内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

自然災害に遭ったとき

自然災害に遭ったとき

「まったくお手上げでした。土砂崩れと洪水で持っていた物は何も残りませんでした」。アンドリュー,シエラレオネ。

「ハリケーンが去って家に帰りました。何も残っておらず,言葉を失いました。娘はしゃがみ込んで泣きだしました」。デービッド,バージン諸島。

これまでに被災した経験があれば,彼らの気持ちが分かることでしょう。被災者は喪失感,現実逃避,混乱,不安,悪夢を経験します。疲れ切った多くの人たちは,生きる意欲さえ失います。

もし災害ですべてを失ったとしたら,もういっぱいいっぱいだと感じることでしょう。生きている意味が分からなくなることさえあります。でも聖書は,あなたが生きることには意味があり,確かな未来があることを説明しています。

聖書は生きる意味を教えてくれる

伝道の書 7章8節はこう述べています。「事の後の終わりはその初めに勝る」。災害の直後は,まったく見通しが立たないように思えます。ですが,あきらめずにいると,少しずつ日常を取り戻せるようになります。

「泣き声や,悲しげな叫び声が聞かれることはもはやな[くなる]」と聖書は予告しています。(イザヤ 65:19)この預言は,神の王国のもとで地球がパラダイスに変わる時に実現します。(詩編 37:11,29)災害は二度と起きません。つらい記憶やトラウマは消え去ります。全能の神がこう約束しているからです。「以前のことは思い出されることも,心の中に上ることもない」。(イザヤ 65:17

あり得ない,と思いますか。でも,すべてを創造した神様はあなたに「将来と希望を与え」,完全な政府を造って穏やかな生活を送れるようにしてくださいます。(エレミヤ 29:11)このことを知ると,少しほっとできますか。前の記事で出てきたサリーはこう話します。「神の王国が約束している素晴らしい未来をイメージすると,前を向いて生きていけます」。

神の王国が間もなく人類のために何を行なうか,学んでみてはいかがですか。そうするなら,たとえ被災したとしても,災害がなくなる日を心待ちにしながら今を生きることができます。同時に聖書は,被災後の生活に役立つアドバイスを与えています。