内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

エホバに倣い,思いやりと親切を示しましょう

エホバに倣い,思いやりと親切を示しましょう

「立場​の​低い​者​に​対し​て​思いやり​を​もっ​て​行動​する​人​は​幸い​です」。詩編 41:1

歌: 77,50

1. 神​の​民​は​どの​よう​に​互い​へ​の​愛​を​示し​て​い​ます​か。

神​の​民​は​一つ​の​家族​です。互い​を​深く​愛し​て​い​ます。(ヨハ​一 4:16,21)大きな​犠牲​を​払っ​て​愛​を​示す​こと​も​あり​ます​が,大抵​は,思いやり​深い​言葉​や​親切​な​行ない​など,日々​の​ちょっと​し​た​事柄​に​よっ​て​愛​を​表わし​て​い​ます。互い​に​思いやり​深く​親切​に​接する​なら,「愛さ​れる​子供​と​し​て,神​を​見倣[っ​て]」いる​こと​に​なり​ます。(エフェ 5:1

2. イエス​は​どの​よう​に​神​の​愛​に​倣い​まし​た​か。

2 イエス​は​父​エホバ​に​完全​に​倣い​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「すべて,労苦​し,荷​を​負っ​て​いる​人​よ,わたし​の​ところ​に​来​なさい。そうすれば,わたし​が​あなた方​を​さわやか​に​し​て​あげ​ましょ​う。……わたし​は​気質​が​温和​で,心​の​へりくだっ​た​者​だ​から​です」。(マタ 11:28,29)イエス​に​倣い,「立場​の​低い​者​に​対し​て​思いやり​を​もっ​て​ 行動​する」なら,エホバ​に​喜ば​れ,幸せ​に​なれ​ます。(詩 41:1)では,家庭​や​会衆​や​宣教​で​どの​よう​に​思いやり​を​示せる​でしょ​う​か。

家庭​で​思いやり​を​示す

3. 夫​は​妻​に,どの​よう​に​理解​と​思いやり​を​示す​べき​です​か。(冒頭​の​写真​を​参照。)

3 夫​は​家庭​で​率先​し​て​思いやり​を​示す​べき​です。(エフェ 5:25; 6:4)夫​は「知識​に​したがって」妻​と​共​に​住む​よう​勧め​られ​て​い​ます。この​表現​は,「思いやり​を​示し​つつ」と​か「理解​を​示し​つつ」と​も​訳せ​ます。(ペテ​一 3:7)理解​と​思いやり​は​密接​に​関係​し​て​い​ます。理解​の​ある​夫​は,補う​もの​で​ある​妻​が​自分​と​は​様々​な​点​で​違う​もの​の,決して​劣っ​て​いる​わけ​で​は​ない​こと​を​知っ​て​い​ます。(創 2:18)ですから,妻​の​気持ち​を​思いやり,尊厳​を​重んじ,大切​に​し​ます。カナダ​の​ある​姉妹​は​夫​に​つい​て​こう​言い​ます。「夫​は​いつも​わたし​の​気持ち​を​大切​に​し​て​くれ​ます。『そんな​ふう​に​感じる​の​は​おかしい』と​は​言い​ませ​ん。話​を​よく​聞い​て​くれ​ます​し,わたし​の​見方​が​間違っ​て​いる​時​に​は,親切​に​正し​て​くれ​ます」。

4. 夫​は​異性​と​接する​時,どの​よう​に​妻​へ​の​思いやり​を​示し​ます​か。

4 思いやり​深い​夫​は,妻​の​気持ち​を​考え​て​他​の​女性​と​接し​ます。思わせぶり​な​態度​を​示し​たり,不​適切​な​関心​を​向け​たり​し​ませ​ん。ソーシャルメディア​で​異性​の​気​を​引い​たり,不​適切​な​ウェブサイト​を​見​たり​する​こと​も​し​ませ​ん。(ヨブ 31:1)むしろ,妻​へ​の​忠節​を​保ち​ます。妻​を​愛する​と​共​に,神​を​愛し,悪​を​憎ん​で​いる​から​です。 19:14; 97:10を​読む。)

5. 妻​は​夫​に,どの​よう​に​思いやり​を​示せ​ます​か。

5 夫​が​自分​の​頭​で​ある​イエス​・​キリスト​に​倣う​なら,妻​は「深い​敬意」を​示し​やすく​なり​ます。(エフェ 5:22‐25,33)夫​を​敬う​妻​は,夫​に​思いやり​を​示し​ます。夫​が​会衆​の​務め​で​忙しい​時​や,問題​を​扱わ​なけれ​ば​なら​ない​時​に​も​そう​する​でしょ​う。英国​の​ある​兄弟​は​こう​言い​ます。「わたし​が​悩ん​で​いる​と,妻​は​それ​を​察し,箴言 20​章​5​節​の​原則​どおり​に​行動​し​て​くれ​ます。わたし​の​様子​を​見​て,ふさわしい​時​に​気持ち​を『くみ上げ』て​くれ​ます。話せる​内容​の​時​に​は​妻​に​気持ち​を​打ち明け​ます」。

