リベカ​の​前​に​は,見渡す​限り​岩​の​ごつごつ​し​た​風景​が​広がっ​て​おり,影​が​長く​伸び​て​い​ます。リベカ​は​何​週​間​も​旅​を​し​て,ラクダ​の​背​に​揺ら​れ​ながら​進む​こと​に​も​ようやく​慣れ​て​き​まし​た。北東​に​ある​生ま​れ​育っ​た​ハラン​の​家​は,はるか​遠く​に​なっ​て​しまい​まし​た。家族​に​は​もう​二​度​と​会え​ない​か​も​しれ​ませ​ん。特に,旅​も​終わり​に​近づい​た​今,自分​の​将来​に​つい​て​あれこれ​考え​た​に​違いあり​ませ​ん。

旅​の​一行​は,カナン​の​地​の​大半​を​通り過ぎ,ネゲブ​と​いう​一層​険しい​地域​を​進ん​で​い​まし​た。(創世記 24:62)リベカ​は​羊​の​群れ​を​目​に​し​た​こと​でしょ​う。その​辺り​は​荒涼​と​し​て​い​て,大​規模​な​農業​を​行なう​に​は​適し​て​い​ませ​ん​が,放牧​地​と​し​て​は​十分​でし​た。リベカ​を​案内​し​て​い​た​老人​に​は,なじみ深い​土地​です。老人​は​主人​イサク​に,主人​の​妻​と​なる​人​を​連れ​て​来​た​と​いう​良い​知らせ​を​伝え​たく​て​うずうず​し​て​い​まし​た。しかし​リベカ​は,こう​思っ​た​に​違いあり​ませ​ん。この​地​で​どんな​生活​を​送る​こと​に​なる​の​だろ​う。まだ​見​ぬ​夫​イサク​は​どんな​人​な​の​だろ​う。自分​を​気​に​入っ​て​くれる​だろ​う​か。自分​は​イサク​を​好き​に​なれる​だろ​う​か。

今日,世界​の​多く​の​地域​で​は,親​が​子ども​の​結婚​を​取り決める​の​は​珍しい​こと​に​思える​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,それ​が​普通​と​いう​土地​も​あり​ます。いずれ​に​せよ,リベカ​が​未知​の​世界​に​飛び込も​う​と​し​て​い​た​こと​は​確か​です。リベカ​は,際立っ​た​勇気​と​信仰​を​示し​た​女性​です。わたしたち​も,人生​に​おける​様々​な​変化​に​直面​し​た​時​に​は,その​両方​の​特質​を​必要​と​し​ます。リベカ​は,信仰​だけ​で​なく​数々​の​麗しく​貴重​な​特質​も​兼ね備え​て​い​まし​た。

「あなた​の​らくだ​たち​の​ため​に​も……水​を​くん​で​まいり​ましょ​う」

リベカ​に​とっ​て,人生​に​おける​大きな​変化​は,ごく​普通​に​思える​事​を​し​て​い​た​時​に​始まり​まし​た。リベカ​は​メソポタミア​の​都市​ハラン​の​辺り​で​育ち​まし​た。両親​は,ハラン​の​大半​の​人々​と​は​異なっ​て​い​まし​た。月​の​神​シン​で​は​なく,神​エホバ​を​崇拝​し​て​い​た​の​です。―創世記 24:50

リベカ​は,非常​に​美しい​女性​に​成長​し​まし​た​が,ただ​美しい​だけ​で​は​なく,快活​で,道徳​上​の​清さ​を​保っ​て​い​まし​た。家​は​召使い​たち​を​雇える​ほど​裕福​でし​た​が,リベカ​は,甘やかさ​れる​こと​も​王女​様​の​よう​な​扱い​を​受ける​こと​も​なく,勤勉​に​働く​よう​育て​られ​まし​た。当時​の​多く​の​女性​と​同じ​よう​に,水汲み​など​の​きつい​家事​も​し​まし​た。いつも​夕方​に​なる​と,水がめ​を​肩​に​載せ​て,泉​へ​と​向かっ​た​の​です。―創世記 24:11,15,16

