アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2016年 NO.3

 その 信仰  倣う | リベカ

「参りたいと思います」

「参りたいと思います」

リベカ    は,見渡す 限り   ごつごつ   風景  広がっ  おり,影  長く 伸び   ます。リベカ         て,ラクダ    揺ら  ながら 進む こと   ようやく 慣れ   まし た。北東  ある 生ま  育っ  ハラン   は,はるか 遠く  なっ  しまい まし た。家族   もう    会え ない   しれ ませ ん。特に,旅  終わり  近づい  今,自分  将来  つい  あれこれ 考え   違いあり ませ ん。

  一行 は,カナン    大半  通り過ぎ,ネゲブ  いう 一層 険しい 地域  進ん   まし た。(創世記 24:62)リベカ    群れ      こと でしょ う。その 辺り  荒涼     て,大 規模  農業  行なう   適し   ませ  が,放牧      十分 でし た。リベカ  案内     老人  は,なじみ深い 土地 です。老人  主人 イサク に,主人    なる   連れ     いう 良い 知らせ  伝え たく  うずうず    まし た。しかし リベカ は,こう 思っ   違いあり ませ ん。この   どんな 生活  送る こと  なる  だろ う。まだ    イサク  どんな    だろ う。自分    入っ  くれる だろ  か。自分  イサク  好き  なれる だろ  か。

今日,世界  多く  地域  は,親  子ども  結婚  取り決める   珍しい こと  思える   しれ ませ ん。しかし,それ  普通  いう 土地  あり ます。いずれ  せよ,リベカ  未知  世界  飛び込も       こと  確か です。リベカ は,際立っ  勇気  信仰  示し  女性 です。わたしたち も,人生  おける 様々  変化  直面     は,その 両方  特質  必要   ます。リベカ は,信仰 だけ  なく 数々  麗しく 貴重  特質  兼ね備え   まし た。

「あなた  らくだ たち  ため  も……水  くん  まいり ましょ う」

リベカ  とっ て,人生  おける 大きな 変化 は,ごく 普通  思える         始まり まし た。リベカ  メソポタミア  都市 ハラン  辺り  育ち まし た。両親 は,ハラン  大半  人々   異なっ   まし た。月   シン   なく,神 エホバ  崇拝      です。―創世記 24:50

リベカ は,非常  美しい 女性  成長  まし  が,ただ 美しい だけ   なく,快活 で,道徳   清さ  保っ   まし た。家  召使い たち  雇える ほど 裕福 でし  が,リベカ は,甘やかさ れる こと  王女   よう  扱い  受ける こと  なく,勤勉  働く よう 育て られ まし た。当時  多く  女性  同じ よう に,水汲み など  きつい 家事   まし た。いつも 夕方  なる と,水がめ    載せ て,泉   向かっ   です。―創世記 24:11,15,16

ある   夕方,かめ    汲ん  後,一   老人  走り寄っ   て,「どうか あなた  かめ から ほんの 少し   飲ませ  ください」と 言い まし た。とても 控えめ  頼み事 で,言い方  非常  丁寧 でし た。リベカ は,その   遠く から       こと  気づき,すぐ  から 水がめ  下ろし て,新鮮  冷たい   ほんの 少し では なく 十分 飲める よう   まし た。そして 見る と,近く  その   10   ラクダ  伏し   て,飲みおけ     まだ 入っ   ませ  でし た。その 老人  優しい ながら  真剣  まなざし  感じ  リベカ は,できる 限り  こと   たい  思い,「あなた  らくだ たち  ため  も,全部  飲み 終える まで   くん  まいり ましょ う」と 言い ます。―創世記 24:17‐19

