内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 その​信仰​に​倣う | エノク

「神を十分に喜ばせた」

「神を十分に喜ばせた」

エノク​は​長生き​し​て​い​まし​た。信じ​られ​ない​か​も​しれ​ませ​ん​が,365​歳​でし​た。今​の​長寿​の​人​の​4​倍​以上​長く​生き​て​い​た​こと​に​なり​ます。しかし​老人​と​いう​わけ​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。5000​年​以上​前​の​当時,人々​の​寿命​は​今​より​ずっ​と​長かっ​た​から​です。最初​の​人間​アダム​は,エノク​が​生ま​れ​た​時​600​歳​を​超え​て​おり,その​後​も​300​年​以上​生き​まし​た。アダム​の​子孫​の​中​に​は,もっと​長生き​し​た​人​たち​も​い​ます。ですから​365​歳​の​エノク​は​まだまだ​元気​で,これ​から​も​長生き​し​そう​に​見え​た​でしょ​う。しかし,そう​は​なり​ませ​ん​でし​た。

エノク​は​命​の​危険​に​さらさ​れ​て​い​た​こと​でしょ​う。想像​し​て​み​て​ください。エノク​は​必死​に​逃げ​て​い​ます。神​から​の​音信​を​伝え​た​時​の​人々​の​反応​が​頭​から​離れ​ませ​ん。顔​は​怒り​で​ゆがん​で​い​まし​た。憎しみ​を​あらわ​に​し,音信​を​あざけり​まし​た。エノク​を​遣わし​た​神​の​こと​も​悪く​言い​まし​た。エホバ​神​を​攻撃​する​こと​は​でき​ない​の​で,エノク​に​矛先​を​向け​ます。エノク​は「もう​家族​の​顔​を​見る​こと​は​でき​ない​か​も​しれ​ない」と​思っ​た​こと​でしょ​う。妻​や​娘​たち,息子​の​メトセラ,孫​の​レメク​の​こと​を​考え​て​い​た​か​も​しれ​ませ​ん。(創世記 5:21‐23,25)エノク​は​どう​なっ​て​しまう​の​でしょ​う​か。

聖書​は​エノク​に​つい​て​多く​を​述べ​て​は​い​ませ​ん。3​つ​の​短い​記述​が​ある​だけ​です。(創世記 5:21‐24。ヘブライ 11:5。ユダ 14,15)しかし​その​記述​を​読む​と,強い​信仰​を​示し​た​エノク​の​人物​像​を​ある​程度​思い描け​ます。あなた​は​家族​を​養っ​て​い​ます​か。正しい​と​信じる​事柄​を​行なう​ため​に​大変​な​思い​を​し​た​こと​が​あり​ます​か。もし​そう​で​あれ​ば,エノク​の​信仰​から​多く​を​学べる​でしょ​う。

「エノク​は​まこと​の​神​と​共​に​歩みつづけ[た]」

アダム​から​7​代​目​に​当たる​エノク​の​時代,人々​は​邪悪​な​歩み​を​し​て​い​まし​た。身体​的​に​は,完全​だっ​た​ころ​の​アダム​と​エバ​に​近い​状態​に​あり​まし​た。寿命​が​長かっ​た​の​は​その​ため​です。しかし,道徳​的​に​は​ひどい​状態​に​あり,神​と​の​関係​も​損なわ​れ​て​い​まし​た。暴力​行為​が​あちこち​で​見​られ​まし​た。暴力​的​な​傾向​は,アダム​の​次​の​世代​の​カイン​が​弟​の​アベル​を​殺し​た​時​に​始まり​まし​た。カイン​の​子孫​の​一​人​は,自分​が​カイン​より​も​暴力​的​で​復しゅう​心​に​満ち​て​いる​こと​を​誇り​に​思っ​て​い​た​よう​です。3​代​目​に​なる​と,人々​は​別​の​悪い​事柄​を​行ない​始め​ます。エホバ​の​名​を​呼び求める​よう​に​なっ​た​の​です。と​いっ​て​も,敬意​の​こもっ​た​崇拝​の​ため​で​は​あり​ませ​ん。人々​は​神​の​神聖​な​名​を​冒とく​的​で​不敬​な​仕方​で​用い​て​い​た​よう​です。―創世記 4:8,23‐26

