自分​の​将来​は​自分​で​選べる​の​でしょ​う​か。人生​は​個人​の​選択​で​は​なく​運命​や​宿命​に​よっ​て​決まる,と​信じ​て​いる​人​も​い​ます。何​か​に​失敗​し​て​も,仕方​が​ない​と​自分​に​言い聞かせ​ます。「そう​なる​運命​だっ​た」と​言う​の​です。

また,過酷​で​不​公正​な​社会​から​抜け出せ​ない​こと​が​分かっ​て​幻滅​する​人​も​い​ます。生活​を​向上​さ​せ​たい​と​思っ​て​努力​し​て​いる​の​に,戦争,犯罪,災害,病気​など​の​せい​で,人生​設計​が​何​度​も​振り出し​に​戻さ​れ​ます。「どうせ​頑張っ​て​も」と,あきらめ​の​境地​に​入る​の​です。

確か​に,計画​は​周囲​の​状況​に​よっ​て​挫折​する​こと​が​あり​ます。(伝道​の​書 9:11)しかし,未来​が​どう​なる​か​は​どんな​選択​を​する​か​で​決まり​ます。聖書​も,人​の​未来​は​その​人​次第​で​ある​と​教え​て​い​ます。調べ​て​み​ましょ​う。

古代​イスラエル​の​指導​者​モーセ​は,「約束​の​地」に​入ろ​う​と​し​て​い​た​時,民​に​こう​述べ​まし​た。「わたし​は​今日,……あなた​の​前​に​命​と​死,祝福​と​呪い​を​置い​た。あなた​は​命​を​選び,あなた​も​あなた​の​子孫​も​共​に​生き​つづける​よう​に​し​なけれ​ば​なら​ない。すなわち,あなた​の​神​エホバ​を​愛し,その​声​に​聴き従い,これ​に​堅く​付く​の​で​ある」。申命記 30:15,19,20

「わたし​は……あなた​の​前​に​命​と​死,祝福​と​呪い​を​置い​た。あなた​は​命​を​選[ば]なけれ​ば​なら​ない」。申命記 30:19

神様​は,イスラエル​国民​を​エジプト​で​の​奴隷​状態​から​救い出し,「約束​の​地」で​自由​かつ​幸せ​な​生活​を​送る​と​いう​見込み​を​お与え​に​なり​まし​た。しかし,それ​が​自動​的​に​実現​し​た​訳​で​は​なく,祝福​を​受ける​に​は,「命​を​選[ぶ]」必要​が​あり​まし​た。「神​エホバ​を​愛し,その​声​に​聴き従い,これ​に​堅く​付く」必要​が​あっ​た​の​です。

今​の​わたしたち​も,同じ​よう​な​選択​に​迫ら​れ​て​い​ます。未来​は,どんな​決定​を​する​か​に​かかっ​て​い​ます。エホバ​を​愛し,その​声​を​聞き,しっかり​付い​て​ゆく​なら,命​を​選ん​で​いる​こと​に​なり​ます。しかも​それ​は,地上​の​楽園​で​の​永遠​の​命​です。では,この​3​つ​の​ステップ​に​は​どんな​こと​が​関係​し​て​いる​の​でしょ​う​か。

神​エホバ​を​愛する​こと​を​選ぶ

エホバ​神​の​ご性格​を​一言​で​表わす​と​し​たら,愛​です。使徒​ヨハネ​は​エホバ​の​導き​の​もと​に,「神​は​愛」で​ある​と​書き​まし​た。(ヨハネ​第​一 4:8)イエス​も,律法​の​中​で​最も​重要​な​おきて​は​どれ​か​と​いう​質問​に​こう​答え​まし​た。「あなた​は,心​を​こめ,魂​を​こめ,思い​を​こめ​て​あなた​の​神​エホバ​を​愛さ​ね​ば​なら​ない」。(マタイ 22:37)エホバ​神​の​こと​を​本当​に​知る​に​は,恐れ​や​盲目​的​な​従順​で​は​なく,愛​が​必要​です。でも,エホバ​を​愛する​こと​を​わざわざ​選ぶ​必要​が​ある​の​は​なぜ​でしょ​う​か。

エホバ​が​人間​に​対し​て​抱い​て​おら​れる​愛​は,愛情​深い​親​が​子ども​に​対し​て​抱く​愛​と​似​て​い​ます。愛情​深い​親​は​子ども​の​幸せ​と​成功​を​願う​の​で,時​に​失敗​する​と​し​て​も,子ども​を​教え,元気づけ,支え,しつけ​ます。そして,子ども​が​その​愛​に​応え,親​を​愛し,親​の​教え​を​守る​こと​を​期待​し​ます。それ​に​対​し​て,愛情​深い​天​の​父​エホバ​は,わたしたち​の​ため​に​なる​こと​を​完璧​に​行なっ​て​ください​ます。そう​で​あれ​ば,人間​が​その​愛​に​応え,感謝​する​こと​を​期待​さ​れる​と​し​て​も​当然​で​は​ない​でしょ​う​か。

