内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

仕事

仕事

だれ​か​と​友達​に​なり​たい​とき,その​人​の​経歴​や,どんな​苦労​を​し​て​き​た​か​を​知る​なら,もっと​親しく​なれ​ます。同じ​よう​に,神様​の​仕事,つまり​これ​まで​し​て​き​た​こと​を​調べる​なら,もっと​親しく​なれ​ます。わたしたち​の​現在​と​将来​に​どんな​影響​を​与え​て​いる​か​が​分かり,驚く​か​も​しれ​ませ​ん。

すべて​の​もの​を​人間​の​ため​に​造っ​た

エホバ​神​は​偉大​な​創造​者​で,その「見え​ない​特質……は,造ら​れ​た​物​を​通し​て​認め​られる​の​で,世界​の​創造​以来​明らか​に​見え」ます。(ローマ 1:20)「神​は​その​力​に​よっ​て​地​を​造っ​た​方,その​知恵​に​よっ​て​産出​的​な​地​を​堅く​立て​た​方,その​理解​に​よっ​て​天​を​張り伸ばし​た​方」です。(エレミヤ 10:12)創造​と​いう​奇跡​から,神様​が​人間​を​気遣っ​て​いる​こと​も​分かり​ます。

エホバ​は​人間​を「自分​の​像​に」,つまり​神様​に​似​た​者​と​し​て​創造​し​まし​た。それ​が​どれ​ほど​人生​を​価値​ある​もの​と​し​て​いる​か​を​考え​て​み​て​ください。(創世記 1:27)人間​は​神様​の​完璧​な​性格​を​ある​程度​見倣い,神様​の​見方​や​価値​観​を​理解​する​こと​が​できる​の​です。わたしたち​が​そう​する​よう​努力​する​とき,もっと​幸せ​で​充実​し​た​人生​を​送る​こと​が​でき​ます。神様​と​の​友情​を​持つ​こと​も​できる​の​です。

神様​が​わたしたち​の​幸福​を​願っ​て​いる​こと​は,地球​の​造り​を​見​て​も​分かり​ます。使徒​パウロ​は​こう​言い​まし​た。「[神​は]天​から​の​雨​と​実り​の​季節​を​与え,食物​と​楽しさ​と​を​もっ​て[わたしたち]の​心​を​存分​に​満たさ​れ​た​の​ですから,決して​ご自身​を​証し​の​ない​まま​に​し​て​おか​れ​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん」。(使徒 14:17)神様​は,生き​て​いく​の​に​不可欠​な​もの​だけ​で​は​なく,生活​を​楽しむ​ため​に​バラエティー​に​富む​多く​の​もの​を​与え​て​ください​まし​た。しかし,これら​は​神様​が​し​て​くださっ​て​いる​こと​の​ほんの​一面​に​すぎ​ませ​ん。

エホバ​神​は​人間​が​永遠​に​住む​ため​に​地球​を​造り​まし​ た。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「神​は​これ[地球]を​人​の​子​ら​に​お与え​に​なっ​た」。神様​は​地球​を「いたずら​に[または,意味​も​なく]創造​せ​ず,人​が​住む​ため​に​形造ら​れ​た」の​です。(詩編 115:16。イザヤ 45:18)どんな​人​が​どれ​ほど​の​期間​住む​の​でしょ​う​か。「義​なる​者​たち​は​地​を​所有​し,そこ​に​永久​に​住む」の​です。(詩編 37:29

エホバ​は​最初​の​人間​アダム​と​エバ​を​創造​し​て​地上​の​パラダイス​に​住まわ​せ,「それ​を​耕さ​せ,また​その​世話​を​させ」まし​た。(創世記 2:8,15)また,「子​を​生ん​で​多く​なり,地​に​満ち​て,それ​を​従わせ[る]」と​いう​やりがい​の​ある​仕事​を​与え​まし​た。(創世記 1:28)アダム​と​エバ​に​は,地上​で​楽しく​いつ​まで​も​生きる​と​いう​希望​が​あり​まし​た。しかし,2​人​は​神様​に​逆らい,「義​なる​者」と​なっ​て「地​を​所有」すると​いう​見込み​を​失い​まし​た。と​は​いえ,2​人​の​反逆​に​よっ​て​神様​の​目的​が​変わる​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。その​点​は​後程​考え​ます。まずは,神様​が​行なっ​た​別​の​仕事​を​み​て​み​ましょ​う。

