内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

聖書の教え 生きている知恵

聖書の教え 生きている知恵

想像​し​て​み​て​ください。あなた​は​古代​の​モニュメント​が​数多く​展示​さ​れ​て​いる​博物​館​を​見学​し​て​い​ます。その​ほとんど​は​劣化​し​て​おり,大きく​破損​し​て​いる​もの​も​あり​ます。しかし,たっ​た​1​つ​だけ​無傷​の​もの​が​あり​ます。複雑​な​デザイン​に​も​かかわら​ず,細部​まで​そっくり​そのまま​残っ​て​い​ます。そこで​あなた​は​ガイド​に​尋ね​ます。「これ​は,この​中​で​一番​新しい​もの​です​か」。「いいえ,一番​古い​ん​です​よ。修復​し​た​わけ​で​も​ない​ん​です」。「じゃあ,大事​に​保存​さ​れ​て​い​た​ん​です​ね」。「とんでもない。ずっ​と​野ざらし​でし​た。破壊​し​よう​と​し​た​人​も​大勢​い​まし​た」。あなた​は​驚い​て,「これ​は​一体​何​で​でき​て​いる​ん​だろ​う」と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。

聖書​は​ある​意味​で,その​驚く​べき​モニュメント​に​似​て​い​ます。聖書​は​何千​年​も​昔​に​書か​れ​た​本​です。もちろん,古い​本​は​ほか​に​も​あり​ます​が,その​ほとんど​は​劣化​し​た​昔​の​モニュメント​の​よう​に,完全​に​時代​遅れ​に​なっ​て​い​ます。例えば,その​中​の​科学​に​関する​記述​は,新しい​知識​や​証明​可能​な​事実​と​食い違っ​て​い​ます。医学​に​関する​アドバイス​の​ほとんど​は,役立つ​どころ​か,危険​で​さえ​あり​ます。また,多く​の​古文書​は,わずか​な​断片​を​残す​のみ​で,大部分​が​失わ​れ​たり​ひどく​損傷​し​たり​し​て​い​ます。

しかし,聖書​は​それら​と​は​まったく​違い​ます。3500​年​余り​昔​に​書き​始め​られ​た​に​も​かかわら​ず,その​内容​は​少し​も​損なわ​れ​て​い​ませ​ん。何​世紀​に​も​わたっ​て,燃やさ​れ​たり,禁書​に​され​たり,軽視​さ​れ​たり​し​て,度重なる​攻撃​を​受け​た​に​も​かかわら​ず,それ​を​切り抜け​て​き​まし​た。聖書​の​内容​は,時代​遅れ​に​なる​どころ​か,時代​を​先取り​し​て​いる​こと​が​少なく​あり​ませ​ん。(「時代​遅れ,それ​と​も​時代​を​先取り?」と​いう​囲み​記事​を​ご覧​ください。)

 今日​必要​と​され​て​いる​価値​観

と​は​いえ,「聖書​の​教え​は​本当​に​今日​で​も​役立つ​の​だろ​う​か」と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。では,こう​自問​し​て​み​て​ください。「人類​は​どんな​深刻​な​問題​に​直面​し​て​いる​だろ​う​か。その​中​で,特に​恐ろしい​の​は​どれ​だろ​う​か」。戦争,環境​汚染,犯罪,社会​の​腐敗​など​が​思い浮かぶ​か​も​しれ​ませ​ん。では​これ​から,聖書​の​教え​を​幾つ​か​調べ​て​み​ましょ​う。「もし​皆​が​こう​し​た​価値​観​に​従え​ば,世界​は​もっと​住み​やすく​なる​の​で​は​ない​だろ​う​か」と​考え​て​み​て​ください。

平和​を​愛する

「平和​を​求める​人​たち​は​幸い​です。その​人​たち​は『神​の​子』と​呼ば​れる​から​です」。(マタイ 5:9)「できる​なら,あなた方​に​関する​かぎり,すべて​の​人​に​対し​て​平和​を​求め​なさい」。(ローマ 12:18

憐れみ深く​あり,人​を​許す

「憐れみ深い​人​たち​は​幸い​です。その​人​たち​は​憐れみ​を​受ける​から​です」。(マタイ 5:7)「だれ​か​に​対し​て​不満​の​理由​が​ある​場合​で​も,引き続き​互い​に​忍び,互い​に​惜しみなく​許し合い​なさい。エホバ​ *が​惜しみなく​許し​て​くださっ​た​よう​に,あなた方​も​その​よう​に​し​なさい」。(コロサイ 3:13

人種​差別​を​し​ない

神様​は「一​人​の​人​から​すべて​の​国​の​人​を​造っ​て​地​の​全面​に​住まわ​せ……まし​た」。(使徒 17:26)「神[は]不​公平​な​方​で​は​なく,どの​国民​で​も,神​を​恐れ,義​を​行なう​人​は​神​に​受け入れ​られ」ます。(使徒 10:34,35

地球​を​大切​に​する

「エホバ​神​は​人​を​取っ​て​エデン​の​園​に​住ま​せ,それ​を​耕さ​せ,また​その​世話​を​させ」まし​た。(創世記 2:15)神様​は「地​を​破滅​さ​せ​て​いる​者​たち​を​破滅​に​至ら​せ」ます。(啓示 11:18

貪欲​や​不​道徳​を​憎む

「あらゆる​強欲​に​警戒​し​なさい。満ちあふれる​ほど​に​豊か​で​あっ​て​も,人​の​命​は​その​所有​し​て​いる​物​から​は​生じ​ない​から​です」。(ルカ 12:15)「聖​なる​民​に​ふさわしく,あなた方​の​間​で​は,淫行​や​あらゆる​汚れ​また​貪欲​が​口​に​上る​こと​さえ​あっ​て​は​なり​ませ​ん」。(エフェソス 5:3

