内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

時代遅れ,それとも時代を先取り?

時代遅れ,それとも時代を先取り?

科学

聖書​は​科学​の​教科​書​で​は​あり​ませ​ん​が,書か​れ​た​当時​の​常識​を​はるか​に​しのぐ​情報​が​収め​られ​て​い​ます。例​を​幾つ​か​取り上げ​ます。

宇宙​に​は​始まり​が​あり​まし​た​か

かつて​科学​者​たち​は,その​答え​は「ノー」だ​と​考え​て​い​まし​た。しかし​今​で​は,宇宙​に​始まり​が​あっ​た​こと​を​ほとんど​の​人​が​認め​て​い​ます。聖書​は​最初​から​はっきり​と​そう​述べ​て​い​まし​た。(創世記 1:1

地球​は​どんな​形​を​し​て​い​ます​か

古代​の​多く​の​人​は,地球​は​平面​だ​と​思っ​て​い​まし​た。西暦​前​5​世紀​の​ギリシャ​の​科学​者​たち​は,地球​が​球体​で​は​ない​か​と​考え​まし​た。しかし​聖書​筆者​イザヤ​は,西暦​前​8​世紀​に​は​すでに,円​または​球​を​意味​する​語​を​用い​て,地球​の​こと​を「地​の​円」と​述べ​て​い​ます。(イザヤ 40:22

宇宙​は​やがて​崩壊​し​ます​か

西暦​前​4​世紀​の​ギリシャ​の​科学​者​アリストテレス​は,崩壊​は​地上​だけ​で​起こり,星​の​輝く​天空​は​決して​変化​し​たり​崩壊​し​たり​し​ない,と​教え​まし​た。その​見解​が,何​世紀​に​も​わたっ​て​受け入れ​られ​て​い​まし​た。しかし​19​世紀,科学​者​たち​に​よっ​て​エントロピー​と​いう​概念​が​導入​さ​れ​まし​た。宇宙​の​もの​で​あれ​地球​の​もの​で​あれ,すべて​の​物質​は​やがて​崩壊​する,と​いう​概念​です。この​概念​の​構築​に​貢献​し​た​科学​者​の​1​人​で​ある​ケルビン​卿​は,天​と​地​は「衣​の​よう​に​みな​古び​て​しまい​ます」と​いう​記述​が​聖書​に​ある​こと​に​注目​し​まし​た。(詩編 102:25,26)と​は​いえ,ケルビン​は,聖書​が​教え​て​いる​よう​に,神様​なら​ご自分​の​創造​し​た​もの​が​崩壊​し​ない​よう​に​も​できる,と​信じ​て​い​まし​た。(伝道​の​書 1:4

何​が​地球​など​の​天体​を​支え​て​い​ます​か

アリストテレス​は,すべて​の​天体​が​幾​層​も​の​透明​な​同心​球状​の​殻​の​中​に​あり,その​中心​に​地球​が​ある,と​教え​まし​た。西暦​18​世紀​まで​に​は,科学​者​たち​は​星​や​惑星​が​宙​に​浮かん​で​いる​こと​を​認め​つつ​あり​まし​た。しかし,西暦​前​15​世紀​に​書か​れ​た,聖書​の​ヨブ​記​は,宇宙​を​造っ​た​神様​が「地​を​無​の​上​に​掛け​て​おら​れる」と​述べ​て​い​ます。(ヨブ 26:7

 医学

聖書​は​医学​の​教科​書​で​は​あり​ませ​ん​が,衛生​に​関する​先進​的​な​情報​が​収め​られ​て​い​ます。

病人​の​隔離

モーセ​の​律法​は,重い​皮膚​病​に​かかっ​て​いる​人​を​隔離​する​よう​指示​し​て​い​まし​た。中世​に​ペスト​など​が​大​流行​し​て,医師​たち​は​ようやく​隔離​の​大切​さ​に​気づき​まし​た。隔離​と​いう​方法​は​今​で​も​有効​です。(レビ​記 13,14​章

死体​に​触れ​た​後​の​手洗い

19​世紀​の​終わり​まで,医師​たち​は​死体​を​扱っ​た​後,手​を​洗わ​ず​に​患者​を​治療​する​こと​が​少なく​あり​ませ​ん​でし​た。その​せい​で,多く​の​死亡​者​が​出​まし​た。モーセ​の​律法​に​よる​と,死体​に​触れ​た​人​は​皆,宗教​的​に​汚れ​た​もの​と​みなさ​れ,水​で​清める​必要​が​あり​まし​た。そう​し​た​宗教​的​な​習わし​に​は,健康​面​で​の​益​も​あり​まし​た。(民数記 19:11,19

排せつ​物​の​処理

毎年,50万​人​を​超える​子ども​たち​が​下痢​の​せい​で​死亡​し​て​い​ます。排せつ​物​が​適切​に​処理​さ​れ​て​い​ない​こと​が​主​な​原因​です。モーセ​の​律法​は,排せつ​物​を​人​が​住ん​で​いる​所​から​離れ​た​場所​に​埋める​よう​命じ​て​い​ます。(申命記 23:13

割礼​を​施す​時期

神​の​律法​に​よる​と,男​の​子​に​は​生後​8​日​目​に​割礼​を​施す​こと​に​なっ​て​い​まし​た。(レビ​記 12:3)新生​児​の​血液​の​凝固​力​は,生後​1​週​間​が​過ぎる​と​正常​な​レベル​に​達する​と​言わ​れ​て​い​ます。現代​の​よう​な​医療​が​受け​られ​なかっ​た​聖書​時代​に​は,生後​1​週​間​を​過ぎ​て​から​割礼​を​施す​の​は​賢明​な​こと​でし​た。

心​の​健康​と​体​の​健康

研究​に​よる​と,喜び,希望,感謝,進ん​で​許す​態度​と​いっ​た​ポジティブ​な​気持ち​は​体​の​健康​に​良い​影響​を​及ぼし​ます。聖書​も,「喜び​に​満ち​た​心​は​治療​薬​と​し​て​良く​効き,打ちひしが​れ​た​霊​は​骨​を​枯らす」と​述べ​て​い​ます。(箴言 17:22