内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

生きることには意味がある

生きることには意味がある

ファイザルは妻を亡くしたわずか1年後に,心臓の大手術を受けることになりました。こう述べています。「ヨブ記を読んで,エホバがなぜヨブのことを聖書に含めたのかが分かりました。似たような経験をした人について読むと,心の痛みが和らぎます」。さらにこう言います。「生きていけると思いました」。

ターシャは若い時に母親を亡くしました。こう言います。「すべてを創造したエホバ神を知ったので,問題がたくさんあっても,生きる目的や希望,喜びを持てています。毎日を乗り越えられるよう,エホバは支え,助けてくださいます」。

ショッキングな出来事を経験すると,生きるのをあきらめたくなるかもしれません。1人で問題を抱え込むと,生きる意味があるのだろうかとか,だれも分かってくれないとさえ思うかもしれません。でも,神様は分かってくださいます。あなたは神様にとって大切な存在なのです。

詩編 86編の作者は神への信頼をこう表わしました。「わたしは苦難の日にあなたを呼び求めます。あなたが答えてくださるからです」。(詩編 86:7)では,神様は「苦難の日に」どのように答えてくださいますか。

神様は問題をすぐに取り去ることはないかもしれませんが,落ち着いて問題に対処できるよう助けてくださいます。聖書にこうあります。「何事も思い煩ってはなりません。ただ,事ごとに祈りと祈願をし,感謝をささげつつあなた方の請願を神に知っていただくようにしなさい。そうすれば,一切の考えに勝る神の平和が,あなた方の心と知力[または,考え]を……守ってくださるのです」。(フィリピ 4:6,7)神様の気遣いが伝わる次の聖句を考えましょう。

神様は分かってくださる

「[すずめ]一羽といえども神のみ前で忘れられることはありません。……あなた方はたくさんのすずめより価値があるのです」。ルカ 12:6,7

考えてみてください: 人が気にもしないような小さな鳥たちを,神様は世話しています。小さなすずめ1羽でさえ,見過ごすことはありません。生き物はすべて大切な存在です。神様にとって,人間はすずめよりもはるかに価値ある存在です。創造されたすべてのものの中でも,人間はとりわけ貴重な存在です。神様の「像」に造られたからです。わたしたちは神様の素晴らしい性格を学び,表わすことができます。(創世記 1:26,27

「エホバよ,あなたはわたしをくまなく探られました。あなたはわたしを知っておられます。あなた[は]わたしの考えを考慮されました。……わたしを調べて,不安の念を起こさせるわたしの考えを知ってください」。詩編 139:1,2,23

考えてみてください: 神様はあなたのことをよく知っています。だれにも言えない悩みや気持ちも知っています。周りの人はあなたのつらい状況が分からないかもしれません。でも,神様は分かってくださり,助けたいと思っています。ですから,生きることをあきらめないでください。

 神様はあなたを支え,助けてくださる

「エホバよ,どうかわたしの祈りを聞いてください。助けを求めるわたしの叫びがあなたに届きますように。……あなたの耳をわたしに傾けてください。わたしが呼ぶ日に,急いでください。わたしに答えてください。……神は,すべてのものを奪われた人たちの祈りを必ず顧みてくださ[います]」。詩編 102:1,2,17

考えてみてください: 人類の苦しみが始まった時から,みんなが流してきた一粒一粒の涙をエホバは見てきました。(詩編 56:8)あなたが流した涙もです。あなたのつらい経験を神様も知っています。エホバにとってあなたは大切な存在です。

「周りを見回すな。わたしはあなたの神だからである。わたしはあなたを強くする。わたしはあなたを本当に助ける。……わたし,あなたの神エホバは……『恐れてはならない。わたし自らあなたを助ける』と言う」。イザヤ 41:10,13

考えてみてください: 神様はいつでもあなたを助けてくださいます。たとえあなたが倒れても,神様が元気づけてくださいます。

明るい希望がある

「神は世を深く愛してご自分の独り子を与え,だれでも彼に信仰を働かせる者が滅ぼされないで,永遠の命を持てるようにされた」。ヨハネ 3:16

考えてみてください: あなたがつらい状況から解放されて,幸せで喜びの多い生活をいつまでも送れるよう,神様は自分の子イエスを進んで与えてくださいました。 * あなたはそれほど神様にとって大切な存在なのです。

不安やストレスでもう生きていけないと感じることもあるかもしれません。それでも,聖書をよく学び,神様が約束している希望に信仰を持ってください。そうすれば,喜びを味わい,人生には意味があることを確信できます。

^ 19節 人類がどれほどイエスの犠牲から恩恵を受けてきたのかについて詳しくはwww.jw.orgの「イエスの死を思い起こしましょう」というビデオをご覧ください。ホーム > 出版物 > ビデオ > 集会と宣教