内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 研究記事9

愛と公正 古代イスラエルにおいて

愛と公正 古代イスラエルにおいて

「神は義と公正を愛される方。地はエホバの愛ある親切に満ちている」。詩編 33:5

3番の歌 私たちの力,希望,確信

何を学ぶか *

1‐2. (ア)わたしたちはどんなことを願っていますか。(イ)エホバはどんなことを願っておられますか。

わたしたちは皆,愛されたい,公正な扱いを受けたいと願っています。しかし,その期待を何度も裏切られると,自分には価値がないのだろうかと感じ,希望を失ってしまうかもしれません。

2 エホバは,わたしたちの願いをご存じです。わたしたちを深く愛し,わたしたちが公正に扱われることを願っておられます。(詩 33:5)エホバがモーセを通してイスラエル国民に与えた律法には,そのような気持ちが込められています。あなたは自分が愛されていないと感じていますか。不公正な扱いのために今も苦しんでいますか。では,モーセの律法 *を調べて,エホバがご自分に仕える人々をどれほど深く気遣っておられるかを考えましょう。

3. (ア)ローマ 13章8‐10節にあるとおり,モーセの律法を学ぶと,何を感じ取れますか。(イ)この記事ではどんなことを考えますか。

3 モーセの律法を学ぶと,エホバ神の温かい愛情を感じ取れます。ローマ 13:8‐10を読む。)この記事では,イスラエル人に与えられた律法を幾つか取り上げ,次の点を考えます。律法は愛に基づいている,と言えるのはなぜですか。律法は人々が公正を行なう助けになった,と言えるのはなぜですか。律法を施行する人たちにはどんなことが求められていましたか。律法は特にどんな人たちを保護しましたか。こうした点を考えると,慰めや希望を得ることができ, 愛ある父エホバに引き寄せられます。(使徒 17:27。ロマ 15:4

律法は愛に基づいている

4. (ア)モーセの律法は愛に基づいている,と言えるのはなぜですか。(イ)マタイ 22章36‐40節にあるとおり,イエスはどんな命令を強調しましたか。

4 モーセの律法は愛に基づいていると言えます。エホバは愛を動機としてすべてのことを行なわれるからです。(ヨハ一 4:8)律法全体は2つの基本的な命令に基づいています。神を愛しなさいという命令と隣人を愛しなさいという命令です。(レビ 19:18。申 6:5。マタイ 22:36‐40を読む。)ですから,律法に含まれる600以上のおきて一つ一つには,エホバの愛が表われているはずです。幾つかの例に注目しましょう。

5‐6. エホバは,夫婦にどんなことを望んでおられますか。どんなことに関心を持っておられますか。そのことを示すどんな例がありますか。

5 配偶者への忠実さを保ち,子どもを愛情深く世話する。エホバは,夫婦が愛を育み,生涯続く強い絆で結ばれることを望んでおられます。(創 2:24。マタ 19:3‐6)姦淫は,人が犯す罪の中でも特に愛に欠けたものです。十戒も7番目のおきてで姦淫を禁じています。(申 5:18)姦淫は「神に対[する]」罪であり,配偶者に大きなダメージを与える残酷な行為です。(創 39:7‐9)裏切られたという気持ちは何年も何十年も消えないかもしれません。

6 エホバは,夫と妻が互いにどう接するかに深い関心を持っておられます。特に,イスラエル人の夫が妻を親切に扱うことを願っておられました。律法に従う夫は妻に愛情を示し,ささいな理由で離婚することはありませんでした。(申 24:1‐4。マタ 19:3,8)しかし,重大な問題が生じて離婚することにした場合には,離婚証書を妻に渡さなければなりませんでした。離婚証書があれば,その女性は後に不道徳の罪に問われることがありませんでした。また,夫は妻に離婚証書を渡す前に,都市の年長者たちに相談しなければならなかったようです。年長者たちはまず,夫婦が離婚せずに済むよう助けたことでしょう。イスラエル人の男性が利己的な理由で妻を離婚した場合でも,エホバは必ずしも介入されたわけではありません。とはいえ,エホバはその女性の流した涙をご覧になり,その苦しみを自分のことのようにお感じになりました。(マラ 2:13‐16

