贈り物​は​どんな​場合​に​貴重​な​もの​と​なる​でしょ​う​か。次​の​4​つ​の​要素​が​関係​し​て​いる​か​も​しれ​ませ​ん。(1)だれ​が​くれ​た​か,(2)なぜ​くれ​た​か,(3)どんな​犠牲​を​払っ​て​くれ​た​か,(4)切実​な​必要​を​満たす​もの​だっ​た​か。これら​の​点​を​考える​なら,贖い​と​いう,神様​から​の​最も​素晴らしい​贈り物​に​対する​感謝​が​深まり​ます。

だれ​が​くれ​た​か

偉い​人​や​憧れ​の​人​から​もらっ​た​の​で​貴重​だ​と​いう​もの​も​あり​ます。また,高価​で​は​なく​て​も,愛する​家族​や​親しい​友人​から​もらっ​た​の​で​大切​に​し​て​いる​と​いう​もの​も​あり​ます。前述​の​ラッセル​から​の​贈り物​の​場合​が​そう​です。では,贖い​と​いう,神様​から​の​贈り物​に​つい​て​は​どう​です​か。

第​1​に,聖書​に​は,「神​は​ご自分​の​独り子​を​世​に​遣わし,彼​に​よっ​て​わたしたち​が​命​を​得​られる​よう​に​し​て​くださっ​た」と​あり​ます。(ヨハネ​第​一 4:9)ですから,これ​は​本当​に​貴重​な​贈り物​です。神様​ほど​高い​地位​に​いる​方​は​い​ない​から​です。ヘブライ​人​の​詩編​作者​は,「その​名​を​エホバ​と​いう​あなた​が,ただ​あなた​だけ​が​全地​を​治める​至高​者​で​ある」と​書い​て​い​ます。(詩編 83:18)贖い​は​宇宙​で​最も​高い​地位​に​いる​方​から​の​贈り物​な​の​です。

第​2​に,エホバ​神​は「わたしたち​の​父」です。(イザヤ 63:16)命​を​与え​て​くださっ​た​から​です。また,愛情​深い​父親​が​自分​の​子ども​の​世話​を​する​よう​に,いつも​変わら​ず​わたしたち​を​世話​し​て​ください​ます。ある​時,ご自分​の​民​を​エフライム​と​呼び,こう​問いかけ​て​おら​れ​ます。「エフライム​は​わたし​に​とっ​て​大切​な​子​な​の​か。また,優しい​扱い​を​受け​た​子供​な​の​か。……わたし​の​はらわた​は​彼​の​ため​に​騒ぎ立っ​た。わたし​は​必ず​彼​を​哀れむ​で​あろ​う」。(エレミヤ 31:20)神様​は,現代​の​崇拝​者​たち​に​対し​て​も​そう​感じ​て​おら​れ​ます。全能​の​創造​者​で​ある​だけ​で​なく,愛情​深い​父​また​友​で​も​あり​ます。ですから,神様​から​の​どんな​贈り物​も​特別​な​もの​と​言える​の​で​は​あり​ませ​ん​か。

 なぜ​くれ​た​か

義務​感​で​は​なく,純粋​に​愛​の​気持ち​から​贈ら​れ​た​の​で​貴重​だ​と​いう​もの​も​あり​ます。本当​に​他​の​人​の​こと​を​思いやる​人​は,お返し​を​期待​する​こと​が​あり​ませ​ん。

神様​は,わたしたち​へ​の​愛​から,ご自分​の​子​を​与え​て​ください​まし​た。聖書​に​は​こう​あり​ます。「わたしたち​の​場合,これ​に​よっ​て​神​の​愛​が​明らか​に​され​まし​た。すなわち,神​は​ご自分​の​独り子​を……遣わ[され​まし​た]」。何​の​ため​に​です​か。「彼​に​よっ​て​わたしたち​が​命​を​得​られる​よう​に[する]」ため​です。(ヨハネ​第​一 4:9)神様​に​は​そう​する​義務​など​あり​ませ​ん​でし​た。ですから,「キリスト​・​イエス​の​払っ​た​贖い」は,神様​の「過分​の​ご親切」に​よる​もの​な​の​です。―ローマ 3:24

神様​から​の​贈り物​が「過分​の​ご親切」に​よる​もの​な​の​は​なぜ​です​か。聖書​は​こう​説明​し​て​い​ます。「神​は,わたしたち​が​まだ​罪人​で​あっ​た​間​に​キリスト​が​わたしたち​の​ため​に​死ん​で​くださっ​た​こと​に​おい​て,ご自身​の​愛​を​わたしたち​に​示し​て​おら​れる​の​です」。(ローマ 5:8)神様​は​深い​愛​に​動かさ​れ,弱く​て​無力​で​罪深い​人類​の​ため​に​行動​さ​れ​まし​た。わたしたち​は​その​愛​を​自分​の​努力​で​得​た​わけ​で​は​なく,何​か​を​お返し​で​きる​わけ​で​も​あり​ませ​ん。この​贖い​と​いう,神様​から​の​贈り物​は,最も​偉大​な​愛​の​表明​な​の​です。