6. わたしたち​すべて​は,子ども​たち​が​思いやり​を​示せる​よう,どの​よう​に​助ける​こと​が​でき​ます​か。どんな​良い​結果​に​なり​ます​か。

6 親​が​互い​に​思いやり​を​示す​なら,子ども​は​その​手本​に​倣う​こと​でしょ​う。もちろん,言葉​で​きちんと​教える​必要​も​あり​ます。例えば,王国​会館​で​走り回っ​て​は​いけ​ない,と​教える​こと​が​でき​ます。食事​会​の​時,真っ先​に​列​に​並ん​で​食べ物​を​取る​の​で​は​なく,年配​の​人​に​譲る​よう​教える​こと​も​できる​でしょ​う。会衆​の​すべて​の​人​は​親​に​協力​でき​ます。子ども​が​ドア​を​開け​て​くれる​など,思いやり​を​示し​た​時​に​は,心​から​褒め​て​ください。子ども​は​うれしく​なり,「受ける​より​与える​ほう​が​幸福」だ​と​実感​する​でしょ​う。(使徒 20:35

会衆​で「互い​の​こと​を​よく​考え」る

7. イエス​は​耳​の​聞こえ​ない​人​に​どの​よう​に​思いやり​を​示し​まし​た​か。イエス​の​手本​から​どんな​こと​を​学べ​ます​か。

7 イエス​が​デカポリス​地方​に​い​た​時,人々​は「耳​が​聞こえ​ず​言語​障害​の​ある​人​を​彼​の​もと​に​連れ​て​来[まし]た」。(マル 7:31‐35 イエス​は​その​人​を​みんな​の​前​で​いやす​の​で​は​なく,別​の​場所​に「連れ​て​行き」まし​た。なぜ​でしょ​う​か。その​人​は​耳​が​聞こえ​ない​ため,群衆​の​中​で​緊張​し​て​い​た​と​思わ​れ​ます。イエス​は​それ​に​気づい​た​の​でしょ​う。その​人​を​人目​に​つか​ない​所​で​いやし​まし​た。もちろん,わたしたち​に​は​奇跡​的​な​いやし​を​行なう​力​は​あり​ませ​ん。でも,兄弟​姉妹​の​状況​や​気持ち​を​考え​て,思いやり​を​示す​こと​が​でき​ます。使徒​パウロ​は「互い​の​こと​を​よく​考え​て​愛​と​りっぱ​な​業​と​を​鼓舞​し​合[う]」よう​勧め​まし​た。(ヘブ 10:24)イエス​は,耳​の​聞こえ​ない​人​の​気持ち​を​察し,思いやり​深く​接し​まし​た。素晴らしい​手本​です。

8,9. 高齢​の​人​や​病弱​な​人​に,どの​よう​に​思いやり​を​示せ​ます​か。例​を​挙げ​て​ください。

8 の​人や​病な​人に​思いやり​を​示す。会衆​の​主​な​特徴​は,効率​で​は​なく​愛​です。(ヨハ 13:34,35)愛​が​あれ​ば,高齢​の​人​や​病弱​な​人​が​集会​に​出席​し​たり​伝道​し​たり​できる​よう,進ん​で​助け​たい​と​思う​こと​でしょ​う。その​よう​な​兄弟​姉妹​の​できる​こと​が​限ら​れ​て​いる​と​し​て​も,親切​に​援助​し​ましょ​う。(マタ 13:23)車いす​の​生活​を​し​て​いる​マイケル​は,家族​や​兄弟​たち​に​深く​感謝​し​て​い​ます。こう​言い​ます。「皆さん​の​おかげ​で,集会​を​ほとんど​欠かし​た​こと​が​あり​ませ​ん。宣教​に​も​定期​的​に​参加​し​て​い​ます。特に​公​の​証言​が​好き​です」。