エホバは,子どもが親から優しい愛情を注がれ,よく教えられながら,すくすくと育つことを望んでおられる。(7‐8節を参照。) *

7‐8. (ア)エホバは親に何をするようお命じになりましたか。(表紙の絵を参照。)(イ)どんな教訓を学べますか。

7 律法を調べると,エホバが子どもたちの幸福を心から願っておられることも分かります。エホバは親に,子どもの身体的な世話をすることだけでなく,ご自分との友情を築けるよう子どもを助けることもお命じになりました。親は子どもがエホバの律法を学んでエホバを愛するよう,あらゆる機会に助けなければなりませんでした。(申 6:6‐9; 7:13)イスラエル人がエホバから処罰された理由の一つは,彼らが子どもを残忍な仕方で虐待したことです。(エレ 7:31,33)親は,子どもを持ち物ではなく,エホバから与えられた大切な贈り物と見るべきでした。育児放棄や虐待など,あってはならないことでした。(詩 127:3

8 教訓: エホバは,夫と妻が互いにどう接するかに深い関心を払っておられます。また,親が子どもを愛することを願っておられます。子どもを虐待する親には責任を問われます。

9‐11. エホバが貪欲を禁じる律法をお与えになったのはなぜですか。

9 貪欲になってはならない。十戒の最後の おきては,貪欲,つまり他の人のものをむやみに欲しがることを禁じています。(申 5:21。ロマ 7:7)エホバはこのおきてを与えて,大切なことを教えられました。心,つまり考えや感情を守らなければならない,ということです。エホバは,悪い考えが悪い行動につながることをご存じです。(箴 4:23)悪い欲望を心の中で膨らませたイスラエル人は,他の人を愛のない仕方で扱ったことでしょう。ダビデ王はそのような間違いを犯しました。普段は良い人でしたが,ある時,他の人の妻を欲しがり,欲望に駆られて罪を犯しました。(ヤコ 1:14,15)姦淫を犯し,相手の女性の夫を欺こうとし,最後には殺されるよう仕向けました。(サム二 11:2‐4; 12:7‐11

10 エホバは,イスラエル人が貪欲を禁じる律法を破った時,すぐそのことに気づきました。心を読むことができるからです。(代一 28:9)イスラエル人はこの律法から,悪い行動につながる考えを抱くべきではない,ということを学びました。エホバは何と賢く,愛情深い神なのでしょう。

11 教訓: エホバは人の外見以上のものをご覧になります。内面つまり心を見ることができるのです。(サム一 16:7)わたしたちの考えも感情も行動もすべてご存じです。わたしたちのうちにある良いものを探し,良いところを伸ばせるようにしてくださいます。それと共に,わたしたちが悪い行動をする前に,自分の中の悪い考えを見分けて制御することを望んでおられます。(代二 16:9。マタ 5:27‐30

律法は公正を行なう助けになった

12. モーセの律法を調べると,どんなことも分かりますか。

12 モーセの律法を調べると,エホバが公正を愛しておられることも分かります。(詩 37:28。イザ 61:8)エホバは,人々への公正な接し方の点で完全な手本を示しておられます。イスラエル人は,エホバから与えられた律法に従った時には祝福されました。しかし,公正で義にかなった規準を無視した時には苦しみました。十戒のおきてをさらに2つ取り上げましょう。

13‐14. 十戒の1番目と2番目のおきては,どんなことを命じていましたか。それらのおきてに従ったイスラエル人は,どんな恩恵を受けましたか。

13 エホバだけを崇拝する。十戒の1番目と2番目のおきては,エホバだけを崇拝し,偶像を崇拝しないようイスラエル人に命じています。(出 20:3‐6)この2つのおきては,エホバではなくイスラエル人のためのものでした。人々は,エホバに揺るぎない愛を示した時には繁栄しました。諸国の神々を崇拝した時には苦しみました。