その​よう​な​腐敗​し​た​宗教​は,エノク​の​時代,かなり​広まっ​て​い​た​こと​でしょ​う。エノク​は​成長​し,選択​を​迫ら​れ​ます。周囲​の​人​たち​と​同じ​よう​な​生き方​を​する​でしょ​う​か。それとも,天​と​地​を​造っ​た​まこと​の​神​エホバ​に​仕える​でしょ​う​か。エノク​は​アベル​に​つい​て​知っ​た​時,深く​感動​し​た​に​違いあり​ませ​ん。アベル​は​エホバ​に​喜ば​れる​崇拝​を​ささげ,殉教​の​死​を​遂げ​まし​た。自分​も​アベル​の​よう​に​歩も​う,と​エノク​は​決意​し​ます。創世記 5​章​22​節 は,「エノク​は……まこと​の​神​と​共​に​歩みつづけ[た]」と​述べ​て​い​ます。この​表現​から,当時​の​不​敬虔​な​世​で,エノク​が​敬虔​な​人​と​し​て​際立っ​て​い​た​こと​が​分かり​ます。聖書​が​この​表現​を​用い​て​いる​人​は​エノク​が​初めて​です。

同じ​聖句​に​は,エノク​が​メトセラ​の​父​と​なっ​た​後,エホバ​と​共​に​歩み​つづけ​た,と​あり​ます。エノク​は​65​歳​くらい​の​時​に​メトセラ​の​父​と​なり​まし​た。聖書​に​は,妻​の​名前​や​子ども​たち​の​数​は​記さ​れ​て​い​ませ​ん​が,「息子​や​娘​たち」が​い​た​と​述べ​られ​て​い​ます。父親​が​家族​を​養い,子ども​を​育て​ながら​神​と​共​に​歩む​ため​に​は,神​の​方法​で​家族​を​世話​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。エノク​は,妻​に​忠実​に​堅く​付く​こと​を​エホバ​が​期待​し​て​おら​れる,と​いう​こと​を​理解​し​て​い​まし​た。(創世記 2:24)また,子ども​たち​に​エホバ​神​に​つい​て​教える​ため​最善​を​尽くし​た​に​違いあり​ませ​ん。どんな​結果​に​なっ​た​でしょ​う​か。

聖書​は​詳しい​こと​を​述べ​て​い​ませ​ん。息子​メトセラ​の​信仰​に​つい​て​も​特に​述べ​て​い​ませ​ん。メトセラ​が​聖書​の​記録​上,最も​長く​生き,大​洪水​が​生じ​た​年​に​死ん​だ​こと​は​分かっ​て​い​ます。メトセラ​に​は​息子​が​生まれ,レメク​と​名づけ​られ​まし​た。レメク​の​生涯​は,祖父​エノク​の​生涯​と​100​年​以上​重なっ​て​い​ます。レメク​は​成長​し​て​優れ​た​信仰​を​示し​まし​た。エホバ​は​レメク​に​霊感​を​与え,息子​の​ノア​に​つい​て​預言​さ​せ​まし​た。その​預言​は​大​洪水​の​後​に​成就​し​まし​た。ノア​は​曾祖父​エノク​と​同様,神​と​共​に​歩ん​だ​人​と​し​て​際立っ​て​い​ます。ノア​は​エノク​に​会っ​た​こと​は​あり​ませ​ん​が,エノク​の​歩み​に​つい​て​学ん​で,豊か​な​相続​財産​と​言える​もの​を​受け継ぎ​まし​た。ノア​は​父​レメク​か​祖父​メトセラ,あるいは​ノア​が​366​歳​の​時​に​死ん​だ​エノク​の​父​ヤレド​から,エノク​に​つい​て​学ん​だ​の​か​も​しれ​ませ​ん。―創世記 5:25‐29; 6:9; 9:1

エノク​と​アダム​は​非常​に​対照​的​でし​た。アダム​は​完全​でし​た​が,エホバ​に​対し​て​罪​を​犯し,反逆​と​苦しみ​と​いう​相続​財産​を​子孫​に​残し​まし​た。他方,エノク​は​不​完全​でし​た​が,神​と​共​に​歩み,信仰​と​いう​相続​財産​を​子孫​に​残し​まし​た。アダム​は​エノク​が​308​歳​の​時​に​死に​まし​た。アダム​の​家族​が​利己​的​な​父祖​の​死​を​嘆き悲しん​だ​の​か​どう​か​は​分かり​ませ​ん。いずれ​に​し​て​も,エノク​は「まこと​の​神​と​共​に​歩みつづけ」まし​た。―創世記 5:24

