それ​は​2004​年​12​月​26​日​の​こと​です。インドネシア​の​スマトラ​北西​沖​の​シムルエ​島​が,マグニチュード​9.1​の​地震​で​激しく​揺れ​まし​た。島民​は​皆​一斉​に​海​の​方​を​見​まし​た。潮​が​異常​に​引い​て​い​ます。皆​直ちに,「スモン! スモン!」と​叫び​ながら,高台​へ​と​走り出し​まし​た。スモン​と​は,津波​を​指す​地元​の​言葉​です。30​分​も​たた​ない​うち​に​強大​な​波​が​岸​に​押し寄せ,家​や​村​の​ほとんど​を​破壊​し​て​しまい​まし​た。

シムルエ​島​は,その​大​津波​の​最初​の​被災​地​です。にもかかわらず,島民 7万8000​人​の​うち,亡くなっ​た​の​は​7​人​だけ​でし​た。それ​ほど​少なかっ​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。 * 島民​の​間​に​は,「強い​地震​が​起き​て​海​の​水​が​引い​たら,山​に​逃げろ。水​は​すぐ​に​戻っ​て​来る」と​いう​言い伝え​が​あっ​た​から​です。シムルエ​島​の​人々​は,過去​の​経験​から,海​に​変化​が​あっ​たら​津波​が​来る​と​いう​こと​を​知っ​て​い​まし​た。その​警告​を​心​に​留め​て​い​た​の​で​生き延びる​こと​が​でき​た​の​です。

聖書​に​よれ​ば,ある​種​の​大​災害​が​迫っ​て​い​ます。「世​の​初め​から​今​に​至る​まで​起き​た​こと​が​なく……二​度​と​起き​ない​よう​な​大​患難」です。(マタイ 24:21)と​は​いえ,人間​の​無​責任​な​行動​や​自然​現象​の​大​惨事​に​よっ​て​地球​が​終わる,と​いう​こと​で​は​あり​ませ​ん。神​は​地球​を​永久​に​存続​する​よう​に​お造り​に​なっ​た​から​です。(伝道​の​書 1:4)やがて​起きる​大​患難​は,「地​を​破滅​さ​せ​て​いる​者​たち​を​破滅​に​至ら​せる」ため​に​神​が​引き起こさ​れる​の​で​あり,悪​と​苦し​み​すべて​を​終わらせる​ため​の​もの​な​の​です。(啓示 11:18。箴言 2:22)そう​なっ​たら,どんな​に​素晴らしい​こと​でしょ​う。

しかも,地震​や​津波,火山​の​噴火​など​と​は​異​なり,やがて​起きる​大​患難​で​罪​の​ない​人々​が​犠牲​に​なる​と​いう​こと​は​あり​ませ​ん。「神​は​愛」で​ある,と​聖書​は​述べ​て​おり,エホバ​と​いう​名​の​その​神​が「義​なる​者​たち​は​地​を​所有​し,そこ​に​永久​に​住む」と​約束​し​て​おら​れる​から​です。(ヨハネ​第​一 4:8。詩編 37:29)では,どう​すれ​ば​大​患難​を​生き残っ​て​約束​の​祝福​に​あずかる​こと​が​できる​でしょ​う​か。大切​な​の​は,警告​に​心​を​留める​こと​です。

潮流​の​変化​に​目ざとく​ある

悪​と​苦し​み​すべて​が​いつ​終わる​か​は,特定​でき​ませ​ん。イエス​・​キリスト​が,「その​日​と​時刻​に​つい​て​は​だれ​も​知り​ませ​ん。天​の​み使い​たち​も​子​も​知ら​ず,ただ​父​だけ​が​知っ​て​おら​れ​ます」と​述べ​た​とおり​です。それでも​イエス​は,「ずっ​と​見張っ​て​い​なさい」と​勧め​まし​た。(マタイ 24:36; 25:13)何​を​見張る​の​でしょ​う​か。聖書​に​は,神​に​よっ​て​終わり​が​来る​前​に​見​られる​世界​情勢​が​描写​さ​れ​て​い​ます。シムルエ​島​の​人々​は,潮​が​急​に​引い​た​の​を​見​て,津波​が​来る​こと​を​悟り​まし​た。わたしたち​も,世界​の​潮流​の​劇的​変化​を​見れ​ば,終わり​が​近い​こと​を​悟れ​ます。 囲み​記事​に​は,聖書​で​予告​さ​れ​て​い​た​劇的​な​変化​が​幾つ​か​挙げ​られ​て​い​ます。

確か​に,囲み​に​挙げ​られ​て​いる​出来事​や​状態​は,1​つ​1​つ​取り上げれ​ば,過去​に​も​幾らか​見​られ​まし​た。しかし​イエス​は,わたしたち​が「これら​の​すべて​の​こと」を​見​た​なら,終わり​の​迫っ​て​いる​こと​が​分かる,と​言い​まし​た。(マタイ 24:33)それで,こう​考え​て​み​て​ください。「歴史​上​これ​まで​に,聖書​中​に​記さ​れ​て​いる​事柄​すべて​が(1)地球​規模​で​生じ,(2)同時​に​起き,(3)かつて​ない​勢い​で​進展​し​て​ゆく,と​いう​こと​が​あっ​た​だろ​う​か」。なかっ​た​こと​は​明らか​でしょ​う。今​が​まさに​その​時代​な​の​です。

