イタリア​の​ローマ​中心​部​に​立っ​て​いる​。世界​中​の​観光​客​が​こぞって​見​に​来る​この​史跡​は,有名​な​ローマ​皇帝​ティツス​を​たたえ​て​建て​られ​た​もの​です。

ティツス​の​凱旋​門​に​は,歴史​上​有名​な​出来事​を​描い​た​2​つ​の​レリーフ​が​あり​ます。しかし,この​凱旋​門​と​聖書​に​つながり​が​ある​こと​は​あまり​知ら​れ​て​い​ませ​ん。ティツス​の​凱旋​門​は,聖書​預言​の​正確​さ​を​雄弁​に​語る​歴史​の​証人​な​の​です。

滅び​に​定め​られ​た​都市

西暦​1​世紀​初頭,ローマ​帝国​は​英国​から​ガリア(現在​の​フランス),エジプト​に​まで​至る​広大​な​領土​を​支配​し​て​い​まし​た。それら​の​地域​に​は​かつて​ない​平和​と​繁栄​が​あり​まし​た。しかし,1​か所​だけ​例外​だっ​た​の​は,ローマ​に​とっ​て​の​頭痛​の​種,属州​ユダヤ​でし​た。

古代​ローマ​百科​事典(英語)は​次​の​よう​に​述べ​て​い​ます。「ローマ​の​支配​下​で,ユダヤ​ほど​ローマ​と​険悪​な​関係​に​ある​地域​は​なかっ​た。ユダヤ​人​は​自分​たち​の​伝統​を​重んじ​よう​と​し​ない​異国​の​主人​を​嫌い,ローマ​人​は​ユダヤ​人​の​頑固​さ​を​理由​に​あくまで​も​不​寛容​を​示し​た」。多く​の​ユダヤ​人​は,救世​主​が​現われ​て​忌まわしい​ローマ​人​を​追い出し,イスラエル​に​黄金​時代​を​取り戻す​こと​を​望ん​で​い​まし​た。しかし,西暦​33​年,イエス​・​キリスト​は​エルサレム​に​大​惨事​が​臨む​こと​を​予告​し​まし​た。

イエス​は​こう​述べ​まし​た。「あなた​の​敵​が,先​の​とがっ​た​杭​で​まわり​に​城塞​を​築き,取り巻い​て​四方​から​あなた​を​攻めたてる​日​が​来[ます。] 彼ら​は,あなた​と​あなた​の​中​に​いる​あなた​の​子​ら​を​地面​に​たたきつけ,あなた​の​中​で​石​を​石​の​上​に​残し​た​まま​に​は​し​て​おか​ない​でしょ​う」。ルカ 19:43,44

イエス​の​弟子​たち​は​その​言葉​の​意味​が​分から​なかっ​た​よう​です。2​日​後,神殿​を​見​た​1​人​の​弟子​が,「師​よ,ご覧​ください,何​と​いう​石,それ​に​何​と​いう​建物​な​の​でしょ​う」と​声​を​上げ​た​から​です。確か​に,神殿​の​石​は​長さ​11​㍍,幅​5​㍍,高さ​3​㍍​を​超える​もの​も​あっ​た​よう​です。イエス​は​弟子​たち​に​こう​答え​まし​た。「あなた方​が​見入っ​て​いる​これら​の​物​に​つい​て​言え​ば,石​が​一つ​と​し​て​このまま​石​の​上​に​残らず,すべて​が​崩さ​れ​て​しまう​日​が​来​ます」。マルコ 13:1。ルカ 21:6

イエス​は​さらに​こう​述べ​て​い​ます。「エルサレム​が​野営​を​張っ​た​軍隊​に​囲ま​れる​の​を​見​た​なら,その​時,その​荒廃​が​近づい​た​こと​を​知り​なさい。その​時,ユダヤ​に​いる​者​は​山​に​逃げ​はじめ​なさい。都​の​中​に​いる​者​は​そこ​を​出​なさい。田舎​に​いる​者​は​都​の​中​に​入っ​て​は​なり​ませ​ん」。ルカ 21:20,21)果たして,イエス​の​言葉​どおり​に​なっ​た​でしょ​う​か。