家族​の​頭​は,エノク​の​信仰​から​何​を​学べる​でしょ​う​か。家族​を​物質​的​に​養う​こと​は​大切​です​が,最も​大切​な​の​は​神​と​の​関係​を​強める​よう​助ける​こと​です。(テモテ​第​一 5:8)言葉​と​行ない​に​よっ​て​助ける​必要​が​あり​ます。エノク​の​よう​に​神​と​共​に​歩む​こと​を​選び,聖書​に​収め​られ​て​いる​神​の​規準​に​従っ​て​生きる​なら,豊か​な​相続​財産​を​家族​に​与える​こと​が​でき​ます。見倣う​べき​模範​と​いう​貴重​な​財産​です。

エノク​は「彼ら​に​つい​て​預言​し」た

信仰​の​人​エノク​は,不​信仰​な​世​で​孤独​感​を​味わっ​て​い​た​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,エホバ​神​は​エノク​に​目​を​留め​られ​まし​た。ある​日,エホバ​は​この​忠実​な​僕​に​語りかけ,当時​の​人々​に​伝える​べき​音信​を​与え​まし​た。エノク​を​預言​者​と​され​た​の​です。エノク​は,伝え​た​音信​の​内容​が​聖書​の​中​で​明らか​に​され​て​いる,歴史​上​最初​の​人​ です。何千​年​も​後​に,イエス​の​異父​兄弟​ユダ​が​エノク​の​預言​の​言葉​を​聖書​に​記し​まし​た。 *

エノク​は​こう​預言​し​まし​た。「見よ,エホバ​は​その​聖​なる​巨万​の​軍​を​率い​て​来​られ​た。すべて​の​者​に​裁き​を​執行​する​ため,また,すべて​の​不​敬虔​な​者​を,不​敬虔​な​仕方​で​行なっ​た​その​すべて​の​不​敬虔​な​行為​に​関し,そして​不​敬虔​な​罪人​が​神​に​逆らっ​て​語っ​た​すべて​の​衝撃​的​な​事柄​に​関し​て​断罪​する​ため​で​ある」。(ユダ 14,15)まず,エノク​が​過去​形​で​述べ​て​いる​こと​に​気づく​でしょ​う。神​が​預言​の​内容​を​すでに​実行​し​た​か​の​よう​に​述べ​て​い​ます。その​後​の​預言​者​の​多く​も​この​手法​を​用い​まし​た。起きる​こと​が​非常​に​確実​な​の​で,すでに​起き​た​こと​で​ある​か​の​よう​に​述べ​て​いる​の​です。―イザヤ 46:10

エノク​は​敵対​的​な​世​で,恐れ​ず​に​神​の​音信​を​伝え​た

エノク​は​恐らく,人々​の​ところ​に​出かけ​て​行っ​て​この​音信​を​宣べ伝え​た​の​でしょ​う。それ​は​簡単​な​仕事​で​は​なかっ​た​はず​です。伝える​べき​警告​は​非常​に​強力​でし​た。当時​の​人々,人々​の​行為,人々​の​行動​の​仕方​を​糾弾​する​ため​に,「不​敬虔​な」と​いう​言葉​が​4​回​用い​られ​て​い​ます。エデン​から​追放​さ​れ​て​以来​人々​が​築い​て​き​た​世界​が​腐敗​し​切っ​て​いる​こと​を​警告​し​た​の​です。エホバ​が「聖​なる​巨万​の​軍」つまり​強力​な​天使​たち​の​軍勢​を​率い​て​来​られる​時,その​世​は​大​変災​に​よる​終わり​を​迎え​ます。エノク​は​この​音信​を​たっ​た​一​人​で​恐れ​ず​に​伝え​た​の​です。若い​レメク​は​その​様子​を​見​て,祖父​の​勇気​に​感銘​を​受け​た​か​も​しれ​ませ​ん。いずれ​に​し​て​も,エノク​は​素晴らしい​信仰​を​示し​まし​た。

