内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 特集​記事

イエスは苦しんで死んだ なぜですか

イエスは苦しんで死んだ なぜですか

「一​人​の​人[アダム]を​通し​て​罪​が​世​に​入り,罪​を​通し​て​死​が​入」っ​た。―ローマ 5:12

「永遠​に​生き​たい​と​思い​ます​か」と​聞か​れ​たら,何​と​答え​ます​か。大抵​の​人​は,「そう​でき​たら​いい​と​は​思う​が,現実​に​は​あり得​ない。死​は​自然​の​営み​の​一部​で​あり,生き​て​いる​者​は​必ず​死ぬ」と​言う​こと​でしょ​う。

では,「もう​いつ​死ん​で​も​よい​と​思い​ます​か」と​聞か​れ​たら,どう​です​か。大抵​の​人​は​普通​なら,「とんでもない」と​答える​でしょ​う。なぜ​でしょ​う​か。人​は,どんな​試練​や​困難​な​状況​に​直面​し​て​も,生き​たい​と​思う​から​です。それ​は​ごく​自然​な​気持ち​です。聖書​に​よれ​ば,神​は​人間​を​創造​する​に​当たり,生き​たい​と​いう​願い​を​植え込ま​れ​まし​た。神​は「定め​の​ない​時​を​さえ​彼ら​の​心​に​置」かれ​た​の​です。―伝道​の​書 3:11

しかし​実際​に​は,人間​は​永遠​に​生きる​こと​が​でき​て​い​ませ​ん。なぜ​そう​なっ​て​しまっ​た​の​でしょ​う​か。また,神​は​こう​し​た​事態​を​解決​する​ため​に,どんな​こと​を​し​て​ください​まし​た​か。聖書​に​は​心​温まる​答え​が​あり​ます。その​答え​は,イエス​が​苦しん​で​死ん​だ​こと​と​密接​な​関連​が​あり​ます。

人​は​なぜ​死ぬ​よう​に​なっ​た​の​か

聖書​の​創世記​の1​章​から​3​章に​よれ​ば,神​は​最初​の​人間​夫婦​アダム​と​エバ​に​永遠​の​命​の​見込み​を​与え,永遠​に​生きる​ため​に​何​を​行なう​べき​か​を​告げ​まし​た。しかし​アダム​と​エバ​は​神​に​従わ​ず,その​見込み​を​失っ​て​しまい​まし​た。創世記​に​は​そう​し​た​こと​が​非常​に​簡潔​に​述べ​られ​て​いる​の​で,それ​を​単なる​言い伝え​と​し​て​片づけ​て​しまう​人​も​い​ます。しかし​創世記​は​四​福音​書​と​同じく,事実​に​基づい​た​歴史​的​な​記述​です。 *

アダム​の​不​従順​は​どんな​結果​を​もたらし​まし​た​か。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「一​人​の​人[アダム]を​通し​て​罪​が​世​に​入り,罪​を​通し​て​死​が​入り,こう​し​て​死​が,すべて​の​人​が​罪​を​おかし​た​が​ゆえに​すべて​の​人​に​広がっ​た」。(ローマ 5:12)アダム​は​神​に​背い​て​罪​を​おかし,その​結果​と​し​て​永遠​の​命​の​見込み​を​失い,最後​に​は​死に​まし​た。アダム​の​子孫​で​ある​わたしたち​は,アダム​の​罪​を​受け継い​で​い​ます。その​ため,病気​や​老化​や​死​を​経験​する​の​です。人​が​死ぬ​理由​に​関する​この​説明​は,遺伝​と​いう​概念​と​も​一致​し​て​い​ます。では,神​は​こう​し​た​事態​を​解決​する​ため​に,どんな​こと​を​し​て​ください​まし​た​か。

 神​が​し​て​くださっ​た​こと

アダム​は​永遠​の​命​の​見込み​を​失い,子孫​に​伝え​られ​なく​なり​まし​た。神​は,アダム​が​失っ​た​もの​を​買い戻す​ため​の​手はず​を​整え​まし​た。では,それ​を​どの​よう​に​実行​さ​れ​まし​た​か。

聖書​の​ローマ 6​章​23​節​に​は,「罪​の​報い​は​死​です」と​記さ​れ​て​い​ます。死​は​罪​の​代償​で​ある,と​いう​意味​です。アダム​は​罪​を​おかし​た​ため​に​死に​まし​た。わたしたち​も,罪​を​受け継い​で​いる​の​で,その​報い​で​ある​死​を​経験​し​ます。自分​に​落ち度​が​ある​わけ​で​は​ない​の​に,生まれつき​そう​し​た​状態​に​ある​の​です。ですから,神​は​愛​に​動かさ​れ​て,み子​イエス​が​わたしたち​の​ため​に「罪​の​報い」を​担う​よう​に​し​て​ください​まし​た。それ​は​どの​よう​な​益​を​もたらし​ます​か。

イエス​の​死​に​よっ​て,幸福​を​もたらす​永遠​の​命​へ​の​道​が​開け​た

一​人​の​完全​な​人間​アダム​が​不​従順​に​よっ​て​人類​に​罪​と​死​を​もたらし​た​の​で,人類​が​そう​し​た​重荷​から​解放​さ​れる​に​は,同じく​一​人​の​完全​な​人間​が​死​に​至る​まで​従順​で​ある​こと​が​必要​でし​た。聖書​は​その​点​を​こう​説明​し​て​い​ます。「一​人​の​人​の​不​従順​を​通し​て​多く​の​者​が​罪人​と​され​た​の​と​同じ​よう​に,一​人​の​方​の​従順​を​通し​て​多く​の​者​が​義​と​される​の​です」。(ローマ 5:19)この「一​人​の​方」と​は​イエス​でし​た。イエス​は​天​を​離れ,完全​な​人間​と​なり, * わたしたち​の​ため​に​死に​まし​た。その​結果,わたしたち​が​神​の​前​で​義​なる​立場​を​得​て​永遠​の​命​の​見込み​を​持つ​こと​が,可能​に​なり​まし​た。