ある​日​の​夕方,かめ​に​水​を​汲ん​だ​後,一​人​の​老人​が​走り寄っ​て​来​て,「どうか​あなた​の​かめ​から​ほんの​少し​水​を​飲ませ​て​ください」と​言い​まし​た。とても​控えめ​な​頼み事​で,言い方​も​非常​に​丁寧​でし​た。リベカ​は,その​人​が​遠く​から​旅​を​し​て​来​た​こと​に​気づき,すぐ​肩​から​水がめ​を​下ろし​て,新鮮​で​冷たい​水​を​ほんの​少し​では​なく​十分​飲める​よう​に​し​まし​た。そして見る​と,近く​に​その​人​の​10​頭​の​ラクダ​が​伏し​て​い​て,飲みおけ​に​は​水​が​まだ​入っ​て​い​ませ​ん​でし​た。その​老人​の​優しい​ながら​も​真剣​な​まなざし​を​感じ​たリベカ​は,できる​限り​の​こと​を​し​たい​と​思い,「あなた​の​らくだ​たち​の​ため​に​も,全部​が​飲み​終える​まで​水​を​くん​で​まいり​ましょ​う」と​言い​ます。―創世記 24:17‐19

注目​し​たい​の​は,リベカ​が,10​頭​の​ラクダ​に​水​を​少し​では​なく​飲み​たい​だけ​飲ませ​て​あげ​ましょ​う,と​言っ​た​こと​です。ラクダ​は​特に​のど​が​渇い​て​いる​場合,1​頭​だけ​で​95​㍑​も​の​水​を​飲む​こと​が​あり​ます。もし​10​頭​すべて​が​それ​ほど​飲む​と​し​たら,リベカ​は​きつい​仕事​を​何​時間​も​行なう​こと​に​なり​ます。結果​から​する​と,ラクダ​は​のど​が​ひどく​渇い​ て​い​た​わけ​で​は​なかっ​た​よう​です。 * と​は​いえ​リベカ​は,水汲み​を​買っ​て​出​た​時,その​こと​を​知り​ませ​ん​でし​た。よそ​から​来​た​その​老人​を​もてなす​ため​に,それ​が​どれ​ほど​大変​な​仕事​で​も,進ん​で,また​喜ん​で​行なお​う​と​し​た​の​です。老人​は,その​申し出​を​受け入れ​た​あと,リベカ​が​井戸​まで​走っ​て​行き,かめ​に​水​を​満たし​て​来​て​は​飲みおけ​に​注ぐ​様子​を,じっ​と​見守っ​て​い​まし​た。―創世記 24:20,21

リベカ​は​勤勉​で,人​を​よく​もてなし​た

今日​の​わたしたち​は,リベカ​の​模範​から​多く​の​こと​を​学べ​ます。現代​は,利己​主義​が​幅​を​利か​せ​て​いる​時代​です。予告​さ​れ​て​い​た​とおり,人々​は「自分​を​愛する​者」と​なっ​て​おり,他​の​人​を​わざわざ​助け​よう​と​は​し​ませ​ん。(テモテ​第​二 3:1‐5)その​よう​な​風潮​と​闘う​クリスチャン​は,聖書​中​に​描か​れ​て​いる,若い​リベカ​が​井戸​まで​走っ​て​行っ​て​は​戻っ​て​来る​様子​を​思い巡らす​と​よい​でしょ​う。

リベカ​は​老人​から​見つめ​られ​て​いる​こと​に​気づい​て​い​た​に​違いあり​ませ​ん。しかし​その​視線​に​は,みだら​な​感じ​は​なく,驚き​や​感嘆,喜び​が​表われ​て​い​まし​た。リベカ​が​ついに​水汲み​を​終える​と,老人​は​リベカ​に​贈り物​と​し​て​高価​な​装身​具​を​与え,こう​言い​ます。「あなた​は​どなた​の​娘​さん​でしょ​う​か。どうか​わたし​に​言っ​て​ください。あなた​の​お父さん​の​家​に​は​わたしたち​が​夜​を​過ごせる​よう​な​所​が​ある​でしょ​う​か」。リベカ​が​自分​の​家族​の​こと​を​話す​と,老人​の​顔​が​喜び​に​輝き​まし​た。リベカ​は,熱意​に​あふれ​て​の​こと​でしょ​う,こう​言い​ます。「わたし​ども​の​ところ​に​は,わら​も​沢山​の​飼い葉​も​あり,夜​を​お過ごし​に​なれる​場所​も​ござい​ます」。これ​は,寛大​な​申し出​でし​た。老人​に​は​同行​者​たち​も​い​た​から​です。リベカ​は​そう​言っ​て​から,起き​た​事​を​母親​に​話す​ため,老人​より​先​に​走っ​て​行き​まし​た。―創世記 24:22‐28,32