どんな​犠牲​を​払っ​て​くれ​た​か

贈り物​が​貴重​な​の​は,贈り主​が​大きな​犠牲​を​払っ​た​から​か​も​しれ​ませ​ん。だれ​か​が​犠牲​を​払い,自分​に​とっ​て​大切​な​もの​を​喜ん​で​与え​て​くれる​なら,わたしたち​は​その​贈り物​を​特に​大切​に​し​ます。

神様​は「ご自分​の​独り子​を​与え」て​ください​まし​た。(ヨハネ 3:16)だれ​より​も​大切​な​方​を​与え​て​くださっ​た​の​です。神様​が​宇宙​を​創造​し​て​い​た​計り知れない​年月​の​間,イエス​は​その​傍ら​で​働き,「神​が……特別​の​親愛​の​情​を​抱く​者」と​なり​まし​た。(箴言 8:30)イエス​は,神様​の「愛する​み子」で​あり,「見え​ない​神​の​像」です。(コロサイ 1:13‐15)神様​と​イエス​の​間​に​は,わたしたち​の​想像​を​超える​ほど​強い​絆​が​あり​まし​た。

それでも​エホバ​神​は,「ご自身​の​み子​を​さえ​惜​し[み]」ませ​ん​でし​た。(ローマ 8:32)わたしたち​に​最も​良い​もの​を​与え,最大​の​犠牲​を​払っ​て​くださっ​た​の​です。

切実​な​必要​を​満たす

切実​な,時​に​は​緊急​な​必要​を​満たす​の​で​貴重​だ​と​言える​贈り物​も​あり​ます。例えば,救命​医療​が​必要​な​時​に,自分​で​は​手​の​届か​ない​高額​の​費用​を​だれ​か​が​進ん​で​支払っ​て​くれ​た​なら,どれ​ほど​感謝​する​でしょ​う。そう​し​た​親切​は,値段​が​つけ​られ​ない​ほど​貴重​な​贈り物​です。

聖書​に​は,「アダム​に​あっ​て​すべて​の​人​が​死ん​で​ゆく​の​と​同じ​よう​に,キリスト​に​あっ​て​すべて​の​人​が​生かさ​れる」と​あり​ます。(コリント​第​一 15:22)アダム​の​子孫​で​ある​わたしたち​は​皆,「死ん​で​ゆ[き]」ます。自分​で​は,病気​や​死​の​とげ​から​逃れる​こと​も,神様​と​和解​し​て​罪​から​自由​に​なる​こと​も​でき​ませ​ん。また,無力​な​の​で,自分​自身​や​他​の​人​を「生​か[す]」こと​も​でき​ませ​ん。その​点​を,聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「だれひとり​と​し​て,兄弟​を​さえ​決して​請け戻す​こと​は​でき​ない。また,彼​の​ため​の​贖い​を​神​に​ささげる​こと​も​でき​ない。……定め​の​ない​時​まで​あり得​ない」。(詩編 49:7,8)わたしたち​は​切実​に​助け​を​必要​と​し​て​い​ます。自分​たち​で​贖い​を​支払う​こと​が​でき​ない​から​です。自分​たち​だけ​で​は​どう​する​こと​も​でき​ない​の​です。

エホバ​は​偉大​な​愛​から,わたしたち​が​必要​と​する​救命“治療”費​を​進ん​で​支払っ​て​ください​まし​た。イエス​に​よっ​ て「すべて​の​人​が​生かさ​れる」よう​に​する​ため​です。贖い​は​この​こと​を,どの​よう​に​成し遂げる​の​でしょ​う​か。「み子​イエス​の​血​が​わたしたち​を​すべて​の​罪​から​清める」の​です。そう​です,イエス​の​流さ​れ​た​血​に​信仰​を​持つ​なら,罪​の​許し​と​永遠​の​命​に​至る​扉​が​開か​れ​ます。(ヨハネ​第​一 1:7; 5:13)では​贖い​は,亡くなっ​た​愛する​人​たち​に​とっ​て​どんな​意味​が​ある​の​でしょ​う​か。聖書​に​は,「死​が​ひとり​の​人​を​通し​て​来​た​の​で,死人​の​復活​も​また​ひとり​の​人[イエス]を​通し​て​来る」と​あり​ます。―コリント​第​一 15:21 *

イエス​の​犠牲​は,最も​地位​の​高い​方​が​最も​偉大​な​愛​の​動機​から​与え​て​くださっ​た​もの​です。エホバ​神​ほど​大きな​犠牲​を​払っ​て​くださっ​た​方​は​い​ませ​ん。そして​この​犠牲​は,人類​を​罪​と​死​から​解放​する​と​いう​最も​切実​な​必要​を​満たし​ます。そう​です,贖い​に​は​言葉​で​は​表わせ​ない​ほど​大きな​価値​が​あり,それ​以上​に​素晴らしい​贈り物​は​ない​の​です。

 

^ 19節 死者​を​復活​さ​せる​と​いう​神​の​目的​に​つい​て​詳しく​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​7​章​を​ご覧​ください。www.jw.org​で​読む​こと​も​でき​ます。