内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 研究記事16

死についての真理を支持する

死についての真理を支持する

「わたしたちは,真理の霊感の表現と誤りの霊感の表現とに気づくのです」。ヨハネ第一 4:6

73番の歌 私たちに大胆さを与えてください

何を学ぶか *

神に喜ばれない慣習に従うのではなく,大切な人を亡くした親族を慰める。(1‐2節を参照。) *

1‐2. (ア)サタンはどのように人々を欺いてきましたか。(イ)この記事ではどんなことを考えますか。

「偽りの父」であるサタンは,人類史の初めから人々を欺いてきました。(ヨハ 8:44)そのうそには,死と死後の命についての偽りの教えが含まれます。世界で広く見られる慣習や迷信は,そうした教えに基づいています。そのため多くの兄弟姉妹は,家族や知人が亡くなった時,「信仰のために厳しい戦い」をしなければなりません。(ユダ 3

2 そのような試練に遭う時,どうすれば死についての聖書の真理をしっかりと支持できるでしょうか。(エフェ 6:11)神に喜ばれない慣習に従うよう圧力を受けている兄弟姉妹をどのように支え,力づけることができますか。エホバはどんな助けを与えてくださっていますか。この記事ではそうしたことを考えます。ではまず,死について聖書が述べていることに注意を向けましょう。

死者の状態についての真理

3. 最初のうその結果,どんなことが生じましたか。

3 人間はいずれ死ぬ者として創造されたわけではありません。しかし,永遠に生きるためには,エホバに従う必要がありました。エホバはアダムとエバにこう命じました。「善悪の知識の木については,あなたはそれから食べてはならない。それから食べる日にあなたは必ず死ぬからである」。(創 2:16,17)そこへサタンが登場し,蛇を使ってエバにこう言いました。「あなた方は決して死ぬような ことはありません」。エバはそのうそを信じ込み,その木の実を食べてしまいました。後にアダムも食べました。(創 3:4,6)こうして人類に罪と死が入りました。(ロマ 5:12

4‐5. サタンはどのように人間を欺き続けていますか。

4 神が言われたとおり,アダムとエバは死にました。しかし,サタンは死についてのうそをつくことをやめませんでした。ある時点で別のうそを持ち出します。それは,人は体が死んでも霊の世界で生き続ける,という教えです。このうそによって,今も世界中の人たちが欺かれています。(テモ一 4:1

5 これほど大勢の人が欺かれているのはなぜでしょうか。サタンが,死に対する人間の自然な感情に付け込んでいるからです。わたしたちは永遠に生きるように創造されたので,死にたいとは思いません。(伝 3:11)死を敵と見ています。(コリ一 15:26

6‐7. (ア)サタンは死についての真理を覆い隠すことができましたか。説明してください。(イ)聖書の真理によって,わたしたちはどんな恐れから解放されていますか。

6 サタンは人間を必死に欺こうとしてきましたが,死についての真理を覆い隠すことはできませんでした。それどころか今,これまでで最も多くの人たちが死者の状態や将来についての聖書の教えを知り,人々に伝えています。(伝 9:5,10。使徒 24:15)エホバの証人はそのような真理によって慰められ,不必要な恐れや不安から解放されています。死者を恐れることも,死者に悪いことが起きるのではないかと心配することもありません。死者が何かの形で生きていてだれかに危害を加えることなどない,ということを知っているからです。死は深い眠りのようなものです。(ヨハ 11:11‐14)死者は時の経過を感じることがありません。ですから,何百年,死の眠りに就いていたとしても,復活の時にはほんの一瞬のことのように感じるでしょう。

7 死者の状態についての真理は,単純明快で論理的です。サタンの難解なうそとは大違いです。サタンはそのようなうそによって,人々を惑わすだけではなく,さらに大きな害をもたらしました。(1)創造者エホバの評判を傷つけ,(2)キリストの贖いの犠牲など必要ないと思わせ,(3)人々をいっそう苦しめ悲しませています。どのようにでしょうか。

 サタンのうそは多くの害をもたらしてきた

8. エレミヤ 19章5節から分かるとおり,サタンのうそは,どのようにエホバの評判を傷つけていますか。

8 エホバの評判を傷つけている。サタンのうそには,死者は火の責め苦を受けるという偽りの教えが含まれます。これはエホバの評判を傷つける教えです。なぜですか。愛の神は悪魔のように残忍だ,と言うようなものだからです。(ヨハ一 4:8)あなたはこの教えについてどう思いますか。何よりも,エホバはどう思われるでしょうか。エホバはどんな残酷な行ないも憎まれる方なのです。エレミヤ 19:5を読む。)