ですから,リベカ​は​人​を​よく​もてなす​よう​育て​られ​て​い​まし​た。わたしたち​は,今日​あまり​見​られ​なく​なっ​て​いる​こう​し​た​特質​の​点​で​も,心​優しい​リベカ​の​信仰​に​倣う​べき​です。神​に​対する​信仰​を​抱い​て​いれ​ば,人​を​よく​もてなす​よう​に​なる​から​です。エホバ​は,もてなし​の​精神​に​富む​方​で,どんな​人​に​も​寛大​です。そして,ご自分​の​崇拝​者​に​も,同じ​よう​に​寛大​で​ある​こと​を​望ん​で​おら​れ​ます。わたしたち​が​人​を​よく​もてなし,見返り​を​期待​でき​ない​相手​に​も​親切​ に​する​なら,天​の​父​は​喜ん​で​ください​ます。―マタイ 5:44‐46。ペテロ​第​一 4:9

「あなた​は​わたし​の​息子​の​ため​に……妻​を​迎え​なけれ​ば​なら​ない」

井戸​の​所​に​い​た​老人​は,リベカ​の​祖父​の​兄弟​で​ある​アブラハム​の​僕​でし​た。その​よう​な​わけ​で,リベカ​の​父​ベトエル​の​家​で​歓迎​さ​れ​まし​た。その​僕​の​名前​は​エリエゼル​で​あっ​た​と​思わ​れ​ます。 * この​人​は,食事​を​勧め​られ​まし​た​が,まず​旅​を​し​て​来​た​わけ​を​話し​て​しまう​まで​は​食事​に​手​を​つけ​よう​と​し​ませ​ん。(創世記 24:31‐33)そして,その​わけ​を​興奮​し​ながら​話​し​た​こと​でしょ​う。この​重要​な​任務​を​果たせる​よう​神​エホバ​が​祝福​し​て​くださっ​て​いる​強力​な​証拠​を​目​に​し​た​ばかり​だっ​た​から​です。どんな​証拠​でしょ​う​か。

エリエゼル​の​その​話​に,リベカ​の​父​ベトエル​と​兄​ラバン​が​一心​に​耳​を​傾け​て​い​ます。エリエゼル​の​話​は​この​よう​な​もの​でし​た。エホバ​は​アブラハム​を​カナン​で​大いに​祝福​さ​れ​まし​た。アブラハム​と​サラ​に​息子​イサク​が​生まれ,その​イサク​が​全​財産​を​相続​する​こと​に​なっ​て​い​ます。アブラハム​は​エリエゼル​に​重要​な​任務​を​与え,ハラン​に​いる​アブラハム​の​親族​の​中​から​イサク​の​妻​に​なる​人​を​探し出す​よう​命じ​まし​た。―創世記 24:34‐38

アブラハム​は​エリエゼル​に,イサク​の​妻​を​カナン​の​女性​たち​の​中​から​選ば​ない​こと​を​誓わ​せ​まし​た。カナン​人​は​エホバ​神​を​崇拝​し​て​も​い​なけれ​ば​敬っ​て​も​い​なかっ​た​から​です。アブラハム​は,エホバ​が​この​民​を​その​邪悪​な​習わし​ゆえに​定め​の​時​に​罰する​つもり​で​おら​れる​こと​を​知っ​て​い​まし​た。それで,自分​の​愛する​子​イサク​が​この​民​と​かかわり​を​持っ​て​不​道徳​な​慣行​に​巻き込ま​れる​こと​を​望み​ませ​ん​でし​た。また,イサク​が​神​の​約束​の​成就​に​おい​て​肝要​な​役割​を​果たす​こと​も​知っ​て​い​まし​た。―創世記 15:16; 17:19; 24:2‐4

話​の​続き​に​よれ​ば,エリエゼル​は​ハラン​の​近く​の​井戸​の​所​に​着い​た​時,エホバ​神​に,イサク​の​結婚​相手​と​なる​若い​女性​を​選​ん​で​くださる​よう​祈り​まし​た。具体​的​に​は,イサク​の​妻​と​し​て​ふさわしい​女性​が​井戸​の​所​に​来​て,わたし​が​水​を​飲ませ​て​ほしい​と​頼む​と,わたし​だけ​で​なく​ラクダ​に​も​飲ませ​て​くれる​よう​に​し​て​ください,と​祈っ​た​の​です。(創世記 24:12‐14)すると,リベカ​が​まさに​その​とおり​の​こと​を​し​まし​た。もしも​エリエゼル​の​その​話​を​リベカ​が​聞い​て​い​た​と​し​たら​どんな​気持ち​に​なっ​た​か,想像​し​て​み​て​ください。

ベトエル​と​ラバン​は,エリエゼル​の​話​に​心​を​動かさ​れ,「エホバ​から​この​事​は​出​て​い​ます」と​言い​まし​た。そして​当時​の​習慣​どおり,契約​を​結び,リベカ​を​イサク​と​婚約​さ​せ​ます。(創世記 24:50‐54)では,リベカ​は​この​件​に​関し​て​何​も​言え​なかっ​た​と​いう​こと​でしょ​う​か。