注目  たい  は,リベカ が,10   ラクダ    少し では なく 飲み たい だけ 飲ませ  あげ ましょ う,と 言っ  こと です。ラクダ  特に のど  渇い  いる 場合,1  だけ  95      飲む こと  あり ます。もし 10  すべて  それ ほど 飲む   たら,リベカ  きつい 仕事   時間  行なう こと  なり ます。結果 から する と,ラクダ  のど  ひどく 渇い     わけ   なかっ  よう です。 *  いえ リベカ は,水汲み  買っ    時,その こと  知り ませ  でし た。よそ から   その 老人  もてなす ため に,それ  どれ ほど 大変  仕事  も,進ん で,また 喜ん  行なお      です。老人 は,その 申し出  受け入れ  あと,リベカ  井戸 まで 走っ  行き,かめ    満たし     飲みおけ  注ぐ 様子 を,じっ  見守っ   まし た。―創世記 24:20,21

リベカ  勤勉 で,人  よく もてなし 

今日  わたしたち は,リベカ  模範 から 多く  こと  学べ ます。現代 は,利己 主義    利か   いる 時代 です。予告      とおり,人々 は「自分  愛する 者」と なっ  おり,他    わざわざ 助け よう    ませ ん。(テモテ  二 3:1‐5)その よう  風潮  闘う クリスチャン は,聖書   描か   いる,若い リベカ  井戸 まで 走っ  行っ   戻っ  来る 様子  思い巡らす  よい でしょ う。

リベカ  老人 から 見つめ られ  いる こと  気づい     違いあり ませ ん。しかし その 視線  は,みだら  感じ  なく,驚き  感嘆,喜び  表われ   まし た。リベカ  ついに 水汲み  終える と,老人  リベカ  贈り物    高価  装身   与え,こう 言い ます。「あなた  どなた   さん でしょ  か。どうか わたし  言っ  ください。あなた  お父さん     わたしたち    過ごせる よう    ある でしょ  か」。リベカ  自分  家族  こと  話す と,老人    喜び  輝き まし た。リベカ は,熱意  あふれ   こと でしょ う,こう 言い ます。「わたし ども  ところ  は,わら  沢山  飼い葉  あり,夜  お過ごし  なれる 場所  ござい ます」。これ は,寛大  申し出 でし た。老人   同行  たち    から です。リベカ  そう 言っ  から,起き    母親  話す ため,老人 より   走っ  行き まし た。―創世記 24:22‐28,32

ですから,リベカ    よく もてなす よう 育て られ   まし た。わたしたち は,今日 あまり  られ なく なっ  いる こう   特質    も,心 優しい リベカ  信仰  倣う べき です。神  対する 信仰  抱い  いれ ば,人  よく もてなす よう  なる から です。エホバ は,もてなし  精神  富む  で,どんな    寛大 です。そして,ご自分  崇拝   も,同じ よう  寛大  ある こと  望ん  おら  ます。わたしたち    よく もてなし,見返り  期待 でき ない 相手   親切   する なら,天    喜ん  ください ます。―マタイ 5:44‐46。ペテロ  一 4:9

「あなた  わたし  息子  ため に……妻  迎え なけれ  なら ない」

井戸      老人 は,リベカ  祖父  兄弟  ある アブラハム   でし た。その よう  わけ で,リベカ   ベトエル    歓迎   まし た。その   名前  エリエゼル  あっ   思わ  ます。 * この  は,食事  勧め られ まし  が,まず       わけ  話し  しまう まで  食事    つけ よう   ませ ん。(創世記 24:31‐33)そして,その わけ  興奮  ながら    こと でしょ う。この 重要  任務  果たせる よう  エホバ  祝福   くださっ  いる 強力  証拠      ばかり だっ  から です。どんな 証拠 でしょ  か。

エリエゼル  その  に,リベカ   ベトエル   ラバン  一心    傾け   ます。エリエゼル    この よう  もの でし た。エホバ  アブラハム  カナン  大いに 祝福   まし た。アブラハム  サラ  息子 イサク  生まれ,その イサク   財産  相続 する こと  なっ   ます。アブラハム  エリエゼル  重要  任務  与え,ハラン  いる アブラハム  親族   から イサク    なる   探し出す よう 命じ まし た。―創世記 24:34‐38