9. サタンのうそは,ヨハネ 3章16節や15章13節に記されているキリストの贖いの犠牲をどう思わせていますか。

9 キリストの贖いの犠牲など必要ないと思わせている。マタ 20:28)サタンがついたもう一つのうそは,人間には不滅の魂があるというものです。もしそうだとすれば,人間は永遠に生きられることになり,キリストが贖いとして命をなげうつ必要はなかったことになります。キリストの犠牲は人類に対する最高の愛の表われです。ヨハネ 3:16; 15:13を読む。)その貴重な贈り物を踏みつけるような教えを,エホバとイエスはどうお感じになるでしょうか。

10. 死についてのサタンのうそは,人々をどのように苦しめ悲しませていますか。

10 人々をいっそう苦しめ悲しませている。子どもを亡くして悲嘆に暮れている親に,「神様がお子さんを天使にするために取り去られたんですよ」と言う人がいます。そう聞いた親は,慰められるでしょうか。いっそう苦しむのではありませんか。また,地獄の火についての偽りの教えは,教会の教えに反対する人を火あぶりにして苦しめることなどを正当化するために使われてきました。スペインの異端審問に関する本によると,「地獄の火の責め苦がどんなものかを体験させ」れば,異端者は死ぬ前に改心し,地獄に落ちずに済む,と信じる人がいたようです。ある国々では,死んだ先祖を崇拝し,敬い,先祖の加護を求めなければならないと信じられています。呪いやたたりを受けないようにするために,先祖をなだめようとする人もいます。しかし,サタンのうそに基づく教えは,本当の慰めにはなりません。むしろ,不必要な心配や恐れを生じさせます。

聖書の真理をどのように支持できるか

11. 親族や友人からどんな圧力を受けることがありますか。

11 神と神の言葉に対する愛は,エホバに従う力になります。だれかが亡くなると,親族や友人が善意から,聖書に反する慣習に従うよう圧力をかけてくることがあります。従わないなら,「死者への愛や敬意がない」,「死者にたたられる」などと言われるかもしれません。では,聖書の真理をどのように支持できるでしょうか。聖書の指針を調べ,どう当てはめられるかを考えましょう。

12. 聖書に反する教えや慣習にはどのようなものがありますか。

12 聖書に反する教えや慣習から「離れ[る]」よう決意する。コリ二 6:17)カリブ海のある国では,死んだ人は霊となって,自分にひどい仕打ちをした人に仕返しをする,と信じられています。その霊が「地域の人たちに大損害を与える」こともある,と述べる参考文献もあります。アフリカには,だれかが死ぬと,家の鏡に覆いをかけ,飾ってあるその人の写真を壁に向けるという習慣があります。死者は自分の姿を見てはいけない, と信じられているからです。エホバに仕えるわたしたちは決して,作り話を信じたりサタンのうそを広める慣習にかかわったりしません。(コリ一 10:21,22

聖書や出版物をよく調べ,自分の信仰についてエホバの証人ではない親族に話しておくなら,問題を避けられる。(13‐14節を参照。) *

13. ある慣習に従うべきかどうか確信が持てない時は,ヤコブ 1章5節で勧められているように,どうすべきですか。

13 ある慣習に従うべきかどうか,確信が持てない時は,エホバが知恵を与えてくださることを信じつつ,助けを祈り求めてください。ヤコブ 1:5を読む。)そして,出版物を調べます。必要なら長老たちに相談することもできます。長老たちは,どうすべきかを指示するのではなく,この記事で取り上げたような聖書の指針を教えてくれるでしょう。このようにして「知覚力」を訓練すれば,「正しいことも悪いことも見分けられる」ようになります。(ヘブ 5:14

14. どうすれば,人々をつまずかせることを避けられますか。

14 「すべての事を神の栄光のためにし……つまずきのもととならないように[する]」。コリ一 10:31,32)ある慣習や伝統に従うかどうかを決める際には,自分の決定が他の人,特に仲間の兄弟姉妹の良心にどんな影響を与えるかも考える必要があります。わたしたちは他の人を決してつまずかせたくありません。(マル 9:42)また,エホバの証人ではない人の感情を不必要に害するようなこともしたくありません。愛があれば,敬意のこもった話し方ができます。そうすることはエホバの栄光となります。わたしたちは人々と言い争うことも,地元の伝統をあざけることもしません。愛には大きな力があります。愛を表わし,思いやりや敬意を示すなら,反感を抱いている人の心も和らぐかもしれません。

15‐16. (ア)自分の信仰について他の人に知らせておくとよいのはなぜですか。例を挙げてください。(イ)ローマ 1章16節にあるパウロの言葉から何を学べますか。

15 親族や近所の人に,自分がエホバの証人であることを知らせておく。イザ 43:10)自分がエホバ神を崇拝していることを,親族や近所の人に知らせておけば,緊迫した状況でもうまく対処できるでしょう。モザンビークに住むフランシスコはこう述べています。「妻のカロライナとわたしは真理を学んで,自分たちは死んだ人を崇拝するのをやめた,と家族に伝えました。カロライナ の姉が亡くなった時,難しい事態に直面しました。わたしたちの地域では,だれかが死ぬと,死体を水で洗う儀式を行ないます。その水を捨てた場所で最近親者が3夜にわたって寝ます。そうすることで,死者の霊をなだめられると信じているのです。家族は,カロライナにその役目をさせるつもりでした」。