14 カナン人について考えましょう。彼らは生きた真の神ではなく,命のない偶像を崇拝していました。その結果,堕落しました。(詩 115:4‐8)崇拝の一環として,汚れた性行為を行ない,子どもを犠牲にするという恐ろしいことをしました。イスラエル人も,エホバを無視して偶像を崇拝するようになった時には堕落し,子どもを犠牲にしました。(代二 28:1‐4)イスラエルの指導者たちは,エホバの公正な規準に従いませんでした。権力を乱用して,弱い立場にいる人たちを抑圧したのです。(エゼ 34:1‐4)エホバはイスラエル人に対し,無防備な女性や子どもを食い物にする人々を処罰すると警告されました。(申 10:17,18; 27:19)他方,ご自分に揺るぎない愛を示し,互いに公正な接し方をする人々を祝福されました。(王一 10:4‐9

エホバはわたしたちが不公正に苦しむ時,そのことを知っておられる。(15節を参照。)

15. エホバはどんな方ですか。どのように行動されますか。

 15 教訓: エホバに仕えると主張している人がエホバの規準を無視し,会衆のだれかに害を及ぼすとしても,それはエホバのせいではありません。エホバはわたしたちを愛しておられます。わたしたちが不公正に苦しむ時,そのことをご存じです。母親が赤ちゃんの苦しみを感じるよりも敏感に,わたしたちの苦しみを感じ取られます。(イザ 49:15)問題にすぐ介入されるとは限りませんが,他の人に害を及ぼした人が悔い改めないなら,しかるべき時にその人の責任を問われます。

律法はどのように施行されたか

16‐18. モーセの律法には,どんな規定が含まれていましたか。そのことからどんな教訓を学べますか。

16 モーセの律法には,イスラエル人の生活全般に関する規定が含まれていました。ですから,任命された年長者たちは,人々を正しく裁かなければなりませんでした。エホバの崇拝に関する事柄を扱うだけではなく,争い事や犯罪について裁く責任もありました。幾つかの例を考えましょう。

17 イスラエル人はだれかを殺した場合でも,直ちに処刑されたわけではありません。都市の年長者たちがまず状況をよく調べ,死刑が適切かどうかを判断しました。(申 19:2‐7,11‐13)年長者たちは,所有物に関するもめごとや夫婦間の問題など,生活上の様々な事柄についても裁きを行ないました。(出 21:35。申 22:13‐19)年長者たちが問題を公正に扱い,人々が律法に従う時,みんなが幸せになり,エホバの栄誉となりました。(レビ 20:7,8。イザ 48:17,18

18 教訓: エホバは,わたしたちが行なうことすべてに関心を持っておられます。わたしたちが他の人に接する時,公正と愛を示すことを望んでおられます。わたしたちが家にいる時に言うことや行なうことにも注目しておられるのです。(ヘブ 4:13

19‐21. (ア)年長者や裁き人たちは,人々をどのように扱わなければなりませんでしたか。(イ)エホバはどんな予防手段を講じられましたか。どんな教訓を学べますか。

19 エホバは,近隣諸国の悪い影響からイスラエル人を守りたいと思っておられました。それで,年長者や裁き人たちに,律法を公平に施行することを求めました。彼らは公正を愛するべきであり,人々を厳しく扱うべきではありませんでした。(申 1:13‐17; 16:18‐20

20 エホバはご自分に仕える人々を深く気遣っておられます。イスラエル人が不当な扱いを受けないよう,予防手段となる律法をお与えになりました。例えば,律法のおかげで,人々はむやみに犯罪のぬれぎぬを着せられずに済みました。訴えられた人には,だれが訴えているのかを知る権利がありました。(申 19:16‐19; 25:1)有罪 とされるためには,少なくとも2人の証人の証言が必要でした。(申 17:6; 19:15)では,ある人が罪を犯し,目撃証人が1人しかいない場合はどうでしたか。その人は処罰を免れられると考えるべきではありませんでした。エホバがご覧になっていたからです。家庭では父親に権威が与えられていました。しかし,その権威は無制限のものではありませんでした。家族の問題の中には,都市の年長者たちが関与し,最終的な裁きを下さなければならないものもありました。(申 21:18‐21