その​点​に​つい​て​は,何​週​間​も​前​に​エリエゼル​が​アブラハム​に​尋ね​て​い​まし​た。「もし​その​方​が​わたし​と​一緒​に​来​よう​と​し​なけれ​ば​どう​致し​ましょ​う​か」と​いう​質問​に,アブラハム​は,「その​とき​あなた​は​誓い​に​よる​わたし​へ​の​務め​から​自由​に​なる」と​答え​て​い​ます。(創世記 24:39,41)ベトエル​の​家​で​も,リベカ​の​意向​が​尊重​さ​れ​まし​た。エリエゼル​は,自分​の​任務​が​成功​し​た​こと​を​喜ぶ​あまり,次​の​日​の​朝,すぐ​に​で​も​リベカ​を​連れ​て​カナン​に​戻り​たい​と​言い​まし​た​が,リベカ​の​家族​は​娘​を​せめて​十​日​は​とどまら​せ​たい​と​思い​まし​た。そこで,問題​を​解決​する​ため​に,「娘​を​呼ん​で​当人​の​口​から​聞い​て​み​ましょ​う」と​言い​ます。―創世記 24:57

リベカ​は​人生​の​岐路​に​立たさ​れ​まし​た。どう​答える​でしょ​う​か。父​と​兄​から​の​同情​を​当て​に​し​て,未知​の​世界​へ​の​旅​を​せ​ず​に​すむ​よう​嘆願​する​でしょ​う​か。それとも,エホバ​の​導き​が​明らか​で​ある​物事​に​自分​が​かかわれる​の​は​名誉​な​こと,と​考え​た​でしょ​う​か。リベカ​は,この​突然​の,恐らく​は​圧倒​さ​れる​ほど​の​変化​に​つい​て​どう​思っ​て​いる​か​を,自分​の​答え​に​よっ​て​明らか​に​し​まし​た。「参り​たい​と​思い​ます」と​言っ​た​の​です。―創世記 24:58

なんと​立派​な​精神​でしょ​う。結婚​に​関する​今日​の​習慣​は​当時​と​は​異なっ​て​いる​か​も​しれ​ませ​ん​が,リベカ​から​多く​の​こと​を​学べ​ます。リベカ​に​とっ​て​特に​重要​だっ​た​の​は,自分​の​意向​で​は​なく,神​エホバ​の​意向​でし​た。神​の​言葉 聖書​に​は,今日​の​結婚​に​も​当てはまる​最善​の​指針​が​収め​られ​て​い​ます。どんな​人​を​配偶​者​と​し​て​選ん​だら​よい​か, どう​すれ​ば​良い​夫​また​良い​妻​に​なれる​か​など​に​つい​て,導き​が​得​られる​の​です。(コリント​第​二 6:14,15。エフェソス 5:28‐33)ですから,リベカ​の​模範​に​倣い,どんな​物事​も​神​の​導き​に​従っ​て​行なう​の​は​良い​こと​です。

「あの​方​は​どなた​です​か」

ベトエル​の​家族​は,愛する​リベカ​を​祝福​し​まし​た。その​あと,リベカ​と​乳母​の​デボラ​と​侍女​たち​が,エリエゼル​の​一行​と​共​に​旅立ち​まし​た。(創世記 24:59‐61; 35:8)やがて,ハラン​は​はるか​かなた​に​なっ​て​しまい​まし​た。旅​は,およそ​800​㌔​も​の​距離​に​及び,3​週​間​ほど​かかっ​た​こと​でしょ​う。楽​な​旅​で​は​なかっ​た​はず​です。リベカ​は​ラクダ​を​見慣れ​て​い​た​と​は​いえ,乗り慣れ​て​い​た​と​は​考え​られ​ませ​ん。聖書​に​よれ​ば,リベカ​の​家族​は​羊​を​飼う​者​たち​で​あり,ラクダ​と​共​に​旅​を​する​商人​で​は​なかっ​た​から​です。(創世記 29:10)ラクダ​に​慣れ​て​い​ない​人​は,ちょっと​乗っ​た​だけ​で​も,乗り​心地​の​悪さ​を​訴える​場合​が​少なく​ない​の​です。