 その​声​を​聞く

聖書​中​で「聞く」と​訳さ​れ​て​いる​原語​は,「従う」と​いう​ニュアンス​を​含む​場合​が​少なく​あり​ませ​ん。「言う​こと​を​聞き​なさい」と​子ども​に​言う​時​と​同じ​です。ですから,神様​の​声​を​聞く​と​は,神様​に​つい​て​知り,その​教え​に​従う​こと​を​意味​し​て​い​ます。実際​の​声​は​聞こえ​ない​と​し​て​も,聖書​を​読み,それ​を​当てはめる​こと​で​その​声​を“聞く”こと​が​できる​の​です。(ヨハネ​第​一 5:3

ある​時,イエス​は,神様​の​声​を​聞く​こと​の​大切​さ​を​示す​ため​に,「人​は,パン​だけ​に​よら​ず,エホバ​の​口​から​出る​すべて​の​ことば​に​よっ​て​生き​なけれ​ば​なら​ない」と​述べ​まし​た。(マタイ 4:4)わたしたち​に​とっ​て​食事​は​大切​です​が,神様​に​つい​て​の​知識​を​取り入れる​こと​は​それ​以上​に​大切​です。なぜ​でしょ​う​か。賢王​ソロモン​は​こう​説明​し​て​い​ます。「金​が​身​の​守り​で​ある​よう​に,知恵​も​身​の​守り……で​ある。しかし​知識​の​利点​は,知恵​が​それ​を​所有​する​者​たち​を​生き​つづけ​させる​こと​に​ある」。(伝道​の​書 7:12)神様​から​の​知識​と​知恵​は​今​で​も​保護​と​なり,将来​の​永遠​の​命​に​つながる​よう​な​賢明​な​選択​を​する​の​に​役立ち​ます。

しっかり​付い​て​ゆく

前​の​記事​に​も​登場​し​た​イエス​の​たとえ​話​を​思い出し​て​ください。イエス​は,「命​に​至る​門​は​狭く,その​道​は​狭め​られ​て​おり,それ​を​見いだす​人​は​少ない」と​語り​まし​た。(マタイ 7:13,14)簡単​で​は​なさ​そう​です。しかし,目的​地​は,終わり​の​ない​命​です。ガイド​を​雇っ​て​で​も,その​道​を​行き​たい​と​思い​ませ​ん​か。神様​ほど​頼れる​ガイド​は​い​ませ​ん。それで,神様​と​の​近しい​関係​を​持つ​こと​が​大切​です。(詩編 16:8)では,どう​すれ​ば​よい​でしょ​う​か。

毎日,し​たい​こと​や​す​べき​こと​が​山​の​よう​に​あり​ます。その​ため,神様​が​望ん​で​おら​れる​こと​を​考える​時間​が​ほとんど​残り​ませ​ん。それ​で​聖書​は​こう​アドバイス​し​て​い​ます。「あなた方​は,自分​の​歩き方​を​しっかり​見守っ​て,それ​が​賢く​ない​者​で​は​なく​賢い​者​の​歩き方​で​ある​よう​に​し,自分​の​ため​に,よい​時​を​買い取り​なさい。今​は​邪悪​な​時代​だ​から​です」。(エフェソス 5:15,16)神様​と​の​関係​を​何​より​も​大切​に​する​こと​で,神様​と​近しく​なれる​の​です。(マタイ 6:33

未来​は​あなた​次第

過去​は​変え​られ​ませ​ん​が,自分​と​愛する​家族​の​未来​は​選べ​ます。聖書​に​よる​と,天​の​父​で​ある​エホバ​神​は​わたしたち​一人一人​を​深く​愛し,どんな​歩み​を​すれ​ば​良い​の​か​を​示し​て​おら​れ​ます。預言​者​ミカ​は​こう​語っ​て​い​ます。

「地​の​人​よ,何​が​善い​こと​か​を​神​は​あなた​に​お告げ​に​なっ​た。そして,エホバ​が​あなた​に​求め​て​おら​れる​の​は,ただ​公正​を​行ない,親切​を​愛し,慎み​を​もっ​て​あなた​の​神​と​共​に​歩む​こと​で​は​ない​か」。ミカ 6:8

エホバ​と​歩む​なら,エホバ​が​近しい​人​たち​の​ため​に​用意​し​て​おら​れる​永遠​の​祝福​を​受け​られ​ます。では,どう​し​ます​か。未来​は,あなた​次第​です!