9 多く​の​ベテル​・​ホーム​に​も,高齢​の​人​や​病弱​な​人​が​い​ます。監督​たち​は,そう​し​た​忠実​な​兄弟​姉妹​が​手紙​や​電話​で​証言​できる​よう​取り決め,思いやり​を​示し​て​い​ます。86​歳​の​ビル​は​孤立​し​た​地域​に​住む​人​たち​に​手紙​を​書い​て​い​ます。「手紙​で​証言​でき​て,本当​に​うれしい​です」と​述べ​て​い​ます。間​も​なく​90​歳​に​なる​ナンシー​は​こう​言い​ます。「手紙​を​書く​こと​は​単なる​事務​仕事​で​は​あり​ませ​ん。野外​奉仕​です。人々​は​真理​を​必要​と​し​て​い​ます」。1921​年​に​生ま​れ​た​エセル​は​こう​述べ​て​い​ます。「痛み​と​付き合い​ながら​生活​し​て​い​ます。服​を​着る​の​が​大変​な​日​も​あり​ます」。それでも​電話​証言​を​楽しみ,良い​再​訪問​も​し​て​い​ます。85​歳​の​バーバラ​は​こう​言い​ます。「体​が​弱っ​て​いる​の​で,定期​的​に​野外​奉仕​に​行く​の​は​とても​大変​です。でも​電話​証言​が​でき​ます。エホバ​に​感謝​し​て​い​ます」。この​4​人​を​含む​高齢​の​兄弟​姉妹​は,1​年​以内​に​合計​1228​時間​を​宣教​に​費やし,6265​通​の​手紙​を​書き,2000​回​以上​電話​を​かけ,6315​冊​の​出版​物​を​配布​し​まし​た。この​よう​な​努力​を​エホバ​は​心​から​喜ん​で​おら​れる​に​違いあり​ませ​ん。(箴 27:11

10. 兄弟​姉妹​が​集会​を​楽しめる​よう,どの​よう​に​思いやり​を​示せ​ます​か。

10 で​思いやり​を​示す。わたしたち​は​兄弟​姉妹​に​集会​を​十分​楽しん​で​ほしい​と​願っ​て​い​ます。集会​前​に​到着​し,みんな​の​気​を​散らさ​ない​よう​に​する​こと​に​よっ​て,思いやり​を​示せ​ます。もちろん,予期​し​ない​こと​が​起き​て​遅れる​こと​も​ある​でしょ​う。でも,いつも​遅刻​し​て​いる​なら,どの​よう​に​改善​できる​か​を​考え​て​ください。エホバ​と​イエス​が​集会​に​招待​し​て​くださっ​て​いる​こと​を​忘れ​て​は​なり​ませ​ん。(マタ 18:20)深い​敬意​を​表わし,遅刻​し​ない​よう​に​努力​し​ましょ​う。

11. 集会​で​割り当て​を​果たす​時,コリント​第​一 14​章​40​節​の​指示​に​従う​べき​な​の​は​なぜ​です​か。

 11 次​の​指示​に​従う​こと​に​よっ​て​も,兄弟​姉妹​へ​の​思いやり​を​示せ​ます。「すべて​の​事​を​適正​に,また​取り決め​の​もと​に​行ない​なさい」。(コリ​一 14:40)集会​で​割り当て​を​果たす​時​に​は,時間​を​守り​ましょ​う。そうすれば,次​の​話し手​だけ​で​は​なく,会衆​の​みんな​に​思いやり​を​示せ​ます。家​が​遠い​人,バス​や​電車​で​帰る​人​が​いる​か​も​しれ​ませ​ん。未​信者​の​配偶​者​が​家​で​待っ​て​いる​人​も​いる​でしょ​う。

12. 長老​たち​に「ひときわ​深い​考慮​を​愛​の​うち​に」示す​べき​な​の​は​なぜ​です​か。(「 重い​責任​を​持つ​兄弟​たち​に​思いやり​を​示す」の​囲み​を​参照。)

12 会衆​の​ため​に​一生​懸命​働き,宣教​に​率先​し​て​いる​長老​たち​に​も​深い​思いやり​を​示す​べき​です。テサロニケ​第 5:12,13を​読む。)あなた​は​長老​たち​の​働き​に​心​から​感謝​し​て​いる​こと​でしょ​う。では,長老​たち​に​進ん​で​協力​し​ましょ​う。「彼ら​は​言い開き​を​する​者​と​し​て,あなた方​の​魂​を​見守っ​て​いる​の​です」。(ヘブ 13:7,17

宣教​で​思いやり​を​示す

13. 人々​に​対する​イエス​の​接し方​から​どんな​こと​を​学べ​ます​か。

13 イザヤ​は​イエス​に​つい​て​こう​予告​し​まし​た。「彼​は​砕か​れ​た​葦​を​折ら​ず,薄暗い​亜麻​の​灯心​に​つい​て​は,それ​を​消す​こと​も​ない」。(イザ 42:3)イエス​は​愛​に​あふれ​た​方​だっ​た​の​で,人々​に​深い​同情​心​を​抱き​まし​た。砕か​れ​た​葦​や​消え​そう​な​灯心​の​よう​に​弱っ​て​い​た​人々​の​気持ち​に​寄り添い,思いやり​と​親切​と​辛抱強さ​を​示し​まし​た。子ども​たち​ で​さえ​イエス​に​引き寄せ​られ​まし​た。(マル 10:14)もちろん,わたしたち​に​は​イエス​の​よう​な​洞察​力​や​教える​能力​は​あり​ませ​ん。それでも,区域​の​人々​に​思いやり​を​示す​こと​が​でき​ます。では,人々​に​どの​よう​に​話す​か,いつ​訪問​する​か,どれ​ほど​の​時間​話す​か​を​考え​ましょ​う。