神​の​愛​の​表われ

米国​の​元​大統領​は,「早期​警報​システム​こそ​が……人命​を​救う」と​述べ​まし​た。2004​年​の​津波​の​後,被災​地​に​は,将来​また​同じ​よう​な​犠牲​者​が​出​ない​よう,警報​システム​が​導入​さ​れ​まし​た。同様​に​神​も,終わり​が​来る​前​に​警報​が​発せ​られる​よう​に​し​て​こら​れ​まし​た。聖書​を​通し​て​こう​予告​さ​れ​て​い​た​とおり​です。「王国​の​この​良い​たより​は,あらゆる​国民​に​対する​証し​の​ため​に,人​の​住む​全地​で​宣べ伝え​られる​でしょ​う。それ​から​終わり​が​来る​の​です」。―マタイ 24:14

エホバ​の​証人​は,240​の​国​や​地域​に​おい​て​700​余り​の​言語​で​良い​知らせ​を​伝える​の​に,昨年​だけ​で​も​優​に​19億​時間​以上​を​費やし​まし​た。現代​に​おける​こう​し​た​進展​は,終わり​が​近い​こと​の​強力​な​証拠​です。エホバ​の​証人​は​隣人愛​に​動かさ​れ,神​の​裁き​の​日​が​急速​に​近づい​て​いる​こと​を​人々​に​警告​し​て​おり,その​努力​を​少し​も​惜しみ​ませ​ん。(マタイ 22:39)あなた​が​その​情報​から​益​を​受け​られる​の​は,エホバ​から​愛さ​れ​て​いる​から​です。忘れ​ない​で​ください,神​は「ひとり​も​滅ぼさ​れる​こと​なく, すべて​の​者​が​悔い改め​に​至る​こと​を​望」ん​で​おら​れる​の​です。(ペテロ​第​二 3:9)あなた​は,神​の​愛​に​こたえ​て,警告​を​心​に​留め​ます​か。

安全​な​場所​に​逃げる

思い起こし​て​ください,シムルエ​島​沿岸​の​村々​の​住民​は,潮​が​引く​の​を​見る​と​すぐ,安全​を​求め​て​高台​へ​逃げ​まし​た。潮​が​津波​と​なっ​て​戻っ​て​来る​まで​ぐずぐず​し​たり​は​し​ませ​ん​でし​た。迷わ​ず​に​行動​し​た​の​で,生き延びる​こと​が​でき​まし​た。あなた​も,来たる​べき​大​患難​を​生き延びる​に​は,手遅れ​に​なら​ない​うち​に“高台”へ​逃げる​必要​が​あり​ます。「末​の​日」つまり​今​この​時代​に​響き渡っ​て​いる​招き​の​言葉​に​つい​て,預言​者​イザヤ​は​霊感​の​もと​に​こう​書き​まし​た。「来​なさい。エホバ​の​山​に……上ろ​う。神​は​ご自分​の​道​に​つい​て​わたしたち​に​教え諭し​て​くださる。わたしたち​は​その​道筋​を​歩も​う」。―イザヤ 2:2,3

山​の​頂上​まで​行け​ば,そこ​は​下界​を​見渡せる​安全​な​場所​です。同様​に​今日​で​も,世界​中​の​幾百万​と​いう​人々​が,聖書​を​学ん​で​神​の​道​を​知り,良い​変化​を​遂げ​て​い​ます。(テモテ​第​二 3:16,17)その​よう​に​し​て,神​の「道筋​を​歩」む​よう​に​なり,神​の​恵み​と​保護​を​受け​て​いる​の​です。

あなた​も,ぜひ​その​招き​に​こたえ​て,今​の​危機​的​な​時代​に​神​の​愛​ある​保護​を​受け​て​ください。この​記事​の​囲み​の,「終わり​の​日」に​関する​聖書​に​基づく​証拠​を​注意深く​吟味​し​て​みる​よう,お勧め​し​ます。(テモテ​第​二 3:1)挙げ​られ​て​いる​聖句​や​その​適用​の​仕方​を​あなた​が​はっきり​理解​できる​よう,お近く​の​エホバ​の​証人​が​喜ん​で​ご援助​し​ます。また,エホバ​の​証人​の​ウェブサイト​www.jw.org(ホーム > 聖書​の​教え > 聖書​の​質問​に​答える)に​アクセス​し​て,聖書​に​関する​疑問​の​答え​を​見つける​こと​も​でき​ます。

^ 3節 2004​年​の​この​津波​に​よる​死者​の​総数​は​22万​を​超え,未曾有​の​大​災害​と​なり​まし​た。