エノク​の​信仰​に​つい​て​学ぶ​と,自分​は​今​の​世​に​対し​て​神​と​同じ​見方​を​し​て​いる​だろ​う​か,と​考え​させ​られ​ます。エノク​が​大胆​に​宣明​し​た​裁き​の​音信​は,エノク​の​時代​の​世​と​同様,今日​の​世​に​も​当てはまり​ます。エノク​の​警告​どおり,エホバ​は​ノア​の​時代​の​不​敬虔​な​世​を​大​洪水​で​滅ぼさ​れ​まし​た。その​滅び​は,これ​から​臨む​さらに​大きな​滅び​の​型​と​なっ​て​い​ます。(マタイ 24:38,39。ペテロ​第​二 2:4‐6)神​は​間​も​なく,聖​なる​巨万​の​軍​を​率い​て,不​敬虔​な​世​に​公正​な​裁き​を​執行​し​よう​と​し​て​おら​れ​ます。わたしたち​一人一人​は,エノク​の​警告​に​留意​し,他​の​人​たち​に​裁き​の​音信​を​伝える​必要​が​あり​ます。家族​や​友人​は​警告​に​関心​を​示さ​ない​か​も​しれ​ませ​ん。その​ため​に​孤独​感​を​味わう​こと​も​ある​でしょ​う。しかし,エホバ​は​エノク​を​見捨て​られ​なかっ​た​よう​に,今日​の​忠実​な​僕​たち​を​見捨て​られる​こと​も​あり​ませ​ん。

「死​を​見​ない​よう​に​移さ​れ[た]」

エノク​の​最期​は​どの​よう​な​もの​だっ​た​の​でしょ​う​か。ある​意味​で,エノク​の​死​は​その​人生​より​も​謎めい​て​い​ます。創世記​に​は​こう​あり​ます。「エノク​は​まこと​の​神​と​共​に​歩みつづけ,その​のち​い​なく​なっ​た。神​が​彼​を​取ら​れ​た​から​で​ある」。(創世記 5:24)神​は​どの​よう​に​エノク​を​取ら​れ​た​の​でしょ​う​か。後​に​使徒​パウロ​は​こう​述べ​まし​た。「信仰​に​よっ​て,エノク​は​死​を​見​ない​よう​に​移さ​れ,神​が​彼​を​移さ​れ​た​の​で,彼​は​どこ​に​も​見いださ​れ​なく​なり​まし​た。彼​は,移さ​れる​前​に,神​を​十分​に​喜ばせ​た​と​証し​さ​れ​た​の​です」。(ヘブライ 11:5)「死​を​見​ない​よう​に​移さ​れ[た]」と​は​どう​いう​意味​です​か。幾つ​か​の​聖書​翻訳​に​ある​とおり,神​は​エノク​を​天​に​取ら​れ​た​の​でしょ​う​か。それ​は​あり得​ませ​ん。聖書​に​よれ​ば,天​に​初めて​復活​し​た​の​は​イエス​・​キリスト​だ​から​です。―ヨハネ 3:13

では,エノク​は​どの​よう​に「死​を​見​ない​よう​に​移さ​れ[た]」の​でしょ​う​か。エホバ​は,エノク​が​死​の​苦しみ​を​ 味わう​こと​の​ない​よう,生​から​死​へ​そっと​移さ​れ​た​の​でしょ​う。しかし​その​前​に,エノク​は「神​を​十分​に​喜ばせ​た​と​証し​さ​れ」まし​た。どの​よう​に​です​か。死​の​直前​に​神​から​幻​を​与え​られ,地上​の​パラダイス​を​見​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。エホバ​の​是認​を​感じ​させる​その​幻​を​見​ながら,エノク​は​死​の​眠り​に​就き​まし​た。パウロ​が​述べ​た​とおり,エノク​や​他​の​忠実​な​人​たち​は「みな​信仰​の​うち​に​死に​まし​た」。(ヘブライ 11:13)エノク​の​死後,敵​たち​は​エノク​の​遺体​を​探し​た​か​も​しれ​ませ​ん​が,それ​は「どこ​に​も​見いださ​れ」ませ​ん​でし​た。敵​たち​が​その​体​を​ふさわしく​ない​仕方​で​扱っ​たり,偽り​の​崇拝​を​推し進める​ため​に​用い​たり​する​こと​の​ない​よう,エホバ​が​処分​さ​れ​た​の​でしょ​う。 *