都市​の​滅び

それ​から​33​年​たっ​て​も,ユダヤ​は​ローマ​の​圧制​下​に​あり​まし​た。しかし,西暦​66​年​に​ユダヤ​の​行政​長官​で​ある​ゲッシウス​・​フロールス​が​聖​なる​神殿​の​宝物​庫​から​巨額​の​金​を​奪っ​た​ため,ユダヤ​人​は​もはや​我慢​でき​なく​なり​まし​た。激怒​し,武器​を​持っ​た​ユダヤ​人​たち​が​エルサレム​に​なだれ込み,そこ​に​い​た​守備​隊​を​虐殺​し,ローマ​から​の​独立​を​宣言​し​まし​た。

 その​3​か月​ほど​後,ケスティウス​・​ガルス​に​率い​られ​た​3万​を​超える​ローマ​軍​が,反乱​を​鎮圧​する​ため​に​エルサレム​に​進軍​し​て​き​ます。そして,すばやく​市内​に​侵入​し,神殿​域​の​外壁​の​下​を​掘り​始め​ます。しかし,これ​と​いっ​た​理由​も​なく,撤退​し​て​ゆき​ます。ユダヤ​の​反乱​軍​は​それ​を​見​て​喜び,すぐ​に​追撃​を​開始​し​ます。戦っ​て​い​た​両軍​が​市内​から​い​なく​なっ​た​ため,イエス​の​警告​に​留意​し​て​い​た​クリスチャン​たち​は,エルサレム​から​ヨルダン​川​の​向こう​に​ある​山地​に​逃げ​ます。(マタイ 24:15,16

翌年,将軍​ウェスパシアヌス​と​息子​ティツス​が​率いる​ローマ​軍​が​ユダヤ​に​対する​攻撃​を​再開​し​ます。しかし,皇帝​ネロ​が​西暦​68​年​に​死ん​だ​ため,ウェスパシアヌス​は​皇帝​の​座​を​手​に​入れる​ため​ローマ​に​戻り,ユダヤ​に​対する​軍事​作戦​と​6万​ほど​の​兵力​を​息子​ティツス​に​委ね​ます。

西暦​70​年​6​月,ティツス​は​ユダヤ​の​田園​地域​の​木​を​ことごとく​切り倒し,とがっ​た​杭​で​エルサレム​の​周囲​に​7​㌔​ほど​の​柵​を​築く​よう​兵士​たち​に​命じ​ます。9​月​に​は,ローマ​軍​は​都市​と​神殿​を​略奪​し​て​火​を​放ち,イエス​の​予告​どおり​エルサレム​は,がれき​と​化し​ます。(ルカ 19:43,44)この​時,少なく​見積もっ​て​も,「エルサレム​や​帝国​内​で​亡くなっ​た​人​の​数​は,25万​から​50万​人​ほど」だっ​た​と​され​て​い​ます。

壮大​な​凱旋

西暦​71​年​に​イタリア​に​戻っ​た​ティツス​は,ローマ​市民​の​熱狂​的​な​歓迎​を​受け,全市​が​祝賀​ムード​に​包ま​れ​ます。この​パレード​は,首都​ローマ​で​行なわ​れ​た​凱旋​行列​の​中​で​も​豪華​さ​を​極め​まし​た。

群衆​の​前​を,目​も​くらむ​ほど​の​富​が​運ば​れ​て​行き​ます。戦利​品​の​船,戦闘​の​再現​シーン,エルサレム​の​神殿​の​財宝​など​が​惜しげ​も​なく​披露​さ​れ​まし​た。

ティツス​は​父​ウェスパシアヌス​の​後​を​継い​で​西暦​79​年​に​皇帝​に​なり​まし​た。しかし,2​年​後​に​急死​し​た​ため,弟​の​ドミティアヌス​が​次​の​皇帝​と​なり,すぐさま​兄​の​業績​を​たたえる​凱旋​門​を​建立​し​ます。

現在​の​凱旋​門

ローマ​に​ある​ティツス​の​凱旋​門

フォロ​・​ロマーノ​の​人気​スポット​と​なっ​て​いる​ティツス​の​凱旋​門​は,壮大​な​芸術​品​と​し​て,帝政​ローマ​の​威光​の​象徴​と​し​て,また​陥落​し​た​エルサレム​と​その​神殿​の​記念​碑​と​し​て,訪れる​大勢​の​観光​客​に​今​で​も​感銘​を​与え​て​い​ます。

しかし,この​凱旋​門​は,聖書​を​注意深く​読む​人​に​とっ​て​それ​以上​の​価値​を​持っ​て​い​ます。聖書​の​預言​の​正確​さ​と​信頼​性​を​確証​し,預言​が​神​の​導き​を​受け​た​もの​で​ある​こと​を​裏付ける,歴史​の​証人​な​の​です。(ペテロ​第​二 1:19‐21