内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2016年 No.3

 聖書    生き方  変える

女性にも自分にも敬意を払えるようになりました

女性にも自分にも敬意を払えるようになりました
  • 生ま   年: 1960 

  • 生ま   国: フランス

  • かつて は: 麻薬  常用 し,粗暴 で,女性  蔑視    

過去  歩み:

わたし は,フランス 北東   ミュルーズ  郊外  生ま  まし た。労働  階級   たち  多く 住む,暴力 事件  頻発 する 地区 でし た。子ども   は,あちこち  家庭  言い争い  あり,暴力  振るわ    まし た。我    は,女性  見下げ られ   て,男性 から 意見  求め られる こと  まず あり ませ  でし た。わたし は,女  台所      子ども  世話    いれ  いい  だ,と 教え られ まし た。

子ども 時代 は,平穏  もの   あり ませ  でし た。10       アルコール 依存    に,その 5      1   自殺  まし た。また その 同じ   親族    殺人 事件  起き,それ  目撃   大きな ショック  受け まし た。身内   から は,いざ  いう   ナイフ    使っ  戦う 方法  教え られ まし た。若く  精神    安定 だっ  わたし は,体  タトゥー  入れ たり   飲ん だり する よう  なり まし た。

16     ビール  毎日 10  から 15   飲み,麻薬  使っ   まし た。そう   悪習  続ける お金  得る ため に,金属 くず  売っ たり 盗み  働い たり し,17     すでに 刑務  暮らし  経験    まし た。窃盗  暴行  かど  合計 18  有罪 判決  受け まし た。

20  前半  なる と,生活  ますます 堕落 し,マリファナ たばこ  1   20   吸い,ヘロイン その他  違法 薬物  使っ   まし た。麻薬  過剰 摂取    かけ  こと     あり ます。また,麻薬  売買    染め,常  ナイフ    持ち歩く よう  なり,ある 男性    撃っ  こと  あり ます。しかし 幸い  も,弾丸  ベルト  バックル  当たっ  跳ね返り,事なき   まし た。24       亡くなり,わたし  ますます 荒れる よう  なり まし た。通行  たち は,近づい  来る わたし  見る と,恐れ  なし,道  向こう   逃げ  行き まし た。喧嘩 ばかり      で,週末 は,警察   留置  れる  病院  傷口  縫っ  もらう  でし た。

28     結婚  まし た。お察し  とおり,妻  敬意  払わ ず,ののしっ たり 殴っ たり  まし た。夫婦     一緒  する  いう こと  あり ませ  でし た。盗ん    宝石  たくさん 与え  さえ いれ  十分 だ,と 思っ    から です。そんな 時,思い  寄ら ない   起き まし た。妻  エホバ  証人  聖書  勉強  始め   です。一度 勉強   だけ で,たばこ   やめ,盗ん    お金  受け取ら なく なり,宝石  返し   まし た。わたし  激怒  て,聖書  勉強  反対 し,妻    たばこ    吹きかけ まし た。そして,近所     こと  悪く 言い まし た。

ある 夜,酔っ  前後 不覚  なり,住ん    アパート  火事    しまい まし た。炎   から わたし  5     救い出し  くれ   は,妻 でし た。しらふ  戻る と,罪悪   さい なまれ,心  奥底 で「自分  決して   許し  いただけ ない」と 思い まし た。司祭 が「悪人  地獄  落ちる」と 言っ      思い出し  から です。かかりつけ  精神   から も,「君  もう 救い よう  ない」と 言わ  まし た。

聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

火事  後,家族    実家  住む よう  なり まし た。エホバ  証人    訪ね    時,「これ ほど 罪深い わたし    許し  くださる でしょ  か」と 尋ね   まし た。すると,証人 たち  聖書  コリント  一 6  9‐11   見せ  くれ まし た。そこ  は,神    される 様々  行ない  列挙    おり,「あなた方     その よう   たち   まし た」と 述べ られ   ます。わたし は,「彼ら  変われ   だから,わたし  変われる」と 思い まし た。証人 たち は,ヨハネ  一 4  8  から,神  わたし  愛し  くださっ  いる こと  示し  くれ まし た。心強く 感じ  わたし は,聖書    2  教え  ほしい  頼み,クリスチャン  集会   出席  始め まし た。そして,絶え  エホバ  祈る よう  なり まし た。

わたし  1 か月  たた ない うち に,麻薬    やめ まし た。すると すぐ に,体    戦い  始まり まし た。恐ろしい 悪夢 や,頭痛,けいれん など  禁断 症状     です。しかし 同時 に,エホバ  わたし    取っ  強め  くださっ  いる   感じ,使徒 パウロ  同じ よう  気持ち  なり まし た。パウロ が,神 から 与え られ  助け  関し て,「自分    与え  くださる   おかげ で,わたし  一切    対し  強く なっ  いる」と 書い  とおり です。(フィリピ 4:13)その 後,たばこ  やめる こと  でき まし た。―コリント  二 7:1

聖書  おかげ で,生活  律する こと や,家族 関係  改善 する こと  でき まし た。妻  対する 態度  変わり,敬意  払っ て,「悪い けど,~   くれる?」と か「ありがとう」など  言う よう  なり まし た。娘  も,父親 らしい こと    やれる よう  なり まし た。そして,聖書  勉強  始め  1  後,妻  同じく,エホバ  献身   バプテスマ  受け まし た。

どんな   受け  か:

わたし は,聖書  教え  救わ  まし た。エホバ  証人   ない 親族 たち  さえ,「聖書  勉強    なかっ  なら,お前  麻薬  喧嘩  死ん    だろ う」と 言い ます。

聖書 から  また 父親     責務  つい  学び,わたし  家族 生活  一変  まし た。(エフェソス 5:25; 6:4)いろいろ  こと  家族  一緒  行なう よう  なり まし た。今  は,妻  台所 に“閉じ込め たり”せ ず,多く  時間  伝道 活動  充てる   喜ん  支え   ます。また  も,会衆  長老     務め  果たす わたし  喜ん  支え  くれ ます。

エホバ     憐れみ  知っ て,わたし  生き方  大きく 変わり まし た。わたし は,周囲 から 見放さ   いる  たち に,ぜひとも   特質  つい  知らせ たい,と 思っ   ます。わたし  かつて  見放さ     から です。聖書    もっ  すれ ば,どんな   清く  目的  ある 人生  送れる よう  なり ます。わたし  聖書  おかげ で,男性   女性     敬意  示せる よう  なり まし た。それ だけ  なく,自尊   持てる よう   なっ   です。