イエス​が​苦しん​で​死ん​だ​の​は​なぜか

では,なぜ​イエス​は​死ぬ​必要​が​あっ​た​の​でしょ​う​か。神​は​全能​な​の​で,アダム​の​子孫​が​永遠​に​生きる​こと​を​許す,と​宣言​する​だけ​で​よかっ​た​の​で​は​ない​でしょ​う​か。神​は​そう​する​権威​を​確か​に​持っ​て​おら​れ​まし​た​が,もし​その​権威​を​行使​し​た​なら,ご自身​が​明言​し​た,罪​を​おかせ​ば​死ぬ,と​いう​掟​を​無視​する​こと​に​なっ​た​でしょ​う。その​掟​は,勝手​に​無効​に​し​たり​変更​し​たり​できる,ちょっと​し​た​決まり​事​の​よう​な​もの​で​は​あり​ませ​ん。真​の​公正​に​とっ​て​不可欠​な​もの​な​の​です。―詩編 37:28

人間​は,神​が​この​件​で​公正​を​無視​し​た​と​すれ​ば,別​の​件​で​も​そう​する​の​で​は​ない​か,と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。神​ は​アダム​の​子孫​の​中​から​永遠​の​命​に​ふさわしい​人​を​公平​に​選ぶ​だろ​う​か,神​は​本当​に​約束​を​守る​だろ​う​か,と​いっ​た​具合​です。神​が​わたしたち​に​救い​を​施す​ため​に​公正​を​固守​する​と​いう​こと​は,神​が​常​に​正しい​事柄​を​行なわ​れる​こと​の​保証​と​なる​の​です。

神​は​イエス​の​犠牲​の​死​に​より,人間​が​地上​の​楽園​で​永遠​に​生きる​ため​の​道​を​開か​れ​まし​た。ヨハネ 3​章​16​節​の​イエス​の​言葉​に​注目​し​て​ください。「神​は​世​を​深く​愛し​て​ご自分​の​独り子​を​与え,だれ​で​も​彼​に​信仰​を​働か​せる​者​が​滅ぼさ​れ​ない​で,永遠​の​命​を​持てる​よう​に​され​た」と​あり​ます。ですから​イエス​の​死​は,変わる​こと​の​ない​神​の​公正​だけ​で​なく,人間​に​対する​神​の​偉大​な​愛​を​はっきり​と​示す​もの​な​の​です。

と​は​いえ,福音​書​に​ある​よう​に,イエス​が​ひどく​苦しん​で​死な​なけれ​ば​なら​なかっ​た​の​は,なぜ​です​か。イエス​は​極度​の​試練​に​さらさ​れ​て​も​忠実​を​保つ​こと​に​より,人間​は​試み​に​遭う​と​神​に​忠実​を​保つ​こと​は​でき​ない,と​いう​悪魔​の​主張​を​きっぱり​と​退け​た​の​です。(ヨブ 2:4,5)その​主張​は,完全​な​人間​アダム​が​サタン​に​誘惑​さ​れ​て​罪​を​おかし​た​時,正当​な​もの​に​思え​た​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,アダム​と​同じ​完全​な​人間​で​あっ​た​イエス​は,ひどい​苦しみ​の​もと​で​も​従順​を​示し​続け​まし​た。(コリント​第​一 15:45)そう​する​こと​に​より,アダム​も​その​気​に​なれ​ば​神​に​従え​た​はず​で​ある​こと​を​示し​まし​た。試練​の​もと​で​も​忍耐​し​た​イエス​は,わたしたち​の​従う​べき​手本​を​残し​た​の​です。(ペテロ​第​一 2:21)神​は​み子​の​完全​な​従順​に​対する​報い​と​し​て,天​に​おける​不滅​の​命​を​お与え​に​なり​まし​た。

どの​よう​な​益​が​得​られる​か

イエス​の​死​は​歴史​の​事実​です。永遠​の​命​を​得る​道​は​確か​に​開か​れ​て​い​ます。あなた​も​永遠​に​生き​たい​と​思わ​れ​ませ​ん​か。その​ため​に​どう​する​必要​が​ある​か​に​つい​て,イエス​は​こう​述べ​て​い​ます。「彼ら​が,唯一​まこと​の​神​で​ある​あなた​と,あなた​が​お遣わし​に​なっ​た​イエス​・​キリスト​に​つい​て​の​知識​を​取り入れる​こと,これ​が​永遠​の​命​を​意味​し​て​い​ます」。―ヨハネ 17:3

本誌​の​発行​者​は,まこと​の​神​エホバ​と​み子​イエス​に​つい​て​さらに​学ぶ​よう​お勧め​いたし​ます。お近く​の​エホバ​の​証人​が​喜ん​で​お手伝い​いたし​ます。エホバ​の​証人​の​ウェブサイト​www.jw.org​に​アクセス​し​て,役立つ​情報​を​得る​こと​も​でき​ます。

^ 8節 エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​に​対する​洞察」第​2​巻70​ページの「創世記​の​歴史​性」と​いう​部分​を​ご覧​ください。

^ 13節 神​が​イエス​の​命​を​天​から​マリア​の​胎​に​移し​た​の​で,マリア​は​妊娠​し​まし​た。イエス​は​マリア​の​不​完全​さ​を​受け継ぐ​こと​が​あり​ませ​ん​でし​た。聖霊​に​よっ​て​守ら​れ​た​から​です。―ルカ 1:31,35