アブラハム  エリエゼル に,イサク    カナン  女性 たち   から 選ば ない こと  誓わ  まし た。カナン   エホバ   崇拝     なけれ  敬っ    なかっ  から です。アブラハム は,エホバ  この   その 邪悪  習わし ゆえに 定め    罰する つもり  おら れる こと  知っ   まし た。それで,自分  愛する  イサク  この   かかわり  持っ   道徳  慣行  巻き込ま れる こと  望み ませ  でし た。また,イサク    約束  成就  おい  肝要  役割  果たす こと  知っ   まし た。―創世記 15:16; 17:19; 24:2‐4

  続き  よれ ば,エリエゼル  ハラン  近く  井戸    着い  時,エホバ  に,イサク  結婚 相手  なる 若い 女性     くださる よう 祈り まし た。具体   は,イサク      ふさわしい 女性  井戸     て,わたし    飲ませ  ほしい  頼む と,わたし だけ  なく ラクダ   飲ませ  くれる よう    ください,と 祈っ   です。(創世記 24:12‐14)すると,リベカ  まさに その とおり  こと   まし た。もしも エリエゼル  その   リベカ  聞い      たら どんな 気持ち  なっ  か,想像     ください。

ベトエル  ラバン は,エリエゼル      動かさ れ,「エホバ から この      ます」と 言い まし た。そして 当時  習慣 どおり,契約  結び,リベカ  イサク  婚約   ます。(創世記 24:50‐54)では,リベカ  この   関し    言え なかっ   いう こと でしょ  か。

その   つい  は,何      エリエゼル  アブラハム  尋ね   まし た。「もし その   わたし  一緒   よう   なけれ  どう 致し ましょ  か」と いう 質問 に,アブラハム は,「その とき あなた  誓い  よる わたし   務め から 自由  なる」と 答え   ます。(創世記 24:39,41)ベトエル    も,リベカ  意向  尊重   まし た。エリエゼル は,自分  任務  成功   こと  喜ぶ あまり,次    朝,すぐ    リベカ  連れ  カナン  戻り たい  言い まし  が,リベカ  家族    せめて    とどまら  たい  思い まし た。そこで,問題  解決 する ため に,「娘  呼ん  当人   から 聞い   ましょ う」と 言い ます。―創世記 24:57

リベカ  人生  岐路  立たさ  まし た。どう 答える でしょ  か。父   から  同情  当て   て,未知  世界        すむ よう 嘆願 する でしょ  か。それとも,エホバ  導き  明らか  ある 物事  自分  かかわれる   名誉  こと,と 考え  でしょ  か。リベカ は,この 突然 の,恐らく  圧倒  れる ほど  変化  つい  どう 思っ  いる  を,自分  答え  よっ  明らか   まし た。「参り たい  思い ます」と 言っ   です。―創世記 24:58

なんと 立派  精神 でしょ う。結婚  関する 今日  習慣  当時   異なっ  いる   しれ ませ  が,リベカ から 多く  こと  学べ ます。リベカ  とっ  特に 重要 だっ   は,自分  意向   なく,神 エホバ  意向 でし た。神  言葉 聖書  は,今日  結婚   当てはまる 最善  指針  収め られ   ます。どんな   配偶     選ん だら よい か, どう すれ  良い  また 良い   なれる  など  つい て,導き   られる  です。(コリント  二 6:14,15。エフェソス 5:28‐33)ですから,リベカ  模範  倣い,どんな 物事    導き  従っ  行なう   良い こと です。