16 2人はどうしたでしょうか。フランシスコはこう言います。「わたしたちはエホバを愛しており,エホバに喜ばれたいので,その役目を果たすのを断わりました。カロライナの親族はひどく腹を立てました。死者への敬意がないとか,家族の縁を切るとか言われました。自分たちの信仰については以前に説明していたので,親族が怒っている時にまた持ち出すのはやめました。親族の中には,『2人の信念については,以前に聞いたじゃないか』と言ってくれる人もいました。そのうちにカロライナの親族も冷静になり,穏やかに話し合えるようになりました。家に来て,『聖書に関する本が欲しい』と言う人たちさえいました」。わたしたちも難しい状況に置かれるかもしれませんが,良い知らせを恥じることなく,死についての真理をしっかりと支持しましょう。ローマ 1:16を読む。)

悲しんでいる人を慰め,支える

真の友は,大切な人を亡くした仲間を慰め,支える。(17‐19節を参照。) *

17. 仲間のクリスチャンが大切な人を亡くした時,どんな努力を払うべきですか。

17 仲間のクリスチャンが大切な人を亡くして悲しんでいる時には,「真の友……,苦難のときのために生まれた兄弟」になるために,できる限りのことをしましょう。(箴 17:17)特に,兄弟姉妹が聖書に反する慣習に従わせようとする圧力を受けている場合,どのように「真の友」になれますか。兄弟姉妹を慰めるうえで役立つ聖書の2つのアドバイスに注目しましょう。

18. イエスが涙を流したのはなぜですか。そのことから何を学べますか。

18 「泣く人たちと共に泣[く]」。ロマ 12:15)悲しみに暮れている人に何と言葉をかけたらよいか分からないことがあります。でも時には,言葉より涙のほうが雄弁です。イエスの友である ラザロが亡くなった時,その姉妹であるマリアとマルタ,そして友人たちは深く悲しんで泣きました。イエスは4日後にそこに到着した時,すぐにラザロを復活させるつもりでしたが,それでも「涙を流[し]」ました。(ヨハ 11:17,33‐35)イエスの涙には,父エホバの気持ちが表われていました。マリアとマルタはイエスの涙を見た時,自分たちを本当に愛してくれていると感じて,慰められたことでしょう。同様に,兄弟姉妹はわたしたちの愛や気遣いを感じる時,自分は独りではなく,優しく頼りになる友に囲まれている,と思うに違いありません。

19. 悲しみに暮れる兄弟姉妹を慰める時,伝道の書 3章7節の言葉をどのように当てはめることができますか。

19 「黙っているのに時があり,話すのに時がある」ことをわきまえる。伝 3:7)悲しみに暮れる兄弟姉妹を慰めるには,話に耳を傾けるだけでよい場合もあります。兄弟姉妹が心の内を自由に話せるようにしましょう。「乱暴な話」をされて,言い過ぎだと思うことがあっても,優しく受け止めてください。(ヨブ 6:2,3)その人はエホバの証人ではない親族から圧力を受け,気持ちが張り詰めているのかもしれません。一緒に祈りましょう。「祈りを聞かれる方」に力と冷静な判断力を与えてください,とお願いすることができます。(詩 65:2)状況が許すなら,一緒に聖書の言葉を読んでください。出版物の中から,励みになるライフ・ストーリーなどを読むこともできます。

20. 次の記事ではどんなことを学びますか。

20 うれしいことに,わたしたちは死についての真理を知っています。記念の墓にいる人たちにどんな素晴らしい見込みがあるかも知っています。(ヨハ 5:28,29)ですから,言葉によっても行ないによっても聖書の真理を勇敢に支持し,ふさわしい時にはいつでも人々に伝えましょう。次の記事では,サタンが真理を覆い隠すために使っているもう一つの方法を取り上げます。それは心霊術です。このわなに関係した行ないやエンターテインメントを避ける必要があるのはなぜかを学びます。

24番の歌 エホバの山に登ろう

^ 5節 サタンと邪悪な天使たちは,死者の状態についてのうそを使って人々を欺いてきました。その結果,聖書に反する慣習が広まりました。そのような慣習に従わせようとする圧力を受ける時,どうすればエホバに忠実であり続けることができるでしょうか。この記事ではその点を取り上げます。

^ 55節 写真や挿絵: エホバの証人である親族が,大切な人を亡くして悲しみに暮れている女性を慰めている。

^ 57節 写真や挿絵: ある兄弟が葬式の慣習について調べてから,自分の信仰について親族に穏やかに話している。

^ 59節 写真や挿絵: 長老たちが,大切な人を亡くした兄弟を慰め,支えている。