それ​は​ともかく,リベカ​は​期待​に​胸​を​膨らませ,イサク​や​その​家族​に​つい​て​エリエゼル​から​聞ける​だけ​の​こと​を​聞い​て​おこ​う​と​し​た​はず​です。日​が​沈み,たき火​の​そば​で,年老い​た​エリエゼル​は​リベカ​に​話し​た​こと​でしょ​う。エホバ​が​ご自分​の​友​アブラハム​に​なさっ​た​約束​に​よる​と,アブラハム​の​家系​から,全​人類​に​祝福​を​もたらす​子孫​が​生み出さ​れる​の​です。それ​を​聞い​た​リベカ​は,エホバ​の​約束​が,夫​と​なる​イサク​と​自分​を​通し​て​成就​する​こと​を​知り,畏怖​の​念​に​満たさ​れ​た​に​違いあり​ませ​ん。―創世記 22:15‐18

リベカ​は,謙遜​さ​と​いう​貴重​な​特質​を​示し​た

そして​ついに,この​記事​の​初め​の​ほう​で​述べ​た​その​日​が​来​まし​た。一行​が​ネゲブ​を​進ん​で,辺り​が​たそがれ​て​き​た​時,リベカ​は,野​を​歩く​一​人​の​男性​を​目​に​し​まし​た。その​人​は,物思い​に​ふけっ​て​いる​様子​です。「彼女​は​さっ​と​らくだ​から​降り​た」と​記さ​れ​て​い​ます。ラクダ​が​膝​を​つく​まで​待て​なかっ​た​の​でしょ​う。リベカ​は​案内​人​に,「野​を​歩い​て​わたしたち​を​迎え​に​来る​あの​方​は​どなた​です​か」と​尋ね,それ​が​イサク​だ​と​分かる​と,自分​の​頭​を​ベール​で​覆い​ます。(創世記 24:62‐65)そう​し​た​の​は,夫​と​なる​人​に​対する​敬意​を​示す​ため​だっ​た​よう​です。今日,その​よう​な​服従​の​態度​は​時代​後れ​だ,と​思う​人​も​いる​か​も​しれ​ませ​ん。しかし​実際,男性​も​女性​も,リベカ​の​謙遜​さ​から​教訓​を​学べ​ます。だれしも,そう​し​た​麗しい​特質​を​培っ​て​ゆく​必要​が​ある​から​です。

40​歳​ぐらい​に​なっ​て​い​た​イサク​は,3​年​前​に​母親​サラ​を​亡くし​て,まだ​悲しん​で​い​まし​た。きっと​イサク​は​温かく​て​心​の​優しい​人​だっ​た​の​でしょ​う。ですから,とても​勤勉​で​人​を​よく​もてなす​謙遜​な​妻​を​得​て,本当​に​うれしく​思っ​た​に​違いあり​ませ​ん。二​人​は​うまく​いっ​た​でしょ​う​か。聖書​に​は,「イサク​は​彼女​を​愛する​よう​に​な」っ​た,と​記さ​れ​て​い​ます。―創世記 24:67; 26:8

これ​は​もう​3900​年​も​昔​の​話​です​が,リベカ​は,現代​の​わたしたち​に​とっ​て​も​愛す​べき​存在​です。リベカ​の​勇気,勤勉​さ,もてなし​の​精神,謙遜​さ​に​は,感嘆​せ​ざる​を​得​ませ​ん。老若​男女​を​問わ​ず,独身​か​既婚​か​に​かかわら​ず,わたしたち​すべて​が​リベカ​の​信仰​に​倣う​の​は​良い​こと​です。

^ 10節 すでに​夕方​に​なっ​て​い​まし​た。聖書​中​に,リベカ​が​井戸​の​所​に​何​時間​も​い​た​こと​を​示す​記述​は​あり​ませ​ん。水汲み​を​終え​た​時​に​は​もう​家族​が​寝​て​い​た​と​か,時間​が​かかっ​た​ため​だれ​か​が​心配​し​て​見​に​来​た​と​か​いう​こと​を​うかがわ​せる​記述​も​あり​ませ​ん。

^ 15節 エリエゼル​の​名​は​聖書​中​の​この​個所​に​出​て​い​ませ​ん​が,この​僕​は​エリエゼル​で​あっ​た​と​考え​られ​ます。アブラハム​は,跡継ぎ​が​生ま​れ​なかっ​た​場合​は​財産​を​エリエゼル​に​相続​さ​せ​よう,と​考え​た​こと​も​あり​まし​た。ですから​エリエゼル​は,アブラハム​の​僕​たち​の​うち​最​年長​で,最も​信頼​さ​れ​て​い​た​に​違いあり​ませ​ん。この​個所​に​出​て​くる​僕​に​つい​て​も​やはり,その​よう​に​述べ​られ​て​い​ます。―創世記 15:2; 24:2‐4