21 教訓: エホバは,完全な手本を示しておられます。決して不公正なことを行なわれません。(詩 89:14)ご自分の規準に従う忠実な人を祝福し,権力を乱用する人を処罰されます。(サム二 22:21‐23。エゼ 9:9,10)邪悪なことを行ないながら処罰を免れているように思える人がいるとしても,エホバはふさわしい時に必ずその人を処罰されます。(箴 28:13)悔い改めない人は,「生ける神の手に陥るのは恐ろしいこと」だと思い知るでしょう。(ヘブ 10:30,31

律法は特にどんな人たちを保護したか

年長者たちは争い事を解決する際,エホバに倣って人々や公正への愛を示す必要があった。(22節を参照。) *

22‐24. (ア)律法は特にどんな人たちを保護しましたか。そのことから,エホバについてどんなことを学べますか。(イ)出エジプト記 22章22‐24節には,どんな警告が記されていますか。

22 律法は特に,孤児ややもめや外人居留者などの弱者を保護しました。イスラエルの裁き人たちはこう命じられていました。「あなたは,外人居留者や父なし子に対する裁きを曲げ てはならない。また,やもめの衣を質に取ってはならない」。(申 24:17)エホバは非常に弱い立場にいる人たちを深く気遣われました。そして,彼らを虐待する人々の責任を問われました。出エジプト記 22:22‐24を読む。)

23 律法は,あらゆる近親姦を禁じることにより,家族がだれも性犯罪の被害に遭わないよう保護しました。(レビ 18:6‐30)イスラエルの近隣諸国の人々は近親姦を容認していましたが,イスラエル人はエホバと同じように,そのような行為を忌まわしいものと見るべきでした。

24 教訓: エホバは,責任ある立場の人が自分の監督下にある人すべてを愛情深く気遣うことを望んでおられます。また性犯罪を憎み,すべての人,特に,非常に弱い立場にある人が保護され,公正に扱われることを願っておられます。

律法は「来たるべき良い事柄の影」

25‐26. (ア)愛と公正が密接に関係していると言えるのはなぜですか。(イ)このシリーズの次の記事では,どんなことについて考えますか。

25 愛と公正は,呼吸と命のように不可分の関係にあります。愛のあるところには公正があり,公正のあるところには愛があるのです。エホバが公正な方であることを知ると,エホバへの愛が深まります。エホバとエホバの正しい規準を愛するようになると,他の人を愛したい,公正に扱いたいと願うようになります。

26 モーセの律法契約は,イスラエル人がエホバと親しい関係を築くうえで役立ちました。しかし,イエスが贖いの犠牲をささげた後,律法は廃止され,もっと良いものが存在するようになりました。(ロマ 10:4)使徒パウロによると,律法は「来たるべき良い事柄の影」でした。(ヘブ 10:1)このシリーズの次の記事では,その良い事柄を幾つか取り上げ,愛と公正がクリスチャン会衆で果たす役割について考えます。

109番の歌 心から熱烈に愛しましょう

^ 5節 この記事は,4つの記事から成るシリーズの第1部です。このシリーズでは,エホバがわたしたちを気遣っておられると確信できる理由が取り上げられます。他の3つの記事は,「ものみの塔」2019年5月号に掲載されます。それぞれの記事では,クリスチャン会衆で愛と公正がどのように示されているか邪悪な世にあって会衆を保護し,子どもたちを性的虐待から守るにはどうすればよいか虐待の被害者をどのように助けられるかが取り上げられます。

^ 2節 語句の説明: エホバがモーセを通してイスラエル人に与えた600以上の法令は「律法」,「モーセの律法」,「おきて」などと呼ばれています。聖書の最初の5つの書(創世記から申命記まで)は,しばしば「律法」と呼ばれます。ヘブライ語聖書全体を「律法」と言うこともあります。

^ 60節 真や挿: イスラエル人の母親が娘たちと楽しく会話しながら,食事の支度をしている。向こうの方では,父親が息子に羊の世話の仕方を教えている。

^ 64節 真や挿: 都市の門のところにいる年長者たちが,地元の商人からひどい扱いを受けたやもめとその子どもを親切に助けている。