14. 人々​に​どの​よう​に​話す​か​を​よく​考える​べき​な​の​は​なぜ​です​か。

14 に​どの​よう​に​話す​か。今日,冷酷​で​腐敗​し​た​ビジネス​の​リーダー​や​政治​家​や​宗教​指導​者​に​よっ​て,大勢​の​人​たち​が「痛めつけ​られ,ほうり出さ​れ​て​い[ます]」。(マタ 9:36)多く​の​人​は​将来​の​希望​が​なく,人​を​信用​し​ませ​ん。ですから,宣教​で​言葉​を​よく​選び,温か​な​口調​で​話す​こと​は,とても​大切​です。実際,人々​を​良い​知らせ​に​引き寄せる​の​は,わたしたち​の​聖書​の​知識​や​論じ方​だけ​で​は​なく,誠実​な​気遣い​や​思いやり​です。

15. 宣教​で​どの​よう​に​思いやり​を​示せ​ます​か。

15 宣教​で​思いやり​を​示す​方法​は​たくさん​あり​ます。その​一つ​は,親切​に​敬意​を​こめ​て​質問​する​こと​です。ある​開拓​者​は,区域​の​多く​の​人​が​内気​な​の​で,気まずい​思い​を​させ​ない​よう​に​し​て​い​ます。例えば,「神​の​お名前​を​ご存じ​です​か」と​か「神​の​王国​と​は​何​の​こと​か​ご存じ​です​か」と​は​尋ね​ませ​ん。正しい​答え​を​知ら​ない​か​も​しれ​ない​から​です。むしろ,こう​尋ね​ます。「わたし​は​聖書​を​読ん​で,神​に​お名前​が​ある​こと​を​知っ​た​ん​です。お見せ​し​て​も​いい​です​か」。もちろん,文化​や​人々​は​それぞれ​異なる​の​で,規則​を​作る​必要​は​あり​ませ​ん。しかし,いつも​思いやり​と​敬意​を​示す​べき​です。その​ため​に​は,地元​の​人​たち​の​こと​を​よく​知る​必要​が​あり​ます。

16,17. 家​の​人​へ​の​思いやり​が​あれ​ば,(イ)いつ​訪問​し​ます​か。(ロ)どれ​ほど​の​時間​話​し​ます​か。

16 いつ​訪する​か。家​から​家​に​伝道​する​時,わたしたち​は​家​の​人​に​招か​れ​て​訪問​し​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。ですから,人々​と​話​が​でき​そう​な​時間​に​訪問​する​こと​は​大切​です。(マタ 7:12)例えば,区域​の​多く​の​人​は,週末​は​遅く​まで​寝​て​い​たい​と​思っ​て​いる​か​も​しれ​ませ​ん。もし​そう​なら,まず​街路​伝道​や​公​の​証言​を​し​たり,起き​て​い​そう​な​人​を​再​訪問​し​たり​できる​か​も​しれ​ませ​ん。

17 どれ​ほど​の​時す​か。多く​の​人​は​忙しい​の​で,特に​最初​の​訪問​は​短い​ほう​が​よい​でしょ​う。長居​す​べき​で​は​あり​ませ​ん。(コリ​一 9:20‐23)家​の​人​は​状況​を​分かっ​て​もらえ​た​と​感じる​と,次回​は​もっと​聞い​て​み​よう​と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。神​の​霊​の​実​を​表わす​なら,「神​と​共​に​働く​者」と​なれ​ます。エホバ​は​わたしたち​を​用い​て​人々​を​真理​に​引き寄せ​て​くださる​か​も​しれ​ませ​ん。(コリ​一 3:6,7,9

18. 他​の​人​に​思いやり​を​示す​なら,どんな​祝福​を​得​られ​ます​か。

18 では,家庭​や​会衆​や​宣教​で​これ​から​も​思いやり​を​示し​ましょ​う。そうすれば,今​も​将来​も​豊か​な​祝福​を​得​られ​ます。詩編 41​編​1,2​節​に​は​こう​述べ​られ​て​い​ます。「立場​の​低い​者​に​対し​て​思いやり​を​もっ​て​行動​する​人​は​幸い​です。災い​の​日​に​エホバ​は​その​人​を​逃れ​させ​て​ください​ます。……彼​は​地​で​幸い​な​者​と​言わ​れる​でしょ​う」。