聖書​を​与え​た

聖書​は​神様​の​言葉​と​し​て​知ら​れ​て​い​ます。エホバ​は​なぜ​聖書​を​与え​て​くださっ​た​の​でしょ​う​か。主​な​理由​は,わたしたち​が​エホバ​に​つい​て​学ぶ​ため​です。(箴言 2:1‐5)もちろん,聖書​を​調べれ​ば,神様​に​関する​疑問​が​すべて​解決​する​わけ​で​は​あり​ませ​ん。その​よう​な​本​は​あり​ませ​ん。(伝道​の​書 3:11)それでも,聖書​の​情報​は​神様​を​知る​助け​に​なり​ます。例えば,人間​へ​の​接し方​から,神様​が​どの​よう​な​方​か​が​分かり​ます。また,どう​すれ​ば​神様​に​喜ば​れる​人​に​なれる​か​を​知る​こと​が​でき​ます。(詩編 15:1‐5)さらに,宗教​や​道徳,お金​や​物​に​対する​神様​の​見方​も​学べ​ます。そして,神様​の​子​イエス​・​キリスト​の​生き方​は,エホバ​が​どの​よう​な​方​な​の​か​を​一番​良く​描き出し​て​い​ます。(ヨハネ 14:9

エホバ​が​聖書​を​書か​せ​た​もう​一つ​の​理由​は,わたしたち​が​幸せ​で​充実​し​た​生活​を​送る​ため​です。エホバ​は,仲​の​良い​家庭​を​築き,満足​の​いく​人生​を​送り,生活​の​不安​に​対処​する​ため​の​方法​を​教え​て​ください​ます。また,後​の​記事​で​取り上げ​ます​が,聖書​は​人生​の​いろんな​疑問​に​も​答え​て​い​ます。なぜ​これ​ほど​多く​の​苦しみ​が​ある​の​か,将来​は​どう​なる​か,と​いっ​た​疑問​です。さらに,神様​が​当初​の​目的​を​果たす​ため​に​何​を​し​て​くださっ​た​か​に​つい​て​も​教え​て​い​ます。

聖書​は​神様​に​よる​類例​の​ない​書物​です。その​証拠​は​たくさん​あり​ます。聖書​は​1600​年​以上​かけ​て​40​人​ほど​の​人​たち​に​よっ​て​書き記さ​れ​まし​た。しかし,実際​の​著者​は​神様​おひとり​な​の​で,全体​が​1​つ​の​テーマ​で​まとまっ​て​い​ます。(テモテ​第​二 3:16)他​の​古代​の​作品​と​は​異​なり,その​内容​の​正確​さ​は​時代​を​超え​て​保た​れ​て​い​ます。それ​は,何千​も​の​古代​の​聖書​写本​に​よっ​て​裏付け​られ​て​い​ます。さらに​聖書​は,翻訳​や​配布​や​所持​が​禁止​さ​れる​中​で​も​生き延び​まし​た。そして​今や,聖書​は​世界​中​で​最も​広く​配布​され,多く​の​言語​に​翻訳​さ​れ​て​い​ます。聖書​が​今​で​も​読める​と​いう​こと​は,「神​の​言葉​は,定め​の​ない​時​に​至る​まで​保つ」と​いう​言葉​の​証明​と​なっ​て​い​ます。(イザヤ 40:8

目的​を​確実​に​果たす​手段​を​整え​た

神様​が​行なっ​た​もう​一つ​の​仕事​は,目的​を​確実​に​果たす​ため​に​特別​な​対策​を​立てる​こと​でし​た。神様​の​当初​の​目的​は​人間​が​地上​で​永遠​に​生きる​こと​でし​た。しかし,アダム​が​神様​に​反逆​し​て​罪​を​犯し​た​時,自分​だけ​で​なく​未来​の​子ども​たち​も​永遠​に​生き​られ​なく​なり​まし​た。聖書​に​は​こう​あり​ます。「一​人​の​人​を​通し​て​罪​が​世​に​入り,罪​を​通し​て​死​が​入り,こう​し​て​死​が,すべて​の​人​が​罪​を​おかし​た​が​ゆえに​すべて​の​人​に​広がっ​た」。(ローマ 5:12)神様​の​目的​は​阻ま​れ​た​か​の​よう​に​見え​まし​た。エホバ​は​どう​対処​し​た​でしょ​う​か。