正直​かつ​勤勉​に​生活​する

「わたしたち​は……すべて​の​こと​に​おい​て​正直​に​行動​し​たい​と​願っ​て​い」ます。(ヘブライ 13:18)「盗む​者​は​もう​盗ん​で​は​なり​ませ​ん。むしろ,骨折っ​て​働き……なさい」。(エフェソス 4:28

困っ​て​いる​人​を​助ける

「憂い​に​沈ん​だ​魂​に​慰め​の​ことば​を​かけ,弱い​者​を​支え,すべて​の​人​に​対し​て​辛抱強く​あり​なさい」。(テサロニケ​第​一 5:14)「孤児​や​やもめ​を​その​患難​の​とき​に​世話」し​なさい。(ヤコブ 1:27

聖書​は,これら​の​価値​観​を​挙げ​て​いる​だけ​で​は​あり​ませ​ん。それ​を​大切​に​し,日々​の​生活​の​中​で​実践​する​よう,分かり​やすく​教え​て​い​ます。こう​し​た​教え​に​従う​人​が​増えれ​ば,人類​が​抱える​深刻​な​諸​問題​も​大きく​改善​さ​れる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。つまり,今,かつて​ない​ほど​聖書​の​教え​が​必要​と​され​て​いる,と​いう​こと​です。では,あなた​に​は​どの​よう​に​役立つ​でしょ​う​か。

 聖書​の​教え​は​今,役​に​立つ

最も​知恵​の​ある​人​は​かつて,「知恵​は​その​働き​に​よっ​て​義​に​かなっ​て​いる​こと​が​示さ​れる」と​述べ​まし​た。(マタイ 11:19)知恵​の​真価​は,働か​せ​て​み​て​初めて​明らか​に​なる​もの​です。ですから,「聖書​が​本当​に​役立つ​の​なら,わたし​の​生活​に​も​影響​を​及ぼす​はず​で​は​ない​だろ​う​か。わたし​の​今​の​問題​に​どう​役立つ​だろ​う​か」と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。一例​を​挙げ​ましょ​う。

デルフィーン​ *は,忙しく​て​も​充実​し​た​生活​を​送っ​て​い​まし​た。そんな​時,立て​続け​に​悲惨​な​出来事​が​起き​まし​た。10​代​の​娘​が​亡くなり,結婚​が​破たん​し,経済​的​に​も​立ち行か​なく​なっ​た​の​です。当時​を​こう​振り返っ​て​い​ます。「もう​途方​に​くれ​て​しまい​まし​た。娘​も​夫​も​家​も​失っ​た​から​です。自分​に​は​何​の​価値​も​ない​よう​に​思え​まし​た。自尊​心​も​気力​も​なくなり,この​先​どう​し​たら​よい​か​も​分​から​なくなり​まし​た」。

デルフィーン​は​かつて​なかっ​た​ほど,次​の​言葉​の​真実​さ​を​痛感​し​まし​た。「わたしたち​の​年​の​日数​そのもの​は​七十​年​です。そして,特別​の​力強さ​の​ため​に,たとえ​それ​が​八十​年​で​あっ​て​も,ただ​難儀​と​有害​な​こと​が​付きまとう​だけ​です。それ​は​必ず​速やか​に​過ぎ去り,わたしたち​は​飛び去っ​て​しまい​ます」。(詩編 90:10

 デルフィーン​は,助け​を​必要​と​し​て​い​た​時​に,聖書​を​調べ​まし​た。その​効果​は​てきめん​でし​た。次​の​3​つ​の​記事​に​ある​よう​に,他​の​多く​の​人​たち​も​聖書​の​アドバイス​を​当てはめ​て,素晴らしい​結果​を​経験​し​て​き​まし​た。聖書​が​前述​の​驚く​べき​モニュメント​に​似​て​いる​こと​を​実感​し​た​の​です。多く​の​本​が​古び​て,内容​も​時代​遅れ​に​なっ​て​ゆく​の​と​は​まったく​違い​ます。それ​は​聖書​が​何​か​特別​な​もの​で​でき​て​いる​から​でしょ​う​か。聖書​に​は,人間​の​考え​で​は​なく,本当​に​神様​の​考え​が​収め​られ​て​いる​の​でしょ​う​か。(テサロニケ​第​一 2:13

あなた​も,人生​は​短く​苦難​に​満ち​て​いる,と​感じ​て​おら​れる​か​も​しれ​ませ​ん。様々​な​問題​に​圧倒​さ​れ​そう​に​なる​とき,慰め​や​支え​や​信頼​できる​アドバイス​を​どこ​に​求める​こと​が​できる​でしょ​う​か。

では,聖書​を​あなた​の​生活​に​役立て​られる,3​つ​の​分野​を​考え​て​み​ましょ​う。

  1. 問題​を​回避​する。

  2. 回避​でき​ない​問題​は​解決​する。

  3. 解決​でき​ない​問題​と​は​うまく​付き合う。

続く​記事​で​は,この​3​つ​の​分野​を​取り上げ​ます。

^ 10節 エホバ​と​は,聖書​で​明らか​に​され​て​いる​神様​の​名前​です。(詩編 83:18

^ 24節 この​記事​と​続く​3​つ​の​記事​で​は,一部​の​名前​は​変え​て​あり​ます。