聖書​の​こう​し​た​記述​を​念頭​に​置い​て,エノク​が​どの​よう​な​最期​を​迎え​た​か​を​想像​し​て​み​ましょ​う。1​つ​の​可能​性​に​すぎ​ませ​ん​が,次​の​よう​な​こと​が​あっ​た​か​も​しれ​ませ​ん。エノク​は​必死​に​逃げ​て​い​ます​が,体​は​もう​限界​です。裁き​の​音信​を​聞い​て​怒り狂っ​た​迫害​者​たち​が​あと​を​追っ​て​き​ます。エノク​は​身​を​隠す​場所​を​見つけ​て​一息​つき​ます​が,見つかる​の​は​時間​の​問題​です。捕まっ​たら,残酷​な​仕方​で​殺さ​れる​でしょ​う。エノク​は​息​を​整え​ながら​神​に​祈り​ます。すると​深い​安らぎ​を​覚え​ます。幻​が​与え​られ​た​の​は​その​時​です。エノク​は​まるで​現実​を​見​て​いる​よう​に​感じ​ます。

エホバ​は,エノク​が​残酷​な​仕方​で​殺さ​れ​よう​と​し​て​い​た​時​に​エノク​を​取ら​れ​た​の​か​も​しれ​ない

眼前​に​広がる​の​は,今​まで​見​た​こと​も​ない​よう​な​光景​です。エデン​の​園​の​よう​に​美しい​場所​です​が,見張り​の​ケルブ​たち​は​い​ませ​ん。大勢​の​人​たち​が​おり,みな​若く​健康​で,活力​に​あふれ​て​い​ます。平和​が​行き渡っ​て​い​ます。憎しみ​や​宗教​上​の​迫害​など​全く​ない​世界​です。エノク​は​エホバ​の​気遣い​と​愛​と​是認​を​感じ​ます。これ​こそ​自分​が​住む​場所​だ,と​確信​し​ます。エノク​は​安らぎ​に​包ま​れ,そっと​目​を​閉じ,深い​眠り​に​身​を​ゆだね​ます。

エノク​は​今​も​深い​死​の​眠り​に​就い​て​い​ます。エホバ​神​の​無限​の​記憶​の​中​に​大切​に​収め​られ​て​いる​の​です。イエス​が​約束​し​た​とおり,神​の​記憶​の​中​に​いる​人​すべて​は,やがて​キリスト​の​声​を​聞き,墓​から​出​て​来​ます。そして,美しく​平和​な​新しい​世​を​目​に​する​こと​でしょ​う。―ヨハネ 5:28,29

あなた​も​その​場​に​い​たい​と​思い​ませ​ん​か。エノク​に​会え​たら,きっと​様々​な​興味深い​こと​を​教え​て​もらえる​でしょ​う。エノク​が​死​の​間際​に​経験​し​た​こと​が,わたしたち​の​想像​どおり​か​どう​か​を​聞ける​か​も​しれ​ませ​ん。しかし​今,エノク​から​学ぶ​べき​教訓​が​あり​ます。パウロ​は​エノク​に​言及​し​た​後,こう​書き​まし​た。「信仰​が​なけれ​ば,神​を​十分​に​喜ばせる​こと​は​でき​ませ​ん」。(ヘブライ 11:6)わたしたち​も​ぜひ​エノク​の​勇気​と​信仰​に​倣い​たい​もの​です。

^ 14節 ユダ​は​エノク​書​と​呼ば​れる​外典​から​引用​し​た,と​考える​聖書​学​者​も​い​ます。しかし,その​書​は​起源​が​はっきり​せ​ず,架空​の​話​が​収め​られ​て​おり,エノク​が​記し​た​もの​で​は​あり​ませ​ん。エノク​の​預言​に​正確​に​言及​し​て​い​ます​が,現在​で​は​確認​でき​ない​古代​の​文献​か​口頭​伝承​を​引用​し​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。ユダ​は​同じ​古代​の​情報​源​を​用い​た​の​か​も​しれ​ませ​ん​し,イエス​から​エノク​に​つい​て​聞い​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。イエス​は​天​から​エノク​の​人生​を​見​て​い​た​から​です。

^ 20節 神​は​モーセ​や​イエス​の​体​も​誤用​さ​れ​ない​よう​に​処分​し​た​と​思わ​れ​ます。―申命記 34:5,6。ルカ 24:3‐6。ユダ 9