「あの   どなた です か」

ベトエル  家族 は,愛する リベカ  祝福  まし た。その あと,リベカ  乳母  デボラ  侍女 たち が,エリエゼル  一行    旅立ち まし た。(創世記 24:59‐61; 35:8)やがて,ハラン  はるか かなた  なっ  しまい まし た。旅 は,およそ 800    距離  及び,3   ほど かかっ  こと でしょ う。楽     なかっ  はず です。リベカ  ラクダ  見慣れ      いえ,乗り慣れ      考え られ ませ ん。聖書  よれ ば,リベカ  家族    飼う  たち  あり,ラクダ      する 商人   なかっ  から です。(創世記 29:10)ラクダ  慣れ   ない  は,ちょっと 乗っ  だけ  も,乗り 心地  悪さ  訴える 場合  少なく ない  です。

それ  ともかく,リベカ  期待    膨らませ,イサク  その 家族  つい  エリエゼル から 聞ける だけ  こと  聞い  おこ     はず です。日  沈み,たき火  そば で,年老い  エリエゼル  リベカ  話し  こと でしょ う。エホバ  ご自分   アブラハム  なさっ  約束  よる と,アブラハム  家系 から,全 人類  祝福  もたらす 子孫  生み出さ れる  です。それ  聞い  リベカ は,エホバ  約束 が,夫  なる イサク  自分  通し  成就 する こと  知り,畏怖    満たさ    違いあり ませ ん。―創世記 22:15‐18

リベカ は,謙遜   いう 貴重  特質  示し 

そして ついに,この 記事  初め  ほう  述べ  その    まし た。一行  ネゲブ  進ん で,辺り  たそがれ    時,リベカ は,野  歩く    男性     まし た。その  は,物思い  ふけっ  いる 様子 です。「彼女  さっ  らくだ から 降り た」と 記さ    ます。ラクダ    つく まで 待て なかっ   でしょ う。リベカ  案内  に,「野  歩い  わたしたち  迎え  来る あの   どなた です か」と 尋ね,それ  イサク   分かる と,自分    ベール  覆い ます。(創世記 24:62‐65)そう    は,夫  なる   対する 敬意  示す ため だっ  よう です。今日,その よう  服従  態度  時代 後れ だ,と 思う   いる   しれ ませ ん。しかし 実際,男性  女性 も,リベカ  謙遜  から 教訓  学べ ます。だれしも,そう   麗しい 特質  培っ  ゆく 必要  ある から です。

40  ぐらい  なっ    イサク は,3    母親 サラ  亡くし て,まだ 悲しん   まし た。きっと イサク  温かく    優しい  だっ   でしょ う。ですから,とても 勤勉    よく もてなす 謙遜     て,本当  うれしく 思っ   違いあり ませ ん。二   うまく いっ  でしょ  か。聖書  は,「イサク  彼女  愛する よう  な」っ た,と 記さ    ます。―創世記 24:67; 26:8

これ  もう 3900      です が,リベカ は,現代  わたしたち  とっ   愛す べき 存在 です。リベカ  勇気,勤勉 さ,もてなし  精神,謙遜   は,感嘆  ざる   ませ ん。老若 男女  問わ ず,独身  既婚   かかわら ず,わたしたち すべて  リベカ  信仰  倣う   良い こと です。

^ 10節 すでに 夕方  なっ   まし た。聖書  に,リベカ  井戸     時間    こと  示す 記述  あり ませ ん。水汲み  終え     もう 家族       か,時間  かかっ  ため だれ   心配         いう こと  うかがわ せる 記述  あり ませ ん。

^ 15節 エリエゼル    聖書   この 個所     ませ  が,この   エリエゼル  あっ   考え られ ます。アブラハム は,跡継ぎ  生ま  なかっ  場合  財産  エリエゼル  相続   よう,と 考え  こと  あり まし た。ですから エリエゼル は,アブラハム   たち  うち  年長 で,最も 信頼       違いあり ませ ん。この 個所    くる   つい   やはり,その よう  述べ られ   ます。―創世記 15:2; 24:2‐4

もっと調べる

神に喜ばれる人になれますか

ヨブ,ロト,ダビデの生き方から答えが得られます。3人は過ちを犯しました。