その​対処​の​仕方​に​は​エホバ​の​性格​が​表われ​て​い​ます。エホバ​は​アダム​と​エバ​に​行動​の​責任​を​問い,公正​の​規準​を​守り​まし​た。しかし,愛​に​動かさ​れ​て,2​人​の​子孫​を​救う​手段​を​講じ​まし​た。知恵​を​働か​せ​て​対処​法​を​決め,それ​を​すぐ​に​発表​し​まし​た。(創世記 3:15)エホバ​は​自分​の​子​で​ある​イエス​・​キリスト​に​よっ​て,人類​を​罪​と​死​から​解放​し​ます。どう​やっ​て​解放​する​の​でしょ​う​か。

 エホバ​は,アダム​の​反逆​の​影響​から​人類​を​救う​ため,イエス​を​地上​に​遣わし​ます。イエス​は​命​に​至る​道​を​人々​に​教え,自分​の​命​を「多く​の​人​と​引き換える​贖い​と​し​て​与え」ます。 *マタイ 20:28。ヨハネ 14:6)イエス​は​アダム​の​よう​に​完全​だっ​た​の​で,贖い​を​与える​こと​が​でき​まし​た。しかし,アダム​と​は​違い,死ぬ​まで​ずっ​と​神様​に​従順​でし​た。死​に​値する​よう​な​こと​は​何​も​し​て​い​なかっ​た​の​で,エホバ​は​イエス​を​復活​さ​せ​て,天​で​の​命​を​与え​まし​た。そして,イエス​は​アダム​の​代わり​に,従順​な​人​たち​に​永遠​の​命​の​希望​を​与え​まし​た。「一​人​の​人​の​不​従順​を​通し​て​多く​の​者​が​罪人​と​され​た​の​と​同じ​よう​に,一​人​の​方​の​従順​を​通し​て​多く​の​者​が​義​と​される​の​です」。(ローマ 5:19)神様​は​イエス​の​贖い​の​犠牲​に​よっ​て,人類​が​地上​で​永遠​に​生きる​と​いう​約束​を​果たして​ください​ます。

アダム​が​引き起こし​た​問題​へ​の​対処​の​仕方​から,エホバ​に​つい​て​たくさん​の​こと​が​分かり​ます。まず,エホバ​の​目的​の​実現​を​阻止​できる​もの​は​何一つ​あり​ませ​ん。エホバ​の​言葉​は「確か​な​成功​を​収める」の​です。(イザヤ 55:11)また,エホバ​の​愛​の​深さ​を​知る​こと​が​でき​ます。「これ​に​よっ​て​神​の​愛​が​明らか​に​され​まし​た。すなわち,神​は​ご自分​の​独り子​を​世​に​遣わし,彼​に​よっ​て​わたしたち​が​命​を​得​られる​よう​に​し​て​くださっ​た​から​です。愛​は​この​点,わたしたち​が​神​を​愛し​て​き​た​と​いう​より​は,神​が​わたしたち​を​愛し,ご自分​の​み子​を​わたしたち​の​罪​の​ため​の​なだめ​の​犠牲[または,罪​を​償う​犠牲]と​し​て​遣わし​て​くださっ​た,と​いう​こと​です」。(ヨハネ​第​一 4:9,10

神様​は「ご自身​の​み子​を​さえ​惜しま​ず,わたしたち​すべて​の​ため​に​これ​を​引き渡し​て​くださ[い​まし​た]」。ですから「親切​に」,自分​が​約束​し​た「ほか​の​すべて​の​もの​を​も​与え​て​くださ[い​ます]」。(ローマ 8:32)では,ほか​に​どんな​こと​を​約束​し​て​くださっ​て​いる​の​でしょ​う​か。次​の​記事​で​考え​ましょ​う。

神様​の​仕事 エホバ​は​人間​を​創造​し,地上​で​永遠​に​生き​られる​よう​に​し​まし​た。また,聖書​を​与え,わたしたち​が​エホバ​に​つい​て​学べる​よう​に​し​まし​た。エホバ​は​さらに,イエス​・​キリスト​に​よる​贖い​を​与え,目的​が​確実​に​果たさ​れる​よう​に​し​まし​た。

^ 16節 贖い​に​つい​て​さらに​知り​たい​方​は,エホバ​の​証人​が​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」の​第​5​章​を​ご覧​ください。この​本​は​ウェブサイト​www.jw.org​で​ご覧​いただけ​ます。