内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

愛する家族を亡くしたとき

愛する家族を亡くしたとき

「兄が急に亡くなった時,どうすることもできませんでした。しばらくは,兄のことを不意に思い出してはつらくなっていました。胸を深くえぐられるような気持ちです。『なんで死んじゃったの!』と怒りが込み上げることもありました。生きている間にもっと一緒に過ごしておけばよかった,と自分を責めていました」。バネッサ,オーストラリア。

愛する家族を亡くしたことがありますか。悲しみ,寂しさ,無力感,怒り,罪悪感,不安や恐れなど,いろいろな感情がわき上がってきたことでしょう。生きている意味が分からなくなったかもしれません。

とはいえ,死別の悲しみは弱さの表われではありません。それだけその人を大事に思っていたことの表われです。悲しみを和らげることはできるのでしょうか。

どんなことが役立ったか

先が見えないように感じますか。次のアドバイスを試してみましょう。気持ちが軽くなるかもしれません。

我慢しない

悲しみの表わし方は人によって違います。それでも,泣くことで気持ちは楽になるものです。バネッサはこうも言います。「ただ泣きました。気持ちを落ち着かせたかったんです」。妹を突然亡くしたソフィアはこう話します。「自分の気持ちに向き合うのは過酷です。傷口を開いて膿を出すようなものです。痛みは耐え難いですが,だんだん傷は癒えていきます」。

気持ちを言葉にする

もちろん,ひとりになりたいときもあるでしょう。でも死別 の悲しみは,1人で負うには重すぎます。17歳のジャレドは父親を亡くした時のことを振り返ってこう言っています。「気持ちをほかの人に話しました。支離滅裂だったと思いますが,現状を知ってもらえてよかったです」。2人の息子を亡くしたジャニスもこう述べています。「だれかに話すと気持ちがとても癒やされました。分かってもらえたように感じましたし,ひとりで頑張らなくてもいいんだと思いました」。

助けてもらう

ある医師はこう言います。「死別を経験した人が,家族や友人の助けを早くから受け入れると,悲しみを克服するのが容易になる」。何をしてほしいかを友人に知らせましょう。助けになりたくても,どうしたらいいのか分からない人もいます。(箴言 17:17

神様の助けを受け入れる

ティーナはこう言います。「夫ががんで急に亡くなり,話を聞いてくれる人がいなくなりました。それで,神様にすべて聞いてもらうようにしました。毎朝,『今日も一日やっていけますように』と祈りました。言い尽くせないほどいろんな仕方で神様は助けてくださいました」。22歳の時に母親を亡くしたターシャはこう述べています。「聖書を毎日読んで元気をもらっていました。考えを切り替えるためのヒントがそこにありました」。

復活の時をイメージする

ティーナはこう続けます。「夫を亡くしたばかりのころ,復活の希望は慰めになりませんでした。わたしは夫を必要としていましたし,息子たちには父親が必要だったからです。でも,4年がたった今ではこの希望が生きる力になっています。夫とまた会える時を想像すると,ほっとして,何とかやっていけるって思うんです」。

死別の悲しみがすぐに癒えることはないかもしれません。ですが,バネッサの次の言葉にほっとさせられるでしょう。「元の生活になんか絶対戻れない,と思っても,悲しみは少しずつ和らいでいくものです」。

心にぽっかり空いた穴が消えないとしても,生きることには意味があります。神様の助けによって,友人との温かい交友を持ち,やりがいのある毎日を送れます。また,神様は亡くなった人を必ず復活させてくださいます。大切な人ともう一度会わせてあげたいと思っているのです。その時,心にぽっかりと空いた穴はきれいになくなっていることでしょう。