​と​言える​の​は,創造​者​で​ある​エホバ​神​です。神​に​祈り,心​を​注ぎ出し​ましょ​う。「神​は……顧み​て​くださる」から​です。(ペテロ​第​一 5:7)神​は,その​人​の​心​を「一切​の​考え​に​勝る​神​の​平和」に​よっ​て​慰める,と​も​約束​し​て​くださっ​て​い​ます。(フィリピ 4:6,7)神​に​心​の​傷​を​癒やし​て​いただく​ため​に,聖書​を​読む​こと​も​でき​ます。慰め​と​なる​聖句​を​書き出し​ましょ​ う。( 囲み​記事を​ご覧​ください。)その​幾つ​か​を​暗記​する​の​も​よい​でしょ​う。それら​を​じっくり​と​考える​なら,孤独​で​眠れ​ない​夜​に​は​特に​助け​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。―イザヤ 57:15

40​歳​の​ある​男性​は​最近,最愛​の​妻​を​がん​で​亡くし​まし​た。その​人​は,時々,寂しく​て​どう​し​よう​も​なくなり​ます​が,祈る​こと​で​慰め​られ​て​い​ます。こう​言い​ます。「エホバ​に​祈る​と,孤独​感​は​消え​ます。よく​夜中​に​目​が​覚め,眠れ​なく​なる​こと​が​あり​ます。聖書​中​の​慰め​と​なる​箇所​を​読ん​で​黙想​し,祈っ​て​心​を​注ぎ出す​と,何​と​も​言え​ない​平安​に​包ま​れ,安らか​な​気持ち​で​眠り​に​就く​こと​が​でき​ます」。

バネッサ​と​いう​若い​女性​は,母親​を​病気​で​亡くし​まし​た​が,やはり​祈り​の​力​を​実感​し​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「一番​大変​だっ​た​時期​は,ただ​神​の​お名前​を​呼ん​で,泣き崩れる​だけ​でし​た。でも,エホバ​は​わたし​の​祈り​を​聞い​て,いつも​必要​な​力​を​与え​て​ください​まし​た」。

一部​の​遺族​カウンセラー​は,深い​悲しみ​と​闘っ​て​いる​人​たち​に,人​の​助け​に​なる​こと​や​ボランティア​活動​を​する​よう​勧め​て​い​ます。そう​し​た​こと​を​行なえ​ば,喜び​を​味わう​こと​が​でき,悲しみ​は​和らぐ​でしょ​う。(使徒 20:35)愛する​人​を​亡くし​た​クリスチャン​たち​も,他​の​人​を​助ける​活動​が​自分​に​とっ​て​大きな​慰め​と​なる​こと​を​実感​し​て​い​ます。―コリント​第​二 1:3,4

^ 5節 これ​は​聖書​の​教え​で​は​あり​ませ​ん。聖書​は,人​が​なぜ​死ぬ​か​を​明らか​に​し​て​い​ます。―伝道​の​書 9:11。ヨハネ 8:44。ローマ 5:12